第2楽章。 カフェ 第二楽章

カフェ 第二楽章

第2楽章

> > ショパン・ピアノソナタ ショパン・ピアノソナタ第2番・第3番 ショパンのピアノソナタについて 作品の特徴: ・作曲形式面で束縛されるのが苦手だったショパンが書いたピアノソナタ ・4楽章という珍しい構成で書かれた大規模なソナタ ・楽章間の有機的統一に難があるとの指摘も ・ショパンの独創性が現れたピアノソナタ第2番、第3番はピアノ音楽史上の傑作と評される ・構成上の束縛を独創性で補ってなお余りあるショパンの音楽の魅力に酔える作品 「ピアノソナタ」とは、一般的に、第1楽章にソナタ形式 提示部 繰り返し有り 、展開部、再現部 のAABA' の構成を持つ長大な楽章をおいた多楽章構成の作品です。 既に、古典派前期のハイドンやモーツァルトに よってその様式が確立されており、器楽曲のみならず、交響曲や協奏曲の第1楽章にも用いられるなど、作品の形式美、様式感の 実現のための一般的手段として、ロマン派時代以降もこの伝統的様式が受け継がれていったのは、周知の 通りです。 ショパンは生涯でピアノソナタを3曲書きました。 しかしショパンにとって、ピアノソナタという構成上の 束縛は非常に耐えがたい苦痛だったようで、少年時代、教師のヨーゼフ・エルスナーの奨めで作曲した 第1番は、その厳格な形式に捕らわれすぎたのか、楽想そのものが閃きに乏しく習作の域を 出ていないため、演奏される機会はほとんどありません。 しかし、やはり独創性を大切にして自由な構成で書かれた第2番、第3番は、両曲とも彼の創作史上でも稀に見る傑作と 言ってよく、現在の多くのピアニストの主要なレパートリーとなっていることは、周知の通りです。 ショパンのピアノソナタは、当時の伝統的な流儀だった3楽章構成ではなく、3曲いずれも4楽章構成の、 規模の大きい作品となっています。 いずれも第1楽章に長大なソナタ形式の楽章を据え、第2楽章に テンポの速いスケルツォ、第3楽章に歌謡的な性格の緩徐楽章を置き、速いテンポの第4楽章で 締めくくるという構成は共通しています。 ショパンの3曲のピアノソナタを「人気度」という観点から見ると、第1番に対して、第2番、第3番が 圧倒しているというのは、皆さんもご存知の通りで、現在発売されているショパンのピアノソナタを 収録したCDは、収録時間の都合もあり、大抵は第2番と第3番のカップリングとなっています。 第2番は、第3楽章に有名な「葬送行進曲」があり、死の 恐怖におびえるショパンの魂の叫びをそのまま音にしたような暗い絶望と激しさが全曲を支配しており、 名曲です。 第3番の方は非常に美しい楽想に満ちており、知・情・技がより高い次元で三位一体 となった不朽の名作で、ショパンの最高傑作の一つに数えられています。 ピアノソナタ第2番変ロ短調Op. 35 作曲年:1839年 出版年:1840年 ピアノソナタ第2番は、とりわけ有名な第3楽章の葬送行進曲が1837年に作曲され、続いて第1楽章、 第2楽章、第4楽章が作曲されました。 各楽章の有機的な統一性、ソナタ形式の構成等に難があるとされ、 これを聴いたシューマンは、「4人の乱暴な子供達をただ一緒につなぎ合わせただけ」と評しています。 しかし、各楽章にはショパンの独創性が盛り込まれており、ピアノソナタというより、4つの個々の 全く別の作品として聴けば、傑作と呼ぶに値する内容であることに間違いないと思います。 これが技術的には かなりの曲者。 左手は上から10度を押さえられる大きさがなければこの部分を弾くことは難しいと思います。 続く第2主題は変ニ長調の美しい旋律となりますが、この部分の最後の方は、ただ美しいだけでなく、ショパンの 魂の叫びが聞こえてくるような、痛切な響きへと変わっています。 提示部の最後は、3連符の連続で 力強く終わります。 展開部は細切れの第一主題のモチーフをそのまま使用し、徐々に高揚していき、その 激情は137小節目で大爆発を起こします。 