もずく 賞味 期限。 ケーキの賞味期限は2日、3日持つ?賞味期限切れ、5日、1週間は腹痛や下痢も心配!

生もずくの活用レシピまとめ!保存の方法や賞味期限も解説!

もずく 賞味 期限

もずく 沖縄土産で1kg!賞味期限との戦い!もずく酢以外の食べ方ってある? 先日、友人から「沖縄のお土産」に、もずくをいただきました。 しかも、1kg!! しかも生もずく! 海藻ってミネラルたっぷりで、血液サラサラ効果があって嬉しいけれど…。 1kgのもずくは、さすがに持って帰るのも重かったし、かなりの迫力があります。 (…わたしのMacBook airと同じ重さじゃん!) それで、まず気になったのが、もずくの賞味期限。 だって、せっかくの頂き物、しっかり食べたいよね。 もずくの賞味期限は? もずくと言っても、その保存方法は加工の仕方によって異なるようです。 「生もずく」の場合には、採れたてで加工していないものは、冷蔵庫で1〜2日くらい。 加工してあるものだと、冷蔵庫で大体30日の賞味期限。 「塩漬けのもずく」の場合、賞味期限は常温で約6カ月で、塩抜きをした後なら冷蔵で1週間以内となるものが多いです。 「乾燥もずく」は、賞味期限が一番長いです。 1年くらい大丈夫なようです。 我が家にいただいたのは「生もずく」なので、冷蔵庫で2週間くらい食べられる分は食べて、あとは小分けして冷凍保存しようかと思います。 冷凍保存すると冷蔵庫で30日の賞味期限が、90日くらい大丈夫になるみたいです。 …ということで、90日以内に1kgのもずくを食べようと思うのですが、もずく酢以外の食べ方って、どんな食べ方があるのかしら? ちょっと気を抜いて「もずく」の存在を忘れると、すぐに賞味期限切れになりそうです。 もずくの食べ方 沖縄のお土産の「もずく」の食べ方は、やっぱり沖縄に習え!でしょう。 で、沖縄旅行の時に食べた「もずく料理」を振り返ってみました。 味噌汁、雑炊、天ぷら…。 黒くて、ちょっと見栄えは地味〜な感じですが、外はサクッ、もっちりした食感で美味しかったです。 …ということで、今日はもずくの天ぷらに挑戦してみました。 もずく100g、人参の千切り適量、玉ねぎ適量、卵1個、かつおぶし少々を、ボウルの中に入れて混ぜ混ぜします。 塩こしょうを降って、さらに混ぜ混ぜ。 ボウルの中でよく材料が混ざったら、小麦粉を入れて混ぜます。 (様子を見ながら少しずつ入れます) ここで大切なのは、もずく天ぷらのコツは、水を入れないこと! もずくは、水分をたっぷり含んでいるので、通常の天ぷらタネだと、水分が多すぎて、油がはねたり、仕上がりもべちゃべちゃになり、油っこくなって不味いです。 もずくの水分を活かして、薄力粉をパラパラと混ぜ込む感じにします。 油で揚げたら、できあがりはこんな感じです。 衣はサクッと、中は柔らかく揚がります。 かきあげ風ですが、パートナーのkuniちゃんは、 「見た目はホテルので食べたもずくの天ぷらと同じだけど、ホテルで食べたのよりも美味しい!!」と大絶賛。

次の

生もずくを冷凍したら賞味期限はのびる?解凍後はどれぐらいで食べればいい?

