セレナ モデルチェンジ。 日産セレナ 新型情報つかんだ!! ミニバン王者2021年夏デビュー!

日産セレナ次期新型フルモデルチェンジをスクープ!燃費は大幅向上か?

セレナ モデルチェンジ

5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産「セレナ(SERENA)」。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 その他、「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備した。 今回、「オーテック」の先進安全技術の装備を拡充し、デザインを一新した。 エクステリアは、「オーテック」ブランド車共通の表現であるドットパターンをより強調させたフロントグリルや、色にこだわって開発した専用ブルーに輝くシグネチャーLEDを採用。 インテリアは、柔らかな手触りをもち、体を優しくサポートするレザレットをシート地に採用。 ハンドルやシートなどにはブルーを配し、ピラーや天井色はブラックに変更。 インテリア全体をブルーとブラックでコーディネートすることにより、高級感のあるエレガントな空間に仕上げた。 ボディカラーは、オーテック専用色「カスピアンブルー」を含む全7色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DAA-HFC27 1198cc 5 CVT FF 7名 26. 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 エクステリアは、特徴的な「ダブルVモーショングリル」を筆頭に、クロームを贅沢にちりばめた宝石のようなグリルパターンなどのリッチで押し出しの強いフロントマスクや、縦長のリアコンビランプをハイウェイスター専用パーツとしてデザインし、セレナが持つ品格のある佇まいはそのままに、より力強くスポーティに進化。 前方は、対向車がいてもハイビームを維持できる、ハイビームアシストの進化機能である「アダプティブLEDヘッドライトシステム」を日産として初採用。 後側方は、走行中に隣接レーンの後側方を走行する接近車両との接触を回避するよう支援する「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」や「BSW(後側方車両検知警報)」、後退時には、後方を横切ろうとする車両を検知し注意を喚起する「RCTA(後退時車両検知警報)」を新設定。 その他、「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備した。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DAA-HC27 1198cc 5 CVT FF 7名 26. 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 今回、マイナーチェンジを行った。 エクステリアは、特徴的な「ダブルVモーショングリル」を筆頭に、クロームを贅沢にちりばめた宝石のようなグリルパターンなどのリッチで押し出しの強いフロントマスクや、縦長のリアコンビランプをハイウェイスター専用パーツとしてデザインし、セレナが持つ品格のある佇まいはそのままに、より力強くスポーティに進化。 前方は、対向車がいてもハイビームを維持できる、ハイビームアシストの進化機能である「アダプティブLEDヘッドライトシステム」を日産として初採用。 後側方は、走行中に隣接レーンの後側方を走行する接近車両との接触を回避するよう支援する「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」や「BSW(後側方車両検知警報)」、後退時には、後方を横切ろうとする車両を検知し注意を喚起する「RCTA(後退時車両検知警報)」を新設定。 その他、「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備した。 ボディカラーは、新色「サンライズオレンジ」と「ダークメタルグレー」を含む全13色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DAA-HC27 1198cc 5 CVT FF 7名 26. 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 オーテックジャパンより、新たなカスタムカー「オーテック」、「オーテック スポーツスペック」、「オーテック Vパッケージ」、「オーテック セーフティーパッケージ」を用意。 「AUTECH」のシート色や素材、ステアリングの色やステッチデザインを組み合わせる事が出来るプログラム「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」を設定した。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産「セレナ(SERENA)」。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 加えて、最高速度標識検知および一時停止標識検知機能を追加し、標識検知機能が向上。 また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」については、前方の歩行者検知が可能な仕様に機能を向上させた。 同時に、「X」、「ハイウェイスター」をベースに「X VセレクションII」、「ハイウェイスター VセレクションII」を設定。 両側「ワンタッチオートスライドドア」など使い勝手のいいアイテムを装備した。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「S」、「X」、「G」、「ハイウェイスター」、「ハイウェイスターG」、専用設計のフロントバンパーやリヤスポイラーを採用した「ニスモ」を用意。 オーテックジャパンより、新たなカスタムカー「オーテック」、「オーテック スポーツスペック」、「オーテック Vパッケージ」、「オーテック セーフティーパッケージ」を用意。 特別仕様車では、「X」、「ハイウェイスター」をベースに「X Vセレクション」、「ハイウェイスター Vセレクション」を設定。 搭載しているガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行。 「セレナ」が誇る室内の広さや使い勝手の良さ、乗り心地の快適性などはそのままに、さまざまなシーンや走行環境において、100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスの良い加速を実現するとともに、車速に応じたエンジン回転制御とボディの随所に防音対策を施すことにより、クラスを超えた高い静粛性を実現。 また、燃費性能では、発電用エンジンでの効率的な発電や優れた空力性能により、26. 2km/L(JC08モード)の低燃費を達成した。 エクステリアは、専用の15インチの切削アルミホイール、ルーフサイドスポイラーを新たにデザインし空力を向上。 インテリアは、シフトバイワイヤー機能のシフトノブや、ブルーアクセントのイルミネーションを大型のマルチセンターコンソールトレイにあしらい、より先進的なイメージのデザインとなった。 エクステリアは、プレミアムスポーティとして細部まで作り込まれたディティールと、メタリックシルバーの専用パーツによって上質と先進性を表現。 インテリアは、クリスタルスエード仕様のシートを採用し、「AUTECH」のアイコニックカラーであるブルーを随所にあしらい、上質な素材とディティールにこだわった。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産「セレナ(SERENA)」。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「S」、「X」、「G」、「ハイウェイスター」、「ハイウェイスターG」、専用設計のフロントバンパーやリヤスポイラーを採用した「ニスモ」を用意。 特別仕様車では、「X」、「ハイウェイスター」をベースに「X Vセレクション」、「ハイウェイスター Vセレクション」を設定。 今回、オーテックジャパンより、新たなカスタムカー「オーテック(AUTECH)」を設定。 ラインアップは「オーテック」、「オーテック スポーツスペック」、「オーテック Vパッケージ」、「オーテック セーフティーパッケージ」を用意。 エクステリアは、プレミアムスポーティとして細部まで作り込まれたディティールと、メタリックシルバーの専用パーツによって上質と先進性を表現した。 インテリアは、アイコニックカラーであるブルーを随所にあしらい、上質な素材とディティールにこだわった、個性的かつエレガントな空間を演出。 シートはクリスタルスエード仕様のほか、セレナで唯一、本革仕様も選択可能とした。 また、「オーテック スポーツスペック」は、17インチにインチアップしたタイヤ、サスペンションチューニング及びボディ補強などにより、優れた高速安定性と上質な乗り心地を両立し、ミニバンとして後席の同乗者も快適に移動できる仕様に仕上げた。 さらに、専用チューニングコンピューター(ECM)や専用マフラーを採用し、心地よい加速フィーリングを実現。 また、特別仕様車「X Vセレクション」、「ハイウェイスター Vセレクション」に、飲み物などをこぼしても簡単に拭き取れる「防水シート」をオプション設定した。 ボディカラーは「ブリリアントホワイトパール(3P)/ダイヤモンドブラック(P)2トーン」を含む全8色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DAA-GC27 1997cc 5 CVT FF 8名 16. 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「S」、「X」、「G」、「ハイウェイスター」、「ハイウェイスターG」を用意。 特別仕様車では、「X」、「ハイウェイスター」をベースに「X Vセレクション」、「ハイウェイスター Vセレクション」を設定。 オーテックジャパンより、「X(2WD/4WD)」をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」を設定。 また、「ライダー」をベースに「ライダー Vセレクション」、黒本革シートを採用した「ライダー Vセレクション ブラックレザー」も設定。 室内長を180mm広くし、クルマに触れずに開閉可能な「ハンズフリースライドドア(グレード別設定またはメーカーオプション)」や2通りの開き方ができる「デュアルバックドア」を装備。 また、同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用。 「プロパイロット」は高速道路などの自動車専用道路において、ドライバーが設定した車速(約30〜100km/h)を上限に、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援し、ドライバーの運転をサポートする。 エクステリアは、新世代の日産デザインを象徴する「Vモーション」を採用したフロントグリル、まるで浮いているように見える屋根がキャビンの広さを感じさせる「フローティングルーフ」を採用。 今回、「ハイウェイスター」をベースに「ニスモ」を設定。 エクステリアは、NISMOらしい精悍でスタイリッシュなデザインとするとともに、専用設計のフロントバンパー、リヤスポイラーなどを採用し、空力性能を向上させた。 インテリアはエクステリアと同様にNISMOのアイコニックカラーであるレッドアクセントを随所にあしらうなど、ドライバーの気持ちを高揚させるスポーティな演出を施した。 また、専用のボディ補強やサスペンションチューニングなどにより、高速走行でも安心できる高い安定性と気持ちのよいハンドリングを実現。 さらに専用チューニングコンピューター(ECM)と専用スポーツチューンドマフラーによりNISMOならではの気持ちの良い加速フィーリングを実現した。 ボディカラーは、「ブリリアントホワイトパール(3P)/ダイヤモンドブラック(P)2トーン」を含む全7色を用意。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産「セレナ(SERENA)」。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「S」、「X」、「G」、「ハイウェイスター」、「ハイウェイスターG」を用意。 オーテックジャパンより、「X(2WD/4WD)」をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」を設定。 室内長を180mm広くし、クルマに触れずに開閉可能な「ハンズフリースライドドア(グレード別設定またはメーカーオプション)」や2通りの開き方ができる「デュアルバックドア」を装備。 また、同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用。 