尿酸 値 を 下げる ヨーグルト。 尿酸値を下げる3つのポイントは?アルカリ性食品や乳製品がおすすめ!

PA

尿酸 値 を 下げる ヨーグルト

健康診断の項目のひとつに「 尿酸値」があります。 これは血液中の尿酸の濃度を示す値のことです。 尿酸が産生される量と体の外に排泄される量とのバランスによって、わたしたちの体のなかで毎日一定量に保たれています。 しかし近年、食生活の欧米化などライフスタイルの変化に伴って尿酸値の高い方が増える傾向にあります。 尿酸値が高くなるとどういったことが起こるのかといいますと、痛風や尿路結石といった激痛を生じる病気につながります。 高尿酸血症の患者には「肉食」「大酒飲み」「肥満」といった特徴がみられ、脂質異常症や糖代謝障害を合併することが多く、動脈硬化が起こりやすくなるといいます。 尿酸の原料はプリン体ですから、尿酸を下げる方法というなら「 プリン体の含まれている食品の摂取を控えればいいのでは?」と思われる方が多いかもしれません。 残りの尿酸は新陳代謝によって細胞が分解された際やエネルギー消費の際に体内にあるプリン体を原料として作られているのです。 痛風の原因となる血清尿酸値が7. 尿酸が作られる量が多すぎる• 尿酸が上手に排泄されない およびその両方が重なることが大きな原因となります。 ですから食事からのプリン体の摂取はもちろんのこと、体内で作られる尿酸を増やさないことが必要なのです。 Contents• 尿酸値が高い原因 尿酸値が高い原因には具体的に次のようなものが考えられます。 プリン体は動物の内臓や魚介類、干物などに多く含まれています。 7mg イサキ白子 305. 5mg あん肝(酒蒸し) 399. 2mg 鶏レバー 312. 4mg マアジ 245. 8mg サンマ 208. 8mg 大正エビ 273. 2mg 牛肉レバー 219. 8mg 豚肉レバー 284. 7mgと意外と少ないです。 飲酒 お酒を飲むことは、おつまみを合わせて食べることも含め尿酸値を上げる要素がたくさんあります。 アルコールを摂取すると体内の尿酸値が上がります。 さらに尿中への尿酸の排出を阻害します。 さらにアルコールの利尿作用によって尿酸が濃縮されます。 酒類に含まれる尿酸+高プリン体のつまみにより尿酸値が高くなります。 アルコールは代謝の際に尿酸値が上がるのでどの種類のお酒でも尿酸値を高くする要因にはなるのですが、プリン体の多さはビールがもっとも多くなります。 ビール大瓶1本 50mg程度 白子やレバー100gあたり 300mg程度 高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインでは、「生活指導」の食事療法にプリン体として1日の摂取量は400mgを超えないようにするのが実際的、としています。 ビールに白子、焼き鳥のレバーなどといったお酒とおつまみの組み合わせは、尿酸値を高くするのにある意味最強の組み合わせだということがわかると思います。 血清尿酸値への影響を考えてお酒を飲むのであれば、目安量は1日• 日本酒1合• ビール500ml• ウィスキー60ml 程度と考えておきましょう。 そのため、短距離走や筋トレなどの激しい運動(無酸素運動)を行いますと、新陳代謝が活発になって尿酸値は急上昇してしまいます。 肥満 肥満は体内でのプリン体の合成を促進します。 また肥満になるとインスリン抵抗性によって尿酸の再吸収が促進され、結果尿酸の排泄低下を招きます。 ストレス ストレスは尿酸値を上昇させてしまうだけでなく、ストレスによって痛風発作が起こりやすくなります。 尿酸値を下げる方法は? 