室外 機 に 水 を かける。 エアコンの室外機に水をかけると冷えやすい?注意点や濡れタオルの活用方法も!

エアコンの室外機からの水漏れの原因とは?

室外 機 に 水 を かける

みなさんは夏の暑い時や冬の寒い時にエアコンを使用することが多いですよね。 日本は季節によって寒暖の差が激しいのでエアコンは必需品です。 そんなエアコンを使用しているときに室外機から水が大量に漏れていたりすることがあります。 どうしてこのような水漏れが起きるのでしょう。 そこで、今回は エアコンの室外機から水漏れする原因と対処法に関して詳しくご説明します。 室外機からの水漏れの原因とは? 基本的に、 夏場に室外機から水が漏れるワケは冷房機能を使っているからです。 冷房機能を使うと、水滴が発生します。 その水滴が室外機のそばにあるドレンホースから大量に排出されるので、室外機が水浸しになってしまうのです。 これは冷房運転中に自動的に行われるものであり、 故障ではないのでほとんど心配することはありません。 そして、 冬場に室外機から水が漏れるワケは「霜取り運転」を行っているからです。 霜取り運転とは、冬場は外の気温が冷え込むため室外機に霜が付くので暖房運転中に室内機に送っていた熱い空気を室外機に送り、付いた霜を溶かしていくことをいいます。 そのため室外機から溶けた霜が水となって大量に排水されるというわけです。 こちらも 暖房運転中に自動で行っている機能なので心配はいりません。 このように季節の違いはありますが、どちらも 結露水が排出されているだけなので異常ではないのです。 室外機から出る水漏れの対策3つ! しかし、水が大量に出てくると水たまりができたりして見た目にも悪いですよね。 さらに、そこから虫や害虫が発生する可能性もあるので衛生的にも良くありません。 そのため水漏れの対策を行うと良いでしょう。 また延長用ドレンホースはホームセンターに行けば数百円程度で購入することができるので金銭的な負担もそこまで心配は要りません。 しかし、そんな都合よく排水溝が近くにないという場合も多いと思います。 その時は延長したホースをバケツやペットボトルに受けて、ある程度水が溜まったら捨てるという方法もあります。 ですが定期的に捨てに行かなければならず、少し手間がかかるので注意が必要です。 水抜き穴とは、結露した水を流すための穴なので万が一詰まってしまうと 水が内部に溜まってしまい場合によっては室外機が故障してしまうこともあります。 そのため、暖房を使用する前には割りばしなどの棒や小さい歯ブラシなどで汚れをかき出すといいです。 また、穴から虫が入り込んで巣を作っていることも稀にありますので中をのぞいてチェックしておきましょう。 ドレンホースも同様に掃除をするといいです。 これは室外機の近くにあるホースですがかなり細いのが特徴。 そのためとても詰まりやすいです。 ですから 定期的に掃除機などを使って水やホコリを取り除くことをオススメします。 やり方としては、掃除機の吸引口とドレンホースの先端を隙間が無いように手で塞ぎながらくっつけて2、3秒掃除機で吸い込みます。 その後は、掃除機を離してホースの先端を下に向けて汚水を排出します。 とても簡単ですよね。 その際には 掃除機が水を吸い込まないように注意することが大切です。 水を吸い込んでしまうと故障の原因にもなってしまうので気をつけましょう。 最近では、ホームセンターでドレンホース用のクリーナー等も販売されているのでそちらを試してみてもいいでしょう。 なぜなら水漏れによる故障を防げるだけでなく、 エアコンの寿命を延ばすことにもつながるからです。 掃除の手順としては、まず室外機は外に設置されているため葉っぱや蜘蛛の巣があることが多いので、そのような汚れをほうきや雑巾で軽く落とします。 また、外側に泥やこびりついた砂の汚れなどがある場合は、濡れた雑巾を使用してふき取ってください。 その後は室外機の裏にある網状の金属板をブラシを使用して汚れをかき出し、掃除機で吸い取って細かい汚れを綺麗にします。 こうすれば室外機を清潔に保つことができます。 もしも少しでも異常だと感じたら? あまりにも室外機から出る水の量が多すぎて、よく分からないところから水が漏れているなど 少しでもおかしいと感じたらすぐに水漏れの修理業者に連絡することが大切です。 「後で大丈夫でしょ」と思っていてはいけません。 水漏れを放置しておくとエアコンの効きが悪くなり、場合によっては壊れてしまう可能性もあるのです。 そのため、 工事を依頼できる業者を前もって調べることが重要です。 現在では、24時間対応を行っている業者やリーズナブルな料金を掲げてサービスを行っている業者などさまざまあるので、自分に合ったところを見つけて連絡先などをメモしておくといいですよ。