「プロパイロット」は高速道路などの自動車専用道路において、ドライバーが設定した車速(約30〜100km/h)を上限に、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援し、ドライバーの運転をサポートする。 エクステリアは、新世代の日産デザインを象徴する「Vモーション」を採用したフロントグリル、まるで浮いているように見える屋根がキャビンの広さを感じさせる「フローティングルーフ」を採用。 今回、「X」、「ハイウェイスター」をベースに特別仕様車「Vセレクション」を設定。 「X Vセレクション」は2列目シートの横スライドなどによる多彩なシートアレンジやパーソナルテーブルなど、同乗者の利便性を向上させる「快適パック」を標準装備。 また、ステアリングでのオーディオ操作が可能なステアリングスイッチやGPSアンテナなどをセットにした「日産オリジナルナビ取付パッケージ」と、両側「ワンタッチオートスライドドア」も標準装備。 「ハイウェイスター Vセレクション」は、「LEDヘッドランプ」や両側「ハンズフリーオートスライドドア」、「16インチタイヤ&アルミホイール(2WDのみ)」、「快適パック」、「日産オリジナルナビ取付パッケージ」を標準装備した。 さらに、「ライダー」をベースに特別仕様車「ライダー Vセレクション」、黒本革シートを採用した「ライダー Vセレクション ブラックレザー」も設定。 先進安全機能と使い勝手や「ライダー」のスタイリッシュさをさらに向上させる人気のアイテムを標準装備。 「LEDヘッドランプ」や運転席側の「ハンズフリーオートスライドドア」、「日産オリジナルナビ取付パッケージ」、「セーフティパックA」、「寒冷地仕様(4WDは標準)」、「オートデュアルエアコン」、「専用LEDフォグランプ(ホワイト)」、「専用テールフィニッシャー&専用マフラー」、フロントバンパーの「メタル調フィニッシュ」を標準装備している。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DAA-GC27 1997cc 5 CVT FF 8名 16. 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「S」、「X」、「G」、「ハイウェイスター」、「ハイウェイスターG」を用意。 特別仕様車には、同一車線自動運転技術「プロパイロット」を標準装備した特別仕様車「ハイウェイスター プロパイロットエディション」、「ハイウェイスターG プロパイロットエディション」、そのほかオーテックジャパンより、「X(2WD/4WD)」をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、「ライダー プロパイロットエディション」、同社創立30周年を記念した特別仕様車「ライダー オーテック30thアニバーサリー」、「ライダー オーテック30thアニバーサリー プロパイロットエディション」を設定。 室内長を180mm広くし、クルマに触れずに開閉可能な「ハンズフリースライドドア(グレード別設定またはメーカーオプション)」や2通りの開き方ができる「デュアルバックドア」を装備。 また、同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用。 「プロパイロット」は高速道路などの自動車専用道路において、ドライバーが設定した車速(約30〜100km/h)を上限に、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援し、ドライバーの運転をサポートする。 エクステリアは、新世代の日産デザインを象徴する「Vモーション」を採用したフロントグリル、まるで浮いているように見える屋根がキャビンの広さを感じさせる「フローティングルーフ」を採用。 今回、「セレナ」の生誕25周年を記念し、「ハイウェイスター」と「X」をベースとし、「LEDヘッドランプ」や「アラウンドビューモニター」などを組み合わせた特別仕様車「25thスペシャルセレクションA」、人気の装備である「プロパイロット」、「スマート・ルームミラー」を装備した特別仕様車「25thスペシャルセレクションB」を設定。 UV&IRカットフィルムとクリーンフィルタープレミアムのセット、ETC2. 0本体とリバース連動下向きドアミラー(助手席側)のセット、ミシュランスタッドレスタイヤ(195/65R15)の4本セットと3つのスペシャルオプションセットも用意している。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DAA-GC27 1997cc 5 CVT FF 8名 17. 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 今回のフルモデルチェンジでは、前モデルより室内長を180mm広くし、クルマに触れずに開閉可能な「ハンズフリースライドドア(グレード別設定またはメーカーオプション)」や2通りの開き方ができる「デュアルバックドア」を装備。 また、同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用。 「プロパイロット」は高速道路などの自動車専用道路において、ドライバーが設定した車速(約30〜100km/h)を上限に、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援し、ドライバーの運転をサポートする。 ラインアップは、「S」、「X」、「G」、「ハイウェイスター」、「ハイウェイスターG」を用意。 エクステリアは、新世代の日産デザインを象徴する「Vモーション」を採用したフロントグリル、まるで浮いているように見える屋根がキャビンの広さを感じさせる「フローティングルーフ」を採用。 インテリアでは、翼のように広がり、パノラミックな開放感を実現した「グライディングウィング」デザインのインストルメントパネルを採用。 また、同一車線自動運転技術「プロパイロット」を標準装備した特別仕様車「ハイウェイスター プロパイロットエディション」、「ハイウェイスターG プロパイロットエディション」を設定。 そのほかオーテックジャパンより、「X(2WD/4WD)」をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、「ライダー プロパイロットエディション」を設定。 エクステリアでは、フロントグリルやバンパーグリルに独特の輝きを放つメタル調の塗装を施し、シャープな造形のフロントバンパー下部には、奥行き深くブルーの光を放つ「ブルーホールLED」を採用。 インテリアでは、インストパネルへも専用表皮を張り込み、シートやステアリングと合わせてブルーステッチをあしらった。 さらに、同社創立30周年を記念した特別仕様車「ライダー オーテック30thアニバーサリー」、「ライダー オーテック30thアニバーサリー プロパイロットエディション」を設定。 ブラキッシュメタル調塗装のエクステリアパーツや、シャープな輝きを放つLEDのランプ類を採用したほか、「セレナ」で唯一のレザーシートを装備し、特別感のあるモデルとした。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C27 1997cc 5 CVT FF 8名 15. レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「20S」、「20X」、「20G」、「ハイウェイスター」、ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」を用意。 特別仕様車には、「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティ」、「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティII」を用意しそれぞれにハイブリッドシステム搭載車を用意。 さらに「ハイウェイスターG」をベースとした「ハイウェイスターG エアロモード」、「ハイウェイスター Vエアロモード+セーフティ」、「ハイウェイスター Vエアロモード+セーフティII」、「20X Vセレクション+セーフティ」、「20X Vセレクション+セーフティ S-ハイブリッド」を設定。 そのほかオーテックジャパンより、「20X S-ハイブリッド(2WD)」、「20X(4WD)」をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、「ライダー S-ハイブリッド」ライダーをベースにバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー パフォーマンススペック S-ハイブリッド」、「ライダー パフォーマンススペック ブラックライン S-ハイブリッド」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」、「ライダー ブラックライン S-ハイブリッド」、「ライダー ブラックライン、「ライダー ブラックライン S-ハイブリッド」、「ライダー パフォーマンススペック ブラックライン S-ハイブリッド」に進化や特別感を表現した「 ZZ(ダブルズィー)」を用意。 また、「20S」を除く全グレードに、「MOD(移動物検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」を、「アドバンスドセーフティ パッケージ」として設定。 今回、「20S」にエマージェンシーブレーキを標準装備し、さらに「20S」をベースに特別仕様車「ハイウェイスター Sエディション」、「ライダー Sエディション」を設定。 「ハイウェイスター Sエディション」には、「ハイウェイスター」専用エクステリアを採用するとともに、人気装備のワンタッチオートスライドドア(助手席側)や、プッシュエンジンスターター、UVカット率約99%のスーパーUVカットガラス(フロントドア)を採用し、高い利便性と快適性を備えた。 「ライダー Sエディション」は、「ライダー」専用のエクステリアとインテリアを採用したほか、エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)やLDW(車線逸脱警報)を採用。 また、プッシュエンジンスターター、インテリジェントキー、助手席側のワンタッチオートスライドドアなどの利便性を向上させるアイテムも標準装備とした。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C26 1997cc 5 CVT FF 8名 13. レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「20S」、「20X」、「20G」、「ハイウェイスター」、ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」。 特別仕様車には、「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティ」、「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティ S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティ」、「ハイウェイスターG」をベースとした「ハイウェイスター エアロモード」を設定。 そのほかオーテックジャパンより、「20X S-ハイブリッド」(2WD)、「20X」(4WD)をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、ライダーをベースにバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー パフォーマンススペック」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」、進化や特別感を表現した「ライダー ブラックライン ZZ(ダブルズィー)」を用意。 また、「20S」を除く全グレードに、「MOD(移動物検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」を、「アドバンスドセーフティ パッケージ」として設定。 今回、一部改良を行い、PTC素子ヒーターと前席ヒーター付シートを「20S」(2WD/4WDを除く)全車にオプション設定。 カスタムカー「ライダー」には、ワンタッチオートスライドドア<両側>(挟み込み防止機構付)を全車に標準装備した。 さらに、特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティII」、「ハイウェイスター Vエアロモード+セーフティII」、「20X Vセレクション+セーフティ」を設定。 LEDヘッドランプ、ワンタッチオートスライドドア<両側>(挟み込み防止機構付)を標準装備。 「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティII」は、16インチアルミホイール(2WD車のみ)と、安全性をさらに高める「アドバンスド セーフティ パッケージ」を標準装備。 