どうにも 行か ない ね 神様 は 助け て くれ なく て。 「神はいない?」偉人たちの無神論的な50の格言:らばQ

私は神様に嫌われているのでしょうか。くだらないと思われるかもしれませ...

どうにも 行か ない ね 神様 は 助け て くれ なく て

はが担当。 ・より刊行。 また同作品を原作にした、作品。 『神様家族』は7巻で終了。 本編扱いの刊行はサブタイトルを4文字熟語としているため、4巻と8巻は外伝扱い。 『神様家族Z』という外伝がに発刊された。 あらすじ [ ] 神山佐間太郎は神様の息子である。 人間のことをよく知って立派な神様になるため、神様である父・治(パパさん)、女神の母・ビーナス(ママさん)、女神候補の姉・美佐と妹・メメ、お目付け役天使の テンコたちと、のにある築25年の一軒家で暮らしている。 過保護なパパさんの神の奇跡のおかげで、幼い頃から 欲しいと心の中で願ったものはすぐ手に入る生活を送っている佐間太郎は、自己中心的で無気力な性格になり、家族から干渉される毎日に嫌気がさしている。 そんな様子を心配するテンコとは、神様とお目付け役天使という関係からいつも言い合いになるが、一方でお互いがお互いを心の支えに感じている。 そんなある日、自分たちのクラスに美少女・ 小森久美子が転校してくる。 今まで人間の女の子に興味のなかった佐間太郎は、彼女に一目惚れ。 その様子にショックを受けたテンコは、自分が佐間太郎に恋していることに気づく。 しかし、パパさんの「神の奇跡」の力で、久美子からいきなり告白され色気でせまられた佐間太郎は、自分の力だけでこの初恋を実らせたいと願い、その結果正気に戻った久美子から平手打ちされ落ち込む。 その様子を見ていたテンコは、自分の気持ちを押し隠して、佐間太郎の恋を応援しようと決意する。 この物語は、「家族全員が神様だったら? 」という作品設定を元に、神様の家族であることの不便さ・不自由さを感じる少年少女達の、奇想天外な日常のドタバタや恋愛模様を描く青春ラブコメディーである。 登場人物 [ ] 神山 佐間太郎(かみやま さまたろう) - 本作の主人公。 神様の息子で菊本高等学校に通う高校1年生。 人間の事を学んで立派な神様になるため家族と一緒に暮らしているが、パパさんの神の奇跡で幸運に恵まれた生活を送っているため無気力でわがままな性格をしている。 愛情たっぷりで接してくる家族をうるさく思いながらもどこか甘えたところがあり、いつも心配してくれるテンコに対しても素直な気持ちで接することができないでいる。 特有の女の子への興味も持っており、が好きだったり女子更衣室を覗いたりしたこともある。 父のように願いを叶えたりする力(奇跡)等は無く、家族内での(自分の分身を使って当事者以外には聞こえないように心に直接話しかける力)が使える程度でほとんど人間と変わらない。 だが時折神様の息子の力なのか、神懸り的な奇跡を起こす。 テンコからは「佐間太郎」、久美子からは「神山君」、ママさんからは「佐間太郎ちゃん」と呼ばれている。 『神様家族Z』にて「神様」になるが、本人曰く「雑用が増えただけ」らしい。 パパさん曰く、神様と言っても未熟だから「仮免」らしい。 テンコ 声 - 本作のヒロイン。 佐間太郎のお目付け役として天界から地上に降りてきた。 住み込みで神山家の家事全般をこなし、佐間太郎と同じ学校に通っている。 天界にいた頃は年上だったことを理由に佐間太郎にはちょっと偉そうにしており気に入らない事があると口より先に手や足が出てしまうが、佐間太郎のお目付け役として一緒にいられることに生き甲斐と幸せを感じている。 行動的で明るい性格のため密かに学校の男子に人気があるが、周りからは佐間太郎の彼女だと思われている。 佐間太郎に対して恋心を抱くが神様と天使が結ばれることはないと思い佐間太郎の恋を全力でサポートしようとする。 が、時々嫉妬でうまくいかないこともある。 