タンバリン 持ち 方。 4本マレット(片手2本持ち)の持ち方

タンバリンのメーカーとその種類

タンバリン 持ち 方

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。 50人の購読者に加わりましょう メールアドレス タンバリンとは 皆さん、タンバリンって叩いた事ありますか。 昔学校で使いませんでしたか? 今なら、カラオケで叩いたりする事もあるかと思います。 このように身近な楽器ですが、もっと詳しく掘り下げて調べてみたいと思います。 ウィキペディアでは、 「銅に小さなシンバルを付けた極めて浅い小型の片面太鼓」とあります。 ちなみに英語では Tambourineと表記されます。 あのABBAのダンシングクイーンの歌詞の中にも、 Feel the beat from that tambourine という部分があります。 それではタンバリンのいくつかの実例を初回していきましょう。 その1 皮付きタンバリン 世界最古の打楽器を言われる、フレームドラムの一種で、 皮(ヘッド)が付いているものです。 その2 皮なしタンバリン 皮(ヘッド)が付いていないものもあります。 その3 プロヴァンス太鼓 海外でタンバリンというと、もっと広い意味で使われているようです。 フランスのプロヴァンス太鼓もタンバリンで、フランスではタンブランと呼ばれるようです。 私たちが思うタンバリンとは、手に持てる小さな楽器なのですが、 海外では大きなものもタンバリンと呼ばれているのですね。 タンバリンとタンブリンの違い 文部科学省発行の「教育用音楽用語」の音楽用語に関する基準では、 タンブリンと記載されていますので、 タンブリンが正式名称なのかも知れません。 でも一般的には タンバリンがよく使われていますね。 また、 タンボリンという人もいるとのことですが、 やはり一番一般的に使われているのは タンバリンであることは間違いないようです。 初心者向けとプロ向けの選び方 ではここで、初心者やプロがどんなサイズのタンバリンを 選んでいったらよいのかを考えてみましょう。 初心者向け お子さんの場合は直径15センチのサイズが良いでしょう。 大人なら直径21センチか24センチで軽い物が使いやすいでしょう。 プロ向け ジングルの種類を変える事で、異なった音色になります。 軽量アルミはキンキンキラキラとした音色。 軽いので速い曲にも使いやすいです。 スティールはリッチな音色ですが、重量は重くなります。 ブラスは音が良く伸びます。 ジングルの幅を調節出来る物もあり、音色を変える事が出来ます。 スポンサーリンク タンバリンの正しい使い方 学校でタンバリンを叩いた事のある皆さんは、 その時先生から正しい使い方を詳しく習ったでしょうか。 タンバリンという楽器は、他の楽器に比べて簡単に音を出すことが出来る為、 あまり考えずにただ単に叩く、という事になってしまいますよね。 でも、タンバリンには正しい持ち方や叩き方があるのです。 それでは正しい持ち方をご紹介しましょう。 タンバリンの正しい持ち方 タンバリンの持ち方には色々な種類があるのですが、まず基本的な持ち方を紹介いたします。 皮の面があるタンバリンでは、親指を面に当て、他の指でタンバリンを掴みます。 ただ、タンバリンの穴に指を入れないで下さい。 指を怪我する恐れがありますので、絶対にしないで下さいね。 タンバリンの正しい叩き方 皮の面があるタンバリンは、面を手のひらや指、拳で叩きます。 また楽器自体を振ったり、指先でこすったりもします。 面のないタンバリンには色々な叩き方があります。 こちらの動画を見てみましょう。 ギュッと握ってはダメなんですね。 そして手や体に打ち付けたり、楽器自体を振ったりします。 タンバリン芸人のゴンゾー タンバリン奏者としてとても有名なのはゴンゾーです。 彼は見た目も面白いし、奏者としても本当に上手いので凄いですよ! 彼の演奏を絶対に見たほうが良いと思います。

