スプラトゥーン2 時間帯 強さ。 2019年2月のガチアサリ腕前X帯TOP100プレイヤーの使用武器は!?上級者に人気のブキを徹底解説【スプラトゥーン2】

2019年2月のガチアサリ腕前X帯TOP100プレイヤーの使用武器は!?上級者に人気のブキを徹底解説【スプラトゥーン2】

スプラトゥーン2 時間帯 強さ

もくじ• A帯からS帯に上がるための立ち回り マップを確認する マップを確認することで、敵の位置を把握することが可能です。 特に試合開始直後だと裏どりをしてくる敵がいることが多いので、マップを確認するようにしてください。 また、デス直後にマップを確認すると敵の位置が表示されています。 敵の位置が分かると有利になることが多いので、毎回確認してみるといいでしょう。 インクの音を聞く インクの音は敵がどこから攻めてくるか、どこに潜んでいるか把握するための手がかりになります。 敵がインクで塗っていたり、壁を登ったりする音はよく聞いてみると分かります。 慣れないと難しいと思いますが、ぜひチャレンジしてみてください。 強ポジションを取る ルールによっても異なりますが、攻めることが難しくなる強ポジションが存在します。 逆にそのポジションを抑えることで優位に試合を展開することが可能です。 武器によっても異なりますが、強ポジションを見つけて抑えるようにしてみてください。 敵のスペシャルを意識する 敵が何の武器を使っているか試合開始前に確認することができると思います。 敵の武器を確認している人は多いですが、何のスペシャルを持っているかまでは確認できていない人が多いのではないかと思います。 スペシャルについては覚えるしかないですが、覚えていると優位になるので覚えてほしいです。 また、敵が何のスペシャルが溜まっているか意識してみるようにしてください。 敵のスペシャルを吐いてもらったり、キルすることができれば無駄なデスをことができます。 壁に半分出して攻撃する 武器は右利きなので、左壁だと半分だけ身を乗り出して攻撃することができます。 半分だけだと的が小さくなるので、敵からの攻撃が当たりづらくなります。 簡単にできるテクニックなので、試してみてください。 擬似イカニンジャ イカニンジャのギアはありますが、ギアをつけなくてもイカニンジャになることは可能です。 方法はスティックを軽く倒すと波を立てずに進むことができます。 潜伏などで使えるテクニックなので、ぜひ試してみてください。 視野を広くする 初心者にありがちなのが、視野が狭く周りの状況が見れていない人が多いです。 視野を広く持つことで敵の動きだったり、味方の位置など色々なものが見えてきます。 視野が狭いと感じている人はもう少し周りを見るように意識して見てください。 意識することでだんだん周りを見ることができるようになってきます。 壁登りを上達する 壁を早く登る Xボタンを長押しすることで壁を早く登ることができます。 壁はインクの飛沫が上がるので、敵から見つかりやすく標的になります。 壁を早く登っていない人をたまに見かけるので、これを機会に実践してみてください。 塗れていない壁を登る 壁を登るときに壁を塗ってから壁を登る動作をしてはいませんか。 これでは2つの動作をしているので、時間がもったいないです。 壁を登るときはジャンプをして、ジャンプ中に壁を塗るようにすると早く登ることができます。 大きな壁は登れませんが、小さい壁なら登ることができます。 練習すると簡単にできるテクニックなので、試してみてください。 壁を塗らずに登る 壁の上の方が塗れていないため登れないかったことはないでしょうか。 壁の上だけわざわざ塗るのも面倒ですよね。 そのようなときはいつもと同じように壁を登り、インクが塗れていない地点にきたらBボタンでジャンプ直後にヒト状態になると登ることができます。 味方と敵を意識する 味方と敵のデス数を意識してみるようにしてください。 デス数を確認することで優劣をすぐに把握することが可能です。 不利なときは味方が復活するのを待つために潜伏したり、リスポーン地点までジャンプしてデスしないようにしてください。 ここでキルされると人数不利な状況が続いて打開するチャンスがなくなります。 ギアを揃える 上位になるとギアが揃っているばかりので、揃ってない人はそろえるようにしてください。 ギアを揃えることで、有利に働く場面が多いです。 また、ギアは得意な点を伸ばしたり、弱点を補ったりすることに使うので、武器ごとにあったギアをつけるようにしましょう。 まとめ A帯からS帯に上がるためのテクニックとコツについて紹介しました。 どれも役立つ情報を盛り込んだつもりです。 私も実践で取り入れている方法なので、ぜひ身につけて上達してくれたら嬉しいです。