厚生労働省の生活習慣病予防のための健康情報サイトによりますと、高尿酸血症の食事療法では、• 細胞由来の尿酸を増やさない• 食事由来のプリン体を増やさない• 尿酸を上手に排泄させる この3つのことを目的としています。 具体的には以下のような生活改善が必要です。 食事の量を減らす• すべてのアルコールの量を減らす• 脂肪分の多い食事やプリン体の多い食事を控える• 水分と野菜を多くとる• プリン体の過剰摂取を控える プリン体はほとんどの食品に含まれるものなので摂取しないというのは無理ですが、過剰な摂取を制限するため、プリン体の多い食品に気をつけるように心がけましょう。 アルカリ性食品で尿をアルカリ性にする 尿がアルカリ性だと尿酸が溶けやすく排泄されやすいため、アルカリ性食品を積極的に摂ることも大切です。 通常の尿は弱酸性なのですが、飲酒やプリン体の多い食事などにより酸性に傾きがちになります。 尿酸は、アルカリ~中性によく溶けますので、海藻類や野菜、芋類などのアルカリ性食品を毎日摂るようにしましょう。 海藻類 ひじき わかめ 昆布 きのこ類 干し椎茸 野菜類 ほうれん草 ごぼう にんじん キャベツ 大根 かぶ なす 芋類 さつまいも 里芋 じゃがいも 果物類 バナナ メロン グレープフルーツ アルカリ性食品とは…?と思われる方もいらっしゃると思います。 食品には「酸性食品」と「アルカリ性食品」とがあるのです。 食品の場合、食品そのものではなく食品に含まれるミネラルが酸性なのかアルカリ性なのかで判断します。 たとえば梅干しの場合、いかにも「酸性」というイメージがありますが、実は梅干しはからだのなかに入るとアルカリ性に変化する「アルカリ性食品」です。 牛乳やヨーグルトなどの乳製品を食べる 乳製品は血清尿酸値を低下させて痛風のリスクも増加させないため、積極的摂取がおすすめです。 牛乳やヨーグルトに含まれるカゼインという成分は胃腸で分解され、アラニンという成分に変わります。 このアラニンが腎臓の働きを助け、尿酸の排泄を促してくれるのです。 納豆は痛風に良くない? 生活習慣病予防に役立つと言われいかにも体にいいというイメージのある納豆ですが、痛風に関しては「プリン体が含まれているから良くない」という意見もあります。 実際のところは納豆のプリン体は100gあたり113. 9mg、納豆1パックあたりは50g程度なので、57mg程度といったところでしょうか。 プリン体含有量は200~300mg以上は多いとされますが、50~100mgは少ないとされていますし、納豆のプリン体含有量は多くないと言えるでしょう。 よいとされる食品にはこのようにいくつかあるわけですが、大切なのは適正な量をバランス良く食べることです。 良いと言われるものでも偏って食べ過ぎないよう注意しましょう。 尿酸値を下げる飲み物 水 尿酸値を下げる飲み物として、まず大切なのは水です。 飲水量を多くして尿量を増やすことは、尿酸の排泄を助けます。 目安として1日2リットル以上の尿量を保つように、十分な飲水を心がけましょう。 十分な飲水といっても、糖分の多いジュースやアルコール飲料を水代わりに飲むことはNGです。 また、牛乳などの乳製品が血清尿酸値を低下させると紹介しましたが、こちらも水代わりにはなりませんので水分は水分で十分摂るようにしましょう。 アルカリ性食品は尿酸を排泄しやすくするので「それならアルカリイオン水もいいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 たしかに「痛風の予防に」などと紹介されていることがありますが、アルカリイオン水はその内容に誇大な宣伝が多いとして国が通達を出したこともあります。 