感情が激しく高ぶったり好きな佐間太郎のことを強く意識すると頭から輪状の湯気が出る(ハート状の湯気や蒸気のように湧きだって出ることもある)がもとは幼い頃、佐間太郎とテンコが夫婦役でおままごとをして遊んでいた時に佐間太郎がテンコに「愛してるよ」と言ったことがきっかけで起こり、それ以来止まらなくなってしまった。 6巻から佐間太郎と付き合っている。 ちなみに苗字は神山では無い。 というか存在しない。 『神様家族Z』にて「大天使」となるが飛行能力などを得ることは無く、『神様家族』時代となんら変わりは無い。 『神様家族Z』では、本当に自分のことを佐間太郎が好きでいるのか不安がっている。 小森 久美子(こもり くみこ) 声 - 本作のもう1人のヒロイン。 菊本高校に転校してきた美少女。 ミステリアスで淑やかな印象だが、佐間太郎に平手打ちしたり大胆な水着を選んだりとイメージとは違う一面も見せる。 病弱な母親の面倒を見るため頻繁に転校をしており、友達が出来ないのが悩み。 佐間太郎の家族のお節介により色々な奇跡に振り回される目にあう(実際には悪魔である久美子には神の奇跡は通用しないため、奇跡にかかったふりをしていた)。 母・フミコの命令で佐間太郎の命を奪うために近づいたが、彼と一緒にいるうちに悪魔でありながら彼の事を好きになってしまう。 その後も母に何度も強制されるも佐間太郎の事を好きな気持ちを捨てきれず、彼に全てを話して助けを求める。 すぐにへ転校することになるが、これは久美子の嘘である。 実際には悪魔の娘として母・フミコのために佐間太郎の魂を狙っていたが、彼とテンコの間に割り込めず諦めて2人の前から姿を消しただけである。 悪魔の娘として育てられたとはいえ元々は母・フミコは天使であり久美子を産んだ後に強い怒りや悲しみなどで悪魔になったため久美子自身は本来の天使の特質を持っており、悪の力から解放された後に天使に戻って神山家に居候することになる。 佐間太郎からは「小森さん」または「久美子さん」、テンコからは「久美子さん」、メメからは「久美子お姉ちゃん」、ママさんからはなぜか「チョロ美」と呼ばれている。 『神様家族Z』において「大森久美子」となる。 これは、「大をつければ偉くなる」というパパさんの安直な発想による物である。 ママさんの息子への溺愛ぶりに、いまだに驚かされ、そして未だにチョロ美呼ばわりされていることにもっと驚いている。 神山 治(かみやま おさむ) 声 - 現在の神様で佐間太郎の父。 通称「パパさん」。 佐間太郎の修行の為にに築25年のを構えて人間のふりをして暮らしている。 普段は股引にランニングに腹巻というただのオヤジの格好をしているが、中身もオヤジである。 ママさんとはいつもラブラブ状態で家族一人一人を愛しているが、他の姉妹と違ってなかなか感情を露にしない佐間太郎の助けになろうとして佐間太郎のふと頭に浮かんだどんな小さな願いも神の奇跡で強引にかなえてしまう。 しかし、時たま佐間太郎に試練を与えたり地上を見守ったりと神様らしい一面も持っている。 家族にとっては最後にはやはり頼れる父である。 佐間太郎とテンコの名付け親であり神様の息子だから「佐間太郎」、天使だから「テンコ」と言う安直な名前をつける(実は酔っ払っていた状態でつけた)。 天界では地球の天候を管理したりを流れるの短冊を釣り上げて願いを叶えてあげるなど神様らしい仕事をしているが、暇な時にビールを片手に観戦したり願い事を違う人に叶えてしまったりするなど間の抜けたところもある。 『神様家族Z』において「大神様」となるが日常の雑務が無くなったので、むしろ暇になってしまっている。 神山 ビーナス(かみやま ビーナス) 声 - 現在の女神で佐間太郎の母。 通称「ママさん」。 3児の母とは思えない程の若々しさと美貌の持ち主で佐間太郎を溺愛している為、をしたり裸でに潜り込んだり過剰なを図るなど、いつもエキセントリックなことをしては佐間太郎にうるさがれている。 