強欲 促進 株式 会社。 【企業分析バトル 第1戦】恐怖と強欲な株式市場が大好き まずはビックカメラを買う、そのワケは?(早稲田大学): J

インドネシア関連銘柄特集

強欲 促進 株式 会社

1.事業再編の円滑化について 産業競争力強化法では、産業競争力の強化に関する施策として産業活動における新陳代謝を促進するための措置を講じることとしており、その一環として事業再編の円滑化を図ることとしています。 これは、我が国の経済社会全体における経営資材の有効活用を通じ、我が国産業における生産性の向上を目指すものです。 具体的には、生産性向上を目指し、事業再編を行う取り組みを再編計画(「事業再編計画」、「特別事業再編計画」)として認定し、認定を受けた取組に対して、税制優遇や金融支援等の支援措置を講じることで当該取組を後押しします。 (参考) 2.申請について (1)申請様式 こちらから申請手続きに必要な書類や様式をダウンロードできます。 なお、申請書をご記入いただく際は、必ず記入例をよくご覧いただきご記入いただくようお願いします。 計画 様式(テンプレート) 申請書 添付書面 記入例 事業再編計画 特別事業再編計画 登録免許税の軽減措置を受ける場合には以下の申請書の提出も必要となります。 租税特別措置法 申請様式 適用証明申請書(第80条第1項第1号~3号) 適用証明申請書(第80条第1項第4号~6号) (2)申請時の留意点 <労働者の保護> 会社分割制度に関しては、労働者保護の観点から、会社分割に伴う労働契約の承継等に関する法律(平成12年法律第103号。 以下「労働契約承継法」といいます。 )、同法施行規則及び関係指針が定められています。 また、事業譲渡および合併に関しては、新たに定められた事業譲渡又は合併を行うに当たって会社等が留意すべき事項に関する指針(平成28年厚生労働省告示第318号。 以下「事業譲渡等指針」といいます。 )が平成28年9月1日から適用されています。 これらの内容は、以下のとおりです。 計画認定の各省庁窓口 計画認定の窓口は、事業を所管している省庁です。 複数の省庁にまたがった事業を行っている企業は、作成した計画で再編を行おうとする主な事業を所管している省庁に、まずはご相談ください。 複数省庁による「共同認定」となるケースもあります。 経済産業省所管の事業については、企業規模に応じ、全国9カ所の各地方経済産業局での手続が可能です。 その他、ご不明な点は経済産業省産業創造課までお気軽にご相談ください。 省庁 主な担当業種 担当課室 電話番号 経済産業省 製造業、流通・小売業 経済産業政策局 産業創造課 03-3501-1560 金融庁 金融機関 監督局 総務課 03-3506-6000 警察庁 警備業 生活安全局 生活安全企画課 03-3581-0141 総務省 通信・放送業 情報流通行政局 情報流通振興課 03-5253-5748 財務省 たばこ事業、塩事業 理財局 総務課たばこ塩事業室 03-3581-4111 酒類業 国税庁 酒税課 03-3581-4161 厚生労働省 医薬品製造業 医政局 経済課 03-5253-1111 農林水産省 食品産業 産業連携課 03-3502-8111 国土交通省 運輸業 総合政策局 公共交通政策部交通計画課 03-5253-8111 建設業 土地・建設産業局 建設市場整備課 環境省 廃棄物処理業 大臣官房 産業廃棄物課 03-3581-3351 フロン業 地球環境局 フロン対策室 ペット販売業 自然環境局 総務課動物愛護管理室 ・株式会社日本政策投資銀行 支援措置の中で、指定金融機関による長期・低利の大規模融資(ツーステップローン)を希望する場合は、計画認定とは別に、指定金融機関の審査を受ける必要があります。 株式会社日本政策投資銀行 業務企画部 (直通)03-3244-1950 ・独立行政法人中小企業基盤整備機構 支援措置の中で、計画の実施に必要な資金の借入等に対しての債務保証()を希望する場合は、計画認定とは別に、独立行政法人中小企業基盤整備機構の審査を受ける必要があります。 独立行政法人中小企業基盤整備機構 ファンド事業部事業基盤支援課 (直通)03-5470-1575.