飲水量を多くして尿量を増やすことは厚生労働省がすすめています。 特別な水ではなく普通の水で大丈夫ですから、飲水量は意識して増やしてみましょう。 牛乳 前述のとおり、牛乳などの乳製品は血清尿酸値を低下させます。 さらに、牛乳はプリン体がゼロです。 ただし、豆乳にはそうした成分は含まれておらず、また豆乳はプリン体を含んでいます。 豆乳は確かに健康に良い成分が豊富に含まれていますが、尿酸値のことに特化して考えるのであれば牛乳のほうがおすすめです。 コーヒー 痛風の発症リスクについて、コーヒー摂取量が多い集団は痛風になりにくいという結果があるそうです。 お茶 お茶が尿酸値を下げるというよりも、飲水量を増やすという点で水やお茶を飲むといいでしょう。 酢(黒酢) お酢の健康効果は疲労回復効果などで良く知られていますね。 黒酢に含まれる酢酸は体内に入るとクエン酸に変化します。 クエン酸は体内で吸収されるとアルカリ性に変わるため尿のアルカリ化に効果的といわれています。 尿酸値を下げる運動 運動といってもジムでの筋トレなど特別なダイエットをする必要はありません。 尿酸値を下げるためには激しい運動ではなく、ジョギングなどの軽い有酸素運動を行うようにしましょう。 高尿酸血症の患者の7割にメタボリックシンドロームの可能性があると言われています。 メタボリックシンドローム改善のためにも、内臓脂肪を減少させることが重要です。 そして有酸素運動はその有効な手段のひとつになります。 尿酸値を下げるサプリメント 尿酸値を下げるのに役立つと言われている成分には、次のようなものがあります。 アンセリン アンセリンは動物の筋肉中に含まれているペプチドで、そのなかでもマグロやカツオ由来のアンセリンには尿酸を作りすぎない・尿酸を体外へ排出しやすくするといった効果があるそうです。 尿酸値にはたらきかけるサプリとしていろいろなものが販売されています。 クエン酸 クエン酸はレモンや梅干しなどに含まれる成分ですが、前述のとおり体内でアルカリ性に変わります。 尿がアルカリ性だと尿酸が溶けやすく、排泄されやすくなります。 DHA、EPA 尿酸値を下げるサプリで検索しますとDHA・EPAのサプリが出てくることがあります。 DHA・EPAといえば血液サラサラ成分として一般的に知られていますね。 DHAや EPAが尿酸値にどのように働きかけるか、はっきりとその根拠となるものは見つけられなかったのですが、尿酸の排出を促してくれる効果が期待できるとも言われています。 基本的には栄養の摂取は食事から摂取が望ましいですが、なかなかバランス良く野菜もあれもこれも摂るのは難しい…という方も多いのではないでしょうか。 日々の食生活を見直してみて、自分に足りていないかも?という成分をサプリメントで補うのも一つの手ですね。 サポニン 痛風が発症する原因は尿酸値が高いだけが理由ではなく、活性酸素が過剰発生しているケースが多いという研究結果もあります。 田七人参に多く含まれるサポニンには、活性酸素を抑制する効果があります。 また、腎臓の機能を向上させて体内の老廃物を排出することで、過剰な尿酸を体外に排出するのです。 さらに消腫効果もあるため、痛風による腫れにも効果があると言われてます。 おすすめのサプリメントは「」です。 尿酸を作る働きを抑える薬(尿酸生成抑制薬)• 高尿酸血症の治療は生活習慣を是正する食生活の指導がもっとも大切になりますが、痛風関節炎を繰り返したりや痛風結節がある場合には生活指導だけでは難しく、薬物治療となります。 薬物治療の目安• 血清尿酸値7. 血清尿酸値8. 血清尿酸値9.