テンコを含め佐間太郎に近づく女は全て敵視しており、久美子が神山家を訪ねた際も烈火の如く怒り出しと言いつつを撒いて追い払おうとしたり赤ん坊の愛を佐間太郎の子供と勘違いしテンコを泥棒猫呼ばわりした。 人一倍美貌を気にしているため「おばさん」と言われた時の怒りも凄まじく誰にも手が付けられなくなる。 基本的には佐間太郎を溺愛し甘やかすばかりだが、時には佐間太郎を叱りつけるという厳しい一面や佐間太郎が悪に取り込まれないように諭すといった一面も持っている。 『神様家族Z』において「大女神様」となるが、『神様家族』時代となんら変わりは無い。 アンジェラ(後述)をいたく気に入っていた。 神山 美佐(かみやま みさ) 声 - 次期女神候補で佐間太郎の姉。 佐間太郎と同じ学校に通い学校のマドンナ的存在として淑やかに振る舞うが、家ではとパンツ1枚で歩き回り牛乳を一気飲みして「ぷはーっ!! 」と言ったり風呂に入ることを面倒臭がる(衛生観念がないのではなく、彼女達は本来神通力で清潔な状態を維持できるので入浴を生活習慣に組み込む必要がない)オヤジ的な性格に戻る。 女神や女神候補の持つ「女神の吐息」で人間を誘惑して思い通りに動かすことができ、時々佐間太郎を誘惑してからかっている(しかし、神様の息子である佐間太郎には通用しない)。 『神様家族Z』において「女神様」となるが、性格等の変化は無い。 曰く、夏は牛乳、秋はフルーツ牛乳、冬はコーヒー牛乳で春は牛乳再び! らしい。 神山 メメ(かみやま メメ) 声 - 次期女神候補で佐間太郎の妹。 無表情で口数も少なく何を考えているのか分からない暗くてクールな小学生。 ママさんや美佐に付き合わされてコスプレを着たり、佐間太郎の恋愛を手伝ったりしている。 家族の影響で年齢とはかけ離れた態度や発言をしては佐間太郎やテンコに注意されるが本人はよく分かっていない。 好きなものはと。 神様家族には天界にいた時よりも前の世界という謎が存在する。 メメは3人の兄妹の中で最初に前の世界に気づき、また他人の前の世界を感じることもできるらしい。 メメは前の世界では心に大きな傷を負い自殺しようとしたクラゲが好きな女子高生と思われる。 佐間太郎は謎が多く、美佐に関しては不明。 『神様家族Z』において「女神様」となるが、これといった変化は無い。 その性格がかわいいと近所の奥様方に人気らしい。 霧島 進一(きりしま しんいち) 声 - 佐間太郎の人間の親友。 佐間太郎とは幼稚園からの付き合いで今は菊本高校のクラスメート。 佐間太郎に女の子の情報を教えたり佐間太郎とテンコの仲を羨ましく思い、からかったりしてはテンコに殴られたりしている。 女の子に弱い明るいお調子者でムードメーカーだが、女の子の話ばかりしたり女子更衣室を覗かせるなど佐間太郎に悪影響を与えるとしてテンコからは厄介者扱いされている。 出会った頃は佐間太郎の事を嫌っており第8巻はその頃の話が中心である。 『神様家族Z』において、大人になった姿で登場。 愛と結婚しており、「ルル」という娘がいる。 無職のため生活は妻である愛の稼ぎに頼っており、ルルがしゃっくりをしないというだけで愛の担任するクラスの教室に来るので、佐間太郎には「むしろダメになった」と言われている。 街で一番大きい高層マンションに親子3人で暮らしているが、ルルがすぐにグズるからという理由で昼の間は学校に居座り、体育倉庫を勝手に自分の部屋として使用している。 佐間太郎の顔や名前はほとんど忘れているが、かすかに記憶は残っている様子。 橘 愛(たちばな あい) 声 - 佐間太郎の隣のクラスの女の子。 夏休み前は大人しい性格で目立たず佐間太郎とは面識は無かったがある事件をきっかけに佐間太郎達と知り合い、ラブレターを渡した進一と親しい(付き合っているのかどうかは分からない)関係になる。 本人は付き合っていないと言うが進一が他の女の子に目移りする度にどつきまわしたり「絶交よ!! 」と叫んだりしている(そして進一が謝り倒す)。 