次の

エアコン室外機を掃除する方法!簡単5ステップで電気代節約

室外 機 に 水 を かける

室外機に水をかけると冷えやすくなる仕組みとは? エアコンと聞くと想像するのは、部屋に設置している細長い形をした機械だと思いますが、エアコンは屋外に設置している 室外機と室内機がセットになってエアコンの役割を果たしていることは知っていましたか。 室内機と室外機の役割は半分半分なので、節約対策も室内機だけでなく、 室外機にも同じように節約対策をする必要があるんですよ。 室外機の節約対策の中でも1番手頃なのが、 室外機に水をかける方法です。 そもそもエアコンが空気調整をする仕組みは。 室外機が取り込んだ外の空気を冷却して部屋の中に送り込むことで、部屋の温度調整できるようになっています。 なので、室外機に水をかけて 室外機内の温度を下げると運転効率が上がり、節約につながるんです。 スポンサードリンク エアコン室外機を水をかけるやり方と注意点 エアコン室外機に水をかけるやり方 エアコン室外機に水をかける場合は、 ホースやジョウロなどを使って、直接室外機の天板へ水をかけて大丈夫です。 庭に花壇や鉢があれば、草花への水やりのついでに室外機に水をかけると手軽にできますよ。 稼働中に熱くなった室外機の熱を取るのが狙いなので、室外機の表面を濡らすだけでなく、 5秒ほど水をかけ続けて室外機を冷やすイメージで水をかけるようにすると効果的ですよ。 しばらく運転を続けていると、一度冷めた室外機はすぐに熱を持ち始めます。 なので、 1、2時間に1度水をかけるなどこまめに行うともっと効果を実感できます。 水をかけた直後はエアコン室内機から出てくる風が冷たく感じるはずです。 室外機は雨などにも耐えられる設計で、水には強い構造になっていますが、故意的に 室外機内部へ水をかけるのはやめましょう。 バケツなどを使って 一度に多量の水をかけるのも室外機内部へ水漏れしてしまう恐れもあるので、シャワーで出てくるホースやジョウロを使うようにしましょう。 カルキはサビの原因になることもあり、できれば カルキを抜いた水を使うと室外機へのダメージを少なくすることができます。 メーカーによっては、自然災害ではない室外機の水漏れによる故障は保障されないこともあります。 室外機に水をかける前に説明書を読んだり、メーカーに問い合わせをするようにしてくださいね。 スポンサードリンク エアコン室外機を濡れタオルを置く方法と注意点 エアコン室外機に濡れタオルを置く方法 ちょっと前にネットで話題になった、クーラーの効き目改善方法。 これ実践してから、クーラーの効き具合が全然違った! 皆さんも是非お試しを。 バケツに水を入れ、タオルで室外機の上部に広げる。 もちろん、風をふさがないように。 — YOSHITTO-METAL wncwnc888 水で濡らしたタオルを室外機の天板の上に乗せるだけでも節約効果が見込めます。 水をかけるやり方とは違い、濡れタオルを使うことで 持続的に室外機を冷やすことができるというメリットがあります。 ただし、夏は濡れタオルがすぐに乾いてしまうので、 濡れタオルの端を水を張ったバケツに入れることで濡れタオルが乾いてしまうのを防ぐこともできます。 エアコン室外機に濡れタオルを置く時の注意点 スポンサードリンク 水をかける以外の節約できる室外機の対策 室外機対策1:室外機の前に物を置かない 室外機は外の空気と部屋の中の空気を入れ替える役割を果たしています。 空気の出入り口部分に物があると空気の循環がスムーズにできなくなってしまい、運転効率が下がってしまいます。 室外機の前には物を置かないようにしましょう。 アウトドア用品や植物を近くに置いている家庭も多いですが、室外機の運転効率が下がるだけでなく、暑い熱を直接受けることで アウトドア用品が変形したり、植物が枯れてしまう恐れもあるので、移動させておきましょうね。 室外機対策2:日よけを作る 直射日光が当たるだけで室外機の温度が急激に上がってしまうので、 日よけを作って室外機が直射日光に当たらないようにするだけでも節約することができますよ。 ただし、室外機のすぐ近くに物を置いて日陰を作ると室外機の空気循環機能がうまく働かなくなってしまいます。 室外機から1メートルくらい離して植物やすだれを置くようにしましょう。 室外機カバーをつけている家庭も多いですが、同様の理由から 室外機に蓋をしてしまうような作りのものは避けたほうがいいですよ。 すのこのように空気の出入り口があるものなら日よけと空気循環の両方ができるので、そのようなカバーを選んでくださいね。 室外機対策3:掃除をする 節約のためにエアコン室内機のフィルター掃除をしている人は多いと思いますが、 室外機の掃除はできていますか? 最初にお伝えした通り、室内機と室外機がセットでエアコンの役割を果たしています。 室外機も室内機と同じように掃除をしないと、十分な効果は発揮できないですよ。 特に室外機は雨水にさらされ、砂埃も吹き付けられる室外に設置されているので、とても汚れやすいんです。 ドライバーなどを使ってカバーやファンを外すことはできますが、慣れていない人がやると壊してしまったり、元どおりにできないこともあるので、 販売メーカーや清掃会社にお願いするのがいいでしょう。 掃除のタイミングは、 夏と冬のエアコン繁忙期前がおすすめです。 室外機対策4:メーカー推奨の冷却機を使う いくら雨水に強い構造といっても、水のかかり方や水の成分によって故障したり、錆びたりしてしまうことも。 水をかける方法や濡れタオルを置く方法は エアコンメーカーによっては、推奨していない場合もあります。 万が一、水をかけたことで室外機が故障してしまっても保証してもらえるかはわからないので、この方法を試す場合は 自己責任でやる必要があります。 もし、故障するのが心配であれば、 メーカー推奨の冷却機を使うといいですよ。 冷却機は、室外機に自動で水をかけて熱を取る機械で、やっていることはジョウロで水をかけるのとほとんど変わりませんが、メーカーが推奨しているということから、 万が一故障してしまってもメーカーの保証を受けられる場合があります。 毎月のランニングコストを抑えたいという人は、導入してみるといいかもしれませんね。 ニチベイのアルミブラインドセレーノフィットを使って、 部屋の中に直射日光を入れないようにするとエアコンの節約につながりますよ。 ニチベイのアルミブラインどセレーノフィットは 1センチ単位でオーダーすることができるので、大きい窓から小さい窓まで家中全ての窓に取り付けることができます。 気になる色があればサンプルを取り寄せ、部屋の雰囲気に合うか確認してから買うのをおすすめします。 ブラインドは部屋の大部分を占めるので、 色味や質感の違いで部屋の雰囲気がガラリと変わります。 失敗しないためにもサンプル品での確認は行ったほうがいいですよ。 ただし1つ欠点があり、取り付けには窓枠部分へネジを入れる必要があるため、 賃貸物件では設置するのが難しいかもしれません。 エアコン節約アイテム:逆ルーバー室外機カバー.