この部分のお膳立てをどうするかが演奏者の腕の見せ所で、 私はこの部分を、本楽章のを聴くときの最大のポイントにしています。 本楽章の面白いところは、再現部 では第一主題が省略され、いきなり第2主題が示されることです。 これは短3度下がった変ロ長調で、 夢想的な変ニ長調に比べるとやや現実的な響きがします。 調性的な考慮から、変ロ短調で始まった本楽章を を同名長調で終わらせるための形式的な技法のようです。 とにかく本楽章は、提示部の変ニ長調の旋律を とこまで痛切に歌わせられるか、展開部の大爆発への持っていき方はどうか、の2点に絞って聴いて みることをお薦めしたいです。 暗く激しい情緒のA部は、技術的にはそれほど難しく ないので、一点一画きっちり弾いてメリハリのある音楽作りを目指したいです。 オクターブの連打、4度の 連続 半音階 、そして高音域の跳躍等の技術的な課題をクリアし、強靭な打鍵で演奏できれば、本楽章 のほぼ半分は手中に収めたといってよいと思います。 中間部は、打って変わって変ト長調で穏やかな情緒が 支配します。 これは私の感覚ですが、この部分は24の前奏曲の第13番嬰へ長調と似通った雰囲気と感じます。 極めて平穏で柔らかな響きです。 再現部ではやはり変ホ短調で主題が再現されますが、最後は中間部の主題が 回想されて終わります。 本曲では実はこれが一番先に作曲されました。 3部形式で、暗く重々しい雰囲気 の出だしはまさに死者を弔う儀式の音楽です。 その情緒は次第に高揚し、悲痛な叫びとなって爆発します。 対して中間部は変ニ長調の静かで美しい旋律ですが、変イ長調に転調してから中間部の中ほどにやや情緒の高まりを見ます。 この部分の、なんと いうか、やるせない感じを表現するのは結構難しいかもしれないです。 再現部は提示部とほぼ同じものですが、 悲痛な叫びの2回目だけフォルテッシモで弾かない人が多いです。 葬送の行列が遠くへ去っていくことを 表現しているのだと私は勝手に解釈しています。 調性もはっきりせず、曖昧模糊とした つかみ所のない音楽のようですが、これは、葬送の行列が過ぎ去った無人の墓場にふく、砂煙の混じった 冷たい風を表しているように感じます。 本当に得体の知れない不気味さを感じる不思議な楽章です。 自信を持ってください。 58 作曲年:1844年 出版年:1845年 第2番と同じノアンのジョルジュ・サンドの別荘で作曲されました。 第2番に比べ、各楽章に有機的な統一性 が見られるだけでなく、豊かな楽想にも満ちており、円熟期の傑作の中でも頂点をなすものの一つと して位置付けられています。 第1楽章に聴かれる抒情性は比類のない美しさである一方、第4楽章で 現れる高度な演奏技巧は、本作品の演奏効果をより一層高めています。 調性的にも 非常に入り組んでおり、平均でも2秒に一回は転調しながら、その動機が極めて天才的に処理されていきます。 曲の冒頭がいきなりこんな感じではきっと挫折する人も多いのではないかと思っていますが、それとは対照的に 第2主題は極めて平穏なニ長調の美しい旋律です。 ショパンはニ長調という調性が大嫌いだったという 説がありますが、これをきくとそんなことを感じさせないです。 しかし、この旋律も全くつかみ所のない不思議な音楽で ただ単に感じたままを音にすると焦点がぼやけてしまう危険があるので、一度ピアノから離れて、楽譜を 目で追いながら、頭の中だけで音像を構築するという特殊な作業が必要になるかもしれないです(私はそういう 工夫をして、この旋律をやっとそれらしく聴かせることができるようになりました)。 この旋律が嬰へ短調 で終わると、そこからの経過句もショパンの後期の作品ならでの鮮やかな作曲技法で天才的に処理され、 実は私はこの辺がたまらなく好きではまってます 最後の安定部である、ニ長調の終結部に入ります。 この 左手から右手に受け渡す形をとるニ長調の旋律の何という美しさ、まるで海を見下ろす小高い丘の上に立って 水平線に沈んでいく夕日を見ているような、そんな現実離れした神々しいばかりの美しさ。 