残業 いらすとや。 「残業時間に上限」4月から始まる新たな制度の内容とは? 働く人の健康のプロ、産業医5人に聞きました(市川衛)

【まとめ】痛烈な社会風刺!いらすとやの描く現代社会の闇

残業 いらすとや

追加されたのは、「やりがいという言葉に操られているを着た男性の」と、そのの私服版、「やりがいという言葉に騙されて都合のいいように労働させられている人の」の2種類。 どちらのも、若い男性が背中に上司とみられる高齢男性を背負っている。 高齢男性が持つ棒の先端に「やりがい」と書かれた紙が糸でくくりつけられていて、若い男性が眼前に吊り下げられた「やりがい」のために、汗をかきながら走る様子が描かれている。 「本人が望んでやってるんだからガタガタ言うなって突っ張ねられかねない表情やめろ」 ではこの風刺に、「表現がうまい」「良すぎ」「使いたい」などの声が出ている。 やりがい搾取は、労働者に「やりがい」を強く意識させることで、待遇の悪さや給与の低さから目を逸らさせようとするもの。 無償の長時間労働や、を招きかねないため、かねてから問題視されている。 2枚のとも、高齢男性を背負って走る男性は、苦しそうな表情を見せていない。 やりがいを追い、充実して働いているように見えるところは、「やりがい搾取」のさが反映されているようだ。 でも表情に注目した人は少なくないようで「本人が望んで、楽しんでやってるんだからガタガタ言うなって突っ張ねられかねない表情」という声も出ていた。 労働問題を扱う渡辺輝人はで、「歴史の教科書に載っていた、足元を照らすために円札を燃やす例の成金の絵に通じる何かを感じる」と呟いていた。 に掲載されているは、利用規約の範囲内であれば、個人・法人、商用・非商用を問わず利用できる。 ただし、素材を21点以上使った商用など、一部は有償だ。 利用する際は、サイトの利用規約ページを確認してほしい。 関連ニュース•

次の

【まとめ】痛烈な社会風刺!いらすとやの描く現代社会の闇

残業 いらすとや

2018年10月30日 言いにくいことをサラッと言うけど、「いらすとや」は、日本のクリエイティブを殺すよ。 マジで。 役所行っても大手企業のプレゼン見てもみんな「いらすとや」。 芸がないと言うより薄気味悪い。 お金のいらない、著作権発生しないっていう以外にあのホンワカしたイラストのなにが良いんだろ。 クオリティは高いと思ってますけどね。 有用じゃなかったらだれも使いませんよ。 — 彩福亭 じゃっかん。 エレクトーングッズ製作中 jyakkan4679 お気持ちは分かりますが、いらすとやがあちこちで使われているというのは、利用する方々に遵法精神があるということの証左でもあります。 クリエイターにとっては、活動しやすい環境なのかもしれませんよ。 — AoiMoe a. しお兄P AoiMoe いらすとやが奪うのはイラストレーターの仕事ではなくて、現場に居るちょっと絵が上手い人の無償労働時間ですよ — X68k X68k 別にビジネスモデルに著作権はないんだから、別の絵柄でいらすとやと同じやり方をするクリエイターが出てきたらそのうち一強ではなくなると思うよ。 それだけのクリエイティブ力をもっていたらオレがやりたいぐらいだ。 逝ってくる。 もちろん無料なのも大きいですけどね。 本日のおすすめ まぁ、あまりにも、「いらすとや」が目に付きすぎて反感を持ってしまうのは分からないでもない 出る釘は打たれるもんだからね。 それが良い悪いの問題でなく、目につくものに取りあえず反感を抱く層ってのは一定数いてる。 ただ、いらすとやのビジネスモデルが他の人の職を奪ってるってのは、ちょっと違うだろう。 あれで奪われるってことはその程度の仕事への気概でしか仕事をして来てなかっただけのことだ。 真摯に仕事やコネクションに就いてた人間なら、あの程度で追い詰められて食うに困る状況にはなりることはない。 いままで適当な仕事しかしてこなかったしっぺがしでしかない。 さらに付け加えると、それでも「職を奪われた」とか言うのなら、自分も同じように膨大な素材を違う画風で用意するなりして、同じ尻馬に乗っかればいい。 まぁ、そんな気概もない感じで職にあたってるわけだから、出来るわけもないけどな.