さらに「ハイウェイスター Vエアロモード+セーフティII」には、フロントプロテクター(LEDイルミネーション付)、ダーククロムグリル(エアロモード専用)を標準装備。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C26 1997cc 5 CVT FF 8名 13. レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「20S」、「20X」、「20G」、「ハイウェイスター」、ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」。 特別仕様車には、「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティ」、「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティ S-ハイブリッド」を設定。 そのほかオーテックジャパンより、「20X S-ハイブリッド」(2WD)、「20X」(4WD)をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、ライダーをベースにバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー パフォーマンススペック」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」、進化や特別感を表現した「ライダー ブラックライン ZZ(ダブルズィー)」を用意。 また、「20S」を除く全グレードに、「MOD(移動物検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」を、「アドバンスドセーフティ パッケージ」として設定。 今回、「ハイウェイスター Vセレクション+セーフティ」、「ハイウェイスターG」をベースとした特別仕様車「ハイウェイスター エアロモード」を設定。 LEDヘッドランプ、ワンタッチオートスライドドア <両側> (挟み込み防止機構付)、16インチアルミホイールを標準装備。 また、フロントプロテクター(LEDイルミネーション)、専用ダーククロムグリル、専用グロスブラックパワーウインドウフィニッシャーも装備。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DAA-HFC26 1997cc 5 CVT FF 8名 15. レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「20S」、「20X」、「20G」、「ハイウェイスター」、ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」。 そのほかオーテックジャパンより、「20X S-ハイブリッド」(2WD)、「20X」(4WD)をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、ライダーをベースにバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー パフォーマンススペック」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」、進化や特別感を表現した「ライダー ブラックライン ZZ(ダブルズィー)」を用意。 また、「20S」を除く全グレードに、「MOD(移動物検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」を、「アドバンスドセーフティ パッケージ」として設定。 LEDヘッドランプ、ワンタッチオートスライドドア〈両側〉(挟み込み防止機構付)、16インチアルミホイールを標準装備。 また、20Sを除く全車にスーパーUVカット断熱グリーンガラスが標準装備となった。 さらに、ボディカラーを一部見直し、新たに追加した「インペリアルアンバー」を含む全9色の設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C26 1997cc 5 CVT FF 8名 13. レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「20S」、「20X」、「20G」、「ハイウェイスター」、ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」、また、「20S」を除く全グレードに、「MOD(移動物検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」を、「アドバンスドセーフティ パッケージ」として設定。 衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」も搭載する。 そのほかオーテックジャパンより、「20X S-ハイブリッド」(2WD)、「20X」(4WD)をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、ライダーをベースにバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー パフォーマンススペック」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」を用意。 今回、「20X S-ハイブリッド」(2WD)、「20X」(4WD)をベースに「ライダー」シリーズに特別仕様車「ライダー ブラックライン ZZ(ダブルズィー)」を設定すると共に、「ライダー」シリーズ全車のフロントドアにスーパーUVカット断熱グリーンガラスを採用し、快適性の向上を図った。 「ZZ(ダブルズィー)」は、英語で頂点を意味する「zenith」の頭文字を重ねたもので、進化や特別感を表現。 エクステリアに、ヘッドランプやシグネチャーポジショニングランプに加え、フォグランプ、デイタイムランニングライトなどフロントの灯火装置にシャープな白色光を放つLEDを採用し、先進感溢れるフロントマスクとした。 また、フロントプロテクターやバックドアモールを装着し、エクステリアの個性をさらに強めた。 ボディカラーに、「ブリリアントホワイトパール」を含む3色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DAA-HC26 1997cc 5 CVT FF 8名 16. レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「20S」、「20X」、「20G」、「ハイウェイスター」、ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」、また、「20S」を除く全グレードに、「MOD(移動物 検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」を、「アドバンスドセーフティ パッケージ」として追加設定。 衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」も搭載する。 そのほかオーテックジャパンより、「20X S-ハイブリッド」(2WD)、「20X」(4WD)をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、ライダーをベースにバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー パフォーマンススペック」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」を用意。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C26 1997cc 5 CVT FF 8名 13. レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 今回マイナーチェンジを行った。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。 ラインアップは、「20S」、「20X」、「20G」、「ハイウェイスター」、ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」、また、「20S」を除く全グレードに、「MOD(移動物 検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」を、「アドバンスドセーフティ パッケージ」として追加設定。 衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」も搭載する。 そのほかオーテックジャパンより、「20X S-ハイブリッド」(2WD)、「20X」(4WD)をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、ライダーをベースにバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー パフォーマンススペック」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」を用意。 エクステリアデザインは、フロントからリヤまでデザインを一新。 全車、立体的で存在感のあるフロントグリルと、二段構えのヘッドランプを採用した他、「ハイウェイスター」 には、フロントバンパーからの流れを受けた動きを感じさせるデザインのサイドシルプロテクターを装備し、16インチアルミホイールに切削面の輝きが特徴的なスポーティーなデザインを新たに採用。 インテリアは、「ハイウェイスター」のブラックインテリア、「20G」のフェザーグレーインテリアを一新。 「ハイウェイスターG」には新規オプションとしてシートのカラー・素材・パネル加飾を刷新し先進感と上質感を合わせ持たせた「プレミアムハイコントラストインテリア」を設定。 同時に、「ライダー」シリーズでは、エクステリアで最大の特徴であるフロントスタイルを一新したほか、専用のアルミホイールやインテリアの加飾フィニッシャーのデザインも変更。 さらに、追加カスタマイズするためのディーラーオプション、専用フロントプロテクターもデザインを一新し、あわせて、専用フロントプロテクターデカールを新たに設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C26 1997cc 5 CVT FF 8名 13. レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジン、ツインVTCを搭載。 エクストロニックCVTとの組み合わせとなる。 グレードはベースとなる「20S」、助手席側ワンタッチオートスライドドアなどを備える充実装備の「20X」、ハロゲンフォグランプやアルミホイールなどを装備した上級「20G」、16インチアルミホイールに専用サスペンションとした「ハイウェイスター」、ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」を設定。 そのほかオーテックジャパンより、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、特別仕様車には「ライダー」をベースとした「ライダー パフォーマンススペック」、「ライダー パフォーマンススペックブラックライン」、「ライダー ブラックライン」、キセノンヘッドランプやフロントプロテクターを標準装備した「ハイウェイスターG S-ハイブリッド エアロモード」を用意。 今回、「ハイウェイスター」をベースとした特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」を設定。 人気の高いワンタッチオートスライドドア(両側、挟み込み防止機構付)とキセノンヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付)を標準装備とした。 また、「ハイウェイスター Vセレクション」をベースにした「ハイウェイスター Vエアロモード」を設定。 フロントプロテクター、専用ダーククロムグリルと専用パワーウインドウスイッチフィニッシャー(グロスブラック)等を標準装備とした。 「ハイウェイスター S-ハイブリッド Vセレクション」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド Vエアロモード」も用意。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産「セレナ(SERENA)」。 レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジン、ツインVTCを搭載。 エクストロニックCVTとの組み合わせとなる。 