次の

尿酸値を下げるには1日1杯の牛乳とヨーグルト

尿酸 値 を 下げる ヨーグルト

この数値が高くなると「風が吹くだけで痛い」と言われるほどの激痛を伴う痛風を発症することがあります。 水をたくさん飲んだり食べたいものを我慢したりしてもなかなか下がらない尿酸値ですが、どこのご家庭にもある食品をとるだけでスッと下げることができるそうです。 今回は、尿酸に関する基礎知識や尿酸値を下げる方法を紹介していた『ガッテン!』をまとめておきたいと思います。 スポンサーリンク 尿酸値とは まずは基本から見ていきましょう。 尿酸は人間にとってどのような意味があるのでしょうか。 人間と、ホワイトタイガー、マンドリル、サラブレッドの馬、ブタ、スローロリスなどの動物の尿酸値を比較してみると… (人間の数値は正常値のほぼ真ん中で表してあります。 ) より これらの動物の身体の大きさはバラバラですが、 人間だけが突出して尿酸値が高いことがわかります。 この数値の違いは寿命の長さ違いとして現れるそうです。 類人猿の進化に詳しいの颯田葉子教授によれば 「尿酸は非常に抗酸化力が高いので、体の中の炎症を抑えるというようなことがあって、それで寿命が長くなったと考えられている」といいます。 哺乳類は尿酸を分解して体の外に捨ててきましたが、人類の祖先はその抗酸化力を活かせるように進化したというのです。 颯田氏によると 「抗酸化力を手に入れたことが、人間が進化していく上で非常に意義のある大きな出来事であったと考えられる」といい、現在の科学では尿酸が人類の進化を支えた物質のひとつであると考えられているようです。 スポンサーリンク 痛風とは 血液検査の結果の中に「尿酸値」という項目があることがあります。 体内で尿酸が増えすぎると、尿酸は血液中で結晶になってしまいます。 より これが関節の中で固まってしまいます。 より セメントのように関節の骨にこびりついた尿酸はどんどんこびりついていき、その欠片がポロッと落ちてしまいます。 より 周辺の免疫細胞はこれを敵と認識して攻撃を始め、炎症が生じます。 これが痛風です。 また、高尿酸が続くと腎臓の毛細血管を痛めつけてしまうため、慢性腎臓病になって人工透析をうけるリスクが5.7倍にもなるといいます。 さらに、動脈硬化を起こして心筋梗塞を引き起こし、死亡するリスクが1.8倍になるそうです。 痛風は男性に多く、30代がもっとも尿酸値が高くなる年代だそうです。 より 尿酸値は高齢だから高くなるというわけではないのです。 痛風になりやすい食材 痛風になりやすい食材には、たとえば以下の様なものが挙げられるそうです。 より 共通点は 「プリン体」が多い食品です。 プリン体というと、たまご系が良くないという話を聞きますが、言われているほど多くないものもあるそうです。 たとえばプリン体が多い「あんきも」には100g中400mgほどプリン体が含まれますが、タラコは約120mg、イクラや数の子は約20mgしか含まれておらず、鶏卵に至っては0だそうです。 食品に含まれるプリン体の量については、痛風学会が出している一覧表がわかりやすく参考になります。 (より) スポンサーリンク 高尿酸の原因 番組では、豪華な料理を食べた後や運動をした後に尿酸値がどう変化するかを実験で見るために、23歳の男性を被験者として血液検査を行いました。 しかし、実験前にこの男性の尿酸値を測ったところ、8.2mgとすでに正常値を超えてしまっていました。 これは痛風を起こす可能性がある状態です。 男性はプリン体が多く含まれる食材をよく食べるわけでもなく、お酒も飲まないそうです。 高尿酸になる原因は 「食べ物から2割、細胞から8割」だそうです。 食べ物からの影響は2割たらずで、尿酸値はもともとの身体のあり方に左右されるというのです。 そこで、被験者は身体を強くするために運動を行い、尿酸値がどこまで改善するかを実験していました。 尿酸値対策として水分をたっぷり補給しながら、クライミングやダンス、ウエイトトレーニングをハードに行った結果、 尿酸値は逆に10.9に上昇してしまっていました。 どうして尿酸値が上がってしまったのでしょうか。 たとえば動物の肉の細胞ひとつひとつのなかにはプリン体が含まれています。 プリン体は細胞のDNAのいち部分、いわば部品です。 そのお肉を私たちが食べれば、当然プリン体も体内に入ってきます。 肝臓はプリン体を材料に尿酸を作り出すので、血液中に一定量の尿酸が常にあることになります。 しかし、このようにしてつくられる尿酸は、体内の尿酸の2割ほどに過ぎません。 先程記した「食べ物から2割」の部分です。 残りの8割は、私たちの体内の細胞が新陳代謝するたびに放出される プリン体を肝臓が尿酸に作り変えたものです。 これに加えて、激しい運動をすると筋肉の一部が壊れます。 