次の

親子上場を解消した企業一覧

強欲 促進 株式 会社

ア行 [ ]• (東証2部・5276) - 上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・6321) - 2012年5月18日上場廃止、完全子会社化。 (現:)• (現:)• (JASDAQ・2746) - 5月27日上場廃止、完全子会社化。 (大証2部・1875) - 上場廃止、完全子会社化。 旭硝子(現:)• (現:)• (東証1部・2598) - 2008年上場廃止、完全子会社化。 アシックス商事(東証2部・9814) - 3月20日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・2591) - 2007年9月25日上場廃止、完全子会社化。 アルプス電気(東証1・6770)(現:)• (東証1・6816) - 2018年12月26日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8263) - 2014年12月26日上場廃止、完全子会社化。 (東証2・2655) - 2月27日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・7465) - 2020年2月27日上場廃止、へ吸収合併。 (福証・9819) - 2月15日上場廃止、完全子会社化。 一高たかはし(JASDAQ・2774、現:) - 2009年上場廃止。 子会社のウェルネットが親会社の一高たかはし完全子会社化し、親子関係を解消。 (JASDAQ・4838)• (JASDAQ・8898)• (JASDAQ・3754) - 2016年12月16日、伊藤忠商事が保有株式の一部をスカパーJSATに譲渡し、親子関係でなくなる。 (東証1部・8264) - セブンイレブン・ジャパン、デニーズジャパンの3社で株式移転方式により、持株会社「」を設立。 3社は持株会社傘下となり親子上場を解消。 上場廃止。 (東証1部・8183) - 2005年8月26日上場廃止。 (現・)• イーピーミント(現・)• (東証2部・5390) - 2013年7月29日上場廃止、完全子会社化。 (東証2・4117) - 2018年5月8日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・2289) - 2012年3月15日上場廃止、完全子会社化ののち、同年7月1日にに吸収合併。 (JASDAQ・9931) - 2014年7月29日上場廃止、完全子会社化。 三光純薬(JASDAQ・8126、現:) - 2007年9月25日上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・4291) - 2019年4月18日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・3724) - 2019年4月18日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・3822) - 2020年1月21日上場廃止、完全子会社化。 SBIイー・トレード証券(JASDAQ・8701、現:) - 2008年7月28日上場廃止、完全子会社化。 (大証ヘラクレス・8735、現:SBI証券) - 上場廃止、完全子会社化。 SBIベリトランス(JASDAQ・3749、現:) - 2011年7月27日上場廃止、完全子会社化。 SBIネットシステムズ(東証マザーズ・2355) - 2012年上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・9180) - 7月29日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・6259) - 2016年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・1896) - 上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・1767) - 2010年5月27日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8832) - 上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・6593) - 2016年5月27日上場廃止、完全子会社化。 オプテックス(現・)• (JASDAQ・6661) - 2016年12月28日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・6669) - 2018年6月27日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・7873) - 2018年1月24日、株式譲渡により三井化学の子会社(孫会社)となる。 (東証1部・8840) - 2019年1月22日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・2275) - 2011年3月17日上場廃止、完全子会社。 カ行 [ ]• (JASDAQ・6760) - 2008年上場廃止、完全子会社化。 (東証2・3209) - 2020年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・1661) - 大多喜ガスと株式移転方式により、持株会社「」を設立。 2社は持株会社の傘下となり親子上場を解消。 2013年上場廃止。 (東証2部・9541) - 2013年12月26日上場廃止。 紀文フードケミファ(東証1部・4065、現:) - 2008年7月28日上場廃止、完全子会社化。 キヤノンファインテック(東証1部・6421、現・) - 2010年上場廃止、完全子会社化。 アジアパシフィックシステム総研(現・)• (現・キヤノントッキ)• (東証2部・6974) - 2016年7月27日上場廃止、京セラに吸収合併。 (東証2部・1701) - 2010年上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・1985) - 2011年7月27日上場廃止、完全子会社化。 和興エンジニアリング(JASDAQ・1756、現:) - 2011年7月27日上場廃止、完全子会社化。 (現:)• (東証1部・2595) - 2006年上場廃止、完全子会社化• (東証1部・2536) - 2010年上場廃止、完全子会社化。 (東証マザーズ・3685) - 2016年12月22日にクックパッドの合算対象分が減少し、親子関係でなくなる。 - 2009年上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・6211) - 2011年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・7276)• (東証2部・6747) - 2019年7月30日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・4822) - 2011年3月29日上場廃止、完全子会社化。 サ行 [ ]• (東証2部・5977) - 2008年5月26日上場廃止、完全子会社化• (東証2部・6478) - 2019年1月25日上場廃止、完全子会社化• (東証1部・8251) - 2020年3月18日上場廃止、完全子会社化• (東証マザーズ・4585) - 2020年3月16日上場廃止、完全子会社化• シチズンホールディングス(現:)• ミヤノ(東証2部・6162、現:) - 2010年上場廃止、完全子会社化• (現:)• (東証2部・9178、現:) - 2005年上場廃止、完全子会社化• (東証1部・5454)- 2004年7月27日上場廃止• (現:)• 新日鐵化学(現:)• 日鐵ドラム(東証2部・5908、現:)- 2007年7月25日上場廃止、完全子会社化• (現:)• 日鉄住金テックスエンジ(現:)• 鈴木金属工業(現:)• 日新製鋼(東証1部・5413、現:) - 2018年上場廃止、完全子会社化• (東証1部・7825)- 2017年12月27日上場廃止、住友ゴム工業に吸収合併され消滅• (JASDAQ・4731) - 経営陣による(MBO)により2009年上場廃止• (東証1部・8870)- 2017年6月2日上場廃止、完全子会社化• (現:)• 静岡スバル自動車(JASDAQ・7473) - 上場廃止、完全子会社化• (現:)• (名証2部・9860) - 2005年9月27日上場廃止、完全子会社化• トヨタカローラ岐阜(名証2部・9848) - 2005年9月27日上場廃止、完全子会社化• (東証2部・1742、セコムへ吸収合併) - 2011年上場廃止、完全子会社化• (東証1部・6460)• (東証マザーズ・3745)- 2010年11月完全子会社化• (JASDAQ・7842)- 2010年11月完全子会社化• (名証2部・3585)- 2010年11月完全子会社化• (東証2部・8826) - 上場廃止、完全子会社化• (大証1部・8852) - 2005年1月26日上場廃止、完全子会社化• (JASDAQ・8906) - 2005年1月26日上場廃止、完全子会社化• (東証2部・8863) - 2005年1月26日上場廃止、完全子会社化• (東証2部・8873) - 2005年1月26日上場廃止、完全子会社化• (東証マザーズ・3624) - 2015年11月9日株式譲渡により親子関係消滅• (東証1部・8248) - 2016年上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・9899) - 2019年7月30日上場廃止、完全子会社化• (JASDAQ・9943) - 2020年2月18日上場廃止、完全子会社化(日本レストランホールディングスを通じた間接出資)• (現:)• 全日空ビルディング(大証2部・8855) - 上場廃止、完全子会社化• (東証1部・8211) - 2008年上場廃止、完全子会社化• (東証1部・9865) - 2009年上場廃止、その後の持分を取得し完全子会社化• (東証1部・3789、現:ソネット) - 2012年上場廃止、完全子会社化• (JASDAQ・3765) - 2015年、議決権保有割合の低下により子会社でなくなる• SOMPOケアメッセージ(JASDAQ・2400、現:) - 2017年上場廃止、完全子会社化 タ行 [ ]• 有楽土地(東証1部・8838、現:) - 上場廃止、完全子会社化。 日本セラテック(現:)• (JASDAQ・9012) - 2016年3月、間接保有株式譲渡により子会社でなくなる。 (東証1部・6624) - 2019年9月27日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・9762) - 2006年7月26日上場廃止、完全子会社化。 ダイワラクダ工業(大証2部・9918、現:) - 2006年7月26日上場廃止、完全子会社化• (JASDAQ・9054) - 2006年7月26日上場廃止、完全子会社化• (東証1部・9912) - 2009年上場廃止、完全子会社化。 (東証1・1865) - 2019年上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・9884) - 2010年11月26日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・2145) - 2017年上場廃止、完全子会社化。 テンプホールディングス(現:)• 日本テクシード(現:)• (東証1部・8815) - 東急リバブル、東急コミュニティーの3社が経営統合し持株会社を設立。 3社は持株会社の傘下となり、親子上場を解消。 2013年9月26日上場廃止。 (東証1部・8879) - 2013年9月26日上場廃止。 (東証1部・4711) - 2013年9月26日上場廃止。 (東証1部・8232) - 2005年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8197) - 2008年上場廃止、完全子会社化。 東急観光(東証1部・9727、現:) - 2003年12月25日上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・9019) - 2004年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・2760)- 2014年株式の一部売出しにより、持分法適用関連会社へ。 (東証1部・3225) - 2015年6月26日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・1983) - 1月27日上場廃止、完全子会社化。 (東証2・6591)(東芝の孫会社) - 2020年2月27日上場廃止、の完全子会社化。 (JASDAQ・9804) - 2011年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8833) - 2013年上場廃止、完全子会社化。 (東証1・6330)• (東証1・4828、現・ビジネスエンジニアリング) - 2014年12月19日に保有株式の一部を売却し、持分法適用関連会社となる。 更に2018年3月14日に保有株式を全て売却し、資本関係がなくなる。 (JASDAQ・4965) - 2017年上場廃止、三井物産との合弁会社化。 (東証1部・7913) - 2019年7月30日上場廃止、完全子会社化• (東証1部・7223、現:) - 上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・7221) - 2011年12月28日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・7262) - 2016年7月27日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・1722) - 2019年12月30日上場廃止、の完全子会社化。 (東証1部・1907) - 上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・1748、東北ミサワホームへ吸収合併) - 2007年9月25日上場廃止、東北ミサワホームと合併し消滅。 (福証・1747) - 2007年上場廃止。 12月にが明らかとなり、3月期から3期連続で債務超過に陥ることが発覚。 (JASDAQ・1741) - 2007年9月25日上場廃止、と合併し消滅。 (名証2部・1745) - 上場廃止、ミサワホームなど4社で株式移転により持株会社「ミサワホールディングス」(現:ミサワホーム)設立。 (札証・1761) - 2010年6月15日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・1728) - 2019年12月30日に親会社のミサワホームが上場廃止。 2020年1月7日、ミサワホームがトヨタ自動車の子会社でなくなったことにより、親子上場関係が無くなる。 トーメンエレクトロニクス(東証1部・7558、現:) - 2014年12月25日上場廃止、完全子会社化。 ナ行 [ ]• (東証1部・7263) - 2012年上場廃止、完全子会社化。 カルソニックカンセイ(東証1部・7248、現:) - 2017年3月29日にコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)傘下のCKホールディングス株式会社が買収。 日産自動車との資本関係がなくなる。 (東証2部・2611) - 2017年4月26日上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・3534) - 2010年12月17日上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・2891) - 2010年12月17日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・6751) - 2017年上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・6878) - 2016年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・6911) - 2018年上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・4961) - 2010年8月27日上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・9542) - 2014年3月4日上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・9544) - 2014年3月4日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・4239) - 2019年上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・4713) - 2014年上場廃止、完全子会社化。 (現:)• (東証1部・2578) - 2009年9月25日上場廃止、完全子会社化。 (福証・2006) - 2016年10月27日上場廃止• (東証2部・9320) - 2015年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・6705、現:)• NECエレクトロニクス(東証1部・6723、現:) - にルネサステクノロジーと経営統合し、出資比率が35. 46%と低下。 には・製造業など8社が増資を引き受け、機構がルネサス株の3分の2を取得し筆頭株主となった。 (東証1部・3717、現:)• (東証1部・4774、現:)• NECトーキン(東証1部・6759、現:) - 2009年上場廃止、完全子会社化。 (東証・2322) - 2014年上場廃止、完全子会社化。 NECモバイリング(東証1部・9480、現:) - 子会社のMXホールディングスが買収し、完全子会社化。 上場廃止。 (東証2部・6946) - 2020年1月31日に傘下のNAJホールディングス株式会社が買収。 日本電気との資本関係がなくなる。 (東証2部・6585) - 2010年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・7756) - 2013年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・7757) - 2012年9月26日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・7728) - 2013年9月26日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・6883) - 2014年9月26日上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・6833) - 2014年9月26日上場廃止、完全子会社化。 (東証1・9370) - 2018年1月29日上場廃止、完全子会社化。 (東証PRO・3610) - 2019年4月26日上場廃止。 (JASDAQ・2315) - 2017年4月、ネクスグループが子会社から持分法適用関連会社へ扱いを変更。 (JASDAQ・2165) - 2015年上場廃止、完全子会社化。 (名証2部・1702) - 2012年7月27日上場廃止、完全子会社化。 ハ行 [ ]• (東証2部・6827) - 2007年9月25日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・2817) - 2016年上場廃止、完全子会社化。 (東証2・6534) - 2018年上場廃止、完全子会社化。 九州松下電器(現:)• (東証1部・6764) - 2011年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8565、現:) - 上場廃止。 2006年12月にに持分の一部を譲渡、が買収し完全子会社化。 三洋電機ロジスティクス(JASDAQ・9379、現:) - 上場廃止、のロングリーチ傘下のLSホールディングスが買収し、完全子会社化。 (東証1部・6792、現:) - にとスパークスグループが資本参加し子会社から離脱。 にはJVCケンウッドの公募増資に伴い持分法適用会社からも外れ、その後パナソニックが保有するJVCケンウッド株のほぼ全てを市場で売却。 (東証1部・4283) - 2015年上場廃止、完全子会社化。 (旧:松下電工、東証1部・6991) - 2011年3月29日上場廃止、完全子会社化。 松下精工(現:)• 松下通信工業(現:)• 松下寿電子工業(現:)• (東証1部・6860) - 2017年上場廃止、完全子会社化。 パナホーム(東証1部・1924、現:) - 2017年9月27日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・7598) - 2015年5月27日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・3711) - 2020年2月27日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・3545) - 2020年1月9日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・6934、日立化成に吸収合併) - 2012年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・6975、日立金属に吸収合併) - 2007年3月27日上場廃止、完全子会社化。 日立機材(東証2部・9922、現:) - 経営陣・のによるMBOにより2015年上場廃止。 日立ツール(東証1部・5663、現:) - 2012年上場廃止、完全子会社化。 2015年4月にに株式51%を譲渡、2020年4月には残りの株式も三菱マテリアルに譲渡した。 (東証1部・9741、現:) - 2010年1月26日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・9694、現:) - 2010年1月26日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・5812、現:) - 2013年上場廃止、日立金属に吸収合併され消滅。 日立マクセル(東証1部・6810、現:) - 2010年上場廃止、完全子会社化。 2014年に東証1部に再上場し保有株を売却、保有比率を30%程度に引き下げた。 (東証1部・1970、日立製作所へ吸収合併) - 2010年3月29日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・1751) - 2010年7月23日上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・3735、現:日立ソリューションズ) - 2010年1月26日上場廃止、完全子会社化。 日立メディコ(東証1部・6910) - 2014年2月26日上場廃止、完全子会社化。 2016年に製造部門以外を日立製作所に会社分割し、へ商号変更。 (東証1部・9086) - 2016年5月19日にへの株式譲渡により持分法適用関連会社へ。 (東証1部・9382) - 2012年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8586) - 2016年10月3日になどへの株式譲渡により持分法適用関連会社へ。 日立工機(東証1部・6581、現:) - 2017年3月29日にコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)傘下のHKホールディングス株式会社が買収。 日立グループとの資本関係がなくなる。 2017年7月27日上場廃止。 (東証1部・6756) - 2018年3月9日上場廃止、株主がコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)傘下のHKEホールディングスと日立製作所のみとなる。 (東証1部・6796) - 2019年3月7日に傘下会社へ保有全株式を譲渡。 (東証1部・1978) - 上場廃止、日立造船に吸収合併。 (東証2部・9317) - 2016年1月27日上場廃止,完全子会社化。 (東証2部・4654) - 2014年3月27日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・6163) - 2017年上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・2690) - 上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・2345) - ブイキューブが支配力基準で子会社としていたが、2019年3月27日、による株式公開買付けに伴う役員退任で親子関係がなくなる。 (東証1・6791) - 2017年上場廃止、完全子会社化。 九州不二サッシ(大証2部・5740、現:) - 上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・6954) - 富士通の子会社であったが、持分が徐々に売却され独立。 に富士通が保有株式のほぼ全てを放出。 (東証2部・3828) - 2016年上場廃止、完全子会社化• 富士通システムコンストラクション(現:)• (JASDAQ・4793) - 上場廃止、完全子会社化• (東証2部・6719) - 上場廃止、株主が富士通及びFCホールディングスのみとなる• (現:)• (東証2部・4660) - 上場廃止、完全子会社化。 富士電機ホールディングス(現:)• 富士電機冷機(現:)• (東証1部・8423) - 2019年上場廃止、株主が芙蓉総合リース及びドンキホーテホールディングスのみとなる。 (東証2部・5808) - 2008年上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・5758) - 2018年に古河電気工業が保有株式のほぼ全てをアスパラントグループSPC5号へ売却。 (東証1部・2466) - 2015年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8201) - 2018年9月26日上場廃止、完全子会社化。 マ行 [ ]• マルハニチロホールディングス(現:)• ニチロサンフーズ(JASDAQ・2879、現:) - 2009年上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・7584、現:) - 上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・9447) - 上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8404) - 上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8607、現:みずほ証券) - 2011年8月29日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8606) - 2011年8月29日上場廃止、完全子会社化。 (東証2・7404) - 2020年3月17日、BCPEプラネットケイマンが実施した株式公開買付けにより子会社ではなくなる。 (東証1部・8623) - 2006年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・8258) - 2011年4月26日上場廃止、三井住友FG傘下のであるが完全子会社化。 (東証1・8543) - 2018年2月20日、保有株式の一部譲渡により子会社でなくなる。 (東証1・8545) - 2018年上場廃止、の完全子会社化。 (東証2部・2665) - 2015年上場廃止、完全子会社化。 三井不動産販売(現:)• (東証1・1868) - 2018年上場廃止、完全子会社化。 岩田屋(福証・8246、現:) - 2009年上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・9373) - 2017年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・4201、三菱ケミカルホールディングスの孫会社) - 2016年11月9日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・4007、三菱ケミカルホールディングスの孫会社) - 2016年12月28日上場廃止、完全子会社化。 (東証1・4508) - 2020年2月27日上場廃止、完全子会社化。 金商(東証1部・8064、現:) - 2008年3月14日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・2051) - 2009年12月14日上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・2290) - 2016年上場廃止、の完全子会社に。 藤和不動産(東証1部・8834、現:) - 上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・5804) - 2010年3月9日上場廃止、完全子会社化。 (現:三菱UFJ証券ホールディングス)• (東証1部・8583) - 上場廃止、完全子会社。 (JASDAQ・6314) - モバイルクリエイトと石井工作研究所が共同株式移転により株式会社を設立し、両社は2018年6月27日上場廃止。 ヤ行 [ ]• (東証1部・8175) - 2017年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・1919) - 2018年8月29日上場廃止、完全子会社化。 (東証1・6274) - 2020年5月25日上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・6300) - 2019年7月30日上場廃止、の完全子会社化。 (東証2部・8105) - 2017年5月に保有株式を売却。 (現:)• (東証2部・2057) - 2008年上場廃止、完全子会社化。 (東証1部・3337) - 2012年7月19日上場廃止、完全子会社化。 (現:)• (東証1部・8201) - 保有株式をのアスパラントグループに売却。 資本関係解消。 (JASDAQ・2778) - 保有株式をフェニックス・キャピタルグループが組成した投資ファンドに売却。 資本関係解消。 (JASDAQ・8787) - 2018年4月25日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・2669) - 2019年4月、保有株式の一部をに売却。 (東証1部・2059) - 2010年7月25日上場廃止、ユニチャームに吸収合併。 (JASDAQ・2458) - 2019年1月28日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・8187) - 2011年6月28日上場廃止、完全子会社化。 ラ行 [ ]• (JASDAQ・4833) - 2019年12月11日、保有株式をに譲渡し資本関係が無くなる。 (東証マザーズ・3325) - 2016年3月9日上場廃止、完全子会社化。 (東証2部・7765) - 2008年7月28日上場廃止、完全子会社化。 (JASDAQ・3338、ローソンへ吸収合併) - 2010年6月28日上場廃止、完全子会社化。 ローソンエンターメディア(JASDAQ・2416、現:) - 上場廃止、完全子会社化。 ワ行 [ ] 脚注 [ ] []• - ロイター(2008年3月19日)、2016年5月22日閲覧。 - 日本経済新聞(2013年3月19日)、2016年5月20日閲覧。 - nikkei BPnet(2007年10月25日)、2016年5月16日閲覧。 - ロイター(2014年3月4日)、2016年5月21日閲覧。 - J-CASTニュース(2007年8月30日)、2016年2月13日閲覧。 - SankeiBiz(2014年12月27日)、2016年2月10日閲覧。 - 毎日新聞(2015年12月1日)、2016年5月20日閲覧。 - bloomberg(2005年4月20日)、2016年2月11日閲覧。 - 宇部日報(2013年5月11日)、2016年5月20日閲覧。 PDF プレスリリース , エア・ウォーター株式会社・相模ハム株式会社, 2011年12月22日 , 2020年5月5日閲覧。 PDF プレスリリース , エア・ウォーター株式会社, 2012年5月16日 , 2020年5月5日閲覧。 - 日本経済新聞(2014年5月9日)、2016年5月22日閲覧。 - ロイター(2007年4月26日)、2016年5月21日閲覧。 - ITmediaニュース(2008年1月15日)、2016年5月15日閲覧。 - ロイター(2009年4月27日)、2016年5月15日閲覧。 - 日本経済新聞(2011年2月24日)、2016年5月21日閲覧。 - ロイター(2011年10月26日)、2016年5月15日閲覧。 - 日本経済新聞(2015年5月21日)。 2016年5月15日閲覧。 - 日本経済新聞(2017年5月10日)、2017年10月29日閲覧。 - ロイター(2010年2月3日)、2016年5月22日閲覧。 - 不動産流通研究所(2007年3月27日)、2016年2月13日閲覧。 - 日本経済新聞(2010年11月5日)、2016年5月21日閲覧。 - 日経テクノロジーオンライン(2008年4月1日)、2016年5月22日閲覧。 - LNEWS(2008年2月27日)、2016年5月22日閲覧。 - ロイター(2010年2月8日)、2016年5月20日閲覧。 - 日本経済新聞(2016年5月16日)、2017年10月29日閲覧。 - 日本経済新聞(2010年3月5日)、2016年5月21日閲覧。 - J-CASTニュース(2006年5月12日)、2016年5月16日閲覧。 - 日本経済新聞(2010年8月27日)、2016年5月20日閲覧。 - ロイター(2009年3月25日)、2017年2月21日閲覧。 - 繊維ニュース(2010年12月24日)、2016年5月15日閲覧。 - 日本経済新聞(2011年1月20日)、2016年2月11日閲覧。 - ロイター(2008年3月6日)、2016年5月22日閲覧。 - 日本経済新聞(2010年5月18日)、2016年5月21日閲覧。 - 物流ウィークリー(2005年9月8日)、2016年5月20日閲覧。 - ロイター(2008年10月6日)、2016年2月13日閲覧。 - ロイター(2011年2月8日)、2016年5月20日閲覧。 - 日本経済新聞(2016年8月2日)、2017年2月19日閲覧。 - ゼンショーホールディング• - 全日本空輸• - ロイター(2008年11月27日)、2016年2月13日閲覧。 - 日本経済新聞(2012年3月30日)。 2016年2月11日閲覧。 - ロイター(2012年8月9日)、2016年2月10日閲覧。 - デイリー不動産ニュース、2017年2月26日閲覧。 - 秩父鉄道(2016年3月10日)、2016年6月5日閲覧。 ダイヤモンドエレクトリックホールディングス(2019年6月25日)、2019年10月6日閲覧。 - ロイター(2008年11月17日)、2016年2月13日閲覧。 - 日本経済新聞(2010年7月16日)、2016年5月21日閲覧。 - 日本経済新聞(2013年5月10日)、2016年5月15日閲覧。 - シブヤ経済新聞(2004年9月27日)、2016年5月15日閲覧。 [東急、東急ストアを株式交換で完全子会社化] - ロイター(2008年3月27日)、2016年5月15日閲覧。 - トラベルビジョン(2003年9月26日)、2016年5月15日閲覧。 - シブヤ経済新聞(2004年3月1日)、2016年5月15日閲覧。 - 東京エレクトロン株式会社、2017年10月29日閲覧。 - ロイター(2010年9月28日)、2016年5月16日閲覧。 - 日本経済新聞(2013年1月8日)、2016年5月16日閲覧。 PDF プレスリリース , 東洋エンジニアリング株式会社, 2014年12月19日 , 2019年10月11日閲覧。 PDF プレスリリース , 東洋エンジニアリング株式会社, 2018年3月14日 , 2019年10月11日閲覧。 凸版印刷・図書印刷 2019年5月13日• - 日本経済新聞(2011年11月24日)、2016年2月10日閲覧。 - 財経新聞(2011年7月13日)、2016年2月10日閲覧。 - 毎日新聞(2016年1月30日)、2017年2月21日閲覧。 - ロイター(2007年5月25日)、2016年2月11日閲覧。 - ロイター(2006年12月28日)、2016年2月13日閲覧。 - 四国新聞(2003年5月9日)、2016年2月13日閲覧。 - 日本経済新聞(2014年1月28日)、2016年5月16日閲覧。 - 日本経済新聞(2011年12月16日)、2016年2月10日閲覧。 - 日本経済新聞(2017年5月15日)、2017年10月29日閲覧。 - 日本経済新聞(2010年5月25日)、2016年5月21日閲覧。 - J-CASTニュース(2007年1月31日)、2016年5月15日閲覧。 - ロイター(2009年6月15日)、2016年5月20日閲覧。 - ビジネスジャーナル(2012年5月31日)、2016年2月11日閲覧。 - Bloomberg(2012年12月10日)、2016年2月11日閲覧。 - 日経テクノロジーオンライン(2009年5月8日)、2016年2月11日閲覧。 - ロイター(2014年1月30日)、2016年2月11日閲覧。 - ITmedia(2013年04月26日)、2016年2月11日閲覧。 - ロイター(2010年4月26日)、2016年2月13日閲覧。 - ロイター(2012年4月24日)、2016年2月10日閲覧。 - 日本経済新聞(2015年4月30日)、2016年5月15日閲覧。 - レスポンス(2007年7月31日)、2016年5月15日閲覧。 - ロイター(2007年2月8日)、2016年2月11日閲覧。 - Bloomberg(2010年5月25日)、2016年2月10日閲覧。 - 日本経済新聞(2015年2月3日)、2016年5月16日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社パル・株式会社ナイスクラップ, 2015年3月10日 , 2020年5月5日閲覧。 - 日本経済新聞(2011年11月25日)、2016年2月13日閲覧。 - Bloomberg(2006年11月6日)、2016年5月16日閲覧。 - SankeiBiz(2015年2月4日)、2016年2月13日閲覧。 - 日本経済新聞(2012年7月27日)、2016年5月15日閲覧。 