彼女と佐間太郎達との出会いは女子の着替えを覗こうとして木から落ちて骨折した進一を見舞いに来たのがきっかけ。 また、愛は足が不自由で入院している少女だった。 『神様家族Z』において、大人となった姿で登場。 菊本高校の教師となり、テンコ達のクラスの担任である。 尚、進一とは結婚しており「ルル」という娘がいる。 スグル 声 - 大天使。 通称「スーさん」。 テンコの部屋にあったブタのに宿っている(アニメ版では人間界に来るに際し目立たないようブタの貯金箱に変身したことになっている)。 そのためお金を入れられるとつい合計金額を喋ってしまいを入れるとを口から出してもらえる。 元々は陶器であったが佐間太郎に割られゴム製となった。 佐間太郎に神の息子としての自覚を持たせ見守るという天使の務めをテンコに再認識させ行動を共にするが、神山家の家族にはその正体に何故か気づいてもらえない。 実はテンコの父親であるがパパさんに頼んで内緒にしてもらっている。 『神様家族Z』において「大大天使」となる。 パパさんが自分で名づけたにもかかわらず、「大が2つだから自分より偉い」ということでテレビの上に置かれる。 佐間太郎とテンコを両親だと思っている。 5日間しか生きられないと口にし、何かある度に急激に大人に成長していく。 本当の名前を思い出すまで「愛」と呼ばれていた。 元々は友達のいなかった愛が大切にしていた人形であり、大切なお友達。 パパさんの奇跡によって5日間だけ人間の命を与えられた。 背中に「たいせつなおともだち」と書いてある。 小森 フミコ(こもり フミコ) 声 - 久美子の母。 病弱でいつも布団で寝ており、久美子の介護を受けている。 フミコの正体は久美子と同じ悪魔であり巨大なやを振り回す等、凶暴な性格。 久美子を一人前の悪魔にする為に人の魂を摂取しなければ自分(=フミコ)が一日一歳年老いてしまうと久美子を騙し、人間の魂を集めさせている。 スグルやパパさんからはフーさんと呼ばれていて、元はスグルの同僚で天使だった。 人間に恋をし結婚をして久美子を産むが、相手は久美子が普通の人とは違うことを拒絶し男はフミコの元を去った。 そのことがフミコの心を傷つけ、彼女を悪魔にした。 最後にはパパさんの奇跡で転生し天使になる。 日村 あかね(ひむら あかね) ゲームだけに登場するオリジナルキャラクター。 いつも無表情で感情をあまり表に出さない。 幼いころに両親を失い、現在はひとり暮らしをしている。 タイトルリスト [ ]• 神様家族 発刊• 神様家族2 発育少女 2003年発刊• 神様家族3 桃色貯金 2003年発刊• 神様家族4 シャボン玉ホリデー 発刊• 神様家族5 恋愛体操 2004年発刊• 神様家族6 鉄棒工場 発刊• 神様家族7 新型握手 2005年発刊• 神様家族8 おはよう! こどもショー 4月25日発刊• 第1巻 2006年発刊• 第2巻 2006年発刊• 第3巻 2007年発刊• 第4巻 2007年発刊• 第5巻 2008年5月23日発刊 アニメ [ ] 5月から8月までのにて放送、その後何度か再放送されている。 アニメーション制作のがライトノベルを原作としたテレビアニメ作品を手掛けるのは本作が初である(ただし、ライトノベルを原作とした作品のアニメ制作は、2005年にOVAとして発売した『』が最初である)。 1月から3月まででも放送された。 10月18日から1月3日まででも放送された。 (本来放送予定だった『』の放送が急遽取り止めとなったため、振り替えとして放送された) パンチラ描写などは控えられている。 スタッフ [ ]• 原作 - (メディアファクトリーMF文庫J刊)• 原作イラスト -• シリーズディレクター -• キャラクターデザイン・総作画監督 - 真庭秀明• 色彩設計 - 佐久間ヨシ子• 音楽 - 武井浩之• プロデューサー - 、近藤修治、成毛克憲、五味大輔• アニメーション制作 -• TACD-0001(2006年)• DVD発売イベントでTVサイズ収録のマキシシングルを限定販売(終了)。 