次の

2019年2月のガチアサリ腕前X帯TOP100プレイヤーの使用武器は!?上級者に人気のブキを徹底解説【スプラトゥーン2】

スプラトゥーン2 時間帯 強さ

もくじ• A帯からS帯に上がるための立ち回り マップを確認する マップを確認することで、敵の位置を把握することが可能です。 特に試合開始直後だと裏どりをしてくる敵がいることが多いので、マップを確認するようにしてください。 また、デス直後にマップを確認すると敵の位置が表示されています。 敵の位置が分かると有利になることが多いので、毎回確認してみるといいでしょう。 インクの音を聞く インクの音は敵がどこから攻めてくるか、どこに潜んでいるか把握するための手がかりになります。 敵がインクで塗っていたり、壁を登ったりする音はよく聞いてみると分かります。 慣れないと難しいと思いますが、ぜひチャレンジしてみてください。 強ポジションを取る ルールによっても異なりますが、攻めることが難しくなる強ポジションが存在します。 逆にそのポジションを抑えることで優位に試合を展開することが可能です。 武器によっても異なりますが、強ポジションを見つけて抑えるようにしてみてください。 敵のスペシャルを意識する 敵が何の武器を使っているか試合開始前に確認することができると思います。 敵の武器を確認している人は多いですが、何のスペシャルを持っているかまでは確認できていない人が多いのではないかと思います。 スペシャルについては覚えるしかないですが、覚えていると優位になるので覚えてほしいです。 また、敵が何のスペシャルが溜まっているか意識してみるようにしてください。 敵のスペシャルを吐いてもらったり、キルすることができれば無駄なデスをことができます。 壁に半分出して攻撃する 武器は右利きなので、左壁だと半分だけ身を乗り出して攻撃することができます。 半分だけだと的が小さくなるので、敵からの攻撃が当たりづらくなります。 簡単にできるテクニックなので、試してみてください。 擬似イカニンジャ イカニンジャのギアはありますが、ギアをつけなくてもイカニンジャになることは可能です。 方法はスティックを軽く倒すと波を立てずに進むことができます。 潜伏などで使えるテクニックなので、ぜひ試してみてください。 視野を広くする 初心者にありがちなのが、視野が狭く周りの状況が見れていない人が多いです。 視野を広く持つことで敵の動きだったり、味方の位置など色々なものが見えてきます。 視野が狭いと感じている人はもう少し周りを見るように意識して見てください。 意識することでだんだん周りを見ることができるようになってきます。 壁登りを上達する 壁を早く登る Xボタンを長押しすることで壁を早く登ることができます。 壁はインクの飛沫が上がるので、敵から見つかりやすく標的になります。 壁を早く登っていない人をたまに見かけるので、これを機会に実践してみてください。 塗れていない壁を登る 壁を登るときに壁を塗ってから壁を登る動作をしてはいませんか。 これでは2つの動作をしているので、時間がもったいないです。 壁を登るときはジャンプをして、ジャンプ中に壁を塗るようにすると早く登ることができます。 大きな壁は登れませんが、小さい壁なら登ることができます。 練習すると簡単にできるテクニックなので、試してみてください。 壁を塗らずに登る 壁の上の方が塗れていないため登れないかったことはないでしょうか。 壁の上だけわざわざ塗るのも面倒ですよね。 そのようなときはいつもと同じように壁を登り、インクが塗れていない地点にきたらBボタンでジャンプ直後にヒト状態になると登ることができます。 味方と敵を意識する 味方と敵のデス数を意識してみるようにしてください。 デス数を確認することで優劣をすぐに把握することが可能です。 不利なときは味方が復活するのを待つために潜伏したり、リスポーン地点までジャンプしてデスしないようにしてください。 ここでキルされると人数不利な状況が続いて打開するチャンスがなくなります。 ギアを揃える 上位になるとギアが揃っているばかりので、揃ってない人はそろえるようにしてください。 ギアを揃えることで、有利に働く場面が多いです。 また、ギアは得意な点を伸ばしたり、弱点を補ったりすることに使うので、武器ごとにあったギアをつけるようにしましょう。 まとめ A帯からS帯に上がるためのテクニックとコツについて紹介しました。 どれも役立つ情報を盛り込んだつもりです。 私も実践で取り入れている方法なので、ぜひ身につけて上達してくれたら嬉しいです。