次の

散水システムによる空調設備の節電

室外 機 に 水 を かける

エアコンの室外機に直射日光が当たる場合、対策は必要? エアコンの室外機が南向きで毎日ガッツリ直射日光があたっている…これって電気代に影響しない?何か対策したら電気代を安く出来るんじゃ?!とお思いのあなた。 エアコンの室外機に直射日光が当たっているのと当たっていないのとでは、 直射日光が当たらない方が電気代はかからなくなります。 なので日光が当たる場合は何かしら対策をした方が電気代の節約になります。 ただし。 室外機に直射日光が当たっているから当たっていない時と比べて効率が落ちる、ということはありません。 室外機の中には熱気を冷気に交換するための熱交換器というものがあって、これに日光が直接当たるようなら当たらないように工夫すべきですが、でも熱交換機は通常は建物側に配置されているので直接日光が当たることはないです。 室外機は大抵、建物の壁を背中側にして、風が出てくるところを前に向けて設置されていますよね。 そういう向きで置いてあれば大丈夫です。 もしこれを逆にして置いているなら熱交換器に直接太陽光が当たっている可能性があるので、向きを変えたり日除けをしたりと対策が必要です。 そういう通常とは逆向きの置き方をしていなければ、室外機のボディに直射日光が当たっていてもエアコンの構造には影響はありません。 なので、日光が当たっていても当たっていなくても熱効率に変わりはないということです。 室外機に直射日光が当たっていても当たっていなくても性能には影響がない。 なのですが、でも直射日光が当たっていない方が、電気代は安く済みます。 それはなぜか?と言いますと。 室外機は空気を吸い込んで、それを冷やして涼しい風を部屋の中に送り出しています。 空気を冷やす時、その空気の気温が低ければ低いほど冷やすのがラクになりますよね。 ということはそれだけ冷やす効率が良くなり電力消費が抑えられます。 室外機やその周りが直射日光にさらされるとその周辺の気温が上がります。 でも何かしら対策をして日陰にすれば、多少なりとも気温が下がるので下がった分だけ空気を冷やしやすくなります。 勘違いしやすいかもしれませんが、室外機の上部にUVカットのシールを貼って直射日光を防ぎましょうという商品があります。 でもあれは殆ど意味がないです。 室外機の頭だけUVカットしても日陰になって周りの気温が下がるわけではないですよね。 室外機のボディに直射日光が当たる当たらない、ではなくて、 室外機の周りの空気に直射日光が当たらないようにすることが気にすべきポイントです。 じゃぁその方法は?という話ですよね。 簡単なのは、よしずやすだれ、グリーンカーテンなどで日除けを作ることです。 よしずはすだれと似ているものですが、よしずは立てかけて、すだれは吊るして使います。 素材は竹や葦(あし)で作られています。 ただこの時に気をつけなければいけないポイントがあるのですが、それは、 室外機の風通しを良くすることです。 日陰を作るのは良いのですが、やり方によっては日陰を作るために置いたモノのせいで風の通り道が妨げられてかえって効率が悪くなってしまう可能性があります。 室外機はその仕組み上、 背面から空気を吸い込んで表面から熱風を吐き出しています。 室外機の表面、吹出口の目の前にすだれを吊るしたりよしずを立てかけてしまったら? それらの日除けが室外機の風の出口を塞いでしまって効率が悪くなるならまだしも室外機の故障の原因になってしまいます。 室外機の吹出口の前には何も物を置かないこと。 可能なら1mは空けてけてほしいところです。 マンションなどで狭めのベランダだと室外機の前1mも空間がないこともあるかもしれません。 