グレードはベースとなる「20S」、助手席側ワンタッチオートスライドドアなどを備える充実装備の「20X」、ハロゲンフォグランプやアルミホイールなどを装備した上級「20G」、16インチアルミホイールに専用サスペンションとした「ハイウェイスター」の4タイプ。 そのほかオーテックジャパンより、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、特別仕様車には「ライダー」をベースとした「ライダー パフォーマンススペック」、「ライダー パフォーマンススペックブラックライン」、「ライダー ブラックライン」、ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」を用意。 今回、「ハイウェイスター」をベースとした特別仕様車「ハイウェイスター エアロモード」を設定。 人気の高いキセノンヘッドランプやフロントプロテクターを標準装備とし、さらに専用装備としてダーククロムグリルとパワーウインドウスイッチフィニッシャー(グロスブラック)を採用。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産「セレナ(SERENA)」。 レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジン、ツインVTCを搭載。 エクストロニックCVTとの組み合わせとなる。 グレードはベースとなる「20S」、助手席側ワンタッチオートスライドドアなどを備える充実装備の「20X」、ハロゲンフォグランプやアルミホイールなどを装備した上級「20G」、16インチアルミホイールに専用サスペンションとした「ハイウェイスター」の4タイプ。 そのほかオーテックジャパンより、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、特別仕様車には「ライダー」をベースとした「ライダー パフォーマンススペック」、「ライダー パフォーマンススペックブラックライン」、「ライダー ブラックライン」を用意。 今回、新ハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載した、「20X S-ハイブリッド」、「20G S-ハイブリッド」、「ハイウェイスター S-ハイブリッド」、「ハイウェイスターG S-ハイブリッド」を設定。 従来から搭載しているECOモーターのエネルギー回生発電量と出力を高めて補助原動機化し、蓄電容量を高めるためのサブバッテリーをエンジンルームに追加することで実現したシンプルでコンパクトなハイブリッドシステム。 ハイブリッドシステムのすべてをエンジンルームに収めることで、「セレナ」の特長であるクラス最大の室内空間や使い勝手の良いシートアレンジはそのままに、クラスNo. 1の低燃費(15. 2km/L JC08モード燃費/2WD)を実現し、自動車取得税と自動車重量税がクラスで唯一免税となる。 さらに、ヘッドランプのブルーインナーレンズや高輝度LEDリヤコンビネーションランプ、クリアタイプのLEDハイマウントストップランプを採用し、マルチグラフィックアッパーメーターにS-HYBRID専用表示を装備。 「セレナ S-HYBRID」の発売にあわせ、「セレナ」全車で、2列目・3列目のシート中央席にELR3点式シートベルトを標準装備とし、転がり抵抗を低減して燃費性能を高めた低燃費タイヤを採用。 ハイウェイスター(2WD/4WD)には、助手席側ワンタッチオートスライドドアを標準装備とした。 また、「20X」、「20X S-ハイブリッド」をベースとした特別仕様車「クロスギア」を設定。 専用の大型フォグランプやフォグランプフィニッシャーを採用する。 防水シートを現行「セレナ」で初採用したほか、バックドアインナーフックやロングアシストレールを装備し、さまざまな趣味の基地として汚れを気にせずタフに使える多目的ギアとした。 また「ライダー」にも通常車と同様、「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を設定。 なお、4WDのアイドリングストップシステム搭載車は、燃費を改善させたことで、自動車取得税と自動車重量税が75%減税に、また「20S」(2WD/4WD)は50%減税となる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C26 1997cc 5 CVT FF 8名 13. レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジン、ツインVTC(可変バルブタイミングコントロール機構)を搭載。 エクストロニックCVTとの組み合わせとなる。 グレードはベースとなる「20S」、助手席側ワンタッチオートスライドドアなどを備える充実装備の「20X」、ハロゲンフォグランプやアルミホイールなどを装備した上級「20G」、16インチアルミホイールに専用サスペンションとした「ハイウェイスター」の4タイプ。 そのほかオーテックジャパンより、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、セレナの誕生20周年を記念した特別仕様車「ハイウェイスターVセレクション」、「ライダー」をベースにした特別仕様車「ライダー ブラックライン」が用意される。 今回、「ハイウェイスターVセレクション」をベースに「ハイウェイスターVエアロセレクション」を設定。 ボディーカラーはオーロラモーヴ、ブリリアントホワイトパールの特別色を含む全5色。 また「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が75%もしくは50%減税される。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産「セレナ(SERENA)」。 レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジン、ツインVTC(可変バルブタイミングコントロール機構)を搭載。 エクストロニックCVTとの組み合わせとなる。 グレードはベースとなる「20S」、助手席側ワンタッチオートスライドドアなどを備える充実装備の「20X」、ハロゲンフォグランプやアルミホイールなどを装備した上級「20G」、16インチアルミホイールに専用サスペンションとした「ハイウェイスター」の4タイプ。 そのほかオーテックジャパンより、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、セレナの誕生20周年を記念した特別仕様車「ハイウェイスターVセレクション」が用意される。 今回、カスタムカー「ライダー」をベースにした特別仕様車「ライダー ブラックライン」を設定。 ダーククロムのフロントグリルなどを採用したほか、人気の高い装備を標準設定。 本特別仕様車は「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が75%または50%減税となる。 また、高性能シリーズ「ライダーパフォーマンススペック」も同時設定。 17インチの高性能タイヤや専用チューンドサスペンションの採用、またそれらを支えるボディ性能の向上を図ることにより、スポーティで安定感の高いハンドリングと、引き締まったフラットな乗り心地を高次元で融合。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産「セレナ(SERENA)」。 レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジン、ツインVTC(可変バルブタイミングコントロール機構)を搭載。 エクストロニックCVTとの組み合わせとなる。 グレードはベースとなる「20S」、助手席側ワンタッチオートスライドドアなどを備える充実装備の「20X」、ハロゲンフォグランプやアルミホイールなどを装備した上級「20G」、16インチアルミホイールに専用サスペンションとした「ハイウェイスター」の4タイプ。 20X以上は、信号待ちなどの停車時にエンジンを自動的に停止するアイドリングストップシステム(ECOモーター式)を備え、空気抵抗低減とともに、低燃費15. そのほかオーテックジャパンより、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」を設定する。 今回新たに設定された特別仕様車は、「セレナ」の誕生20周年を記念した「ハイウェイスターVセレクション」。 ハイウェイスターをベースに、ワンタッチオートスライドドア(両側、挟み込み防止機構付き)や前席と後席で設定した温度を個別に自動制御するオゾンセーフフルオートデュアルエアコンなどを標準装備とし、ベース車であるハイウェイスターには設定のないインテリジェントエアコンシステムやリラックスモード付きヘッドレスト(セカンドシート)も特別装備として採用。 インテリジェントエアコンシステムは高濃度プラズマクラスターイオンとビタミンフィルターによる美肌効果を、リラックスモード付きヘッドレスト(セカンドシート)は頭部をサポートすることで長時間のドライブでも快適な乗り心地を提供する。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産「セレナ(SERENA)」。 レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 新型2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジン、ツインVTC(可変バルブタイミングコントロール機構)を搭載。 エクストロニックCVTとの組み合わせとなる。 グレードはベースとなる「20S」、助手席側ワンタッチオートスライドドアなどを備える充実装備の「20X」、ハロゲンフォグランプやアルミホイールなどを装備した上級「20G」、16インチアルミホイールに専用サスペンションとした「ハイウェイスター」の4タイプ。 20X以上は、信号待ちなどの停車時にエンジンを自動的に停止するアイドリングストップシステム(ECOモーター式)を備え、空気抵抗低減とともに、低燃費15. そのほかオーテックジャパンより、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」と、ライダーをベースに装備を簡素化したカスタムカー「ライダー Jパッケージ」も設定される。 今回、特別仕様車「ハイウェイスター J パッケージ」を新たに設定。 メーカーオプションで設定しているワンタッチオートスライドドア(両側、挟み込み防止機構付)やキセノンヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付)などの装備を標準設定する。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産「セレナ(SERENA)」。 レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 新型2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジン、ツインVTC(可変バルブタイミングコントロール機構)を搭載。 エクストロニックCVTとの組み合わせとなる。 グレードはベースとなる「20S」、助手席側ワンタッチオートスライドドアなどを備える充実装備の「20X」、ハロゲンフォグランプやアルミホイールなどを装備した上級「20G」、16インチアルミホイールに専用サスペンションとした「ハイウェイスター」の4タイプ。 そのほかオーテックジャパンより、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」も設定される。 20X以上は、信号待ちなどの停車時にエンジンを自動的に停止するアイドリングストップシステム(ECOモーター式)を備え、空気抵抗低減とともに、低燃費15. 今回、装備を簡素化した「ライダー Jパッケージ」を新規設定。 「ライダー」をベースに「アイドリングストップ機構」、「VDC」 ビークルダイナミクスコントロール 、「ヒルスタートアシスト」等をレスとし、サイドターンランプをドアミラーからフェンダー部へ変更している。 また、助手席側ワンタッチオートスライドドアを標準装備としている。 フルモデルチェンジにより、1991年6月の初代モデルから3代目モデルとなった日産「セレナ(SERENA)」。 レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 新型2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジン、ツインVTC(可変バルブタイミングコントロール機構)を搭載。 エクストロニックCVTとの組み合わせとなる。 そのほかオーテックジャパンより、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」も設定される。 