次の

【スプラトゥーン2】ウデマエA帯、S帯、S+を勝ち上がる練習法、Xまでの道筋🎮

スプラトゥーン2 時間帯 強さ

キルを増やし、デスを減らす練習を積む まず前提として、ガチマッチはエリア・ヤグラ・ホコ・アサリいずれもオブジェクトのカウントを減らす事が目的のため、敵にプレッシャーを与え続けて自らがオブジェクトを制していれば勝ちになります。 なのでデスを減らして要所でキルを取れる総合的な対面力が少なからず要求されます。 ウデマエを上げる事を目的とするならば、自分が目標とするウデマエに辿り着くまで、上記のプレイヤースキル 以下PS を向上させる努力を怠ることはできません。 楽してウデマエを上げるコツや方法は存在せず、勝ちに徹する事が一番の近道となります。 試しうちはバカにできないエイムの基礎練習 ウデマエが伸び悩んでいる人ほど基礎を疎かにしています、エイムが必要なブキで「実戦で練習した方がいい」と試しうちをしない人がいますが、試合は実践と応用の場であって、それ以前に動かない的に正確にエイムを合わせられるかの確認は必須です。 自分に合ったスティック感度も模索していきましょう。 エイムだけではなくサブウェポンを投げる技術も重要な要素です。 ボム等のサブが思うように投げられないと隙を作ることになり、時間とインクも大幅に損をします。 物影から投げたり、高台に乗せたり、爆破や着地を早めるために並行にまっすぐ投げたりと、試しうちで練習できる事は数多くあります。 このように対面力を向上させる基盤として試しうちは無視できません。 上位プレイヤーのゲーム実況配信を見ると分かりますが、上位レベルですら大会などの待ち時間に試しうちに籠もっています。 手軽に勝ちに近づく要素は「知る」こと 極端に言えばPSで全てを制する事は可能ですが、ある程度はPSをカバーして勝利を掴み取れる要素も存在します。 それらに共通する事は「知る」ことです。 ゲームの知識だけではなく、自分の得意不得意などの自己理解も含まれます。 自分を知る まずは自分を知りましょう。 得意・苦手なブキとステージは何か、戦いで相性の良い・悪いブキは何か。 では何故それらが得意・苦手なのかまで認識を掘り下げてください。 それらの理由付けができれば苦手な要素には対策をたてる事ができて、得意な要素には強気に立ち回ったりとプレイスタイルを変化させる事ができます。 悪い例として、どのステージ・編成でも変わらない立ち回りで、苦手武器にキルされたら癇癪を起こして、負けが続いたら流行りのブキに持ち替えるなど、自分を理解せずに単細胞なプレイを続けていてはXまで行くのに長い時間がかかると思います。 ゲームを知る 出来る限りこのゲームの知識を詰め込みましょう、ステージの構造とブキの特徴やサブスペ編成は、試合を重ねながら頭に入れていくことが出来ると思います。 ブキを知っていれば、ステージ開始直後から相手の動きを予想する事ができるので、それをしない人より有利に立つ事ができます。 例えば、相手にビーコン・カーリングボム持ちや機動力の高いブキが存在していた場合は、早いタイミングでの前線到着や裏取りを警戒したり、強スペシャルが揃っていた場合は抱え落ちを狙って前線を上げないと勝てないなどの戦略が立てられるようになります。 マップを開いた時に確認できるギアパワー情報も大切です。 特にイカニンジャ・ステジャン・受け身なんかは予め知っていると知らないとでは差がありますので、確認する癖とアイコンと効果を覚えるとよいです。 他にゲームの細かな仕様も理解すれば戦略の幅が広がります。 イカ移動中の飛沫があがらない速度や、潜伏中に音が発生する事は基本ですね。 他にはジェッパはジャンプを利用すれば撃ち落とされる危険性が殆ど無い高台に陣取る事ができます。 ガチマッチにおいては、ヤグラを踏み台にすることで、他ルールより侵攻エリアが広がるステージがあったりします。 このようにゲームの仕様を応用した戦術も存在するので、ゲームそのものを深く理解する事も重要な基礎となります。 意識は常に前線とオブジェクトに向ける ランダムでチームが決まるガチマッチでは、自らオブジェクトに絡む意識を常に持ちましょう。 自分は前に出てキルを取っていたとか、長射程はヤグラに乗ったりホコを持つべきとか、意思疎通に限界のあるチームで勝手に役割を決めていたら勝ちを落とす危険性があります。 味方はこちらが考える役割やゲームの定石なんか知ったこっちゃありません。 キルする能力も高くないはずなので、少々強引なプレイをした方がリードを奪いやすいです。 注意すべきなのは後半にリードを守ろうとするあまり、前線が引き気味になって守り重視になる状況です。 これはオブジェクトを意識しているようで敵に付け入る隙を与えている悪手です。 引き気味の状態で相手に打開されてしまうと逆にこっちが不利に陥り、土壇場の逆転は時間的に再逆転が極めて難しいので、常にカウントを進める攻めの姿勢を持つくらいが、相手の逆転の芽を摘む事ができるでしょう。 個人的な目安としては、カウントでは勝っていても塗り状況が悪いと逆転負けする前兆と考えています。 具体的には、味方の対面をカバー、スペシャルを合わせる、味方のサブスペを立ち回りに利用する、スペシャルで味方の侵攻をサポートするなどです。 画面上のアイコンや味方の位置からチームの変化を察知して対応する力が求められます。 ここが限界かなと言う気も正直していますが、今までスムーズにウデマエを上げられた事は一度も無いのでもうしばらく頑張るつもりです。 ただ今までとこれからを考えると、ゲームを楽しむと言うよりもはやアスリートや修行僧に近いのではないかと思える精神的な苦難の連続なので、ある程度のランクで満足できる方はそれで全く問題ないと思います。

次の