とくにADGHの ハーモニーは天国的ともいえるほどで、私はこの曲を知ったばかりの頃、ここを聴いては涙を落としていました。 私にとってここは特に思い入れの強い部分なのです。 展開部は第一主題の動機を用いながら、極めて不安定な調性で書かれ、 ここを最初に聞いたときは、訳が 分からなくて恐怖の瞬間でした 特にこの展開部のクライマックスは無調音楽一歩手前とも言えます。 ここは 技術的にも難しく、音楽的なものに至っては何を表現したらいいのか、今現在も全く掴めていません みなさんはどうでしょうか しかしそこを通りすぎると、変ニ長調というはっきりとした調性が立ちあがり、ほっと 一安心します。 ここはあたかも、何も見えない真っ暗なトンネルの中でようやく一条の光が見えてきた 感覚になります。 この辺から再現部に突入するあたりの、つかみ所のなさを表現するのがこれまた難しく、 やっと再現部にたどり着いたときには全気力を消耗してしまっていたりします。 再現部は例の4度の全音 下降など、提示部で示されたものを擬似的に使いながら短縮し、第2主題が、提示部のものより短3度 低いロ長調で示されます。 こうして聴いて見るとロ長調という調性はニ長調に比べてシックで落ち着いた 深い印象を与えます。 この再現部の終結部もロ長調で書かれていますが、ここは、既に夕日が沈んでしまって、 まだ清明な青さの残る夜空を見上げているような、そんな感じで私には聞こえてきます。 個人的には、 この部分はニ長調の方がずっと好きなんですけど。 第一楽章がこんなに内容の濃い作品だから、私はピアノソナタ第3番の熱烈なファンになってしまいました。 私の場合、ピアノソナタ第3番と言えば、もうこの第1楽章に尽きる!! と言ってしまいます。 ABA'と名づけると、A及びA'は変ホ長調、Bはロ長調。 その何の脈絡も なくやって来る意外な転調が面白いです。 プロのピアニストでも、ここをその指示通り完璧に 再現している人は少ないです ポリーニも完璧だが彼のはレッジェーロではなくレガーティッシモ。 それくらいの難技巧なのです。 この楽章は あまり印象を与えず、あっさり弾くのがよいようです。 ピアノから美しい音色を引き出せる技術を持った人の魔法の指から 紡ぎ出されると、この楽章は夢見の境地へと誘う素敵な抒情詩になります。 逆にそうでない人が弾くと 退屈で平凡極まりない音楽となり、「夢見」どころではなく「熟睡」となってしまうでしょう。 これほど演奏者の資質が そのまま演奏の魅力に直結してしまう恐ろしい音楽はないと思います。 ゆったりと、しかし退屈させないで 9分間この楽章を聴かせられれば、音色を操る技術はまさにプロ級と言えるでしょう。 演奏家の大試金石。 みなさんも、まわりの 「自称ショパン弾き」にこれを試してみたらどうでしょうか 嫌われるのがオチ? この楽章の演奏技術の困難さ はどうでしょうか。 ロ短調の第一主題は、2回目に登場するときはホ短調、3回目は再びロ短調だが、登場する毎に 左手の伴奏が速められていく形を取っています。 2回目では左手は実に1オクターブ半以上の音域を駆け巡る 4連符となっていますし、3回目では2指、3指で5度を飛はなければならないような運指も登場するし、この辺 にくると、私の短い指はパニックを起こしています。 ああ、手の大きさなんかどうでもいい、指の長さがほしい と痛切に感じる部分です。 他にも右手のこまやかな6連符を処理しなければならないし、コーダは、音を外すことを 恐れていては音楽が死んでしまうということもあり、この第4楽章の技術的課題の多さはいかんともしがたいです。 この楽章の練習の記録は、別コーナーの「ピアノ演奏奮闘記」に別途掲載する予定です。 ピアノソナタ第3番という傑作の最後を飾るに相応しい豪華絢爛、輝かしいピアニズムが発揮された 最高の音楽であることに間違いないと思います。 曲目 名曲度 最高5 体感難易度 最高10 一般的認知度 最高5 ピアノソナタ第2番変ロ短調Op.