20X以上は、信号待ちなどの停車時にエンジンを自動的に停止するアイドリングストップシステム(ECOモーター式)を備え、空気抵抗低減とともに、低燃費15. グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C26 1997cc 5 CVT FF 8名 14. グレードは、上級「20G」と標準「20S」、スポーティモデル「ハイウェイスター」の3タイプ。 今回、特別仕様車として「ハイウェイスターVエアロセレクション プラスナビHDD」を設定。 2009年9月に発売した特別仕様車「ハイウェイスターVエアロセレクション」をベースとし、HDDナビゲーションシステム(地デジチューナー内蔵)を標準装備した。 Vエアロセレクションの特別装備は、リモコンオートスライドドア(両側、挟み込み防止機能付)、バックドアオートクロージャー、LED式ハイマウントストップランプ(クリアタイプ)等を採用し、ボディカラーは、特別塗装色の「ホワイトパール(3P)」、「スーパーブラック」、「ダイヤモンドシルバー(M)」、「ディープカシス(P)」の4色を設定した。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産セレナ(SERENA)。 グレードは、上級「20G」と標準「20S」、スポーティモデル「ハイウェイスター」の3タイプ。 それにオーテックジャパンからは、3ナンバー化したカスタムカー「ライダー」/専用サスペンション「ライダーパフォーマンススペック」/高出力化した「ライダーハイパフォーマンススペック」、地上デジタルテレビ放送用チューナーやカーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)を標準装備とした「ハイウェイスターアーバンセレクション」を用意する。 今回、特別仕様車「プラスナビHDD」を設定。 ライダー/ライダーパフォーマンススペック/ライダーハイパフォーマンススペックをベースに、地上デジタルテレビ放送(12セグ+ワンセグ)用チューナー内蔵HDDナビゲーションシステムを装備する。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C25 1997cc 5 CVT FF 8名 13. グレードは、上級「20G」と標準「20S」、スポーティモデル「ハイウェイスター」の3タイプ。 今回、特別仕様車「Vセレクション」を設定。 ハイウェイスターをベースにした「ハイウェイスター Vエアロセレクション」は、リモコンオートスライドドア(両側、挟み込み防止機能付)、バックドアオートクロージャー、フロントプロテクター、リヤコンビランプ(クリアタイプ)、ピアノブラックフィニッシャーなどを装備する。 また、ブラックレザーのシートと地デジチューナーを内蔵したHDD方式のカーウイングスナビゲーションシステムを装備した、「ブラックレザーナビパッケージ」も設定する。 20Sをベースにした「20S Vセレクション」は、リモコンオートスライドドア(助手席側、挟み込み防止機能付)、インテリジェントキー、エンジンイモビライザーを標準装備とする。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-CC25 1997cc 5 CVT FF 8名 13. グレードは、上級「20G」と標準「20S」、スポーティモデル「ハイウェイスター」の3タイプ。 今回、エンジンとCVTの制御変更を行い燃費向上。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産セレナ(SERENA)。 グレードは、上級「20G」と標準「20S」、スポーティモデル「ハイウェイスター」の3タイプ。 今回発売する特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」は、リモコンオートスライドドア(両側)、バックドアオートクロージャーなどの利便装備を搭載したモデル。 また、寒冷地仕様(4WD)、バイキセノンヘッドランプ+アクティブAFS(20G)、インテリジェントエアコンシステム(20S、ハイウェイスター)の標準化など、装備の充実を図った。 特別仕様車「20S ナビプラスステップセレクション」は、便利な乗降補助としての機能「スタイリッシュステップ」、専用HDDナビゲーションシステム、後席専用モニターなどを装備したモデル。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C25 1997cc 5 CVT FF 8名 13. グレードは、上級「20G」と標準「20S」、スポーティモデル「ハイウェイスター」の3タイプ。 特別仕様車「20S ナビプラスステップセレクション」は、新開発の「スタイリッシュステップ」や、専用HDDナビゲーションシステム、後席専用モニターなどを装備。 スタイリッシュステップは、お子さまからお年寄りまで幅広い層に便利な乗降補助としての機能をもちながら、格納時にはスタイリッシュなサイドシルプロテクターとなる。 ステップの開閉は、助手席ドア、または、スライドドア 助手席側 の開閉に連動する。 また、夜間等の乗降をサポートし、かつ個性を主張できる「ステップイルミネーション LED 」をオプション設定した。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン、日産セレナ(SERENA)。 グレードは、上級「20G」と標準「20S」、スポーティモデル「ハイウェイスター」の3タイプ。 「アーバンセレクション」は、地上デジタルテレビ放送用チューナーやカーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)を標準装備とした特別仕様車。 今回設定の「20S ナンバーワンエディション ナビパッケージ」は、セレナの2007年国内新規登録台数がミニバン部門で1位となったことを記念して発売する特別仕様車。 「20S」をベースに本革巻3本スポークステアリングを装備して新たに設定した「20S ナンバーワンエディション」に、専用ナビパッケージ(HDDナビ:高速大容量30GBのハードディスク、ビデオ端子、タッチパネル、ワンセグチューナーなど を組み合わせたモデルとなる。 2008年9月末までの期間限定となる。 5ナンバーサイズのミディアムクラスミニバン日産セレナ。 今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやバンパー、ヘッドランプなどエクステリアのデザインを一新、インテリアは、シート地の質感を高めるとともに、ファインビジョンメーターの標準採用やインストルメントパネルまわりを上質なデザインとしたことにより、快適で心地良い空間とした。 グレードは、上級「20G」と標準「20S」、よりダイナミックでキャラクターの強いフロントデザインとした「ハイウェイスター」の3タイプ。 日産の世界初の新技術「アラウンドビューモニター」、インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)などを装着可能としている。 メカニズムでは、ハイウェイスターに専用サスペンションを装備し、より安定した操作性と快適な乗り心地を実現。 さらに、アクティブAFSを標準採用し安全にも配慮している。 エルグランドに続き設定されるハイパフォーマンススペックは、ボディ剛性の向上やサスペンションチューニング、さらにエンジンチューニングまで施した。 アーバンセレクションは、地上デジタルテレビ放送用チューナーやカーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)を標準装備とした特別仕様車。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C25 1997cc 5 CVT FF 8名 13. グレードは、都会的で個性的なイメージの専用スムージンググリル&カラードベルトをもつ上級「20RX」/標準「20RS」、上質で落ち着きのあるイメージの専用メッキグリルの上級「20G」/標準「20S」の、2つのデザインタイプ。 それに「ハイウェイスター」は、内外装にわたって専用装備を採用したエアロバージョン。 オーテックジャパンより、上質なインテリアを持つ特別仕様車「アクシス」や、「ライダー」により魅力的な装備を追加した限定車「ライダーアルファII」を用意する。 また、今回発売する特別仕様車「20G HDDナビエディション」は、「20G」をベースに、高精細(WVGA)液晶モニターHDDナビ、バイキセノンヘッドランプ、撥水加工シートなどを装備。 「ハイウェイスターアーバンセレクション」は、ハイウェイスターをベースとし、地上デジタルテレビ放送用チューナーやカーウイングスナビシステム(HDD方式)を標準装備とした特別仕様車。 なお、今回の特別仕様車発売にともない、その他のモデル一部仕様やボディカラーの変更を行っている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C25 1997cc 5 CVT FF 8名 13. 全長4. グレードは、都会的で個性的なイメージの専用スムージンググリル&カラードベルトをもつ上級「20RX」/標準「20RS」、上質で落ち着きのあるイメージの専用メッキグリルの上級「20G」/標準「20S」と、2つのデザインタイプとした。 それに今回追加となる「ハイウェイスター」は、エクステリアには、専用エアロパーツ、16インチアルミホイール(2WD)などにより、全幅1725mmの3ナンバー化。 太く力強い横桟ラジエーターグリルやフロントバンパー開口部のバーにメッキ処理を施し、リヤコンビランプの外周部、リヤスポイラーをボディカラー化した。 インテリアに、専用のブラックシート、シルバーフィニッシャーを加えた本革巻3本スポークステアリングなどを採用するなど。 関連会社である(株)オーテックジャパンより、上質なインテリアを持つ特別仕様車「アクシス」(20Sベース)はM専用フロントグリルや、専用メッキモールディングをはじめ多くの高級外装パーツも採用、また「ライダーS」により魅力的な装備を追加した限定車「ライダーアルファII」を用意する。 ライダーアルファIIには、専用のイルミネーション付キッキングプレートやフロアカーペットなどを採用した。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C25 1997cc 5 CVT FF 8名 13. 全長4. グレードは、都会的で個性的なイメージの専用スムージンググリル&カラードベルトをもつ上級「20RX」/標準「20RS」、上質で落ち着きのあるイメージの専用メッキグリルの上級「20G」/標準「20S」と、2つのデザインタイプとした。 上級グレードはオートライトや15インチアルミを備える。 オーテックジャパンからは、専用エアロパーツとアルカンターラシートなどを採用する「ライダー」、専用チューニングサスペンションをもつ「ライダーS」も設定。 アクティブ&ルーミーをテーマにしたインテリアは、アシスト部とセンター部に大きなオープントレイを持つ2段構成のインストルメントパネル。 中央部に設定したセカンドマルチセンターシートは、2列目ベンチシートとして使用できるとともに、シートバックを折りたためばテーブルとして機能。 また、前方にスライドすればフロントシートのテーブルとしても使用可能。 今回の一部改良では、全車が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」の認定を受け、従来から達成している「平成22年度燃費基準+5%」と併せ、よりメリットのあるグリーン税制の優遇措置を受けることができる。 また、ヘッドランプレベライザーなどを設定し、平成18年1月から実施される灯火器(改正)技術基準に適合させている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-C25 1997cc 5 CVT FF 8名 13. 全長4. 7mの5ナンバーサイズはそのままに、大きなサイドウインドウは、乗員の開放感と視界の良さを確保し、さらに、電動パワーアシストによる軽いシフト操作などとあわせて、運転のしやすさを実現している。 グレードは、都会的で個性的なイメージの専用スムージンググリル&カラードベルトをもつ上級「20RX」/標準「20RS」、上質で落ち着きのあるイメージの専用メッキグリルの上級「20G」/標準「20S」と、2つのデザインタイプとした。 上級グレードはオートライトや15インチアルミを備える。 アクティブ&ルーミーをテーマにしたインテリアは、アシスト部とセンター部に大きなオープントレイを持つ2段構成のインストルメントパネル。 中央部に設定したセカンドマルチセンターシートは、2列目ベンチシートとして使用できるとともに、シートバックを折りたためばテーブルとして機能。 また、前方にスライドすればフロントシートのテーブルとしても使用可能。 「ライダー」は、オーテックジャパン製ファクトリーカスタム。 専用エアロパーツとフロントグリル。 インテリアには、シート地にアルカンターラを採用するなど、上質な室内空間としている。 