その場合は特に室外機の前だけではなくて周りにも何も置かないで、出来るだけ風通しが良くなるようにしましょう。 よしずよりも、すだれやグリーンカーテンなどの方が、外壁とベランダの手すりを使って室外機の前面を塞がず日除けを作りやすいですね。 よしずを立てかける場合は、表側ではなく裏面の、吸い込み口の方に立てかけてください。 日の当たり方によっては側面に立てかけてもOK。 表側に立てかけるのではないなら幅を1mも空ける必要はありません。 20cmくらいで大丈夫です。 また日除けの為にと囲いを置いている場合、これも同じく注意が必要です。 室外機が吐き出した空気がうまく逃げていけないし、更にその吐き出した熱い空気を背面から吸気することになるので、それこそ冷やす力がもっと必要になって電気代が上がってしまいます。 間違っても室外機をすっぽり覆うカバーをつけたままエアコンを使うなんてことはしないでくださいね。 室外機を囲って空気を逃げにくくしてしまうと、室外機からうまく空気を吐き出すことができなくなり室外機の周囲には熱気が留まってしまいます。 室外機は、直射日光が当たる当たらないよりも何より風通しを良くすることがとても重要です。 日除けによって吸い込む空気の温度を下げる、排気した熱気をその場に留まらせない。 そのためには 室外機の前側を塞がない日除けにすること、そして風通しを良くして熱気を散らすことがポイントです。 また、もしも直接床置きで室外機を設置しているなら、これも熱気がこもりやすい状態です。 もし床に直置きになっているなら脚を台の上に乗せて、室外機の下にも風が通るようにしてあげましょう。 スポンサーリンク エアコンの室外機に水をかけると節電になる? 室外機は裏側の吸気口から周囲の空気を吸って、その空気を冷やして涼しい風を部屋の中に送り出しています。 ということは、 吸い込み口のまわりの空気が冷たければそれだけ冷やすのがラクになるので、そうすればかかる電気代も少なくなりますよね。 日除けで気温を下げる他に、水をまいても気温を下げることができます。 打ち水がそれです。 室外機に水がかかっても壊れない?と不安に思う人もいるかもしれませんが、室外機って屋外にあって風雨にさらされることもままありますよね。 でも夏や冬には問題なくエアコンを使えていますよね。 我が家では室外機の上に植木鉢を置いて思いっきり水をやっていますがなんの問題もありません。 素人目に 室外機の中の部品に水をかけようとすると故障の原因になりかねないのでおすすめしませんが、 外側に水がかかる分には大丈夫です。 上から水をかけて、 室外機背面の網の部分を濡らして冷やしたり、 室外機の足元に打ち水など水を撒いて、その周辺の気温を下げましょう。 業務用だと内部の熱交換機に直接働きかけて冷やすものもありますが、その装置を自宅用に作るのは手間だし故障の可能性があるしと非現実的です。 家庭用なら日除けをして水を撒く対策で充分です。 水を撒くタイミングとしては、エアコンは起動時に電力を消費するので エアコンをつける前に水を撒くのが一番効果的なタイミングですね。 あとは日中の暑い時にちょいちょい水をまくとより効果が得られるでしょう。 夏のエアコン室外機の節電対策 まとめ 室外機に何か工夫をして効率を良くし電気代を安くしたいなら、室外機とその周辺の空気の気温を下げることで室外機の効率を上げてあげましょう。 日除けをする場合は室外機の吹出口の前を塞いでしまわないように。 排出した熱気がこもらないよう風通しをよくすることがポイントです。 またエアコンの起動前や日中の暑い時間帯にエアコンを使う時にはちょこちょこ、室外機の裏側や周辺に水をまいて気温を下げましょう。

次の