ハロ ローダー。 【ハロプラ】ハロローダー レビュー

ハロプラ ハロ(東京2020オリンピックエンブレム)&(東京2020パラリンピックエンブレム) レビュー

ハロ ローダー

ハロプラ ハロ(東京2020オリンピックエンブレム)&(東京2020パラリンピックエンブレム) レビュー ハロプラシリーズで東京2020公式ライセンス商品限定カラー仕様のハロがキット化されました。 オリンピック仕様とパラリンピック仕様の2種類があり、価格はどちらも880円です。 販売方法がちょっと特殊なようで通販の場合東京2020オフィシャルオンラインショップでの取り扱いになるようです。 付属品はどちらも共通でベースと手足パーツのみです。 専用のマーキングシールも付属。 TOKYO 2020の文字は色が違うだけですが それぞれオリンピックとパラリンピックのエンブレムになっています。 ベースはそれぞれのハロに合わせられたものでこれまでと同じくジグゾーパズル状の物です。 ベースにはマーキングシールを貼り付けます。 もちろん連結も可能ですし 背面に手足パーツなどを収納できるのも変わりません。 オリンピックは延期されてしまいましたが東京2020オリンピック&パラリンピック仕様のハロがキット化。 同時にガンダムも同じ仕様でキット化されています。 以前から発売されていたハロプラハロをベースに成形色を変更し、マーキングシールを追加した物になっています。 背面にはTOKYO2020のシールを貼り付けます。 色はどちらもホワイトですが手足やベースのカラーが異なり オリンピックはブルー、パラリンピックはレッドになっています。 もちろんカバーを閉じたりする事もできるのですが こちらのベースはリニューアルされる前のハロとなっているため にあった開口ギミックなどは残念ながらありません。 初期型のハロがベースのためかなりシンプルなキットです。 装甲の内側には細かいメカディテールがあります。 耳部分は初期型のため3mm穴は無し。 背面のTOKYO2020シールはハロが球体のためちょっとシワが出やすいところがあります。 手足パーツを装着して。 専用のシールもあるため一目でオリンピック仕様とわかります。 手足パーツを取り付ける事で展開が可能。 それぞれBJで繋がっています。 手首も旧仕様なのでサーベルなどが持てるジョイントはありません。 これまで通り3mm軸のスタンドも使えますが 追加された付属品などは一切ないので単品だとさすがに遊びの幅は狭めです。 ただ頭頂部と胴体の側面に3mm穴があるためカスタムはしやすいですし 過去に発売されたハロプラがあれば色々組み合わせて遊ぶ事ができます。 こちらは仕様 のボディユニットと組み合わせて。 モビルハロのハロはボディカラーがホワイトだったので手を伸ばしたりしないと ほとんど違いがありません。 そして仕様。 カラーがホワイトなので何にでも無難に合う感じでした。 ノーマルハロと並べて。 カラーとシールの有無以外に違いはありません。 ・塗装レシピはありませんでした。 以上ハロプラ ハロ(東京2020オリンピックエンブレム)&(東京2020パラリンピックエンブレム)レビューでした。 ハロプラのカラバリにシールを追加したキットなので特にこれといった追加パーツなどはありませんが カラーリングは爽やかで場所も取りませんし記念品にちょっと取っておきたくなるキットです。 ベースがリニューアル前のハロがベースのため、今だとどうしても遊びの幅が狭く感じる所はあります。 今まで発売されているハロプラのユニットは色々付けられるのでそちらを持っていればより楽しめると思いますが できればリニューアル版のハロベースだとありがたかったですね。 同時にガンダムの方も発売されているので組み終わったらそちらも紹介しようと思います。

次の

ハロプラ ハロローダー プラモデル 『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』|フィギュアド

ハロ ローダー

ハロプラ ハロ(東京2020オリンピックエンブレム)&(東京2020パラリンピックエンブレム) レビュー ハロプラシリーズで東京2020公式ライセンス商品限定カラー仕様のハロがキット化されました。 オリンピック仕様とパラリンピック仕様の2種類があり、価格はどちらも880円です。 販売方法がちょっと特殊なようで通販の場合東京2020オフィシャルオンラインショップでの取り扱いになるようです。 付属品はどちらも共通でベースと手足パーツのみです。 専用のマーキングシールも付属。 TOKYO 2020の文字は色が違うだけですが それぞれオリンピックとパラリンピックのエンブレムになっています。 ベースはそれぞれのハロに合わせられたものでこれまでと同じくジグゾーパズル状の物です。 ベースにはマーキングシールを貼り付けます。 もちろん連結も可能ですし 背面に手足パーツなどを収納できるのも変わりません。 オリンピックは延期されてしまいましたが東京2020オリンピック&パラリンピック仕様のハロがキット化。 同時にガンダムも同じ仕様でキット化されています。 以前から発売されていたハロプラハロをベースに成形色を変更し、マーキングシールを追加した物になっています。 背面にはTOKYO2020のシールを貼り付けます。 色はどちらもホワイトですが手足やベースのカラーが異なり オリンピックはブルー、パラリンピックはレッドになっています。 もちろんカバーを閉じたりする事もできるのですが こちらのベースはリニューアルされる前のハロとなっているため にあった開口ギミックなどは残念ながらありません。 初期型のハロがベースのためかなりシンプルなキットです。 装甲の内側には細かいメカディテールがあります。 耳部分は初期型のため3mm穴は無し。 背面のTOKYO2020シールはハロが球体のためちょっとシワが出やすいところがあります。 手足パーツを装着して。 専用のシールもあるため一目でオリンピック仕様とわかります。 手足パーツを取り付ける事で展開が可能。 それぞれBJで繋がっています。 手首も旧仕様なのでサーベルなどが持てるジョイントはありません。 これまで通り3mm軸のスタンドも使えますが 追加された付属品などは一切ないので単品だとさすがに遊びの幅は狭めです。 ただ頭頂部と胴体の側面に3mm穴があるためカスタムはしやすいですし 過去に発売されたハロプラがあれば色々組み合わせて遊ぶ事ができます。 こちらは仕様 のボディユニットと組み合わせて。 モビルハロのハロはボディカラーがホワイトだったので手を伸ばしたりしないと ほとんど違いがありません。 そして仕様。 カラーがホワイトなので何にでも無難に合う感じでした。 ノーマルハロと並べて。 カラーとシールの有無以外に違いはありません。 ・塗装レシピはありませんでした。 以上ハロプラ ハロ(東京2020オリンピックエンブレム)&(東京2020パラリンピックエンブレム)レビューでした。 ハロプラのカラバリにシールを追加したキットなので特にこれといった追加パーツなどはありませんが カラーリングは爽やかで場所も取りませんし記念品にちょっと取っておきたくなるキットです。 ベースがリニューアル前のハロがベースのため、今だとどうしても遊びの幅が狭く感じる所はあります。 今まで発売されているハロプラのユニットは色々付けられるのでそちらを持っていればより楽しめると思いますが できればリニューアル版のハロベースだとありがたかったですね。 同時にガンダムの方も発売されているので組み終わったらそちらも紹介しようと思います。