TACD-0002(2006年)• コミケ71でフルサイズ主題歌を含むミニアルバムを限定販売(終了)。 上記以外の一般発売はされていない。 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 美術 1 神様 信じますか? 桑原幹根 三木美千代 2 佐間太郎 初恋モーレツ大作戦! 福島一三 桝井剛 杉本光司 3 揺れる心のルーレット 影山由美 アベ正己 4 天使(テンコ)の涙 輝く翼の先に… 成田良美 織岐一寛 5 恋の季節?! 気になるアイツ? 上田芳裕 袴田裕二 6 テンコの赤ちゃん 上条修 安藤健 花井宏和 杦浦正一郎 7 発育少女 三木美千代 8 たいせつなおともだち 坂井史世 地岡公俊 まつもとよしひさ 桝井剛 杉本光司 9 初恋 再び… 影山由美 芝田浩樹 アベ正己 10 涙のハートで桃色貯金?! ゲーム [ ]• 神様家族 応援願望(JANコード:4546907-30062-2) 2006年にで発売。 ジャンルは。 キャラクターボイスは無し。 のような形式のゲームで、会話の途中で出現する選択肢によってストーリーが変化していく。 ゲーム主題歌 [ ]• ドラス. 2016年2月23日閲覧。 当初同枠で予定されていた『』の放送中止に伴う代替放送。 関連項目 [ ]• - 本作のBGMの一部が流用されている。 これは制作が同じ東映アニメーションで、また音楽担当が同じ武井浩之であるため。 外部リンク [ ]•

次の

神様(仮)学園騒乱編プレイ感想

どうにも 行か ない ね 神様 は 助け て くれ なく て

12 ID:y5lAHRl70 余り怖くはなく、どちらかといえば昔話に近いような内容ですので、ここに投下させていただきます。 私が子どもの頃に祖父から聞いた話です。 祖父が生まれ育った地域は、古くからの神話伝承の豊富な土地柄であり、これもそういうものの一つかもしれません。 はるか古代に、その地域の国津神がある誓いを立てたのだそうです。 それは、その地域の住人が死ぬ前に本人に死期を知らせるというもので、 なぜそのような奇妙な誓いを立てることになったかのいわれは伝わっていません。 ただし、死期を知ることができるのはその血筋の氏の長者、つまり本家の家長に限られています。 そのお告げを受けた場合、財産の分与などの準備を万事滞りなく済ませてから、 従容と死についた者がほとんどであったといいます。 そして、その死のお告げの形は時代によって変化しながら、近代まで続いていたということです。 例えばこのように。 63 ID:y5lAHRl70 黒い郵便配達・・・主に雨や風の強い夜に、その配達夫は自転車でやってきます。 まだ電話がない時代、あっても普及していなかった時代の話です。 風や雨の強い夜半、「電報です」とドンドンと戸を叩く音がします。 ただし、その音は家長にしか聞こえません。 外に出てみると、帽子を目深にかぶり黒いゴム引合羽の衿を立てた、 人相のわからない郵便局員がずぶ濡れで立っていて、無言で電報が手渡されます。 それに目を落として顔を上げると、自転車ごと配達夫の姿はもう見あたりません。 電報には1週間以内の日付が記されていて、読み終えたとたんに、これもまた溶けるように消えてなくなるといいます。 そこでその家の主人は何事であったかを悟り、死出の旅路の準備を始めるというわけです。 他にはこんなのもあります。 持ち山の様子を見に行ったときに、慣れ親しんだ道のはずがどうしたわけか迷ってしまい、 さんざんさまよったあげく、見たことのない大きな寺の前に出ます。 山門をくぐって中に入り、道を尋ねようと本堂に入りますが、 蝋燭が灯り線香に火がついているのに人の姿がありません。 そこで何かに誘われるように奥のほうの位牌堂に入っていきます。 