バットマン アーカム ナイト 攻略 リドラー。 バットマン アーカム・ナイト

リドラーチャレンジ バットマン アーカムナイト 攻略[GAMING]

バットマン アーカム ナイト 攻略 リドラー

一部リドルでは、メインミッションで入手できるガジェットが必要。 一部リドルでは、バットモービルのアップグレードが必要。 したがって、メインミッションクリア後にまとめて消化するのが効率的。 情報提供者は神出鬼没 リドルの場所を知っている情報提供者は神出鬼没。 例えば、Bleake Islandの情報提供者がMiagani Islandの情報を持っていることがあり、一つの場所に留まって情報提供者を探す必要はない。 情報提供者の反撃に注意 一部の情報提供者は、首根っこを掴まれた状態でも反撃してくる。 なので、常にYボタンでカウンター攻撃できる状態にしておく。 」はタグ付けしておく リドルの一つである「? 」は、タグ付けできる。 なので、タグ付けしてマップに表示させておくと二度手間にならない。 コックピット視点を活用 レース系チャレンジは、コックピット視点でプレイすると遊びやすい。

次の

バットマン:アーカム・ナイト 攻略・Wikiまとめ【PS4】

バットマン アーカム ナイト 攻略 リドラー

バットマン アーカム・ナイト Batman: Arkham Knight ジャンル 対応機種 (日本発売中止) 開発元 発売元 シリーズ 人数 1人 発売日 2015年 対象年齢 : D : : 18 ダウンロード コンテンツ あり 売上本数 8万323本 『 バットマン アーカム・ナイト』( Batman: Arkham Knight)は、を題材とした・で、の続編にあたる。 日本ではに発売され、本体とのセットである「バットマン:アーカム・ナイト KNIGHT EDITION」も発売された。 本作は前3作とは異なり日本語音声が収録されており、発売直後は日本語音声・字幕のみだったが、2015年8月のアップデートで英語音声・日本語字幕にも対応された。 ただし、ゲームプレイ中の変更はできず、一度ゲームを終了してメインメニューに戻る必要がある。 また、『ハーレークィン パック』などの追加エピソードなどは一部日本語音声が収録されていない。 これらの音声・字幕は、これまで日本語が収録されていなかったPC版にも収録されている。 あらすじ [ ] 「」にて、バットマンの宿敵ジョーカーは、タイタンの副作用から命を落とした。 この件は、世間では「バットマンがジョーカーを殺害した」と認識されており、その後のバットマンは犯罪者に対する苛烈さが増していった事で、バットマンの存在は次第にゴッサムの人々から危険視される様になる。 アーカム・シティの一件から9か月後、「」以降消息がわからなくなっていたが再びに現れ、市内に恐怖ガスを散布した。 市内は大パニックに陥り、住民たちは市外に脱出。 スケアクロウは住民のいなくなったゴッサムを占拠し、街中に戦車や軍隊を配備した。 悪の手に堕ちたゴッサムでは、スケアクロウと手を組んだペンギンやトゥーフェイス、リドラー、ハーレークインなどのスーパーヴィラン達も暗躍する。 バットマンは、事態を収拾しゴッサムに平和を取り戻すため、最新型のバットモービルを駆ってスケアクロウ達との戦いに挑む。 そんな中、「アーカム・ナイト」と名乗る正体不明のスーパーヴィランが突如ゴッサムに現れ、スケアクロウと手を組んでバットマン打倒に乗り出す。 アーカム・ナイトはなぜかバットマンの戦い方を熟知しており、バットマンは苦戦を強いられる。 本作から新しいバットモービルを乗りこなす。 前作でジョーカーとの決着がついたものの、ジョーカーの血液が自分にも輸血されてしまったことでバットマンがジョーカーに変身する危険にさらされている。 