また、「ライダーS」には、スモークメッキのフロントグリル、専用チューニングサスペンション、ブラック基調のインテリアでスポーティ感を高めている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 CBA-C25 1997cc 5 CVT FF 8名 13. 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種が用意され、搭載エンジンは147馬力の2Lと160馬力の2. 5L(FFのみ)、直列4気筒DOHCの2ユニット。 ミッションはコラムシフトATのみ。 5Lと2L・4WD車は4速、2L・FF車はハイパーCVTの設定。 サスペンションはフロントにストラット式、リアにマルチリンク式を採用。 グレードは2. 5Lは25Xと25ハイウェイスターXの2種、2LはV-Gナビパッケージ、V-G、V、ハイウェイスターの4種。 V系グレードはハイルーフ仕様の設定もされる。 専用内装を持つ、アメリカンアウトドアブランドコールマンバージョンII(ハイルーフ仕様のみ)が2Lに、デュアルディスクがV-Gナビパッケージ、V-Gに加わった。 今回発売する「V-Sリミテッド」「V-Sリミテッドナビパッケージ」は、「V-G」「V-G ナビパッケージ」をベースに、エアロパーツ、木目調フィニッシャー、スライドドアオートクロージャー(運転席側)など、魅力のある装備を採用しながら、お求めやすい価格としたモデルである。 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種が用意され、搭載エンジンは147馬力の2Lと160馬力の2. 5L(FFのみ)、直列4気筒DOHCの2ユニット。 ミッションはコラムシフトATのみ。 5Lと2L・4WD車は4速、2L・FF車はハイパーCVTの設定。 サスペンションはフロントにストラット式、リアにマルチリンク式を採用。 グレードは2. 5Lは25Xと25ハイウェイスターXの2種、2LはV-Gナビパッケージ、V-G、V、ハイウェイスターの4種。 V系グレードはハイルーフ仕様の設定もされる。 専用内装を持つ、アメリカンアウトドアブランドコールマンバージョンII(ハイルーフ仕様のみ)が2Lに、デュアルディスクがV-Gナビパッケージ、V-Gに加わった。 5Lはセカンドキャプテンシート仕様となる2-2-3列の7人乗り、2Lは2-3-3列の8人乗り。 V-Gナビパッケージのみどちらの定員も選べる。 いずれのタイプもセカンド、サードシートともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 CBA-TC24 1998cc 5 CVT FF 8名 12. 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種が用意され、搭載エンジンは147馬力の2000ccと160馬力の2500cc(FFのみ)、直列4気筒DOHCの2ユニット。 ミッションはコラムシフトATのみ。 5Lと2L・4WD車は4速、2L・FF車はハイパーCVTの設定。 グレードは、2. 5Lに「25X」と「25ハイウェイスターX」の2種、2Lは「V-Gナビパッケージ」、「V-G」、「V」、「ハイウェイスター」の4種。 V-G系グレードはハイルーフ仕様の設定もされる。 5Lはセカンドキャプテンシート仕様となる2-2-3列の7人乗り、2Lは2-3-3列の8人乗り。 V-Gナビパッケージのみどちらの定員も選べる。 いずれのタイプもセカンド、サードシートともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 今回インテリアを中心にオーディオやシート生地など装備の充実が図られ、またボディカラーの見直しがされている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 UA-TC24 1998cc 5 CVT FF 8名 12. 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種が用意され、搭載エンジンは147馬力の2Lと160馬力の2. 5L(FFのみ)、直列4気筒DOHCの2ユニット。 ミッションはコラムシフトATのみ。 5Lと2L・4WD車は4速、2L・FF車はハイパーCVTの設定。 サスペンションはフロントにストラット式、リアにマルチリンク式を採用。 グレードは2. 5Lは25Xと25ハイウェイスターXの2種、2LはV-Gナビパッケージ、V-G、V、ハイウェイスターの4種。 V系グレードはハイルーフ仕様の設定もされる。 専用内装を持つ、アメリカンアウトドアブランドコールマンバージョンII(ハイルーフ仕様のみ)が2Lに、デュアルディスクがV-Gナビパッケージ、V-Gに加わった。 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種が用意され、搭載エンジンは147馬力の2Lと160馬力の2. 5L(FFのみ)、直列4気筒DOHCの2ユニット。 ミッションはコラムシフトATのみ。 5Lと2L・4WD車は4速、2L・FF車はハイパーCVTの設定。 サスペンションはフロントにストラット式、リアにマルチリンク式を採用。 グレードは2. 5Lは25Xと25ハイウェイスターXの2種、2LはV-Gナビパッケージ、V-G、V、ハイウェイスターの4種。 V系グレードはハイルーフ仕様の設定もされる。 専用内装を持つ、アメリカンアウトドアブランドコールマンバージョンII(ハイルーフ仕様のみ)が2Lに、デュアルディスクがV-Gナビパッケージ、V-Gに加わった。 5Lはセカンドキャプテンシート仕様となる2-2-3列の7人乗り、2Lは2-3-3列の8人乗り。 V-Gナビパッケージのみどちらの定員も選べる。 いずれのタイプもセカンド、サードシートともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 5ナンバーサイズのボディと後席両側スライドドアとなる専用プラットフォームを採用するミニバンがセレナ。 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種が用意され、搭載エンジンは147馬力の2LとFFのみに160馬力の2. 5L、直列4気筒DOHCの2ユニット。 ミッションはコラムシフトATのみ。 5Lモデルと4WD車は4速、2L・2WDモデルはハイパーCVTの設定。 サスペンションはフロントにストラット式、リアにマルチリンク式を採用。 グレードは2. 5Lは25Xと25ハイウェイスターXの2種、2LはV-Gナビパッケージ、V-G、V、ハイウェイスターの4種。 25Xとハイウェイスターモデルを除き、ハイルーフ仕様の設定もされる。 V-Gナビパッケージの標準ルーフ/ハイルーフをベースに、改良された特別仕様車「キタキツネ」を設定。 3列目シートマルチアップタイプや専用TV/DVDナビを標準装備とするなど、遊び心と実用性を両立させている。 また、期間限定車として以前リリースされたアメリカンアウトドアブランド、「コールマンバージョン」仕様第2弾も2Lに加わった。 こちらはオリジナル内装にハイルーフ仕様のみの設定。 5Lはセカンドキャプテンシート仕様となる2-2-3列の7人乗り、2Lは2-3-3列の8人乗り。 V-Gナビパッケージのみどちらの定員も選べる。 いずれのタイプもセカンド、サードともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 2001年12月に内外装デザインを一新、マイナーチェンジモデルをリリースし、今回専用内装を持つ、アメリカンアウトドアブランド「コールマンバージョンII」(ハイルーフ仕様のみ)を2Lに設定した。 カブロン地の専用シート地や防水ラゲッジマット、100Vインバーターなどアウトドアレジャーや日常でも便利な装備が充実している。 その他モデルで、駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種が用意され、搭載エンジンは147馬力の2Lと160馬力の2. 5L(FFのみ)、直列4気筒DOHC(QRガソリンエンジン)の2ユニット。 ミッションはコラムシフトATのみ。 5Lと2L・4WD車は4速、2L・FF車はハイパーCVTの設定。 サスペンションはフロントにストラット式、リアにマルチリンク式を採用。 グレードは2. 5Lは25Xと25ハイウェイスターXの2種、2LはV-Gナビパッケージ、V-G、V、ハイウェイスターの4種。 V系グレードはハイルーフ仕様の設定もされる。 今回内外装デザインを一新、マイナーチェンジモデルをリリースした。 水平方向を強調してリヤランプを垂直方向へ強調。 リヤバンパーはリヤハッチと区分され、乗用車ライクに仕上がっている。 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種が用意され、搭載エンジンは147馬力の2Lと、160馬力の2. 5L(FFのみ)、直列4気筒DOHC(QRガソリンエンジン)の2ユニット(ディーゼルエンジンを廃止)。 ミッションはコラムシフトATのみ。 5Lと2L・4WD車は4速、2L・FF車はハイパーCVTの設定。 グレードは2. 5Lは「25X」と「25ハイウェイスターX」の2種、2Lは「V-Gナビパッケージ」、「V-G」、「V」、「ハイウェイスター」の4種。 V系グレードはハイルーフ仕様の設定もされる。 いずれのタイプもセカンド、サードシートともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 UA-TC24 1998cc 5 CVT FF 8名 12. 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種。 搭載エンジンは、145馬力2Lと150馬力2. 5L直噴ディーゼルターボの2種だが、2WDモデルの2LエンジンはLEV仕様となっている。 ミッションはガソリンユニットがCVT、ディーゼルターボが4速ATでMTの設定はなし。 いずれもコラム式セレクターで操作。 X、J-Vパック、キタキツネの3グレードには標準ルーフだけでなく、ハイルーフ仕様も用意される。 ドアはフロントが普通のヒンジタイプ、リヤは左右両方にスライドタイプを装着。 シートレイアウトは全車、前から2-3-3の8名定員だが、セカンドシートがベンチタイプのものと分割タイプのものと2タイプがある。 いずれものタイプもセカンド、サードともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 一方、。 なお、「Coleman Version(コールマン バージョン)」はハイルーフのJ-Vパックをベースにする、2001年5月から12月まで販売される期間限定車。 汚れや濡れを気にすることなく自由に使いこなせる専用シート地のカブロンを標準装備したほか、サードシートマルチアップや2つのリモートコントロールキーなど、家族みんなでアウトドアを楽しむための魅力的なアイテムを数多く採用している。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-PC24 1998cc 5 CVT FF 8名 12. 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種。 搭載エンジンはFF、4WDともに145馬力2Lと150馬力2. 5L直噴ディーゼルターボの2種だが、2WDモデルの2LエンジンはLEV仕様となっている。 ミッションはガソリンユニットがCVT、ディーゼルターボが4ATでMTの設定はなし。 いずれもコラム式セレクターで操作。 X、J-Vパック、キタキツネの3グレードには標準ルーフだけでなく、ハイルーフ仕様も用意される。 ドアはフロントが普通のヒンジタイプ、リヤは左右両方にスライドタイプを装着。 シートレイアウトは全車、前から2-3-3の8名定員だが、セカンドシートがベンチタイプのものと分割タイプのものと2タイプがある。 いずれものタイプもセカンド、サードともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 なお、「リミテッドエディション」はJ-Vをベースにする期間限定車。 バックビューモニター付きナビゲーションシステム、フォグランプ、本革巻3本スポークスポーツステアリング、専用シート地などを採用する。 5ナンバーサイズのボディと全車両側スライドドアとなる専用プラットフォームを採用するミニバンがセレナ。 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種。 搭載エンジンはFF、4WDともに145馬力2Lと150馬力2. 5L直噴ディーゼルターボの2種だが、2WDモデルの2LエンジンはLEV仕様となっている。 ミッションはガソリンユニットがCVT、ディーゼルターボが4ATでMTの設定はなし。 いずれもコラム式セレクターで操作。 X、J-Vパック、キタキツネの3グレードには標準ルーフだけでなく、ハイルーフ仕様も用意される。 ドアはフロントが普通のヒンジタイプ、リヤは左右両方にスライドタイプを装着。 