位牌堂の入り口には卒塔婆が立てかけてあり、 削りあとも新しい一番上のものに、自分の名前と法要の期日が記されているのを目にするというわけです。 あっと驚いた拍子に寺は姿を消し、見覚えのある山道の辻に立っているのに気づきます。 67 ID:y5lAHRl70 また、例祭などでもないのに、ふらっと氏神の神社に足が向いていきます。 手水をとっていると、水盤の底にゆらゆらと字が浮かび上がってきて、自分が死ぬ日の日付に変わります。 また、陽あたりのいい冬日に、子守に逆向きにおぶられた孫の顔を何気なくながめていると、 赤ん坊は「へくっ」とくしゃみをして、そのときに舌を出すのですが、 その舌がべろーんと長く伸びて、そこに墨で黒々と日付が書かれていたという話もあります。 お告げを受けた者は、そのことを親類・家族、檀家寺の住職に話し、死ぬための支度を始めるのです。 これは少なくとも戦前までは当たり前にあったと祖父はいいますが、 子どもの頃の私をからかっていたのかもしれません。 祖父はもう亡くなり、その伝承のあった地から離れていますので、 今現在もこのようなことがあるのかどうかはわかりません。 それから、明治の時代に一人、このお告げに抵抗した人と白い箱の話も聞きましたが、 それは長くなりますので、後日機会があれば投稿したいと思います。 その人達の住んでいる家は元は沼地で、神様を祀った祠があったけれどどこかに移動させ家を建てたそうです。 そうして何代か前にそこに越してから、生まれる子供の半分はかなりな秀才で残りの半分は精薄か奇形だとか。 現在のご当主は秀才の方で若い頃は健康だったのですが、数年前に体が生き腐れる病気にかかったそうです。 いくつもの病院で検査を受けたのですが原因は不明で、いわゆる『らい病』に似ているけれど『らい病』とはまた違う病気だと言われたそうです。 体は腐って行くのに痛みもなければ腐敗臭もしない。 人にも移らない。 みかねた社長が知り合いの霊能者に頼んでみたのですがその家を一目見て 「とんでもない神様を怒らせてしまっている。 こんなのを除霊したら私が食われる。 申し訳無いが他の人に頼んでくれ」 と言われたとか。 落ちはありません。 現在そのご当主はすでに亡くなられていると思います。 「あなたの心を外界の穢れから守って差し上げます。 そしてこれからの人生と4後において、私を愛して頂ける覚悟があるならば、あの膳をお食べください。 」 山の神はそう言うと、おでこに軽く口づけをしてきた途端、体中の力が抜けて深い眠りに落ちていきました。 翌朝眼が覚めると、山の神は立ち去った後でした。 その代わりに、枕元には一輪の花が置かれ、白装束は緑色に染まり、美しい花の模様が浮かび上がっていました。 寝ぼけながらも起き上がり、一輪の花を御膳の横に置き、布団を畳みます。 夕食から時間が経ち過ぎて空腹です。 山の神にも勧められていたので、御膳をいただく事にしました。 御膳をよく見て見ると、全て半分だけ残してくれているようでした。 なぜか一晩経っているのに出来たての様に暖かく、とても美味しかったです。 ちょうどたべ終わる頃、伯母さんが迎えに来てくれました。 緑に染まった白装束を見るなり険しい表情が少し穏やかになり、とりあえずホッとした様子でした。 伯母さんが空の御膳を、自分は一輪の花を持ち祠を後にし、山道を村に向かって降りていきます。 net たまたま見つけてこういう書き込みに全く慣れてないからあれなんだがタイムリーと思って最近あったこと書かせてもらいたい 前のバイトを辞めてからついこないだまで派遣系をやっていたんだが 派遣系はイベントなんかがないと仕事先の紹介もないほど不規則だから収入が安定しなくて、固定バイトを探すことにしたんだ ただ面接が不得意なのと固定で雇われるには会社との条件とが合わなくて連続で落ちまくった。 今までは2つ3つくらいで採用されたり運が良かったから結構ショックで、自分はなんてダメ人間なんだとか見る目がないとかバイト面接一つですごいとこまで気分が落ち込んでた。 