ジョーカーの幻覚を見るようになり、至るところに現れてバットマンに話かけてくる。 スケアクロウの幻覚剤を受けるたびに、ジョーカーの幻覚を見る頻度が上がっている。 今作ではバットマンにをベースとしたリキッドアーマーの上下に入りトライウィーブを重ねたバットスーツと、空気作用を取り入れたバットクローを開発する。 ジョーカーの襲撃が原因で下半身不随となり、の生活を送りつつオラクルとして情報解析や収集などでバットマンに協力している。 父には「ゴッサムの街から避難した」という嘘をついている。 ロビンこととかつては恋愛関係にあった。 DLC「家族の問題」(A Matter of Family)には、バットガールとして登場。 実験の失敗により植物と融合してしまったため、血ではなくクロロフィルが体内を巡っている。 スケアクロウによって収監されていたところを、バットマンに助けられる。 リドラーに囚われ爆弾付きの首輪をつけられている。 現在はバットマンから独立して行動している。 彼は三代目。 過去に流行したジョーカーの血液感染者を隔離して治療を行っている。 キラークロックに襲われて顔に酷い怪我を負ったため、顔をカカシの様な風貌に整形している。 今作の黒幕であり、新しい幻覚剤と軍隊や無人戦車などでゴッサムを支配しようとしている。 最終目的はバットマンと彼を生み出したゴッサムへの復讐で、バットマンという希望をゴッサムから奪い取ろうとする。 スケアクロウと手を組み、軍隊を率いてバットマンの殺害を企てる。 銃器類を使いこなし、高い戦闘力を持つ。 その正体はジョーカーに殺されたと思われていた二代目ロビンこと。 ジョーカーに捕らえられて1年間も拷問に耐えていたが、自身を助けに来ること無く三代目ロビンことを選んだバットマンを怨みアーカムナイトと化した。 元はアーサム・アサイラムに勤務する医師で、患者であるジョーカーに惚れて共犯者となった。 ジョーカー亡き後、彼の手下を従えている。 今回はキャットウーマンの身柄を賭けてゴッサム中に謎をばら撒いた。 化学工場に放火した際、自ら放った火に巻き込まれて大やけどを負ったため、難燃性・耐熱性を持ち、様々な装備のついたスーツを着ている。 映画製作会社で特殊効果アーティストとして活動していた経験を持つ。 今作では消防署を燃やして回っている。 かつて自らを虐待していた父とそれを黙認した母を恨み、二人を事故死に見せかけて殺害することで財産を手に入れようとしたが、ブルースの父であるトーマスが母を助けてしまった結果失敗に終わり、ウェイン家を逆恨みしている。 前作ではブルースに復讐する為だけに彼と同じ顔に整形させており、今作では復讐を実行に移すべく、ウェイン・タワーに潜入してCEOのフォックスを人質に取り、ブルースをおびき寄せようとする。 前作でタイタンの副作用により死亡。 バットマンは、スケアクロウの幻覚剤を受けた影響でジョーカーの幻影を見ている。 飛行船アイアンハイツ刑務所に収監されて人体実験を受けていた。 刑務所がゴッサムに墜落したことで脱獄し他の囚人と共に刑務官に対し復讐をしている。 かなり変異が進み怪獣のような姿になっている。 評価 [ ] 北米で発売された本作のコンシューマ版の評価は高かった一方、PC版は「推奨環境下のプレイでも、十分なフレームレートが出なかった」などパフォーマンス面での批判が目立った。 これを受けて2015年6月25日、ワーナーブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントは、公式フォーラム上でPC版の一時販売中止を発表した。 2015年10月29日に販売を再開し、北米時間11月16日までに購入したユーザーには、これまで販売されたシリーズ作品を無償配布する事を発表した。 脚注 [ ].

