宅建 分野。 宅建の過去問分野別の勉強方法は?年度別にやるのがおすすめ?

宅建試験ドットコム - 試験制度&過去問題を徹底解説

宅建 分野

最新情報 7月16日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ほぼほぼアレルギーさん 《》 総投稿数:1 7月17日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: まつさん 《》 総投稿数:3 7月15日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ミルキー@管理人 《》 総投稿数:2 7月16日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: aiさん 《》 総投稿数:3 7月11日平成15年試験の解説が完成しました。 6月30日平成16年試験の解説が完成しました。 6月12日平成17年試験の解説が完成しました。 5月22日掲示板でのご要望を受けて、解説内の図解を一覧できるページを作成してみました。 4月2日権利関係を5分野から17分野に、宅建業法等を8分野から12分野に細分化しました。 3月21日令和元年試験の解説が完成しました。 3月19日宅建業法を含む全ての過去問題について民法改正済となりました。 2月25日平成18年試験の解説が完成しました。 【2019年】 12月17日いつの間にか過去問道場の利用者が1,000人突破していました。 現時点で1,144人です。 12月5日令和元年の試験問題を追加しました。 10月9日学習成績をSNSで簡単にシェアできる新機能を過去問道場に追加しました。 10月7日平成19年試験の解説が完成しました。 市販過去問集並みの12年分の提供に達しました。 9月10日令和元年試験用の統計問題 問48 対策ページを公開しました。 6月6日平成21年試験の解説が完成しました。 ようやく10年分までアップできました。 3月13日平成22年試験の解説が完成しました。 2月28日平成30年試験の解説が完成しました。 1月22日平成23年試験の解説が完成しました。 【2018年】 12月20日平成24年試験の解説をアップしました。 12月18日過去問道場に問題チェック機能を追加しました。 12月7日平成30年の試験問題を追加しました。 12月5日試験統計に平成30年のデータを追加しました。 11月30日平成25年試験の解説をアップしました。 10月19日平成26年試験の解説をアップしました。 10月15日平成28年試験の解説をアップしました。 10月3日平成27年試験の解説をアップしました。 8月6日平成29年試験の解説をアップしました。 7月30日宅建業法等の出題論点を7つの細目に分類しました。 7月25日平成15年から平成12年の過去問題200問を追加しました。 7月6日新しく宅建試験の過去問解説サイトを公開しました。 後発組ではありますが、今後、解説やシステムを充実させ宅建試験対策の決定版と呼ばれるWebサイトに育てていきたいと思っています。 )に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 平成19年 問17 [法令上の制限]• 宅地建物取引業者であるAとBが、市街化調整区域内の6,000㎡の土地について、Bを権利取得者とする売買契約を締結した場合には、Bは事後届出を行う必要はない。• 宅地建物取引業者であるCとDが、都市計画区域外の2haの土地について、Dを権利取得者とする売買契約を締結した場合には、Dは事後届出を行わなければならない。• 事後届出が必要な土地売買等の契約により権利取得者となった者が事後届出を行わなかった場合には、都道府県知事から当該届出を行うよう勧告されるが、罰則の適用はない。• 事後届出が必要な土地売買等の契約により権利取得者となった者は、その契約の締結後、1週間以内であれば市町村長を経由して、1週間を超えた場合には直接、都道府県知事に事後届出を行わなければならない。 市街化調整区域内で事後届出が不要となるのは 5,000㎡未満の取引の場合です。 本肢は「6,000㎡」なので、取得者であるBが事後届出をしなければなりません。 [正しい]。 都市計画区域外で事後届が出不要となるのは 10,000㎡未満の取引の場合です。 本肢は「2ha=20,000㎡」なので、取得者であるDが事後届出をしなければなりません。 事後届出を行わなかった場合、6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられることがあります( 国土利用計画法47条1号)。 次の各号の一に該当する者は、六月以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 一 第二十三条第一項又は第二十九条第一項の規定に違反して、届出をしなかつた者• 届出の時期によって方法が変わることはありません。 常に、その土地が所在する市町村長を経由して都道府県知事に事後届出を行わなければなりません( 国土利用計画法23条1項)。 土地売買等の契約を締結した場合には、当事者のうち当該土地売買等の契約により土地に関する権利の移転又は設定を受けることとなる者(次項において「権利取得者」という。 )は、その契約を締結した日から起算して二週間以内に、次に掲げる事項を、国土交通省令で定めるところにより、当該土地が所在する市町村の長を経由して、都道府県知事に届け出なければならない。 したがって正しい記述は[2]です。

