無限 キャベツ しらす。 やみつき♪ 無限湯通しキャベツ

湯通しキャベツダイエットは効果ある?作り方や食べ方&絶品レシピ!

無限 キャベツ しらす

今では、無限キャベツと称されるレシピは、数多く紹介されているが、そもそも無限キャベツを、これほどまでに、幅広く世間に認知させることになった、まさにブームの立役者といえるのが、しらすを使ったキャベツのレシピになる。 同レシピは、料理研究家のリュウジ氏の考案によるものだ。 リュウジ氏といえば、いわゆる「バズレシピ」の大家ともいえる存在で、自身のツイッターで次々とブームになるレシピを公開している。 しらすを使ったキャベツのレシピも、ツイッターで公開されると、そのあまりの美味しさが話題となり、またたくまに拡散し、テレビの情報番組でも取り上げられることになった。 リュウジ氏考案のレシピの正式名称は、「無限湯通しキャベツ」だが、無限キャベツでも問題なく通じるくらい、すでに無限キャベツの代表的存在となっている。 では、その無限キャベツの元祖ともいえる、しらすを使ったキャベツの作り方と美味しく作るためのコツについてお伝えしよう。 しらすを使った無限キャベツの作り方そのものは、千切りしたキャベツにたっぷりの熱湯を回しかけ、水気をきったあと、しらすと旨み調味料、塩コショウ、ごま油で和えるだけ、と詳しく説明する必要もないほど簡単だ。 簡単だが、無限に食べ続けられるほど美味しく作るためには、やはりちょっとしたコツがいるようだ。 考案者のリュウジ氏によると、そのコツは、キャベツを千切りにする際に、あまり細かく切らないことだという。 ほどよい食感を残すために、1cm前後の幅を目安に切るようにするといいようだ。 たったこれだけのコツを押さえるだけで、箸が止まらなくなるくらい美味しく作ることができるのなら、試さない手はないだろう。 また、キャベツは熱湯を回しかけた後、すぐに水でしめてから、水気をきると、調理時間を短縮できるとのこと。 しらすを使った無限キャベツの栄養価については、やはり気になるところだろう。 キャベツには、各種ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれている。 ビタミンの中では、とくにビタミンC、ビタミンK、ビタミンU(別名キャベジン)が豊富だ。 ビタミンCは、抗酸化ビタミンとして、肌の健康を保つなど、身体の調子をととのえるのに幅広く関与しているビタミンだ。 ビタミンKは、骨の形成や血液凝固などに関与しているビタミンだ。 ビタミンUは、別名キャベジンとも呼ばれ、胃腸の粘膜を健やかに保つ働きが認められているようだ。 ミネラルの中では、キャベツには、カルシウムやカリウムが豊富に含まれている。 カルシウムは、丈夫な骨づくりに欠かせないミネラルで、カリウムは、余分な塩分を体外に排出する働きがある。 一方、しらすにもカルシウムが豊富に含まれている。 しらすは骨を含め、まるごと魚の栄養を摂取できる点が最大の魅力になるだろう。 タウリンや鉄、亜鉛などのミネラルも豊富だ。 丈夫な骨づくりに関与するビタミンDも含まれている。 さらにしらすには、栄養成分だけでなく、イノシン酸やグルタミン酸などの旨み成分が豊富に含まれている点も見逃せない。

