山村 美紗 サスペンス 赤い 霊柩車。 BSフジサスペンス山村美紗サスペンス赤い霊柩車30龍野武者行列殺人事件

BSフジサスペンス山村美紗サスペンス赤い霊柩車30龍野武者行列殺人事件

山村 美紗 サスペンス 赤い 霊柩車

ある日、石原明子(片平なぎさ)が社長を務める石原葬儀社に、「香典返しの品を作りたい」との相談が入った。 依頼主の呉服店・近江屋を訪ねてみると、豪腕社長の三谷治代(木村有里)に怒鳴られている女性が。 つまみ細工の工芸品を作っている高野真弓(櫻井淳子)だった。 真弓の夫は旅行会社に勤めており、明子の婚約者・黒沢春彦(神田正輝)との旅行の相談に乗ってもらっていた明子とは、夫婦ともども旧知の仲だった。 仕事終わりの春彦を迎えに来た病院のロビーで見かけた子どもの父親に、明子は見覚えがあった。 真弓の夫、高野修介(葛山信吾)だ。 しかし、抱き上げた子ども(須田理央)にも、寄り添い歩く妻とおぼしき女性(佐伯日菜子)にも、母と呼ぶ老婦人・鈴子(赤座美代子)にも明子は見覚えがない。 不審に思った明子。 春彦が病院の人間に聞いたところによると、資産家である鈴子のもとには、毎日、修介たちが見舞いに来ているのだという。 そんな矢先、近江屋の社長、治代が殺害された。 殺された治代との間にトラブルがあった真弓。 治代の葬儀で、走り去っていく霊柩車を見てふっと笑顔を浮かべる1人の影…。 事件の真相に迫るにつれて浮かび上がる20年前の1つの事件。 浮かび上がってきた過去の事件の関係者をつなぐ鍵は、梵字(ぼんじ)。 犯人は誰なのか、そして動機は?事件の関係者とおぼしき人物に送られてきた梵字(ぼんじ)の意味とは…?.

次の

赤い霊柩車25 呪いの絵馬

山村 美紗 サスペンス 赤い 霊柩車

ある日、石原明子(片平なぎさ)が社長を務める石原葬儀社に、「香典返しの品を作りたい」との相談が入った。 依頼主の呉服店・近江屋を訪ねてみると、豪腕社長の三谷治代(木村有里)に怒鳴られている女性が。 つまみ細工の工芸品を作っている高野真弓(櫻井淳子)だった。 真弓の夫は旅行会社に勤めており、明子の婚約者・黒沢春彦(神田正輝)との旅行の相談に乗ってもらっていた明子とは、夫婦ともども旧知の仲だった。 仕事終わりの春彦を迎えに来た病院のロビーで見かけた子どもの父親に、明子は見覚えがあった。 真弓の夫、高野修介(葛山信吾)だ。 しかし、抱き上げた子ども(須田理央)にも、寄り添い歩く妻とおぼしき女性(佐伯日菜子)にも、母と呼ぶ老婦人・鈴子(赤座美代子)にも明子は見覚えがない。 不審に思った明子。 春彦が病院の人間に聞いたところによると、資産家である鈴子のもとには、毎日、修介たちが見舞いに来ているのだという。 そんな矢先、近江屋の社長、治代が殺害された。 殺された治代との間にトラブルがあった真弓。 治代の葬儀で、走り去っていく霊柩車を見てふっと笑顔を浮かべる1人の影…。 事件の真相に迫るにつれて浮かび上がる20年前の1つの事件。 浮かび上がってきた過去の事件の関係者をつなぐ鍵は、梵字(ぼんじ)。 犯人は誰なのか、そして動機は?事件の関係者とおぼしき人物に送られてきた梵字(ぼんじ)の意味とは…?.

次の

東海テレビ

山村 美紗 サスペンス 赤い 霊柩車

石原明子 が社長を務める石原葬儀社のもとに沢木千草 が入社希望としてやってくる。 千草のひたむきで真摯な姿を気に入った明子は、千草を採用し、石原葬儀社の大番頭・秋山隆男 、恵 、そして恋人の黒沢春彦 とともに千草の実家がある兵庫県たつの市を訪れる。 龍野は老舗の2つの大きな醤油屋を中心に発展した街。 二条路醤油会長で二条路家の当主、二条路紅子 を中心にした二条路派と、余木醤油の元社長で余木家の当主、余木良樹 を中心にした余木派に分かれており、古くからの人間関係が残る城下町である。 明子たちが龍野を訪れた時、ちょうど名物の「騎馬武者行列」が行われていた。 見物する一行だが、行列の佳境に差し掛かったころ、先頭で行列を率いていた千草の婚約者・二条路信也 が突然胸をおさえ落馬し、死亡した。 実は、騎馬武者行列で死者が出たのは今年で3年連続であるという。 そしてその傍らには必ず赤とんぼの折り紙があった・・・。 複雑に絡む人間関係をひも解き、連続不審死に巧みな推理で挑む明子・・・。 はたして「赤とんぼ」の意味とは? 出演者 ほか• 制作 原作: 「龍野武者行列殺人事件」より 脚本: 編成企画: プロデューサー: 大映テレビ 〃 監督: 企画協力: 大映テレビ 制作:フジテレビ 大映テレビ•

次の