シートレイアウトは全車、前から2-3-3の8名定員だが、セカンドシートがベンチタイプのものと分割タイプのものと2タイプがある。 いずれものタイプもセカンド、サードともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 なお、「Kids(キッズ)バージョン」はハイルーフ J-Vパックをベースにする、オーテックジャパンの特別仕様車。 汚れが簡単に拭きとれる専用シート生地「カブロン(合皮)」、ISO-FIX対応チャイルドシート用アンカーを採用するなど、小さな子供がいる家族で快適に使える仕様となっている。 5ナンバーサイズのボディと全車両側スライドドアとなる専用プラットフォームを採用するミニバンがセレナ。 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種。 搭載エンジンはFF、4WDともに145馬力2Lと150馬力2. 5L直噴ディーゼルターボの2種だが、2WDモデルの2LエンジンはLEV仕様となっている。 ミッションはガソリンユニットがCVT、ディーゼルターボが4ATでMTの設定はなし。 いずれもコラム式セレクターで操作。 X、J-Vパック、キタキツネの3グレードには標準ルーフだけでなく、ハイルーフ仕様も用意される。 ドアはフロントが普通のヒンジタイプ、リヤは左右両方にスライドタイプを装着。 シートレイアウトは全車、前から2-3-3の8名定員だが、セカンドシートがベンチタイプのものと分割タイプのものと2タイプがある。 いずれものタイプもセカンド、サードともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-PC24 1998cc 5 CVT FF 8名 12. 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種。 搭載エンジンはFF、4WDともに145馬力2Lと150馬力2. 5L直噴ディーゼルターボの2種だが、2WDモデルの2LエンジンはLEV仕様となっている。 ミッションはガソリンユニットがCVT、ディーゼルターボが4ATでMTの設定はなし。 いずれもコラム式セレクターで操作する。 ドアはフロントが普通のヒンジタイプ、リヤは左右両方にスライドタイプを装着。 シートレイアウトは全車、前から2-3-3の8名定員だが、セカンドシートがベンチタイプのものと分割タイプのものと2タイプがある。 いずれものタイプもセカンド、サードともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 この特別仕様車は、ボディカラーをホワイト系で統一すると同時に、スペシャルエディション統一エンブレムを装着したうえ、仕様装備を充実させお求め易い価格設定である。 5ナンバーサイズのボディと全車両側スライドドアとなる専用プラットフォームを採用するミニバンがセレナ。 駆動方式はFFとフルタイム4WDの2種。 搭載エンジンはFF、4WDともに145馬力2Lと150馬力2. 5L直噴ディーゼルターボの2種だが、2WDモデルの2LエンジンはLEV仕様となっている。 ミッションはガソリンユニットがCVT、ディーゼルターボが4ATでMTの設定はなし。 いずれもコラム式セレクターで操作する。 ドアはフロントが普通のヒンジタイプ、リヤは左右両方にスライドタイプを装着。 シートレイアウトは全車、前から2-3-3の8名定員だが、セカンドシートがベンチタイプのものと分割タイプのものと2タイプがある。 いずれものタイプもセカンド、サードともに800mmを超えるスライド量をもつロングスライドレールを採用し、大幅なスペースアップが可能。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-PC24 1998cc 5 CVT FF 8名 12. 1994年5月より、日産セレナ(SERENA)と呼称変更されている。 2L 直列4気筒OHCターボディーゼル(CD20ET)と、直列4気筒DOHC16バルブガソリン(SR20DE)を選択できる。 前席下にエンジンを搭載し、直列4気筒の2Lのガソリンと2Lディーゼルターボの2つのパワーユニット。 2-3-3の8名定員を基本とする。 今回マイナーチェンジを実施。 フロントデザインを大幅変更したほか、マルチスライドシートを2、3列目に採用。 全車にABSも標準となった。 また上級グレードでのAT車にはアクティブダンパーサスもオプション設定にて装着可能。 歴代セレナに設定されるアウトドア仕様の「キタキツネ」も見直されている。 キタキツネ専用装備として、専用フロントオーバーライダー、専用フロントサイドプロテクター、専用フォグランプがセットで装着車を設定。 ボディサイドストライプやシートクロス(フロント・セカンド・サード)も専用とする。 FR 2WDとフルタイム4WD、5速マニュアルと4速ATから選べる。 前席下にエンジンを搭載し、直列4気筒の1. 6Lと2Lのガソリンと2Lディーゼルターボの3種。 2-3-3の8名定員を基本に、上級モデルは7名定員とする。 アウトドア仕様の「キタキツネ」、装備充実の「PXツーリングパック」などもラインアップ。 キタキツネは、専用グリルガードの有無を選択可能。 また、今回パノラマルーフやUVカットガラスなど、プレミアム装備満載の「FXリミテッド」に、さらにABSを標準装備とした「FXリミテッドII」を設定。 FR 2WDとフルタイム4WD、5速マニュアルと4速ATから選べる。 運転席エアバッグを全車に標準装備。 助手席下にエンジンを搭載したキャブオーバーレイアウトに、直列4気筒の1. 6Lと2Lのガソリンと2Lディーゼルターボの3種。 2-3-3の8名定員を基本に、上級モデルは7名定員とする。 6L搭載ベーシックモデル「FG」をラインアップする。 ラゲッジルームは2列目シートをタンブル、3列目を両サイドに跳ね上げれば、簡単にスペースアップできる。 今回、セカンドシートとサードシートがまったく同一形状のマルチパーパスシートを採用した「アーバンリゾート」を設定。 簡単な操作で、前向き・対座・後ろ向き、マルチスペースなど多彩なシートアレンジが可能。 特にフルフラットにすると、ワイドなベッドルームを作り出すことができる。 2Lのガソリンと2Lディーゼルターボ、FR 2WDとフルタイム4WDから選べる。 助手席下にエンジンを搭載したキャブオーバーレイアウトに、直列4気筒の1. 6Lと2Lのガソリンと2Lディーゼルターボの3種。 2-3-3の8名定員を基本に、上級モデルは7名定員とする。 6L搭載ベーシックモデル「FG」をラインアップする。 ラゲッジルームは2列目シートをタンブル、3列目を両サイドに跳ね上げれば、簡単にスペースアップできる。 今回、「FX」をベースにした特別仕様車「FXリミテッド」を設定。 2Lのガソリンと2Lディーゼルターボ、FR 2WDとフルタイム4WD、5速マニュアルと4速ATから選べる。 小型ワンボックスカー「バネット」をベースに、ノーズのあるボディスタイルを採用。 今回車名を「セレナ」に変更し、商用バンのイメージが強かったかつての1ボックスカーのイメージを切り離し、ファミリーカーとしてのコンセプトをアピールする。 助手席下にエンジンを搭載したキャブオーバーレイアウトに、直列4気筒の1. 6Lと2Lのガソリンと2Lディーゼルターボの3種。 2-3-3の8名定員を基本に、上級モデルは7名定員とする。 6L搭載ベーシックモデル「FG」をラインアップする。 ラゲッジルームは2列目シートをタンブル、3列目を両サイドに跳ね上げれば、簡単にスペースアップできる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 E-KAJC23 1596cc 4 5MT FR 8名 12.

次の

セレナ(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

セレナ モデルチェンジ

日産が、ミニバン「セレナ」のフルモデルチェンジを予定しています。 新世代とすることにより魅力をアップする新型セレナについて、発売日や価格、スペックを最新情報からご紹介します。 【最新情報】新世代に!日産新型「セレナ」フルモデルチェンジ! 日産が「セレナ」のフルモデルチェンジを予定しています。 日産セレナはブランドの主力ミニバンとしてラインナップされ、部分自動運転技術「プロパイロット」や電気自動車をベースとしたハイブリッド「e-POWER」が人気となり、ミドルクラスミニバントップクラスの販売を記録しています。 フルモデルチェンジする新型セレナでは、新しいパワートレインと安全装備を採用するとともに、最新システムに最適化することにより魅力がアップされます。 新設計したエクステリア、インテリアデザインを採用• 改良により出力と燃費性能を向上した「e-POWER」ハイブリッドシステムを搭載• 高速道路の同一車線内でハンズオフが可能となる運転支援システム「プロパイロット2. 0」を採用• 新しいNissanConnectサービスを設定。 通信によりナビの地図更新が自動で行える「OTA(Over The Air)自動地図更新」や、ナビとスマートフォンの連携によりクルマに乗る前の現在地から車を降りてからの最終目的地までのシームレスな道案内を可能にする「ドアtoドアナビ」、車内がWi-Fi環境になる「docomo In Car Connect」など、多彩なサービスを提供• 新設計シートによりラゲッジスペースを拡大 迫力UP!日産新型セレナの外装(エクステリア)デザイン via:Spyder7 日産新型セレナの外装は、新世代のデザインを採用することにより質感がアップされます。 ベースモデルでは薄型化した最新のヘッドライトを採用し、バンパーサイドを強調することにより存在感をアップ。 カスタムモデルとなる新型セレナハイウェイスターではグリル幅を拡大し、クロームのアクセントを採用することにより迫力をアップ。 ライン状のLEDを使用したデイタイムランプも装備することにより、先進的なイメージに仕上げられます。 ホイールベース:2860mm 日産新型セレナのボディサイズは、ミドルクラスミニバンとしての取り回しを重視し、ベースモデルで全幅1700mm未満とする5ナンバーサイズが維持されます。 しかし、カスタムモデルの新型セレナハイウェイスターでは全長と全幅を拡大、3ナンバーサイズとする専用のデザインを採用。 新型セレナでは車体が基礎から改良され、より広い室内空間と高いボディ剛性がつくられます。 新装備!日産新型セレナの内装(インテリア)デザイン 日産新型セレナの内装は、新しい装備を採用することにより使い勝手がアップされます。 インフォテインメントシステムは新しい「NissanConnect」サービスに対応し、通信によりナビの地図更新が自動で行える「OTA(Over The Air)自動地図更新」や、ナビとスマートフォンの連携によりクルマに乗る前の現在地から車を降りてからの最終目的地までのシームレスな道案内を可能にする「ドアtoドアナビ」が利用できるように。 また、車内がWi-Fi環境になる「docomo In Car Connect」などにより、長距離ドライブ時の快適性がアップされます。 シートレイアウトは3列とされ、2列目に3人がけと左右独立シートを設定することで8人乗りと7人乗りをラインナップ。 現行モデルで特徴となっていた広い後部スペースを維持し、3列目まで快適に使うことができるようになります。 また、現行モデルでクラストップとなっていたラゲッジスペースは、収納時のスペースをコンパクト化した新しい3列目シートを採用することにより拡大。 収納時の手順も簡略化することにより、使い勝手を向上します。 加えて、車体後部のスペースが限られるシーンでもラゲッジに荷物を積み込むことができるハーフバックドアを引き続き採用。 スライドドアには、荷物をもった状態でもキックのジェスチャーにより開くことができる「ハンズフリーオートスライドドア」を設定することにより使いやすく仕上げられます。 9kgm トランスミッション:CVT• 【セレナe-POWER】【改良】 直列3気筒1. 2L「HR12DE」(発電専用)+電気モーター モーター最高出力:140ps モーター最大トルク:34. 0kgm• 駆動方式:FF or 4WD 新型セレナのパワートレインには、マイルドハイブリッドシステムを採用するガソリンエンジンと、フルハイブリッド「e-POWER」が搭載されます。 現行モデルでセレナに搭載されたハイブリッドシステム「e-POWER」は、先に搭載された「ノート」と同じく発電用に1. 7kgmも出力を向上。 6kgmを発揮していました。 新型セレナではシステムの効率を改善することにより、さらに出力を向上。 3Lガソリンエンジンを超える大きなトルクを瞬時に引き出すことができるモーターにより、走行抵抗が大きくなるミニバンでありながら軽快な走りに仕上げられます。 また、日産の電動モデルで人気になっている、アクセル操作だけで加速と減速が可能なワンペダルドライブにも対応。 e-POWER専用の機能として、深夜遅い時間など、静かに帰宅できるよう、なるべくバッテリーだけで静かに走行する「マナーモード」や、「マナーモード」をフルに活用できるよう事前に充電しておく「チャージモード」が用意されます。 e-POWER:27. 