筋肉は細胞で出来ていますから、そこからもプリン体が出てきてしまいます。 運動後の尿酸値の上昇はこのようなシステムによって起こるのです。 上昇した尿酸値は運動後すぐに元のレベルまで下がるので心配ないそうですが、今回の被験者のように普通に生活しているだけで尿酸値が高い人がいるのはどうしてなのでしょうか? その原因を見ていきましょう。 スポンサーリンク 高尿酸の原因 番組では被験者を再検査していました。 高尿酸と診断された人のための精密検査です。 最初に肝臓と胆のう、すい臓、腎臓、ひ臓、膀胱を超音波検査で調べていました。 次に行われた管理栄養士による食生活のチェックでは、朝食に菓子パンを食べる習慣がよくないこととして指摘されていました。 甘いものも、プリン体を生み出すことがあるそうです。 次にガラス容器5本分の採血を行い、最後に1回分の尿を全部とる特別な尿検査を行い、精密検査が終わりました。 2日後に出た結果によると、この被験者の尿酸値が高くなっている原因は、尿酸の排泄がよくないことにありました。 本来は腎臓で濾過されて尿として出していかなければいけないのですが、この男性は正常の半分しか尿酸を排出できていなかったそうです。 尿酸値に問題がある男性数人が参加した実験で、食後の尿酸の尿への排泄量を調べて見ると… より 一番上の正常な方はしっかりと排泄できていますが、他の方は十分に排泄できていないことがわかります。 尿酸値が高い人の9割は排泄に問題があるそうです。 原因の1つは 肥満です。 肥満の人は、血糖値をコントロールするインシュリンという、すい臓から出るホルモンの効きがわるくなるそうです。 異常を感じたすい臓はインシュリンをどんどん分泌するのでインシュリンがどんどん体内にたまってしまい、尿酸の排泄を邪魔してしまうというのです。 このため、痩せれば尿酸の排泄が良くなることもありますが、今回の被験者の男性はスリムな体型でした。 こういう人は、 尿酸を排泄しにくい遺伝子を持っていると考えられるそうです。 いま注目されているのはという尿酸の排泄に関わる遺伝子で、 成人男性の半数がこの遺伝子の変異を持っていると言われているそうです。 強い機能低下を起こしている場合には痛風の発症リスクが22倍にもなるといいます。 尿酸の排泄をアップさせる食品 大阪市立大学医学部の蔵城雅文医師によると、尿酸の排泄を促進するには牛乳がいいそうです。 実験では尿酸の排泄量が平均で37%もアップしました。 より 牛乳に含まれるカゼインが胃腸で分解されてアラニンという物質になります。 アメリカで行われた47150人を12年間追跡した調査によると、 低脂肪乳・無脂肪乳を1日コップ1杯飲んだ人の痛風発症率は43%も低かったそうです。 普通の牛乳よりも低脂肪のほうが高い効果をもたらしてくれるそうで、お腹がゴロゴロしないタイプの牛乳やヨーグルトなどの乳製品でもOKだそうです。 (豆乳には尿酸値を下げる効果はあまり無いそうです。 ) 今回被験者となった男性が牛乳や低脂肪のヨーグルト等を1週間摂り続けた結果、尿酸値が8.2から6.6に下がっていました。 これはかなり下がった例だそうで、食生活全体まで気をつけたことが良かったようです。 尿酸値を下げるコツ まずは肥満解消です。 余ったインスリンが尿酸の排泄を邪魔しないようにします。 次にお酒です。 ビールに限らず、アルコールはそれ自体が尿酸を作り出してしまうそうですから飲み過ぎには注意が必要です。 甘いものも尿酸をたくさん作ってしまうので、スイーツの食べ過ぎにも注意しましょう。 逆に、野菜は尿酸の排泄を助けるので、積極的に摂るようにすべきだそうです。 これにコップ1杯の低脂肪牛乳やヨーグルトを加えれば完璧です。 牛乳はホットでも料理に混ぜて使ってもOKだそうです。 スポンサーリンク 痛風の治療 痛風専門医の大山博司氏によると 「痛風を起こしているときは痛みをとる治療をする。 痛みが落ち着いたらそこで薬を使うかどうかとなる」そうで、 「尿酸を排出しにくい人には尿酸の排泄を促す薬を処方する」といいます。 しかし、痛風は合併症として 尿路結石を伴うことが多い(健康な人に比べてリスクが5〜10倍になる)ため、そうなると排泄を促す薬は使いにくくなります。 同じように腎臓が悪い人にも排泄を促す薬は適さないため、そういう人には尿酸の生産を抑える薬が処方されるそうです。 痛風の方は水を飲むことも大事です。 脱水状態になっていると尿酸値は上がりますし、尿路結石のリスクも上がりますから、水分補給を心がけましょう。 ただし、誤解も多いようですが、水を飲んでいれば尿酸値がどんどん下がっていくというわけではないそうです。 まとめ それなりに健康的な生活を送っていても密かに痛風に近づいている可能性があるというのは、とても怖いことだと思います。 年齢や自覚症状の有無を問わず、乳製品や野菜を取り入れた食生活を心がけましょう。