次の

簡単激うま! ○○を無限に食べられるくらい美味いと噂の「無限シリーズ」10選

無限 キャベツ しらす

無限キャベツの栄養については、厳密には、調理方法や一緒に加える食材によって異なるが、メインのキャベツには、各種ビタミン、ミネラルが含まれている。 とくに、キャベツにはビタミンUやビタミンK、ビタミンCなどが豊富に含まれている。 ビタミンUは、胃の粘膜を修復する働きがあり、胃腸薬の有効成分にもなっているようだ。 ビタミンKは、骨の形成に関与しているビタミンである。 また、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルもバランスよく含まれている。 ミネラルは、キャベツの芯の部分にとくに豊富に含まれているので、芯も捨てずに細かく刻むなどして有効活用しよう。 また無限キャベツによく使用されるごま油には、ビタミンEをはじめ、セサミンやゴマリグナンなど、抗酸化作用の強い成分が豊富に含まれている。 同じく無限キャベツによく使用される食材であるしらすには、タンパク質やカルシウム、ビタミンD、葉酸などが豊富に含まれている。 無限キャベツのメイン食材であるキャベツのカロリーは、100gあたり23kcalで糖質は、100gあたり3. 4gとなっている。 このカロリーは、ほかの葉野菜のカロリーと比較した場合、若干高めになる。 ちなみに、同じ葉物野菜のサラダ菜は、100gあたり14kcal、サニーレタスは100gあたり16kcal、春菊は100gあたり22kcalになっている。 また、キャベツの糖質量については、同じアブラナ科の野菜であるブロッコリーが、100gあたり0. 8g、レタス100gあたり1. 7g、水菜100gあたり1. 8gであるのに比べると、若干多目になる。 しかし、100gあたり17. 1gという糖質量のカボチャなどに比べると、はるかに少ない糖質量になる。 ちなみにカボチャのカロリーは、100gあたりおよそ91kcalである。 キャベツを無限キャベツにした場合は、ここに調味料や一緒に和える食材の糖質やカロリーがプラスされることになる。 さまざまなレシピがあるが、数あるレシピの中から最もポピュラーで元祖といえるレシピだと、キャベツに加える食材はしらす、調味料はごま油、塩コショウとなっている。 生のしらすのカロリーは、100gあたり76kcalで、糖質は0. 1g程度である。 ごま油の糖質量は、ほぼゼロだが、カロリーは大さじ1でおよそ111kcalとそれ相応に高カロリーだ。 無限キャベツと命名されるくらいだから、美味しくていくらでも食べられてしまうので、 その点は注意が必要だ。 食べ過ぎると、カロリー過多や糖質過多になる心配が出てくる。 先ほどお伝えしたようにキャベツそのもののカロリーや糖質は、ほかの葉物野菜と比べると高いとはいえ、ほかの食材と比較した場合、けして高いものではない。 そのためキャベツそのものについては、食べ過ぎることがない限りは、カロリーを気にしなくてもいいだろう。 ただし、無限キャベツは、その名の通り、無限に食べ続けられるほど美味しいため、ついつい食べ過ぎてしまうことにもなりやすい。 無限キャベツの場合は、キャベツに高カロリーであるごま油が加わるので、その点は気を付ける必要があるだろう。 キャベツだけ食べるのに比べると、糖質やカロリー過多になるリスクが増大する。 無限キャベツのカロリーをオフしたい場合は、キャベツに加える食材や、調味料の量を控え目にしてみよう。 あるいは、無限キャベツならぬ、有限キャベツになってしまうが、食べ過ぎを防ぐために、食べる分を先に取り分けておき、それ以上は食べないようにするというのも一案だ。

次の

やみつき♪ 無限湯通しキャベツ

無限 キャベツ しらす

Contents• 湯通しキャベツのダイエット効果 湯通しキャベツダイエットは食事の最初にキャベツをしっかり食べることによって 満腹中枢が満たされて、その後に 食べる食事の量が減りダイエット効果が出るという方法です。 また、最初にキャベツを食べることによって 血糖値の急上昇を抑えます。 血糖値の急上昇は脂肪の燃焼を妨げるためダイエットには大敵です。 そしてキャベツは 食物繊維が豊富なので、不要な コレステロールを吸着して体外に排出したり、腸内で善玉菌のエサになることで便秘解消に効果的です。 便秘解消により腸内環境を整えることで余分なものを溜めこなず、代謝がスムーズになるのでダイエットには大切なことです。 さらにキャベツがダイエットに向いているのは 安価で経済的なのと、キャベツには 優秀な栄養成分が豊富に含まれているからなのです。 キャベツの栄養成分をしっかり食べることで 健康的に痩せることができるようになるのです。 キャベツの栄養をいくつかご紹介しましょう。 スポンサーリンク キャベツの豊富な栄養効果 ビタミンC ビタミンCは 風邪の予防や疲れを回復し肌荒れなどにも効果があります。 ビタミンCは、 体の酸化や老化を防ぐ抗酸化作用、ストレス、きれいな肌を保ち、免疫力の向上などの効果があります。 ビタミンK キャベツの ビタミンK含有量は 野菜の中でもトップクラスに入ります。 ビタミンKは 血液を固まらせる、骨を造る働きがあり骨粗しょう症の予防にもなります。 レッドキャベツは普通のキャベツより 1. 5倍以上入っています。 ビタミンU(キャベジン) キャベツにはキャベジンと呼ばれる ビタミンUがあり、 胃酸過多を抑制したり胃や十二指腸などに対する抗潰瘍作用があります。 潰瘍の予防や治療に高い効果があるので体に必要な栄養です。 カルシウム キャベツには カルシウムも含まれています。 キャベツはビタミンKとCと一緒にとれるので骨を丈夫にすることが期待できます。 カルシウムは、ミネラルに分類される栄養で、 骨や歯を形成する働きや筋肉の収縮、細胞の機能を調整する、神経の興奮を抑える効果などがあります。 カルシウムは不足しやすい栄養なので、ダイエット中にキャベツから摂れるのはうれしいですね。 制ガン作用が強い 米国立がん研究所によるとキャベツは イソチオシアネートの効果でニンニクについで 制ガン作用が強い野菜です。 しらすはツナやハム、ベーコンなどと代えたり、味の素は和風顆粒だし、ウェーパー、鶏がらスープでも合います。 アレンジを工夫すればより美味しく食べることができます。 キャベツを食べた後に通常の食事をする。 1日3食のうち取り入れやすいタイミングで食べる。 キャベツとおかずで満腹にして、炭水化物を少なめにする。 炭水化物をまったく食べないのはリバウンドしやすいので、1食白米なら90g~100g(160㎉)を意識して食べる方法もおすすめです。 炭水化物を夕食は食べないというやり方もあります。 夕食後は活動量が減り余ったエネルギーは脂肪となります。 なので夕食に炭水化物をぬいて活動する朝と昼に食べるというのも効果的です 納豆好きな方には「キャベツ納豆」の記事もおすすめです。

次の