net 次のバイトの面接が決まって、でもどうせまたダメなんだろーなーと思いながらそのバイト先へ面接に行く道で、小さい神社を見つけた。 かなり小さくて、でも森とかの近くでもない 寂れた商店街の脇道にぽつっとある神社で 一応鳥居とかお賽銭箱もあるけど住職さんとかがいるかどうかはあやしい。 net 今はもうその商店街の祭りはすっかり廃れて無くなって これがそのときの神様の神社だっていうのは何十年その町で生きてきて初知りだった。 ふと そのときこの神様にお参りしたら、仕事が決まるんじゃないかという気がした。 実際その神様がどんなご利益があるのか知らなかったし正しい参拝方法なんかも分からなかったがここまできたら神頼みしかないと ご縁的な意味で5円のお賽銭を箱に入れてボロボロの鈴がついた縄をガラガラ鳴らして手を合わせた。 礼もして、鳥居の下は何となく踏まないようにして神社から出て行った。 そんでそのときのバイトが採用された。 net そっからバイト先へ向かうたびにその神社が目に入るから、時々なんとなく手合わせたり気まぐれにお賽銭入れたりするようになった。 神社イコール狐みたいなイメージがあったから油揚げとかいなりさんとかおいた方が礼になるのかもと思ったが書いたように住職さんがいるのか分からなかったから、腐ったら余計失礼かとそんなことしかしなかった。 そしたらこの間、バイトがかなり遅くなってから帰ってるときに神社の前を通ったらなにかを感じた。 よく分からないんだが、もわっとした生温かい空気とか空間とかそんな感じで、でも立ち止まって神社を見てみても見た目には変化なし。 このごろ夜でも暑いから吹いた風のせいかな と思った。 ただなんとなく怖いより薄気味悪い感じで、情けないんだがそっから友達に電話をかけながらその日は家に帰った。 40 ID:2gVkXRGf0. net そしたら あなたはきっと神様にすかれやすいのだと思うんだけど、同じくらいご先祖様にも守られているからこの神社の神様とご先祖様がやきもちを妬いてるわよって言ってきた。 一瞬そんなわけあるかと思ったんだけど、くしくもこの間熱風みたいなもやもやを感じたのは昔お祭りがあった7月3周目の休日だったから もしかして神社の神様が祠から出やすい日だったのかとかそんなこじつけを思いついた。 おばあさんが鳥居から中に入ってきてくれないもんだから、戸惑ったんだけど 実はこの神社には恩があるってのを簡潔に話したら 「そういうことだったの」と言われて ならね、あなた。 と前置きの後に 覚えておきなさい神様はお賽銭の対価に人の願いを叶えるほど暇でも善でもない。 目標を努力して有言実行させようとする人には加護をつけてくれるのよ云々というような内容を言われた。 一応いろいろ話してくれたおばあさんにお礼した後に神社から出て、 バイト着を賽銭箱の横に置いたままだったことに気づいて振り返ったらおばあさんがいなくなってた。 どんだけ足速いんだよというつっこみはそのとき思いつかなかった。 怖いのかわからないけどこれで終わり。 58 ID:HJkpEn1a0 神様のお話で盛り上がってるね。 大阪人が聞くと関西弁とか、人によって神様は姿をコロコロ変えるのかな? 伏見稲荷に参拝に行った時、ちっちゃい狸の置物を持ちこんだら、 いきなり割れて、頭に『ここはお稲荷様じゃ。 たぬ公を持ちこむとは良い度胸だ』ときたから、 『油揚げあげますので許してください』と念じたら、『コーン!』と聞こえたんで、 『わかりました。 トウモロコシを納める事にします』と言ったら、 『面白い奴だな、お前は』と返ってきた。 98 ID:HJkpEn1a0 なんかギャグキャラみたいな感じになっておられましたが、 私が基本、ギャグ色満載で生活してたからですかね? 諏訪大社行った時も、『大吉、くっだ~さーい』とお願いしたら、 『はいはい、右に5回、左に10回まわしてから振ってね』と頭に声が来たから、 言われた通りにしたら、なんと見事に『吉』だったんですよww.