次の

[B!] ビジネスのイラスト「残業」

残業 いらすとや

1950年代、日本は高度成長期に入り戦後の復興とともに一気に経済成長を遂げました。 勤勉な日本人は、世界に追い付くためひたすら働き、今の日本の土壌を切り開いてくれました。 それにより、生活は豊かになったものの馬車馬のように働くのが当然のような風潮も見えるようになってきます。 1970年代に入り過労や、家庭を顧みない(みられない)ことによる家庭不和や育児問題など、働きすぎによる問題が目立つようになります。 そして、一部の企業や会社からノー残業デーが導入されるようになってきました。 ただ、この時点では絵に描いた餅状態であったところが多くみられます。 ノー残業デーができた理由「1990年代以降」 1990年代以降、過労死問題が深刻化してきます。 従業員を大切にする企業が出てくる一方で、不景気によるブラック企業も増え、ブラックと分かっていてもそこで働くしかない人も出てきます。 そして、過労死や過労による自殺が増える背景をもとに、ワークライフバランスに着目する人々も増え自分たちの生き方や権利も考えられる風潮も広まり始めました。 働き方改革などという言葉も流行はじめ、ノー残業デーを本格的に導入し実際に実施する企業も増えてきました。 ただ、今現在でも実際にはノー残業デー以外は長時間労働を強いられていたり、むしろ弊害が問題になる側面もあり、ノー残業デー以外も連日定時退社を目指そうという動きも出ています。 ノー残業デーが目指すもの ノー残業デーにはさまざまなメリットがあります。 働く側にとっては、プライベートとのバランスがとれ趣味や自己啓発、家庭での役割を増やし生きがいにつながる可能性があります。 そして、企業側にとっては、まずコスト削減ができます。 また、ノー残業を目指すことで効率よく仕事をしようとする意識につながり、結局は生産性が上がることも多いでしょう。 ノー残業デーの目的は本来、働く側にとっても雇用側にとっても大きな利益のあるものでした。 ただ、ノー残業デーを有効活用し、他の残業が減ったという企業もあれば、結局は持ち帰り仕事が増えたり、他の日にしわ寄せが出たり、管理職には適用されなかったりという問題点も出てきています。 ノー残業デーの厚生労働相の狙い 厚生労働相は、平成23年発行の「中小事業主に役立つ時間外労働削減の事例集」の中で、こう述べています。 平成22年、長時間労働を抑制し労働者の健康を確保することなどを目的として、1ヶ月60時間を超える時間外労働について割増賃金率を25%以上から50%以上に引き上げるなどを主とする改正労働基準法が施行されました。 長時間労働者の割合が高くなり、労働者が健康を確保しながら働くことができるよう、また労働以外の生活のための時間を確保できるよう、労働環境を整備することが重要という考えの元です。 厚生労働省は、ノー残業デーを通して直接的に「時間外労働の削減」「業務の効率化」「従業員の健康」を目指し、間接的にそこに派生するプラスの効果を狙っています。 ノー残業デイのアナウンスの例文 ノー残業デーを絵に描いた餅にしないためには、社内外に通知徹底して実行することが大事です。 その一歩がノー残業デーのアナウンスということになります。 どんなアナウンスをすれば、ノー残業デーが周知されるでしょうか。 社内通知 社内通知の方法として「文書による通達」「口頭指示」などがあります。 社内通知の文書の例文を挙げます。 社員が仕事とプライベートを両立することができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定いたします。 対象者:全社員 なお、業務上の不都合が生じたり、業務に差しさわりのある場合は曜日の変更などを検討いたします。 そのうえでさらに業務の効率化を目指し、すべての日がノー残業デーとなることを目指しましょう。 社外への通知 文章やメールによる周知も必要ですが、さらにノー残業デーをすすめるためにBCMでのアナウンスという手段もあります。 ノー残業デーの定時退社時刻に、決まった音楽・BGMを流し定時退社を意識付けするというシステムです。 言葉によるアナウンスもありますが、音楽の方がおすすめです。 理由としては、早く帰りたいけどなかなか終わらないという感情の方もいる時間帯で、あまり明るい音楽や言葉でプレッシャーをかけるようなアナウンスは気分を害することもあるからです。 