次の

リドラーチャレンジ

バットマン アーカム ナイト 攻略 リドラー

とりあえず一旦エンディングまで見たので。 一応シリーズはのブラックゲート以外はクリア済みなので前々からプレイしたいなぁと思いつつ、何故か 国内では版が発売されず残念と思いつつ4年も経ってしまいました。 ちなみに原作は読んでません… ついこの前にをと同時に買ってホクホクしてたはいいものの、そろそろ以外も遊びてぇぞってことでようやくナイトに手を付けました。 この記事では今作の要素を過去シリーズとも比較しながら感想書いてきます。 【ストーリー】 完璧…までとはいわないが、かなりよく出来てるストーリーだなぁと。 ナイトはシリーズの最終章なのでストーリーのハードル高いけど超えられるかな?と思ってたら悠々と超えていった。 (あらすじ…シティのクライマックスの後。 人々は「は変わってしまった」と噂するようになった。 そんなに立ちはだかるのは。 お得意の恐怖ガスによってシティを占領。 数多くのが蠢くシティ奪還のため、が特殊装甲車両『』と共に戦う。 ) 「歴代シリーズではシティがストーリーとしては一番よく出来てたかな?(後半のストーリーだけ評価するならビギンズが一番)」と思っていたが、今になって改めて言うとナイトが一番よく出来てると言える。 シリーズらしい暗く、ダークヒーローとしての活躍、そして自身の信念への懐疑が存分に描かれるのはどのシリーズもよく出来ていて、ナイトでも同様。 シリーズの中でも最大規模の戦いを、そして個性が強すぎるたちが盛り上げてくれまさに最終章にふさわしい出来。 演出についてだが、でも強烈なトを残したが今作の黒幕というのもあり、同様様々な演出・幻覚で及びプレイヤーをビビらせに来る。 また、もう一人の巨悪としてナイトが現れる。 ナイトは正体・行動理念が明らかにならない状態からに襲い掛かってくる、正しく謎の敵。 今作はこの二人による「幻覚か現実か」「ナイトの正体」という二つの疑問を常に持ちながら戦うストーリーは常に目的があり、そして常に油断ならない展開が来て(ビギンズを途中で投げかけた)自分でも中弛みせずにプレイを続けることが出来た。 特にストーリーの終盤は壮大なスケールかつ、これ以上ない試練がに待ち受けるのでそれが見れただけでもナイトをプレイした価値はあったなと思う。 カーが好きならマストバイ。 ただ、後述するが達は結構あっさり退場するのでやや肩透かし感がある。 ストーリーで滅茶苦茶苦しめてもボス戦になったら何も苦しめられずに終わる…ということが多く、シリーズ最大規模の戦争だがその戦争で一番盛り上がるのは結末ではないというガッカリ感はある。 サブストーリーでは数多くのが現れるが、そいつらを捕まえると鬼畜おじさんがあろうことか 全員同じ牢屋にぶち込むので、険悪な空間を見たいという目的だけでサブストーリー進めようというモチベが常に存在してた。 はクソ *ややネタバレのため暗転 今作では、死んだはずのカーがの恐怖とによっての幻覚として復活する。 よって、どんな環境だろうと出てくるので死んでいるはずなのにカーがシリーズで一番存在感あるわけわかんない状況になっている。 僕…というよりみんなカーが好きだろうから嬉しいストーリーだぁ…開発はユーザーが望んでいるのを分かっている。 【】 一番の賛否両論要素。 で街灯やフェンスぶっ壊しながらシティを駆け回るのは爽快感あるのだが、戦闘が単調な上に機会が多くてストレス。 敵の弱点部位を狙ってミサイル撃って、必殺ゲージ溜まったら必殺技撃って、敵の射線見えたら移動して…の繰り返し。 最初こそはカッコいい!ってなったけど『敵のドローン車30体撃破せよ』みたいなミッションがストーリーでもサブストーリーでも頻繁にやらされて単調な戦闘をここまでやらされるためにプレイする意味はあるのか?とフラストレーション溜まりやすい仕様になっている。 戦闘に関しては正直のタンクもどきをやらされてる印象で良いイメージがないが、ビルの屋上から呼び寄せ屋上から飛び降りてスムーズに乗車したり、走行中に飛び出してグライドに移行したりと移動要素としては面白かった。 