次の

ハロプラ ハロローダー レビュー

ハロ ローダー

ハロプラ ハロローダー レビュー ハロプラで新たに発売されたハロローダー。 価格は1,320円です。 付属品はハロの手足、スタンドジョイント、ハロ用スタンドが付属。 シール類はありません。 いつも通りスタンドの裏には手足パーツを収納できます。 キットに付属するハロ。 こちらはハロプラのハロがベースですががベースになっています。 カラーはホワイト&ダークブルーのカラーリングになっていました。 手足パーツが付属してるのでそちらを取り付ける事も可能。 リニューアル版のハロなので口の開閉ギミックがあります。 口の内部はディスプレイやキーボードのモールドがあり 3mmジョイントがあるのも変わりません。 手首もリニューアル版のためサーベルなどが持てるジョイントがあります。 ローダーパーツと並べて。 ハロとの合体はシンプルでローダー内部の3mmジョイントがあるのでそちらに接続するだけです。 ビルドダイバーズRe:RISEよりハロプラシリーズで新たにキット化されたハロローダー。 こちらはハロにパワーローダーを取り付けたようなデザインで 両肩には力強いアームが装着されています。 ローダー部分はオレンジ&グレーの成形色。 シンプルな作りですが適度にモールドが入っています。 配色はほぼ再現されていて足りないのは背面のダクト内部のグレーぐらいです。 通常の機体同様手足に可動ポイントがありますがポリキャップは使われておらず全てKPSの関節となっています。 頭部はハロそのままです。 接続は丸軸のためハロ部分は回転可能。 また耳や口も開閉できます。 胴体はシンプルなパーツ分割ですが合わせ目はディテール化されていました。 背面には多数の3mmジョイントがあります。 またバックパックパーツを外す事で2穴タイプのジョイントが出てくるので様々なパックが流用可能です。 アーム部分ですが肩ジョイントは太い丸軸で接続され3軸タイプのジョイントで繋がれています。 腕部の合わせ目も大部分がディテール化されていました。 上腕にあたる部分は画像のようにスライドが可能です。 肩部分は3軸タイプのジョイントで繋がれているので見た目以上に広い可動範囲があります。 肘部分は90度ほど曲がります。 クロー部分は横にレバーがあり、このレバーを動かすとクローが上下連動して開閉します。 胴体部分はBJ接続。 回転も可能で大きくのけぞる事が出来ます。 脚部もそれぞれBJ接続。 カカト部分には可動ポイントがあり画像のように動きます。 足裏は結構独特な形で肉抜きも気になりません。 足が直接腰に取り付けられているような形ですがBJである程度角度を付ける事ができます。 もちろんハロ自体に変更点はないのでこれまで発売されたハロプラのハロを乗せられますし 胴体内部のピンを引き抜いて向きを変えるとピンの長さが変わるので 旧タイプのハロを乗せる事が出来ます。 主要な関節は全て可動するのでこんな体型ですが意外と動かして遊べます。 スタンドジョイントは機体下部に取り付ける物ですが 3mmタイプではなくMGに使われるようなアクションベース1や4向けのジョイントなので 普通の3mmタイプよりちょっと扱い辛いかも。 関節の強度も十分でMSを掴んで持ち上げたりする事も出来ます。 上腕の向きを90度変えれば普通のMSののような腕に見せる事も可能でした。 背面には多数の3mm穴があり、 手足や腰などにも3mm穴があるため様々なパーツを手軽に盛れる構造になっています。 こちらは説明書で紹介されているとの組み合わせです。 背面のパックを外せば2穴ジョイントも使えるのでかなりカスタマイズ性は高いです。 手軽に色々盛れるのはやはり楽しいですね。 やとサイズ比較。 ローダー部分の幅は結構ありますが手のひらサイズで飾りやすいと思います。 以上ハロプラ ハロローダー レビューでした。 ハロプラなので構造はシンプルでサクッと組み上がるキットです。 本体のハロはリニューアル版になっているので口が開閉できたりとより出来の良い物が付属しています。 ハロローダーの方もシンプルながら主要な関節は全て可動しますし合わせ目の大部分がディテール化されていたり クローが連動して開閉するなど意外と凝った構造になっていました。 また3mm穴が多数あるので好みで色々武装を流用したりするのも楽しいキットになっていると思います。

次の