もずく 賞味 期限

スポンサードリンク もずくには、 食物繊維をはじめ、 ビタミンや ミネラル、旨味成分の アミノ酸が 豊富に含まれています。 美肌やアンチエイジング、 免疫力アップを助けると言われているので、 毎日少しずつでも摂りたいものですよね。 スーパーに売っているパック詰めの 生もずくは 収穫時に冷凍し、店頭に並ぶときには解凍されて 販売されます。 生もずくは、加工済みのもずく酢より日持ちがきき、 塩抜きも不要なので、すぐに食卓に出せて便利ですよね。 メーカーにもよりますが、 未開封の生もずくは冷蔵保存でだいたい2〜3ヶ月が 賞味期限です。 そして、 半年程度、冷凍保存することもできます。 冷凍する場合は、蓋つきの製氷皿やラップなどに 小分けしておくと使いやすいですよ。 解凍は 自然解凍。 急ぎの場合は 湯通しをしましょう。 お味噌汁やスープの具として使うなら、 凍ったまま鍋に入れてしまえばOKです。 生もずくは味や状態が変わりにくいので、 再冷凍もできます。 ただし、一度冷凍したもずくは水分が飛ぶので、 スポンサードリンク 何度も冷凍を繰り返すことはおすすめしません。 解凍後は、出来ればその日のうちに 食べたほうがいいですよ。 でも冷蔵庫に移して解凍してて、 うっかり忘れてた!なんてこともありますよね。 (私、やっちゃいます・・・) 冷蔵保存なら、 2〜3日以内は問題なく食べられます。 その時は、必ずお湯にさっと通し、 すぐに氷水にさらしましょう。 お湯に通すと、うっすら緑色に変わり 見た目もきれいですよ。 生もずくの賞味期限きれてた・・・どれぐらいまでなら食べられる? 生もずくは4月から6月が旬で、 その期間以外は、冷凍管理されています。 ご家庭の「もずくブーム」のとき、 まとめ買いしたものが冷蔵庫に残っている! なんてこと、ありますよね!? そして、うっかり忘れて 賞味期限切れになることも。 賞味期限は、 メーカーによって少し早めに設定されており、 切れてしまってもしばらくは大丈夫です。 しかし、保存状態によっては、 カビたり、嫌なにおいが生じることもあります。 なので、さすがにさらに数ヶ月・・・ というわけにはいきません。 もずくの賞味期限が切れてしまったら、 長くても7〜10日以内には食べるようにしましょう。 そして、食べる時は必ず 湯通しをしてくださいね。 まとめ 生もずくの賞味期限と保存方法をご紹介しました。 生もずくは意外にも日持ちするんですね! 冷凍しても、もずくの風味は変わらず、 美味しく食べられます。 冷凍する際は、小分けしておくと、 使うときに便利です。 もずくは再冷凍もできますが、 何度も繰り返すと品質が落ちるので、 なるべく一度解凍したものは、 そのときに食べきるのがおすすめです。 解凍するときは、自然解凍か お味噌汁やスープに入れる場合はそのままで!.