次の

楽章(がくしょう)とは

第2楽章

まずは「悲愴」について知ろう! この曲はベートーベン(ベートーヴェン)の作曲したピアノ・ソナタのうち8番目にあたる初期のピアノソナタです。 「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説ありますが、1797年から98年ごろに完成したとされています。 ベートーベンは1970年生まれですので、28歳~29歳頃の作品ということですね。 作曲家としても演奏家としても世間に認知され、そして聴覚障害の兆候が現れ始めた頃です。 耳が聴こえなくなるという絶望により、1802年には「ハイリゲンシュタットの遺書」が記されます。 その遺書が書かれる3年前・・・ 耳が聴こえなくなっていく恐怖と絶望の中で、この「悲愴」にベートーベンが何かしらの思いを託して生まれた作品かもしれません。 1楽章に見られる激しい気持ちの高ぶり、3楽章の切々と哀しみを吐露するようなメロディー、その狭間にあって儚くも美しく、なんとも愛情深いメロディーを持つ2楽章。 人を惹き付けないわけがありませんね! 難易度は? 全音ピアノピースではDの中級上となっていますが、譜面上はCの中級あたりだと思います。 教本で言えばツェルニー30番後半くらいでしょう。 ただ、この難易度というのはあくまでも一般的なテクニカル面での話です。 指が動けば中級! ではもちろんなく、歌心であったり、音色の多彩さであったり、本来は演奏における表現力も加味されなければなりません。 そういった面では、「悲愴」の中で一番難しいのは2楽章と言えるかもしれませんね。 認知度の高い曲だけに、この曲で観客をうならせようと思ったら相当な表現力の高さが必要です。 Adagioはゆるやか、cantabileは歌うように。 ピアノで歌うように演奏しなければなりません。 弦楽四重奏のような4声の形になっているので、常にバイオリンやチェロなどの弦楽器をイメージしましょう。 そして、それぞれのパートが喧嘩してしまわないように、主役を決めます。 この曲ではほぼ終始ソプラノが主役になっています。 ということは、大切なのは右手のメロディー部ですね。 2楽章は冒頭のテーマが何度も現れるロンド形式になっていますので、テーマが命!! 左手や右手の伴奏部が主役の邪魔をしてしまわないように、細心の注意を払いましょう! バランスの取り方、それは耳に全神経を集中させること!! もちろんメロディーを奏でる指は打鍵を深く、伴奏部は音量を絞って演奏するわけですが、弾いている本人がメロディーをよく聴かない(もしくは聴こえない)ようでは、聴いて下さる人にメロディーが聴こえるわけがありません。 くっきりと立体的にメロディが浮かび上がるよう、左右のバランスによーく気を付けましょう。 肩、腕から手首にかけては十分に柔らかくしなやかに使いましょう。 あたたかい音色を出したければ、指はすこーし寝かせ気味に。 フレーズの終わりには手のひらも脱力させるイメージで、出来るだけ硬さを排除さましょう。 これに悪戦苦闘する人が多いのではないでしょうか? この3連符の攻略にこの曲の仕上がりが左右されると言っても過言ではないかもしれません。 間違っても3連符の3つの音を全部同じ大きさで弾いてはいけません!(ここ重要!) 同じ大きさならまだマシ。 3連符の3番目に親指がくることが多々ありますが、親指の力が強いからって3番目が一番大きくなるなんて最悪パターンです! 3連符はあくまでスマートに。 心臓がトクトクトク・・・・と時を刻むように、静かに、自然に弾きましょう。 ほんの少し「大・中・小」というイメージで弾くと上手くいくと思います。 もちろん一番下までがっつり踏む場合もあります。 基本的に小さな音の時はハーフペダルくらいに思っておいた方がいいでしょう。 逆に一番下まで踏むのはff(フォルティシモ)など大きく高らかに歌い上げたい時など。 「悲愴」で言えば、1楽章や3楽章のf以上の時には目一杯踏みます。 この2楽章ではうすーくうすーく、指で繋ぎきれない音を補うくらいのつもりでペダルを入れていくと上手く響きが出来上がります。 スイッチのオンとオフしかないような、幼稚なペダルは卒業しましょう!! まとめ 1 左右のバランス 2 手首と指を柔らかく 3 3連符の攻略 4 ペダリング 以上に気を付ければ、きっと素敵な悲愴の2楽章になることでしょう。 ちなみに、「悲愴」に合わせて、第14番「月光」、第23番「熱情」の3曲をベートーベンの三大ピアノソナタと言います。 「悲愴」弾きこなせるようになったら次は「月光」にもチャレンジしてみても良いかもしれませんね!.

次の

「交響曲第4番 変ロ長調」第2楽章——作曲から半年、ひとりの貴族が独占所有|音楽っていいなぁ、を毎日に。| Webマガジン「ONTOMO」

第2楽章

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の