できればゆるやかに「あ~そろそろ時間か。 」と思えるような、優しい音楽を選曲しましょう。 オフィスBGMには専門家がいますので、相談してみるのも良いでしょう。 ノー残業デーの曜日 月曜日は、土日休んだ後でテンションが上がらないという方もいるでしょう。 休み明けくらいは残業せず、しっかり帰って体調管理したいという声も多くあります。 逆に、たっぷり休んで元気満々という方もいる可能性もあります。 ただ、多くは1週間の始まりで徐々にテンションをあげていく日です。 また、土日にたまった案件を処理しなくてはならないということも多いでしょう。 これらのことから月曜日は、働く側はノー残業デーにしてほしい日という声が多い反面、仕事に集中して1週間の流れを作るための日としてノー残業デーにはやや不向きな日といえるでしょう。 火曜日 火曜日は、働く側としてもノー残業デーに希望しない方が多い日です。 仕事量が最も多く、充実させたい日であるということも理由の一つです。 また、体調的にもまだ何とか頑張れる日であるということもあり、ノー残業デーには向きづらい日です。 水曜日 水曜日を実際にノー残業デーにしている企業は多くあります。 その理由として官公庁も水曜日をノー残業デーにしているため追随しやすいということ、週の真ん中に疲れをとり金曜日まで頑張るためという社員側の希望にも沿っていることが理由です。 その流れに沿って、水曜日は割引にしているスポーツジムやカフェなども多くあります。 水曜日のノー残業デーは一般的に浸透しやすい日といえます。 木曜日 あと一日頑張れば休み、という木曜日もノー残業デーの人気の高い日です。 また、コンディション的にももっとも疲れがたまっている日言う理由もあります。 実際に水曜日の次にノー残業デーにしている企業が多いのが、木曜日です。 生産性と職員のテンションのため、木曜日をノー残業デーにするのもおすすめです。 金曜日 働く側からノー残業デーとして最も人気が高いのは、金曜日です。 やはり次の日が休みなので、早く帰って休みを充実させたいという気持ちです。 一方で、休み前に片付けてしまいたい仕事が多いのも金曜日になります。 土日にゆっくりするために、金曜日頑張りきるしかないという時もあります。 金曜日をノー残業デーにするのではあれば、業務整理や関係各所との連携が必要でしょう。 実際にノー残業デーを導入して良かったことやメリット、逆に不具合が生じたことやデメリットはどのようなものがあるでしょうか。 メリット まず、仕事の効率化です。 時間が限られていると、どうしても効率的に仕事をせざるを得ません。 どうすれば、良い仕事を早く終われるか、集中して考えるようになります。 結果、短時間で生産性の高い仕事ができるようになり、職員の仕事力も上がりコストパフォーマンスがあがるということです。 また、ワークライフバランスとして家庭がある人は家事や育児参加、趣味がある人はその充実、向上心で勉強したい人はその時間に充てられることで精神的にも余裕ができます。 結果として他の日も効率よく仕事しようという意識が働き、仕事の仕方を考える社員が増えます。 デメリット デメリットとして社員を返さないといけない分、管理職は残って仕事をしているという矛盾がでてきた企業もあります。 管理職に限らず、ノー残業デーは名ばかりという、社員だけがのこっていることもあります。 また、ノー残業デーだけ早く帰るために、他の日の残業が増えるというのも矛盾しています。 結局、周知徹底ができずその企業に合っていない方法で進めてしまうと、ノー残業デーは一利なしという結果になってしまいます。 ノー残業デーはお互いに利益を生むシステム ノー残業デーや有給取得率アップに成功した企業は、導入時は一時的に売り上げが減ることを覚悟して始めています。 働いてくれていた時間が減るのですから、どうしても労働内容が減少するということです。 しかし、実際には時間が少なくなったからといって、その分仕事をしなくても良いとは考えなかったのでしょう。 短時間に集中して仕事を処理したために、売り上げは減ることなく効率が上がったうえ、また生まれた時間で勉強したり心身のリフレッシュなどで一人一人の実力が上がる結果となり、売り上げは右肩上がりになりました。 ノー残業デーは、成功すれば双方にとって大きなメリットとなります。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の