次の

もずくの賞味期限はいつまで?種類別の長持ちできる保存方法を解説

もずく 賞味 期限

もずくの種類ごとの賞味期限 生もずく 生もずくの賞味期限は冷蔵保存でおおよそ14日ほど、保存方法は後述しますが、冷凍保存で1年程度です。 流通が収穫時期の4月から6月の3ヵ月間と短いですが、適切な保存方法を知ることで生もずくを味わえる期間を延ばすことが出来ます。 塩蔵もずく 塩蔵もずくの賞味期限は常温保存で約半年程度。 もずくは収穫期間が短い為に、水揚げされた後に大半が塩に漬け込む塩蔵加工を施されて、全国に出荷されます。 その後、全国各地で塩抜きの工程を経て、製品加工されますので、個人での購入機会は少ないです。 塩抜きもずく 賞味期限は冷蔵庫で10日程度、冷凍保存で1ヵ月程度です。 乾燥もずく 賞味期限は製造から1年程度。 乾燥わかめと同じ要領でみそ汁などに入れて使用することが出来ます。 冷凍もずく 賞味期限は冷凍保存で1年程度。 異物除去や洗浄等の下処理が施されており、解凍後にそのまま使用することが可能です。 味付けもずく 賞味期限は冷蔵庫で20日程度。 三杯酢等で味付けされ3パックで販売されていることが多く、手に取ったことがある方も多いのではないでしょうか。 もずくの開封後の賞味期限(種類別) 前項で説明した賞味期限は開封前のもずくです。 開封後は開封前よりも外気や湿気にさらされる機会が多く、それに伴って保存期間も短くなってしまいます。 ですが、実は適切な方法で保存することによって、ある程度の期間、賞味期限を保つことが出来ます。 これから説明する賞味期限は適切な保存方法を取った場合です。 保存方法についても後述します。 それでは、まず開封後の賞味期限を種類別に説明します。 生もずく 冷蔵庫で1週間程度、冷凍保存で半年程度。 もずくは冷凍保存による風味の劣化が少ないので是非保存方法を知っておきたいですね。 塩蔵もずく 賞味期限は冷蔵庫で1週間程度、冷凍保存で1年程度。 塩抜きもずく 賞味期限は冷蔵庫で1週間程度、冷凍保存で1ヵ月程度。 乾燥もずく 開封後も製造から常温保存で1年程度。 乾燥もずくは高温乾燥されいるため、開封後もほとんど賞味期限は変わりません。 しかし、乾物のため、粉類などにつきやすいダニなどが混入する恐れがあります。 冷凍もずく 冷蔵庫で1週間程度。 冷凍もずくは使用分だけを解凍する、解凍後に余ったとしても別の容器にて再冷凍することで元々の賞味期限まで保存することが出来ます。 味付けもずく 冷凍保存で1ヵ月程度。 この賞味期限には条件があり、箸をつけていないものであることが条件なので、もし1パック食べきれなかった場合は、もったいないですが、破棄することをおすすめします。 もずくを長期保存するときの冷凍保存と冷蔵保存の方法 生もずく 生もずくは加工がされていない状態で販売されていますので、異物がもずく一本一本の間に入り込んでいることがあります。 そのため流水で異物を取り除くことを意識して軽く洗い流します。 冷蔵、冷凍に共通して言えることは、必ず密閉容器もしくはジップ付きの袋に入れることです。 この際に、もずくを軽く押すように容器に入れることで繊維に入り込んだ空気を巨力抜くことが出来ます。 そうすることで、不必要な酸化を防ぎ、より長持ちさせることができます。 塩蔵もずく 保存方法は塩抜き前であっても、一度開封したものは生もずくと同じように密閉容器もしくはジップ付きの袋に移し替えて冷蔵、または冷凍するようにしましょう。 すぐに使用する予定がない場合は、風味や味わいが落ちることはほぼ無いと言えるので、冷凍保存することがおすすめです。 塩抜きもずく 保存方法は塩蔵もずくと同じなのですが、塩蔵加工と塩抜き加工の2工程を経ているので、前項で説明した賞味期限1週間よりも短くなる可能性があります。 なので、できるだけ冷凍保存することをおすすめします。 乾燥もずく 乾燥もずくは前述しましたが、一番の大敵は虫、次いで湿気となります。 なぜなら、ダニやコバエは輪ゴムで縛った程度の隙間であれば簡単に侵入できてしまうからです。 この記事では、密閉容器もしくはジップ付きの袋に移し替えて、高温多湿を避けた保存をおすすめします。 保存場所に悩んだ際は、冷凍庫に保存することに問題はないので、常温保存で問題はありませんが、冷凍庫内に保存することをおすすめします。 冷凍もずく 冷凍もずくも他のもずくと同じように、密閉容器もしくはジップ付きの袋に移し替えて保存しましょう。 特筆することはありませんが、解凍したものを冷蔵庫で保管する場合は1週間を目安にすることをお忘れないように。 味付けもずく 開封後の味付けもずくを保存することは基本的にはおすすめしませんが、もずくが食べたくなっても一度に3パックも食べることはなかなか無いでしょう。 冷蔵保存では賞味期限は20日程度とお話ししましたが、冷凍保存では1ヵ月程度保存することが出来ます。 そのため、食べることが出来ずに余った未開封のものを密閉容器に移し替えて冷凍保存することで、冷蔵保存時よりも長く保存することが出来ます。 繰り返しになりますが、一度お箸を付けてしまったものを冷蔵、冷凍保存することは避けてください。 まとめ.

次の