現行モデルはハイブリッド車で、ライバルとなるホンダ「ステップワゴンスパーダハイブリッド」の25. 新型セレナe-POWERでは、「e-POWER」システムが得意とする市街地での走行効率を高めることで、実燃費もより高められます。 2Lマイルドハイブリッド:17. 2L自然吸気:15. e-POWER:26. 0」が採用されます。 セレナの現行モデルでは初代「プロパイロット」が採用されていましたが、「プロパイロット2. 0」は高速道路の同一車線内でハンズオフが可能に。 これまで搭載されていた「プロパイロット」の進化版となり、車両に搭載されたカメラ、レーダー、ソナー、GPS、3D高精度地図データ(HDマップ)を組み合わせることで、車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置を把握するとともに、ドライバーモニターカメラを装備してドライバーが前方を注視しているか常に監視。 そのうえで「高速道路の複数車線をナビゲーションシステムと連動して設定したルートを走行し、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ、直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限り」において、同一車線内でハンズオフが可能となります。 操作は、カーナビで目的地を設定し、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始。 ルート走行を開始すると、追い越しや分岐なども含めてシステムがルート上にある高速道路の出口までの走行を支援。 0「車線変更支援」 また、ナビゲーションと周囲360度のセンシング情報に基づいて、ルート走行中の分岐や追い越しのための車線変更の適切な開始タイミングをシステムが判断し、ドライバーに提案。 ドライバーがハンドルに手を添え、スイッチ操作で承認することで車線変更支援が開始されます。 0」の主な作動シーン• ナビゲーションシステムで設定したルート上の高速道路の本線に合流し、ナビ連動走行が可能になるとディスプレイの表示と音でドライバーに通知。 ドライバーがスイッチ操作でナビ連動走行を開始すると、ドライバーが設定した速度を上限に、先行車両との車間距離を一定に保ちながら車線中央を走行するよう支援。 同一車線走行時にはドライバーが常に前方に注意し、道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、ハンズオフが可能に。 前方にドライバーが設定した速度より遅い車両が走行している場合、システムが追い越し可能と判断するとディスプレイへの表示と音でドライバーに提案。 ドライバーがハンドルに手を添えてスイッチ操作で承認すると、右側の車線へ車線変更する。 追い抜きが完了すると、車線変更可能なタイミングをシステムが判断し、同様の操作で元の車線へと戻る。 ドライバーが自分の意思で車線変更を行ないたいときには、ハンドルに手を添えて方向指示器を操作し、システムが車線変更可能と判断すると車線変更。 ルート上の高速道路出口に近づくとディスプレイの表示と音でドライバーに知らせ、連絡路へ分岐した後、ナビ連動ルート走行を終了。 270万円~390万円 日産新型セレナの価格は、新世代の装備を採用することによりアップされます。 しかし、主力ミニバンであることから製造コストのダウンが徹底され、270万円ほどからが予定されています。 X FF:2,576,200円、4WD:2,824,800円• XV FF:2,736,800円、4WD:2,985,400円• XV(防水シート車) FF:2,769,800円、4WD:3,018,400円• G FF:3,061,300円、4WD:3,353,900円• ハイウェイスター FF:2,758,800円、4WD:3,051,400円• ハイウェイスターV FF:2,986,500円、4WD:3,251,600円• ハイウェイスターV(防水シート車) FF:3,019,500円、4WD:3,284,600円• ハイウェイスターG:3,227,400円• e-POWER X:2,997,500円• e-POWER XV:3,226,300円• e-POWER XV(防水シート車):3,259,300円• e-POWER ハイウェイスター:3,293,400円• e-POWER G:3,473,800円• e-POWER ハイウェイスターV:3,499,100円• e-POWER ハイウェイスターV(防水シート車):3,532,100円• AUTECH V Package:3,236,200円• AUTECH Safety Package:3,390,200円• AUTECH SPORTS SPEC:3,560,700円• e-POWER AUTECH V Package:3,773,000円• e-POWER AUTECH Safety Package:3,927,000円 いつ?日産新型セレナの発売日は? フルモデルチェンジする新型セレナは、2021年4月の発売が予定されています。 現行モデルは2016年に登場し、2018年にハイブリッドモデルとなる「e-POWER」が追加設定されていましたが、新型セレナでは最新システムに最適化することにより基礎から性能がアップされます。 セレナの車名の由来は、スペイン語で「晴々とした」「穏やかな」を意味する言葉となっています。 初代のC23型は、商用のC22型バネットコーチの後継モデル「バネットセレナ」として販売が開始されました。 その経緯から、日産の乗用車は型式の十の位が通常奇数になりますが、セレナでは本来小型商用車を表す「2」が現在まで採用されています。 2018年2月には期待されていたフルハイブリッド「e-POWER」をラインナップし、ミドルクラスミニバントップの販売台数を記録するなど、大きく人気をアップしました。 新型日産セレナについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

新型セレナのモデルチェンジは2021年夏 プロパイロット2.0搭載で低燃費も実現

セレナ モデルチェンジ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円の下取りが、 買取業者では 80 万円になることも 実は多いんです! 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を 下取り会社が競ってくれるので、 結果として 買取価格の値段が吊り上がります。 下取り会社が自宅に来てくれて、 外で査定をしている間は 家の中で待機していればいいだけ。 大人気Mサイズミニバンの日産セレナ。 現行モデルは2016年から販売されていますが、2021年にモデルチェンジをするのではないかという情報が出てきました! 時期や変更点の最新情報が気になるところですし、どんな進化を遂げる予定なのでしょうか。 今回は、セレナのフルモデルチェンジ最新情報ということで、その時期は2021年なのか、変更点は何なのかをお届けします! スポンサードリンク 新型セレナ フルモデルチェンジでの変更点? 新型セレナでは、フルモデルチェンジにおいてどのような変更点があるのでしょうか。 nissan. html 現行セレナは、最近の流行に乗った大きなフロントグリルが特徴的なデザインになっています。 新型セレナにおいても、ここはキープコンセプトとなることが予想されます。 また、日産車のデザインモチーフである「Vモーションデザイン」はより強調されることになりそうです。 nissan. html インテリアに関しても、ユーティリティの観点から見ると現行モデルの完成度は十分高いと言えます。 そのため、ここもキープコンセプトで行きつつ、より未来を感じるようなデザインになると予想します。 また、最近の車の特徴として、ナビ画面が大きくなっている傾向があるため、それに合わせて現行の9インチから10インチ程度にサイズアップすると予想されます。 0Lエンジン+ハイブリッド• 2Lエンジン+e-Power という組み合わせです。 このうち、e-Powerがさらにパワーアップすると予想されます。 現行の1. 2Lエンジンでは、高速域などでの力不足があります。 nissan. html そのため、新型セレナでは 2. 0Lを採用し、よりパワフルでスムーズな走りを実現する予定です。 それでいて、e-Power自体の効率がアップし、 カタログ燃費は現行の26. e-Powerはあくまでエンジンで発電してモーターで走るため、燃料はガソリンです。 一方、EVは純粋に電気を充電し、モーターで走るという違いがあります。 実際、日産にはEVのラインナップとしてコンパクトカーの「リーフ」や商用バン「e-NV200」が存在します。 特に、サイズ的にも類似するNV200があるので、セレナへ横展開する可能性は十分にあります。 セレナは主力車種ですし、アイコン的な意味でもあり得ます。 0 プロパイロットとは、運転支援システムのひとつで、ある一定の状況下での自動運転を可能にしている技術です。 現行セレナにおいては、プロパイロット1. 0が搭載されています。 その内容は、高速道路上の単一車線上で、• アクセル• ブレーキ• ステアリング操作 を自動で行ってくれます。 このプロパイロットには、より進化した2. 0というバージョンがあり、これはプレミアムセダンの「スカイライン」に先日初めて搭載されました。 この2. 0が新型セレナにも搭載されるという予想です! 1. 0との大きな違いは、「ハンズオフ」、つまり、手をステアリングから離した状態でもシステムが機能するという点です。 オートハイビームは、前方視界が悪い時に自動でハイビーム・ロービームを切り替えてくれる機能です。 アダプティブハイビームになると、ハイビーム使用中に前方車のライトを確認すると自動でロービームに戻すというところまでやってくれます。 地味ですが、これは結構良い機能です。 nissan. html 新型セレナでは、日産が展開するサービスである「 NissannConnect」が使えるようになります。 これは、いわゆる Iot(Internet of Things)の一種で、車とネットがつながることでより便利になっていきます。 例えば、• ナビの情報を自動更新• 渋滞情報を加味した最適なルート• メールの読み上げ• オペレーションサービス などといったことができるようになります。 グレード名 エンジン 駆動方式 価格(値段) 2. 0X 2. 0L S-HYBRID 2WD 2,715,120円 4WD 2,959,200円 2. 0G 2WD 2,966,760円 4WD 3,254,040円 e-POWER X 1. セレナはエントリーグレードが約270万円スタートとなっています。 新型セレナの販売価格は? 様々な変更点を加味すると、基本的には現行モデルより値上げされると考えられます。 具体的には、 プラス20万円程度です。 そのため、新型セレナは 290万円前後からスタートすると予想されます。 また、もしEVが登場した場合は、500万円~程度かなと予想します。 新型セレナ フルモデルチェンジの画像は? 新型セレナのフルモデルチェンジの画像は、現在のところまだ確かなものが出ていません。 ただ、2021年発売ということであれば、これから徐々に出てくるはずなので、注目したいですね! セレナフルモデルチェンジは2021年?時期や変更点など最新情報!まとめ 今回は、セレナフルモデルチェンジが2021年になされるという情報から、その時期や変更点について最新情報をお届けしました。 2021年はトヨタノアなどもフルモデルチェンジされると言われていますし、ミニバン市場はかなり活発化しそうです。 新型セレナの動向も引き続き追っていきたいですね! ミニバンが値引き金額から更に50万円安くなる方法! 「このミニバンがいいな、でも予算オーバー…」 「安く購入したいけど、値引き交渉は苦手・・・」 「ディーラーをいくつも回るのも面倒・・・」 「新車を一番お得に最安値で手に入れたい…」 「最安値で購入して、オプション付けたい・・・」 「ディーラーに売り込みされるのはイヤ…」 など、ミニバンの購入を検討しているけど 悩みが尽きない・・・ このように悩んでいる方は 実は、非常に多いんです! 家族会議を開いたところで 車が安くなる訳でもなく… 友人に話を聞いてもらっても 欲しい車に手が届かない。 そんなあなたにオススメの裏ワザを ご紹介します! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円の下取りが、 買取業者では 80 万円になることも 多くあるんです! 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を 下取り会社が競ってくれるので、 結果として 買取価格の値段が吊り上るんです。 私も車の買取り査定を利用して その価格差にかなり驚きました。 幼い子供がいて家から出られない… そんな心配は一切必要ありません! 下取り会社が自宅に来てくれて、 外で査定をしている間は 家の中で待機していればいいだけ。 買取査定はつかわないと本当に損ですよ~!!! スポンサードリンク.

次の