敬具 位置。 「敬具」の位置と「拝啓」「謹啓」の位置|縦書き/手紙/メール

拝啓と敬具の意味って何なの?書く位置や縦書き横書きの例文!書き方

敬具 位置

謹啓の読み方・意味・使い方 謹啓(きんけい)は「つつしんで申し上げます」を意味する頭語(手紙文の最初に書く言葉)です。 目上の相手やビジネスの取引先などに送る手紙で、とくに深く敬意や礼儀を示したいときに使います。 謹啓に対応する結語は? 結語とは、手紙の結びの挨拶にあたる言葉です。 頭語と結語は、手紙の内容や差出人の性別によって使える言葉が決まっており、対応するものをセットで用います。 改まった手紙で使われる主な頭語と結語は以下の通りです。 上の表の中の頭語と結語は、どのように組み合わせても問題ありません。 謹啓の結びに「敬具」は使える? 「敬具」は「拝啓」に対応する最も一般的な結語ですが、謹啓の結語としても多く使われています。 謹啓に対応する結びとしては「謹白」や「謹言」がよく用いられますが、「敬具」を使っても間違いではありません。 謹啓の結びに「かしこ」は使える? 「かしこ」は「畏し」(かしこし。 「恐れ多い」という意味)を語源とする女性用の結語で、謹啓を含むどの頭語に対しても使えます。 ただし「かしこ」は女性的なやわらかい印象を与える結語なので、実際の手紙で謹啓の結びに使われているのを目にすることはあまりありません。 一般的な用法に従うなら「謹白」「謹言」などを使うとよいでしょう。 「謹白」は結語? 頭語? 改まった手紙で使う結語「謹白」は頭語にも使える、という説明を見かけることがあります。 中には頭語に用いる人もいるかもしれませんが、この用法は一般的ではありません。 とくにこだわりがなければ、結語だけに使うことをおすすめします。 拝啓などの代わりに必ず謹啓を使う場面はある? 「拝啓」も謹啓と同じように「つつしんで申し上げます」を意味する頭語です。 改まった手紙では、謹啓もよく使われますが、拝啓や敬具などの一般的な頭語・結語を使うと失礼に当たるわけではありません。 はっきりとした使い分けのルールはないので、相手との関係や、文章のていねいさの度合いによって判断します。 謹啓はていねいな手紙で必ず使用しなければならないものではなく、一段深い敬意や礼儀を示すために使う言葉だと考えるとよいでしょう。 お詫びの手紙では謹啓を使うべき? お詫びの手紙に謹啓などのかしこまった頭語を使っても問題ありませんが、「前略」「急啓」などを用いて(または頭語も省いて)前文を省略する方が一般的です。 お詫び状では、謝罪の気持ちと用件をすみやかに伝えることに重点が置かれることから、ていねいな前文を書くよりも、すぐに本題に入る方が適切な場合が多いためです。 前略 本日はお約束していたご返済の期日につきまして、お詫びとお願いを申し上げたくご連絡差し上げます…… ていねいなメールには謹啓を使うべき? メールは略式の連絡手段です。 そのため、謹啓などの頭語をはじめ、手紙で用いる儀礼的な挨拶は基本的に必要ありません。 メールの文頭には最低限の挨拶のみを書き、すぐに本題に入るのが一般的です。 メール文で儀礼的な雰囲気を出したい場合には、書き出しのなどを少していねいに記すとよいでしょう。

次の

拝啓を使った例文|ビジネス/春/夏/秋/冬・書き方や注意点

敬具 位置

今回の内容は、• をすでにお読みくださっていることを前提としています。 まだの方は、まずは焦らず上記ページからご覧ください。 「拝啓」と「敬具」 「拝啓」と入力し、キーボードの[Enter]キーで改行すると、 その結びである「敬具」が自動的に入力されます! しかも右揃えで! いやぁ、Wordさんカワイイなぁと思ってしまう瞬間なわけですが、私としては、自動的に入力される「敬具」よりも、もっと注目していただきたいことがあるんです! それがコレ、改行マーク。 「敬具」が自動的に入力されると同時に、「拝啓」の行と「敬具」の行の間に改行マーク1つ、「敬具」の行の下に改行マーク1つという体裁が組まれます。 「」でご紹介しているとおり、文字が入力されていない箇所では、改行マークがあるところにしか文字を入力することができないので、 「拝啓」と「敬具」の行の間に、すぐに文字が入力できるよう改行マークを、 そして、「敬具」の次の行にもすぐに文字が入力できるように改行マークを、という体裁にしてくれるわけです! 「敬具」と改行マークが自動的に配された時点で、文字カーソルは「拝啓」の行と「敬具」の行の間にある、改行マークのところにあるので、 そのままなどを入力します。 そして、その入力が終わり、今度は「敬具」の 次の行に文字を入力したいと思った時点で、 このWordさんのかいがいしいお世話を無駄にしないよう、自動的に配された「敬具」の次の行にある改行マークのところに文字カーソルを移せばいいわけです。 ちなみに、文字カーソルを移したい場合には、マウスポインタの形が「I」の状態でクリックすると移せます。 ところが! せっかくのWordさんのかいがいしさを無駄にしてしまう方がいらっしゃるのも事実です! 「敬具」の次の行に入力したい時、すでに改行マークがあるにも関わらず、なぜか「敬具」の文字の後ろに文字カーソルを置き、わざわざ自分で[Enter]キーを押して改行マークを増やす方が。 でも、実はこれ、あえて自らを苦しめる結果になってしまうんです! 「」でご紹介しているとおり、Wordには「 もとの書式を引っ張る」という特性があるため、右揃えになっている「敬具」のところで改行すれば、その改行でできた行にも、同じように右揃えが最初から設定されてしまいます。 最初から右揃えにしたい場合にはありがたいですが、ほとんどの場合は右揃えが不要であることが多いので、この右揃えを解除する手間が増えてしまうことになります。 というわけで、自動的に入力された「敬具」だけでなく、改行マークにもぜひ注目してください! 「記」と「以上」 このWordさんのかいがいしいお世話は、「拝啓」以外でも発揮されます! 「記」と入力して[Enter]キーで改行すると、 「記」は自動的に中央揃えになり、その結びである「以上」が自動的に右揃えで入ります! もちろん、ここでも注目してほしいのは、やっぱり改行マークです!.