次の

尿酸値を下げるには?尿酸値を下げる食べ物・飲み物・サプリ

尿酸 値 を 下げる ヨーグルト

健康診断を受けたさい、尿酸値が基準値(1デシリットル当たり7. いわゆる、痛風の初期段階です。 本格的な痛風の発作を防ぐためには、尿酸値を下げることが何より肝心。 必ず専門医に診てもらい治療を受けてください。 尿酸値を下げるには病院での治療に加えて、自分自身でも生活習慣の改善が必要です。 この記事では尿酸値を下げる可能性がある食品について、専門医の谷口敦夫先生に話を聞きました。 ここでは、乳製品を取り上げていますが、もちろん乳製品だけをとれば必ず尿酸値が下がるわけではないので、その点はご理解をください。 尿酸値を下げるには、プリン体の「多い食品」「少ない食品」を理解しよう 尿酸を減らすための基本はなんといっても食生活です。 中でも気をつけるべきは、尿酸を増やす原因として有名なプリン体の摂取でしょう。 プリン体の多い食品と少ない食品については、下の表を参考にしてください。 実は、食事で体内に吸収されるプリン体は食品全体の10〜20%であり、体内で生成される分量より少ないことがわかっています。 そのため、過度に神経質になる必要はありませんが、尿酸を減らすためにはやはりプリン体のとりすぎはいけません。 上の表を参考に、食品ごとに含まれる量を把握して1日の摂取量が400ミリグラム以下になるように気をつけましょう (日本痛風・核酸代謝学会 「 高尿酸血症・痛風のガイドライン第2版」より)。 尿酸値を下げるには大豆食品や海藻、キノコなどアルカリ性食品がおすすめ 尿酸値を下げるには、尿をアルカリ化してくれる食品の積極的な摂取も大切です。 健康な人の尿はpH6. 0付近の弱酸性に保たれています(ph7が中性)。 しかし、体内に尿酸が多く、高尿酸血症・痛風腎・尿路結石などを患っている人は ph5. 5以下の酸性になりやすい傾向があるのです。 尿酸は、尿が酸性の状態では溶けにくく、かたまりやすくなります。 そのため、尿酸値が高い人は、アルカリ性の食品をとって尿を弱酸性の状態へ戻すのがすすめられます。 尿酸値を下げるためにおすすめの、代表的なアルカリ性食品には、ヒジキやワカメ、コンブといった海藻類や大豆、ゴボウ、サツマイモ、サトイモ、キノコ類があげられます。 これらの食品には、プリン体の含有量も少ないため、まさに尿酸値を下げたい人にもってこいといえるでしょう。 尿酸値を上げやすい食品はプリン体が多い酸性食品。 レバーは要注意 尿酸値を下げる食品としておすすめしたいのが、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品です。 これらの食品は、プリン体が少ない点からもすすめられます。 アメリカのマサチューセッツ総合病院リウマチ科のヒョン・コワ博士らが行った調査によると、牛乳とチーズなら1日当たり計量カップ1杯(200ミリリットル)以上、ヨーグルトなら0. 5杯(100ミリリットル分)以上摂取していた人は、尿酸値が有意に低いことがわかりました(下のグラフ参照)。 また、乳製品をよくとっていた人は、痛風の発症リスクも低減していました。 牛乳はカゼインとラクトアルブミンなどの豊富なたんぱく質を有しており、しかもプリン体の含有量も少なくなっています。 このことが尿酸値を下げるために役立ち、尿酸の排出をスムーズにしてくれるのではないでしょうか。 尿酸値を下げる食品として、低脂肪牛乳を200ミリリットルとろう このように、尿酸値を下げる可能性がある乳製品ではありますが、カロリーや脂肪分が気になる人もいるかもしれません。 実際、肥満と尿酸値との間には密接な関係があり、太っている人ほど尿酸値が高く、減量するにつれて尿酸値が低くなることが知られています。 そのため、毎日とる乳製品としておすすめなのは、低脂肪乳です。 低脂肪乳でも通常の牛乳と同様、あるいはそれ以上の作用が得られると考えられます。 1日当たり200ミリリットル以上を目安に毎日とりましょう。 なお、牛乳を飲むとおなかがゴロゴロして下痢が起こる乳糖不耐症の人は、牛乳や低脂肪乳ではなく、乳糖が分解されている低脂肪ヨーグルトであれば大丈夫な場合があります。 いずれにせよ、高尿酸の人、痛風の人は病院で適切な治療を受けつつ、尿酸値を下げる食品を意識的にとるようにしてください。 この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

次の