2016年2月11日閲覧。 - 日本経済新聞(2013年2月13日)、2016年5月15日閲覧。 - J-CASTニュース(2014年2月24日)、2016年2月11日閲覧。 - 日本経済新聞(2010年4月27日)、2016年5月21日閲覧。 - 日本経済新聞(2013年11月13日)、2016年2月11日閲覧。 - 日本経済新聞(2011年12月15日)、2016年5月21日閲覧。 - 日本経済新聞(2015年10月30日)、2017年10月29日閲覧。 - 日本経済新聞(2016年12月21日)、2017年10月29日閲覧。 - ITmediaニュース(2009年10月14日)、2016年2月10日閲覧。 - 朝日新聞デジタル(2017年3月28日)、2017年10月29日閲覧。 - 不二サッシ株式会社• - Bloomberg(2009年8月21日)。 2016年2月10日閲覧。 プレスリリース , ニフティ, 2016年6月23日 , 2016年7月25日閲覧。 - ライブドアニュース(2005年7月12日)、2016年2月10日閲覧。 - ロイター(2007年12月13日)、2016年5月22日閲覧。 - ゴルフダイジェスト・オンライン(2015年5月13日)、2016年2月11日閲覧。 さが美グループホールディングス(2018年8月28日)、2019年10月6日閲覧。 - ロイター(2008年12月22日)、2016年5月22日閲覧。 - ロイター(2007年7月27日)、2016年2月11日閲覧。 - nikkei BPnet(2007年12月3日)、2016年2月11日閲覧。 - Bloomberg(2011年4月28日)、2016年2月10日閲覧。 - Bloomberg(2006年3月30日)、2016年2月14日閲覧。 - ロイター(2011年1月28日)、2016年5月15日閲覧。 - みなと銀行(2018年2月15日)、2018年2月21日閲覧• - 日本経済新聞(2014年8月6日)、2016年2月14日閲覧。 - 流通ニュース(2009年6月16日)、2016年5月22日閲覧。 - ロイター(2007年11月16日)、2016年5月15日閲覧。 - ロイター(2009年7月17日)、2016年5月15日閲覧。 - 一般社団法人不動産流通経営協会、2017年10月29日閲覧。 - 日刊産業新聞(2009年11月30日)、2016年5月21日閲覧。 - ロイター(2008年5月28日)、2016年2月10日閲覧。 - 毎日新聞(2017年4月12日)、2017年10月29日閲覧。 - ロイター(2007年12月11日)、2016年5月15日閲覧。 - 日本経済新聞(2012年2月16日)、2016年5月15日閲覧。 - 時事ドットコム(2016年10月11日)、2017年2月19日閲覧。 - 日本経済新聞(2016年8月31日)、2017年2月19日閲覧。 - 日本経済新聞(2010年4月30日)、2016年5月21日閲覧。 - 流通ニュース(2011年2月25日)、2016年5月21日閲覧。 - 日本経済新聞(2015年11月26日)、2016年5月20日閲覧。 - ロイター(2008年5月15日)、2016年5月20日閲覧。 - 日本経済新聞(2010年4月14日)、2016年2月11日閲覧。 - 不景気. com(2010年4月15日)、2016年2月11日閲覧。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の

親子上場を解消した企業一覧

強欲 促進 株式 会社

平成18年5月に会社法が施行される以前、株式会社は1000万円、有限会社は300万円と最低資本金が定められていました。 しかし、平成15年2月に改正された新事業創出促進法(平成17年4月13日、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に統合され廃止)により、資本金1円でも株式会社または有限会社を設立することが可能となる「最低資本金規制特例制度」が創設されました。 当時は「1円会社」が設立可能になったとして大いに話題になり、実際にも、この特例を使って株式会社、有限会社が多く設立されました。 そして、この特例により設立された会社を、確認株式会社(または、確認有限会社)といいますが、この確認会社においては定款に次のような「解散の事由」を定めるものとされていました。 「解散の事由」 当会社は、 資本の額を1000万円以上とする変更の登記若しくは有限会社,合名会社若しくは合資会社に組織変更した場合にすべき登記をしないで 設立の日から5年を経過したとき又は中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律の確認を取り消されたときに解散する。 つまり、設立から5年以内に1000万円(確認有限会社は300万円)に増資しないと、会社が解散するものとされていたのです。 ところが、会社法の施行により、新たに株式会社を設立する際には、最低資本金の額についての制限が撤廃されました。 特例としてでなく資本金1円の株式会社も設立可能となったわけです。 これにより、最低資本金規制特例制度は意味を失い廃止されたのですが、確認会社として設立された会社の定款に記載されている「解散の事由」も自動的に廃止されたとみなされるわけではありません。 したがって、資本金の額を1000万円以上としていない株式会社については、解散の事由を廃止しその旨の登記をしていなければ、会社設立から5年で解散してしまうことになります。 現在、会社法施行からすでに5年以上が経過していますから、全ての確認会社について「解散の事由」に定められた増資もしくは組織変更をするか、または、解散の事由を廃止していなければならないことになります。 もし、上記の手続をしていない確認会社については、解散の事由を廃止するとともに「会社の継続」をする必要があると考えられます。 くわしい手続については司法書士にご相談ください。 ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ 松戸駅徒歩1分のでは、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。 すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。 ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。 ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。 ご相談予約は、フリーダイヤル( TEL:)にお電話くださるか、のページをご覧ください。

次の