次の

拝啓と敬具の意味って何なの?書く位置や縦書き横書きの例文!書き方

敬具 位置

「拝啓」と「敬具」の意味は? まずはじめに「拝啓」と「敬具」の持つ意味を紹介します。 「拝啓」は手紙の書き出しに用いる「頭語」 「拝啓」はフォーマルな手紙の書き出しに用いる「頭語」とよばれる慣用語です。 「つつしんで申し上げます」という意味があります。 「頭語」から始まる【前文】が書き出しの挨拶 手紙は【前文】【主文】【末文】で構成されます。 【前文】では「頭語」と「時候の挨拶」のあとに「繁栄や健康を喜ぶことば」や「日ごろのお礼」を順に述べます。 これらで構成された前文をもって書き出しの挨拶が終わります。 「拝啓」の頭語から始めるフォーマルな手紙は、挨拶の手順を踏んでから本文に入ります。 「敬具」は頭語と一対の「結語」 「敬具」は手紙の最後にもう一度相手に敬意を表す言葉として書く「結語」です。 「謹んで申し上げました」という意味です。 頭語と結語は他にもいろいろな言葉がありますが、自由に組み合わせて使うのではなく、頭語に対応した対の結語を用います。 「拝啓」の対の結語は「敬具」です。 「結語」で終わる【末文】が締めくくりの挨拶 【主文】を書いたら【末文】に移ります。 末文には今後の指導を願う言葉や相手の繁栄や健康を祈る結びの言葉を書き、「敬具」などの「結語」で終わります。 手紙の構成に従って書くことで、礼を失さずにマナーにかなった手紙を書くことができます。 「拝啓」と「敬具」の位置と書き方は? 「拝啓」の位置は手紙の冒頭 「拝啓」は手紙の冒頭に書きます。 字は下げずに書き出します。 「拝啓」のあと改行せずに時候の挨拶を続けて書く 「拝啓」のあとに一字あけて、時候の挨拶や健康や繁栄を喜ぶ言葉を書き、そのあとで改行します。 「敬具」の位置は手紙の最後に改行して書く 結びの言葉を書いたら改行して、その次の行に「敬具」を書きます。 縦書きの時は下に下げて書き、横書きの時は右寄せにして書きます。 「拝啓」を使ったビジネス文書や手紙の例文(文例) ビジネス文書には取引のための取引文書と社交などを目的とした儀礼文書の2種類があります。 取引文書、儀礼文書の例文をそれぞれ紹介します。 取引文書の例文 見積もりのお願い 拝啓 新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 日ごろは格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、早速ながら、下記商品につきまして… つきましては、〇月〇日までに… ご多忙のところ誠に恐縮ですが、何とぞよろしくお願い申し上げます。 まずはとり急ぎお願いまで。 皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素はひとかたならぬご高配を賜り、心より感謝しております。 つきましては、ささやかな歳末のごあいさつをお届けいたしました。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 皆様よいお年をお迎えになられますよう、お祈りいたします。 まずはお歳暮のご挨拶まで申し上げます。 敬具 代表的な「頭語」と「結語」の組合せ 代表的な「頭語」と「結語」の組み合わせを紹介します。 一般的な手紙やビジネス文書 「拝啓」+「敬具」 一般的な手紙やフォーマルなビジネス文書では「拝啓」+「敬具」を用います。 最もよく使われる組み合わせです。 丁重な手紙やビジネス文書 「謹啓」+「敬白」 改まった手紙で、「拝啓」よりも丁重な表現にしたい時は、「謹啓」+「敬白」を用います。 「謹んでうやまい申し上げます・申し上げました」の意味があります。 丁重な女性の手紙 「謹んで申し上げます」+「かしこ」 女性の場合は、「謹んで申し上げます」+「かしこ」を使うことができます。 女性であってもビジネス文書の場合は女性らしさを出す必要はないため、「かしこ」は用いないことが一般的です。 返信の手紙 「拝復」+「敬具」 改まった返信の手紙の場合は「拝復」+「敬具」を用います。 前文を省略する場合 「前略」+「早々」 前文を省略する場合は「前略」+「早々」を用います。 男性、女性とも「早々」は使えます。 ビジネス文書ではそぐわない場合があります。 まとめ ビジネス文書やフォーマルな手紙は、「拝啓」「敬具」を使い、決められた形式に従って書くことでマナーにのっとり、相手にも読みやすい文書にすることができます。 一度形式を覚えておくと、メールにも応用できますのでビジネススキルがぐんとアップします。

次の