次の

神様家族

どうにも 行か ない ね 神様 は 助け て くれ なく て

12 ID:i0sItNAX0 小学校5年生の時の話、父の実家は地方の山の中の集落にあった。 あまり親とうまくいってなかった父は、大学進学と共に殆ど帰らなくなったそうだ。 けれど結婚して私が生まれて少しだけ交流が復活した。 といっても2年に一度くらい1泊で帰るくらいで、私自身祖父母の印象は薄い。 小学5年生の時に生まれた弟の顔見せの為に久しぶりに父の郷里へいった。 祖父母の自宅に泊まるのだが、父は親戚宅の用事が長引いて帰れなくなったため、母と自分、0歳児の弟だけが泊まることになった。 その昼から集落は賑やかで祭りがあるとの事だった。 私は出店を期待してワクワクしていたのだが、神輿や白い旗?をふりまわす男の人がいるだけでたいして面白くもなかった。 夕食を食べ終わると祖母が、社へ行けと言ってきた。 今夜の祭りは10歳になる女の子が神の嫁になる祭りで、その年頃の女の子は社の中で一晩を過ごすらしい。 神の嫁になればこれからの将来を守って貰えるとのことだった。 もちろん私は嫌がり母も集落の女の子ではないのだからと断ってくれたが、祖母の押しが強かった事と、私を自立させたかったのかしぶしぶ了承した。 当時私は弟が生まれて夜にぐずるようになったらしく、母は難儀していたようだ。 埃臭い社は明かりこそないものの社務所で集落の男たちが酒を飲んで居る声が響いてきてうるさかった。 私のほかにもう一人女の子がいた。 学年では一つ下になる子だった。 その子にこの後どうなるの?と聞いても良く分かんない言っていた。 本当は声を出さずに一晩を過ごすらしいのだが、暗闇の心細さもあってふたりでずっと話していた。 時計がないので時間は分からないが2、3時間たった頃だろうか。 眠くなってきたので敷いてある布団にもぐりこんで、話をしていた話しかけても答えがなくなりその子が寝たのだと知って、私も眠ることにした。 少し眠った頃人の気配を感じて目を覚ました。 どうやら社の中に何人か来たようだ。 私はすっかり神様だと思い、神さまって一人じゃないんだなと思った ぼんやりと隣の布団が持ち上がりなにかもぞもぞと動いているようだった。 何となく声をかけられないような気がして私は布団に潜った。 動物のようなハッハッという音に混じって、女の子の悲鳴のような声も聞こえた。 やだとか痛いとか聞きとれて私は慌てた。 外に出て大人を呼びに行くべきだろうか、でも布団の外に出るのは怖い。 迷っているうちに私の布団がめくられた。 温かい布団が無くなり思わず私は悲鳴を上げた。 何かに上から押さえつけられて、泣きたくなった。 生温かくて臭い匂いが漂ってきた。 恐怖で思わず父と母を呼んで小さな弟の名前も叫んだ。 すると押さえつけていた力はするすると引いていき、ばさりと布団をかけられた。 隣ではまだ女の子の呻き声がしていた。 私は隣の子に心の中で謝りつつ布団をかぶって震えていた。 朝になると最初に案内してくれた社のおばあさんが起こしに来た。 水を飲まされて家に帰っていいと言われほっとした。 家に着くまで後ろを振り返らない、話してはいけないと言われたが、どうにも我慢できずに、女の子に「昨日何があったか分かった?」と聞いてみた。 女の子はくしゃと顔を歪ませて知らない!と叫んで走って行ってしまった。 家に帰ると返って来た父が待っていて、すぐに車に乗せられた。 最後まで祖父母と言い合いをしていた父は異様に怒っていて実家には行かなくなった。 その頃は怖くて、不思議な体験をしたのだなと思っていたが、 社の中に忍び込んできたのは社務所で宴会をしていた男なんじゃないかとあやしんでいる。 もともと夜這いや集落内の結婚が多い所だし、ともかくやられなくて良かった。 先日祖母の葬式で日帰りで久しぶりに訪れた。 あの時の女の子の行方を聞こうかと思ったけど、 両親は私がその時の記憶がないと思っているので止めておいた。 心霊的な怖いじゃないけど田舎の風習って洒落にならない。 61 ID:HeNZXzRq0 あぁ、レイパーの正体が自分のおやじだったって事か。 あの祭りは昔からあるそうで父が子供の頃にはやっていたそうです。 けれど女の子を閉じ込めるのではなく、女の子のいる家庭が代わりとして人形を使っていたような… 父が高校くらいになる頃にはそれすらやらなくなってたみたい。 これは父が男子だったため興味がなかっただけかもしれません。 86 ID:NxWb7Vji0 うそだろうな父ちゃんの そうじゃなきゃレイパーが親の名前と弟の 名前いったくらいで布団かけるとかありえないでしょ 隣の子は泣いてやめてって言ってもやめなかったんだしさ~.

次の