戦闘がもう少し面白ければ印象が変わってたと思う。 戦闘状況に合わせてどのボタンを押すかしっかり判断し、映画さながらのモーションを楽しめるコンバット要素・敵を上空や床下からサイレントテイクダウンするステルス要素、どちらもよく出来ている。 特にステルス要素は今作からサイレントテイクダウンの複数対象版、フィアーテイクダウンが追加され3人ぐらいの集団をまとめてぶっ倒せるようになった。 今までは敵が一人になるのを待つ必要があったりとややテンポ悪いとこあったが、フィアーテイクダウンのおかげでサクサク敵を殲滅できる。 もちろん、フィアーテイクダウンは使い放題ではなくサイレントテイクダウンによってアビリティをリチャージする仕様になっている。 サイレントテイクダウンで敵を一人一人潰していき、恐怖によって固まって動き出した敵をフィアーテイクダウンで一気に潰す静と動はなかなかの爽快感。 【ボス戦】 歴代で一番つまらない。 個人的にはよりもがっかりしたのがこれ。 ビギンズでの熱い戦やテレビカメラ視点での戦闘、での戦、シティでの戦とシリーズはボス戦の演出が拘っているイメージを持っていたが、ナイトのボス戦はどいつもこいつも演出がチープで残念。 ンやムービーはあんなに拘っていただけにボス戦では力尽きてしまったのだろうかと疑いたくなる。 特に・あたりの戦闘は雑すぎて悲しみすら感じる。 お前ら過去作でも常連のメンツなのにな… ボス戦だけビギンズのスタッフが作らねぇかな。 【】 シティから面白くないなって多分全員に思われてるぞお前。 【移動等その他】 シティからのブーストのおかげで建物さえあればいくらでも飛行高度を上昇させることが出来るのは勿論、からのはシティで完成されているため今作も移動は楽しい。 らしく夜空をマント広げて飛び回れる。 で地上も素早く移動でき、一気に高地に移動も可能と縦横無尽に動けるためとしては完成されたアクションだと思う。 レベルアップシステムもビギンズの改悪っぷりからもとに戻ってまた選びやすくなったのは嬉しい。 これまでのシリーズ同様キャラクター図鑑も存在し、モデルと説明文見れるためとしての(こいつ誰だっけ…?)問題も解消されている。 ードで各種フィルター使って撮影できるためシティをカッコつけて飛び回って写真撮るだけでも楽しい。 最近のゲームはードがあるゲーム多くて嬉しいばね。 【結論】 は少し残念だが、シリーズの中でもとしてもステルスアクションゲーとしても非常によく出来てて本当に面白いゲームだと思う。 としては本当に細かい小ネタが多く、シリーズファンに向けるサービスも多くて会話を聞いてるだけでも楽しい。 物語に進むにつれて街に住み着くチンピラ(雑魚MOB)の会話が変化し、不安や欲望の声を聴くことによってヒーロー目線ではなく、一般人目線からの戦争の状況を垣間見ることが出来るのも雰囲気づくりに役立っていてストーリーの没入感を高めてくれる。 この会話自体はシティを駆け回ってるときに『ノイズ』として聞けるので移動の退屈さを軽減してくれている。 また、この会話源を探れば敵の位置も把握でき…とマップを見なくても情報がどんどん入ってくるのがシリーズの良いところだと思う。 では『巨悪』に、シティでは『因縁』に、ビギンズでは『孤独』と様々なものと戦ってきた。 ナイトでは『 恐怖』という、いや人間として最大の壁にぶつかるのはシリーズ最終章として相応しいテーマだったと思う。 として絶大な人気を誇るシリーズは今作で終わりというのが本当に悲しいが、人気シリーズの最後を担うだけのクオリティが今作にはあったし是非色んな人にプレイしてほしい。 ただ、シリーズ最終章だけあって過去作のストーリーが絡んでくるので最低でもシティだけでも予習しといてほしいのは事実でありややハードル高いが、それだけの価値がある作品だと思う。 余談だが、ビギンズではキャラクターのセリフを一気に8行出すという舐め腐っただったのに対し、今作は『多少』マシになっている。 まだ日本語の不自然さはあるが…ただ、以外全て日本語吹替・英語音声が収録されているのは人気シリーズ最終章だけあって気合が入ってるなとは思う。

次の