感染 拡大 防止 協力 金。 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)について

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)について

感染 拡大 防止 協力 金

静岡市独自の休業要請につきましては、予定通り5月6日をもって終了となります。 なお、静岡県の5月7日以降の休業要請に係る協力金については、(静岡県HP: 静岡県新型コロナウイルス感染症拡大防止金のご案内)をご確認ください。 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域が、7都府県から全都道府県に拡大されました。 これは全国的に感染拡大の傾向が見られることから、地域の流行を抑制し、特に大型連休期間における人の移動を最小化することを目的として決定されたものです。 このような中、本市は県都として商圏も広く、多くの来訪者があることから、市外からの来訪をできる限り抑制するとともに、市内での移動の最小化を行う必要があります。 このため、今般の緊急事態宣言及び静岡県の施設の使用停止要請を踏まえ、本市独自の休業要請を行うとともに、要請に協力する事業者の皆さまに対して協力金を支払うことで実効性を高め、事業者と連携し、県外からの来訪者を含めた人と人との接触機会を低減し、感染拡大防止に徹底的に取組むこととします。 ・申請書類のフォーマットを掲載しました。 ・5月7日以降に各区役所の総合案内及び井川・長田・蒲原支所に 配架します。 ・静岡市内に有する全ての休業要請対象施設で営業を休止することが 条件です。 ・複数施設を経営している場合は、申請書にはその全ての対象施設の 情報を記入して下さい。 ・電子申請システムによる申請は(5月13日から申請受付開始です。 ・郵送(簡易書留やレターパックなど郵便物の追跡ができる方法で郵送してください。 ア 協力金申請書兼状況確認書 イ 誓約書 ウ 営業活動をおこなっていることがわかる書類(下記の全ての書類が必要です。

次の

福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金・支援金(受付終了)

感染 拡大 防止 協力 金

静岡市独自の休業要請につきましては、予定通り5月6日をもって終了となります。 なお、静岡県の5月7日以降の休業要請に係る協力金については、(静岡県HP: 静岡県新型コロナウイルス感染症拡大防止金のご案内)をご確認ください。 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域が、7都府県から全都道府県に拡大されました。 これは全国的に感染拡大の傾向が見られることから、地域の流行を抑制し、特に大型連休期間における人の移動を最小化することを目的として決定されたものです。 このような中、本市は県都として商圏も広く、多くの来訪者があることから、市外からの来訪をできる限り抑制するとともに、市内での移動の最小化を行う必要があります。 このため、今般の緊急事態宣言及び静岡県の施設の使用停止要請を踏まえ、本市独自の休業要請を行うとともに、要請に協力する事業者の皆さまに対して協力金を支払うことで実効性を高め、事業者と連携し、県外からの来訪者を含めた人と人との接触機会を低減し、感染拡大防止に徹底的に取組むこととします。 ・申請書類のフォーマットを掲載しました。 ・5月7日以降に各区役所の総合案内及び井川・長田・蒲原支所に 配架します。 ・静岡市内に有する全ての休業要請対象施設で営業を休止することが 条件です。 ・複数施設を経営している場合は、申請書にはその全ての対象施設の 情報を記入して下さい。 ・電子申請システムによる申請は(5月13日から申請受付開始です。 ・郵送(簡易書留やレターパックなど郵便物の追跡ができる方法で郵送してください。 ア 協力金申請書兼状況確認書 イ 誓約書 ウ 営業活動をおこなっていることがわかる書類(下記の全ての書類が必要です。

次の

小平市事業者向け感染防止徹底協力金について|東京都小平市公式ホームページ

感染 拡大 防止 協力 金

ページ番号1016997 更新日 令和2年5月15日 新型コロナウイルス感染症の拡大による国の緊急事態宣言に基づき、群馬県では、幅広い事業者に対して休業を含めた拡大抑制に向けた協力を要請しています。 本市では、様々な形で感染症の拡大防止の対策に協力をいただいている事業者を応援するため、協力金を支給します。 対象事業者 次の要件を全て満たす事業者とします。 市内に主たる事業所を有する法人または個人事業主• 令和2年4月7日以前から市内で事業を営み、引き続き継続する意欲のある事業者• 個人事業主にあっては、令和2年1月1日時点で本市に住所を有し、引き続き居住していること• 常用する従業員が5人以下(専従者を含む)であること• 国の緊急事態宣言を受け、感染症の拡大防止に具体的な協力をいただいていること• 群馬県の感染症対策事業継続支援金の交付対象事業者でないこと• 市税等に滞納がないこと(納税猶予の許可を受けている場合は滞納に該当しません)• 暴力団、暴力団員および暴力団関係者が、経営に関与していないこと• 支給額 1事業者あたり5万円(1回限り) 申請期間 令和2年5月18日(月曜日)から7月31日(金曜日)まで(7月31日消印有効) 申請方法 必要書類を「桐生市感染拡大防止協力金対策室」に郵送で提出をお願いします。 あて先:〒376-8501 桐生市織姫町1番1号「桐生市商工振興課感染拡大防止協力金対策室」 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、接触機会を低減し、感染拡大防止に徹底的に取り組む本事業の趣旨をご理解いただき、また対象事業者の皆様に速やかに協力金を支給するため、 対面での受付・説明は行いません。 ご不明な点はお電話(番号: 0277-22-7500)で対応させていただきます。 必要書類• 添付書類(下記の1から3のうち、該当するものをご提出ください。 法人の場合• 直近の決算書における「法人事業概況説明書」の1ページ目の写し• 振込先通帳を開いた1ページ目と2ページ目の写し(銀行、支店、口座番号、名義が分かる部分)• 個人(青色申告者)の場合• 令和元年分「確定申告書第一表」の控えの写し• 令和元年分「所得税青色申告決算書」の1ページ目と2ページ目の写し• 振込先通帳を開いた1ページ目と2ページ目の写し(銀行、支店、口座番号、名義が分かる部分)• 個人(白色申告者)の場合• 令和元年分「確定申告書第一表」の控えの写し (市県民税申告を行っている方は市県民税申告書の控えの写し)• 令和元年分「所得税申告収支内訳書」の1ページ目の写し• 申請書で業種のコードを記入する際は、下記の業種一覧表をご参照ください。 支給の決定• 申請書を受理後、内容を審査し、適正と認められる場合に協力金を支給します。 申請書等の受理から、2〜3週間程度で指定の口座に振り込みます。 (申請書等に不備がある場合は、別途期間を要します。 協力金を支給する旨の決定をしたときは、後日、支給に関する通知を発送します。 なお、協力金を支給しない旨の決定をしたときは、後日、不支給に関する通知を発送します。 問い合わせ先 ご不明な点は下記までお問い合わせください。

次の