次の

宅建試験の分野別出題数と得点目標、難易度と学習のポイント

宅建 分野

宅建試験の勉強をするときの順番 宅建士試験は、 権利関係、宅建業法、法令上の制限、税その他に分けられています。 ほとんどの宅建テキストは権利関係から始まっていますが、中には、出題数が最も多い宅建業法からスタートしているテキストもあります。 「いったい、どの分野から勉強を始めればいいの?」 テキストによって重要視している分野が違っていたりするので、初学者にとっては混乱してしまいますね。 確かに、宅建の本試験では宅建業法が20問、権利関係が14問、となっているため宅建業法が最も重要に思われがちです。 けれど、宅建業法は暗記だけで解ける問題が比較的多いため、きちんと過去問さえこなしていればクリアできる分野だと思います。 逆に権利関係は、条文や過去の判例の内容を理解していないと解けない問題がけっこうあります。 これは暗記だけではどうしようもなく、長文の問題を読んで、条文や判例を当てはめて考えないと解けなかったりします。 そのため、やはり最初に勉強を始めるべきは権利関係の分野であり、その中の民法に少しづつ慣れていく必要があります。 わたしは法律関係の知識が一切無かったので、「民法ってなに?」という状態からのスタートでした。 はじめはテキストを読んでも意味がわからない箇所が多かったのを覚えています。 どんどんテキストを進めていこう 国家資格試験の勉強に共通して言えることですが、はじめはわからない箇所があっても深く考えすぎずにどんどん先へ進めていくことが大切です。 途中で止まってしまって、そのわからない部分を突き詰めても時間のムダでしかありません。 時間をかけてそこだけ解決しても、またすぐにわからない箇所が出てくるからです。 といかくテキストを先へ進めながら、まず1周目は「民法に慣れる」ということを意識してやってみてください。 過去問をやりながら、わからない箇所はテキストに戻る。 これを繰り返していると自然と民法に慣れていって、長文の問題も早く理解できるようになります。 権利関係は、とにかく「慣れる」ことが大切です。 ここで民法に慣れておくと、後の宅建業法にも抵抗無く進むことができるでしょう。 いたってオーソドックスな順番ですけれど、これが一番とっつきやすくてわかりやすいと思います。 最初は権利関係をなんとなく進めて、宅建業法で「法律の基礎」が掴めてきます。 法令上の制限でより確実に理解できるようになって、また権利関係に戻ると一気に理解力が高まります。 やはり順番的にはこれが 「王道」と言えるでしょう。 宅建試験一発合格講師@ふどう 宅建試験に一発合格し、宅建士として不動産取引業(売買)を経験。 実際に使った宅建士の教材や学習の進め方などをご紹介しています。 特に難しいとされる権利関係(民法)はパーフェクトでクリア(全問正解)。 権利関係と宅建業法をしっかりと押さえておけば、確実に合格が見えてきます。 宅建試験の勉強は、「慣れる」ことが大切です。 はじめは知らない言葉ばかりで大変に思われるかもしれませんが、繰り返しテキストを読んだり過去問を解いていくことで必ず「慣れ」てきます。 コツコツと地道に学習を進めていけば、確実に合格します。 自信をもって取り組みましょう! 当サイトのコンテンツ一覧はPC専用画面ならサイドバーに、スマートフォン専用画面でしたら下部に表示されています。