次の

タンバリンの持ち方ひとつで演奏が変わる?①

タンバリン 持ち 方

過去に紹介した【簡単!楽器遊び】のおさらい 今までに紹介した「簡単!楽器遊び」のおさらいです。 参考にしてみてくださいね。 保育のヒント「楽器を出すときのひと工夫」として、楽器遊びの最初のアプローチの仕方を紹介しました。 「取り組みやすい楽器遊びの例」として、オノマトペの入った歌を紹介しました。 今回は、7つ打ちの仕方とCDなどの音源にに合わせた楽器遊びの紹介です。 その後、実際に演奏を楽しみましょう。 「3つ打ち」「7つ打ち」ってなあに?! チューリップとミッキーマウスマーチを例に紹介したいと思います。 模範演奏では、数をかぞえながらリズムを打ち、休符の「ウン」も意識的にわかりやすく示してあげてくださいね。 クラスの人数や楽器の数に応じて、2~3種の楽器を使って遊んでみましょう。 例えば 1フレーズ目:タンバリン 2フレーズ目:カスタネット 3フレーズ目:すず 4フレーズ目:みんなで 1フレーズ目:タンバリンとカスタネット 2フレーズ目:カスタネットとすず 3フレーズ目:すずとタンバリン 4フレーズ目:みんなで また、それぞれの楽器によって、7つ打ち以外のリズムに挑戦することもできます。 初めての楽器遊びでは、「みんなで楽器を鳴らすって楽しいね!」「 上手にできたね!」「かっこよかったね。 」「またやりたいね。 」そのように感じる気持ちを大事にしたいと思っています。 お片づけも「そ~っと そ~っと、だいじに だいじに…」などと声をかけると、子どもたちは、楽器を大切に扱うということを学んでくれるでしょう。 それでは、CDなどの音源を使った、楽器遊びを楽しんでみましょう。 1歳児クラスなら自由演奏で、2歳児クラス以上なら保育者のまねっこをしながら演奏を楽しめることでしょう。 そのため、音源に合わせて楽器遊びをする時は、なるべく単純なリズムで、その場ですぐに真似して遊べるような内容にしていました。 タンバリン・すず・シェイカー・マラカスなどの楽器を使用しました。 ・4分音符の3つ打ち(123) ・8分音符(シャカシャカシャカシャカ) ・2分音符(ゆーらゆーら) これら3つの基礎リズムを中心に演奏しました。 まず、合唱隊・ダンス隊・楽器隊のグループを作ります。 音楽隊の振り分けは、他にもいろいろ考えられます。

次の

タンバリンのメーカーとその種類

タンバリン 持ち 方

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。 50人の購読者に加わりましょう メールアドレス タンバリンとは 皆さん、タンバリンって叩いた事ありますか。 昔学校で使いませんでしたか? 今なら、カラオケで叩いたりする事もあるかと思います。 このように身近な楽器ですが、もっと詳しく掘り下げて調べてみたいと思います。 ウィキペディアでは、 「銅に小さなシンバルを付けた極めて浅い小型の片面太鼓」とあります。 ちなみに英語では Tambourineと表記されます。 あのABBAのダンシングクイーンの歌詞の中にも、 Feel the beat from that tambourine という部分があります。 それではタンバリンのいくつかの実例を初回していきましょう。 その1 皮付きタンバリン 世界最古の打楽器を言われる、フレームドラムの一種で、 皮(ヘッド)が付いているものです。 その2 皮なしタンバリン 皮(ヘッド)が付いていないものもあります。 その3 プロヴァンス太鼓 海外でタンバリンというと、もっと広い意味で使われているようです。 フランスのプロヴァンス太鼓もタンバリンで、フランスではタンブランと呼ばれるようです。 私たちが思うタンバリンとは、手に持てる小さな楽器なのですが、 海外では大きなものもタンバリンと呼ばれているのですね。 タンバリンとタンブリンの違い 文部科学省発行の「教育用音楽用語」の音楽用語に関する基準では、 タンブリンと記載されていますので、 タンブリンが正式名称なのかも知れません。 でも一般的には タンバリンがよく使われていますね。 また、 タンボリンという人もいるとのことですが、 やはり一番一般的に使われているのは タンバリンであることは間違いないようです。 初心者向けとプロ向けの選び方 ではここで、初心者やプロがどんなサイズのタンバリンを 選んでいったらよいのかを考えてみましょう。 初心者向け お子さんの場合は直径15センチのサイズが良いでしょう。 大人なら直径21センチか24センチで軽い物が使いやすいでしょう。 プロ向け ジングルの種類を変える事で、異なった音色になります。 軽量アルミはキンキンキラキラとした音色。 軽いので速い曲にも使いやすいです。 スティールはリッチな音色ですが、重量は重くなります。 ブラスは音が良く伸びます。 ジングルの幅を調節出来る物もあり、音色を変える事が出来ます。 スポンサーリンク タンバリンの正しい使い方 学校でタンバリンを叩いた事のある皆さんは、 その時先生から正しい使い方を詳しく習ったでしょうか。 タンバリンという楽器は、他の楽器に比べて簡単に音を出すことが出来る為、 あまり考えずにただ単に叩く、という事になってしまいますよね。 でも、タンバリンには正しい持ち方や叩き方があるのです。 それでは正しい持ち方をご紹介しましょう。 タンバリンの正しい持ち方 タンバリンの持ち方には色々な種類があるのですが、まず基本的な持ち方を紹介いたします。 皮の面があるタンバリンでは、親指を面に当て、他の指でタンバリンを掴みます。 ただ、タンバリンの穴に指を入れないで下さい。 指を怪我する恐れがありますので、絶対にしないで下さいね。 タンバリンの正しい叩き方 皮の面があるタンバリンは、面を手のひらや指、拳で叩きます。 また楽器自体を振ったり、指先でこすったりもします。 面のないタンバリンには色々な叩き方があります。 こちらの動画を見てみましょう。 ギュッと握ってはダメなんですね。 そして手や体に打ち付けたり、楽器自体を振ったりします。 タンバリン芸人のゴンゾー タンバリン奏者としてとても有名なのはゴンゾーです。 彼は見た目も面白いし、奏者としても本当に上手いので凄いですよ! 彼の演奏を絶対に見たほうが良いと思います。

次の