医療 費 控除 還付 金。 医療費控除は実際いくら返ってくる?

いくら戻ってくる?医療費控除・還付金の計算方法を解説

医療 費 控除 還付 金

24年度に出産したので、医療費控除で確定申告しました。 還付金が2カ月たっても入っていないので、税務署に問い合わせたところ、 還付する金額がないとのことでした。 確定申告書Aを作成したときに、医療費控除の欄には36万ほどが記入されたので、 てっきりその額が還付されると思っていたのですが・・・ 税務署の方の話では、住宅ローン減税もあり、すでに給与として還付されているので、 という話なのですが、お恥ずかしい話ですが、今まで税金のことも職場任せにしていたので 全く意味がわかりません。 ちなみに住宅ローン減税の還付金も今年はありませんでした。 (1年目の昨年は住宅ローン減税の還付金はありました) 以下の源泉徴収票の情報から、どうしてそうなるのか詳しく教えていただけないでしょうか? 給与所得控除後の金額 2903200円 所得控除の額の合計額 1104954円 源泉徴収税額 0円 住宅借入金等特別控除額 89900円 住宅借入金等特別控除可能額 249000円 医療費控除額(確定申告書Aより) 363913円 情報が足りなければ追記します。 よろしくお願いします。 残念ながら、すでに引くべき源泉徴収税額が0円となっているため、所得税の還付はありません。 還付があるのはあくまで源泉徴収税額がある場合の話であって、そもそも0円となっている場合は、返しようがありません。 逆にきっちり年末調整で計算をしていただいるので、良かったのでは。 ただ、ひとつ言えることは、質問者の方の場合、医療費控除を申請したことによって25年の住民税がほぼなくなると思いますので、申告はしておいて得になるとおもいます。 0円から返してもらうお金(還付金)はありません。 年末調整による還付は、恐らく12月の給与と一緒に支給されているでしょう。 給与明細などで確認して見て下さい。 還付金とは、払いすぎていた所得税を返してもらう事です。 源泉徴収は推測の金額であり、正しくは一年の収入が確定するまで分かりません。 年末最後の給与が確定した際に、会社は年末調整として今まで支払った源泉所得税と、正しい算出所得税との精算をします。 基本的に多めに徴収されるようになっていますので、ほとんどの方が払いすぎていた分を還付されます。 ご質問者さまは年末調整時、住宅借入金特別控除によりすでに今まで支払った源泉所得税の全額を還付されている為、医療費控除をしても還付するべき所得税がありませんでしたという説明を受けたのだと思われます。 ナイス: 0 細かい計算できませんが、いろいろな控除を既に受けていて、すでに所得税がゼロなんじゃないでしょうか? 所得税の還付は、支払いすぎた所得税に対しての払い戻しなので、 支払った所得税が既にゼロ円の人には、それ以上払い戻しはないです。 源泉徴収税額 0円 ってのは、そういうコトだとおもいます。 ちなみに医療費が36万円かかった場合には、36万円から10万円を引いた値を必要経費として、課税対象の所得から差っ引いて所得税の計算をおこなうとういう意味です。 36万円戻ってきません。 26万円でもありません。 出産にかかわる費用は、医療費として扱っていいんでしたっけ? 簡単に式で表すと: 1: (収入) - (法律上認められている必要経費 = (所得) 2: (所得) x (所得に応じた計算式に基づく所得税率) = (所得税の金額) 上記の 1 の式で、所得がゼロの場合や、2の式で所得税率がゼロの場合は、所得税がゼロです。 いくら、医療費がかかっても、還付金はありません。 ナイス: 0.

次の

初めてでも簡単!医療費控除の方法☆還付金はいつ戻る?

医療 費 控除 還付 金

医療費控除を申告するときは、毎年12月に行う年末調整ではなく、2020年は2月17日~3月16日に行う 「 確定申告(還付申告)」が必要です。 申告手続きは、原則としてご自分の納税地を管轄する税務署で行う必要があります。 提出書類は次の通りです。 確定申告書:国税庁のホームページや各税務署で取得します。 医療費控除の明細書:1年間にかかった医療費の明細をまとめる書類です。 この明細書に記載すると、領収書・レシートを申告の際に提示する必要はありません。 源泉徴収票:給与所得者の場合に添付します。 本人確認書類:マイナンバー(個人番号カード)の両面の写しを添付台紙に貼り付けます。 次の記事では、医療費控除申告後、いつ還付金が振込まれるのかについて解説します。 申告手続きを行えば、いつかは還付金が指定口座へ振込まれることになります。 しかし、できるだけ早く還付金を受け取りたい方もいると思います。 そんな時には 「e-tax」を利用しましょう。 e-taxについて このe-taxとは、国税に関する確定申告等の各種の手続きを、 インターネットの利用で電子的に行うシステムです。 e-taxのメリットは次の通りです。 確定申告期間中ならばご自分のパソコンから24時間いつでも申告可能• 税務署まで申告書等を持参する必要がない• 還付の手続きがスムーズに行える• 添付書類の提出が不要 医療費控除の対象となる金額を超えていても、還付金を受け取れないケースは主に次の通りです。 【ケース1】住宅ローン控除を年末調整で行った場合 理由:住宅の購入はその金額が大きいだけに、 所得税がかなり控除されて年末調整で還付されるため。 この場合には、たとえ医療費控除の対象となる金額を超えていても、申告の際は既に 源泉徴収税額が 0円となっていることがあるのです。 つまり、医療費控除をしようとしても、還付する所得税がないというわけです。 【ケース2】年収が103万円以下 そもそも年収が 103万円以下なら所得税は課税されません。 つまり、課税される所得税がない以上は、源泉徴収税額もやはり0円です。 よって、医療費控除をしようとしても還付金は0円となります。

次の

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|国税庁

医療 費 控除 還付 金

医療費控除と還付金の計算方法を解説 医療費控除についてはまず、対象となる期間の1月1日から12月31日までの医療費の合計を計算してみます。 生計を一にしている家族 扶養している家族であれば別居していても良い が使った医療費は全て計上する事ができます。 医療費控除の計算方法 医療費控除の対象となる具体的な額については以下のような流れとなります。 マイナスになれば0円 円 G 医療費控除申請の目安は医療費が1年に10万円以上かかった場合 この制度は一定以上の医療費が発生した場合に適用される物ですので、医療費の額が低い場合、還付金は発生しない事があります。 目安としては医療費から保険金などで補填された額を引いた後、さらに10万円を引きます。 その計算の後も医療費が残った額が医療費控除に使える部分となります。 自己負担した医療費が10万円を越えた場合に還付金が発生する、というイメージで考えるとわかりやすいかもしれません。 所得が少ない場合は10万円以下でも医療費控除の対象となる事があります。 計算の流れの E に該当する部分で、年間の総所得金額が200万円未満の場合、総所得金額の5%が10万円を下回ります。 その場合、そちらの額を保険などで補填されず自己負担した額から引く形で医療費控除の対象となる額が決まります。

次の