次の

宅建試験 過去問道場🥋 |宅建試験ドットコム

宅建 分野

市販されているテキストや通信講座、予備校のテキストには、基本的に学習していく科目ごとに構成されていますので、それ従えば良いのですが、すべて同じとは 限らないので、ここで解説していきます。 基本テキストはすっごく大事です、過去問が宅建の勉強の中心にあるという持論は変わりませんが、専門用語の詳しい解説などは、やっぱりテキストで覚えないとダメです。 そこでこのページでは、テキストをどのように活用していったらいいのか、お話ししたいと思います。 2~3行回り道をしますが、過去問は基礎知識がなくても読み進めます。 しかし基礎知識がないと正解はできません。 そして基礎知識の源は言うまでもなく基本テキストにあります。 それでは始めましょう! 宅建の主要科目は、「権利関係」と「宅建業法」と「法令上の制限」の3つです。 この3つの基本知識を押さえていれば合格ラインの70%はクリアできます。 次に試験科目を見ていきます。 権利関係(14問)、宅建業法(20問)、法令上の制限(8問)、その他の法令(8問)。 みてわかるように科目ごとに出題数が異なってきます。 特に権利関係と宅建業法は大きなウエートを占め、この2科目で満点を取れれば合格点に届くくらいの配点になっています。 また、科目ごとに問題の難易度も異なります。 一例を上げれば宅建業法は、基礎的な問題や暗記項目が多く、勉強しただけ点数が取れるようになっていますが、権利関係は、問題が難しく攻略するまでに相当な時間を有します。 宅建業法 なぜ最初に、「宅建業法」から入った方がいいかといいますと、例年この分野からの出題が多く、しかも宅建業法は、法律を知らない初心者にも分かりやすいからです。 宅建業法とは宅建業を営む時の注意事項のことです。 「宅建取引主任者とは」、「事務所の開設について」、「業務上の規則」などなど、みなさんが開業する時に守らなければいけない規則をまとめたのが宅建業法です。 本試験の出題では、この分野にもひっかけ問題は出題されますが、それも暗記を問うものであって、理論的なひっかけはまずありません。 3つの分野でいちばん力を注ぐべきはこの宅建業法でしょう。 頭に入りやすくて得点源になる分野ですので、まずはここから固めて自信をつけてほしいと思います。 権利関係 「権利関係」を2番目の攻略ターゲットにしましたが、実は宅建の試験勉強でいちばん難しいのがこの権利関係です。 「難しいのはいちばん後回し」にしたいところですが、そうはいきません。 難解なものほど、なるべく早いうちに対策を立てておく必要があるのです。 権利関係の問題で満点を取れる人はおそらくいないはずです。 みなさんも何問かは落としてしまうでしょう。 ここのところが大事で「何問までなら落としてもいい」という見極めをつけられるようになってほしいのです。 宅建の試験は50問中35問正解でほぼ合格できますので、仮に勉強が追いつかなくて権利関係で4~5問を落とてもまだ大丈夫です。 権利関係の出題では「制限行為能力者制度」、「意思表示」、「無効・取り消し」、「物権一般・所有権」、「多数当時者の債権」ほか、多様なテーマの出題がなされています。 論理的な思考を問う問題が多く、テキストを読んでいてもすんなり頭に入ってこない個所が多いはずです。 このあたりのことを過去問の出題数と兼ね合わせて考えて、難しそうなところは思い切って捨ててしまうか、少なくとも勉強を後回しにしてほしいのです。 それが権利関係に2番目に手をつけることをお薦めする理由です。 法令上の制限 法令上の制限とは、宅建業法上の「重要事項の説明」対象である「都市計画法、建築基準法その他の法令に基づく制限で政令で定めるものに関する事項の概要」を言います。 かみくだいて、「土地の利用に関する法律上の制限」と覚えてください。 この分野の学習の特長は、暗記する項目が非常に多いということでしょう。 ですから決して簡単な科目であるとは言えません。 しかし、暗記科目は費やした時間に比例して得点率も高くなります。 毎回50問中10問くらいはこの法令上の制限から出題されています。 他の受験生と差別化を図るうえでも重要な科目ですので、しっかり覚えてください。 以上の話を整理してみますと、「宅建業法」と「法令上の制限」が得点源科目ということになります。 いちばん難しい「権利関係」の勉強で何を捨てるかを計算しながら、合格安全圏の37~38問を正解できる学習を進めましょう。 効率のよい学習の順番を踏まえて 中には、権利関係からはじめることを進める人もいますが、お勧めしません。 権利関係は、問題が難しく出題範囲が広いので、はじめから手を付けてしまえば勉強に挫折する可能性があります。 また勉強することが多いので、権利関係に時間を使いすぎてしまい、他の科目に手を付ける時間がないということも考えられます。 一方、宅建業法は点数がとりやすい科目で、しっかりと勉強すれば18点は取れる可能性が高く、その上、宅建業法で8~9割取れれば合格している人が多いというデータもあるそうです。 まずはやさしい科目から手をつけ、勉強していける自身をつけることが大切になるのです、ただし、やさしいと言っても簡単ではありません。 特に何の知識もない人だと事例問題が多い科目ですから、難しく感じることもあると思います。 しかし基礎知識をしっかりと身に付けて過去問演習を繰り返せば、必ず点数が取れるようになります。 ちなみに勉強方法は人それぞれですが、宅建業法から勉強をはじめるといっても宅建業法だけではなく、他の科目も少しずつ手を付けていくことも大切です。 なぜなら、1科目ずつ勉強をやっていくと最後の科目を勉強する頃には、はじめにやった科目を忘れてしまっている可能性があります。 はじめは宅建業法からといいましたが、それは宅建業法を中心に勉強をするということで、何も宅建業法だけをやるということではありません。 要するに割合の問題です。

次の