ゲーム配信 サイト mildom。 ゲーム配信におすすめの配信サイト比較と収益化の方法を解説|YouTube・OPENREC・ニコニコ動画・Twitchの特徴と違い

配信サイトMildom著作権関連まとめ。(2020.7.6更新)

ゲーム配信 サイト mildom

この記事の目次• 概要 ゲーム配信をして審査さえ通過していれば時給 500円がもらえる。 そんなゲームで遊んでお金がもらえるという夢のような配信サイトが今話題だ。 その名もゲーム配信サイト「 Mildom」。 今回はその「 Mildom」について簡単にまとめてみた。 「Mildom」とは 「 Mildom」は中国の配信サイト『 DouYu』と日本の企業が組んで作ったゲーム配信サイト。 ゲーム配信で有名な「 Twitch」と似たようなサイトだと思ってもらえればいい。 「 Twitch」をはじめとした大手サイトとの大きな違いはその収益システムにある。 なんと審査を通過すれば、一時間の配信で最低『 500円』の時給が保証されているのだ。 そんなうまい話があるもんかと思ったがどうやら本当らしい。 配信ルールや報酬の詳細は以下の画像を見て欲しい。 ・無言配信は禁止。 ・1日最低1. 5時間以上の配信すること。 ・報酬は1時間につき500円。 1日の報酬上限は2000円まで。 簡単にまとめるとこんなところだろうか。 1日最低 1. 5時間以上の配信はなかなか大変なことだろう。 やはりそう配信の世界は甘くないらしい。 審査通過は簡単!? 「 Mildom」の審査は 10月末現在非常に通過しやすいらしい。 まずはサービスのスタートに合わせて少しでも配信者が欲しいのだろう。 配信者の応募がおかげさまで5,000人に到達しそうです!皆様のご応募ありがとうございます!審査結果に関しては通過された方からご連絡差し上げております。 「 Mildom」としては話題になっているうちにより多くの配信者を獲得しておきたいところなのだろう。 キャンペーン開始📣 今日13:00から「父ノ背中」 けんき 、あびつん 、ダステル の三名が配信開始!! 更に、視聴者限定!! 「Mildom」に良くない点はないのか? コンスタントに配信できる人であれば美味しい話ばかりのように感じるがデメリットはないのだろうか? もちろんスタートアップのサービス、多くの問題点を抱えているようだ。 純粋に使いにくい やはり洗礼された大手配信サイトと比べると使いにくい部分が多々ある。 例えば配信に必要なキー設定を毎回し直す必要があったり、最大解像度が「 720p」であったり、今まで別のサイトで配信をしてきた人にとってはかなりのストレスになりえるのではないだろうか。 他配信サイトとの同時配信禁止 これはよくあることかもしれないが今まで配信してきたサイトを捨て、完全に「 Mildom」に乗り換えるのはなかなか勇気のいる決断だろう。 圧倒的知名度の低さ 配信者界隈では話題となっているかもしれないが視聴者は完全に置いてけぼり状態。 ちなみに先日( 28日)に行われた「父ノ背中」所属のけんきさん ですらこのありさま…。 視聴者数 24… まだまだ視聴者にとってはあまりにマイナー過ぎるサービスと言えるだろう。 現状のこのサイトから有名配信者になろうとは間違っても思わない方がよさそうだ。 とは言え視聴者数に関わらず、時給は発生するので趣味の配信でお金がもらえればいい配信者にとっては何ら問題ないだろう。 まとめ 簡単に「 Mildom」についてまとめてみたがまだまだ先の見えない配信サイトと言えるだろう。 この先機能のアップデートを重ね、よりよいサイトとなっていくことだろう。 今後の発展に期待だ。

次の

ゲーム配信サイト Mildom(ミルダム)が時給最大500円保証|ネット労働研究所

ゲーム配信 サイト mildom

Mildom(ミルダム)とは? はゲーム配信プラットフォームです。 運営会社は株式会社DouYu Japanであり、は中国でもゲーム配信プラットフォームを運営しています。 同社は4gamer. netに「」という記事があるので、おそらく三井物産との新会社だと思われます。 同様のゲーム配信プラットフォームサービスは• などがあります。 Twitchが一番の大手ですが、 ゲーム配信で稼ぐのは簡単ではありません。 数百人以上のフォロワー・視聴者をつけることで、やっと投げ銭や広告収入が得られるのが一般的です。 一方でMildomは最近SNS上で 時給最大500円保証が話題となっています。 そんなMildomのサービス・特徴詳しく解説していきます。 Mildom ミルダム)の特徴 時給最大500円で配信者募集!その条件とは? 現在、Mildomではゲーム配信者を募集しています。 各種条件の概要は以下のとおりです。 ・配信報酬 業務委託として配信1時間毎に500円 1日以内に最低1時間以上が支払い条件 1日1時間未満はカウントされない 1日最大4時間分まで支払い 支払い方法は銀行口座登録 月末締め、翌月20日迄に振り込み ・応募条件 性別・年齢不問 ゲーム好き・おしゃべり好きな人優先 ゲームタイトルに制限無し PC・モバイル経由ともに応募対象 配信業務委託契約 特定プロダクションに所属している人は許諾を得てから応募 ・配信ルール 無言配信は禁止 配信可能時間は15歳未満が5:00~20:00、18未満は5:00~22:00 応募完了後、営業日5日以内にアプリを通じて配信応募者に応募結果のメッセージが来るので、事前にアプリをダウンロードする必要があります。 応募期間は 2019年12月31日までとのことです。 申し込みと条件詳細確認はからできます。 コインを通じて投げ銭・報酬を得られる? 配信画面やイベントページを見ると コインが存在します。 コインはおそらくですがプラットフォーム内通貨であり、これを使って アイテム(投げ銭)を送ったり換金することができると思われます。 詳しい換金レート(手数料)等は不明なので、追って情報を更新していきたいと思います。 配信できる環境と方法 PCでの配信はを利用した配信方法です。 こちらは様々な設定が必要となるので、を見ながら行いましょう。 、ではそれぞれ専用アプリをストアからダウンロードして実行します。 将来は時給1000円コース、月間固定給コースなども 因みに、皆様の配信実績に基づき、時給1,000円コース、月間固定給コースなどもご用意しております。 「ゲーム配信でお小遣い稼ぎする」や「ゲーム配信を仕事にする」、そんな世界を目指したいです。 これは人気配信者になれば今より良い条件での配信ができる グレードアップが可能ということです。 時給1,000円で1日4時間、それは30日なら 1ヶ月12万円なのでなかなか良いですね。 ただ、現状では明確な基準が公開されていないので何とも言えないところです。 Mildom(ミルダム)の登録・審査 審査に申し込むにはまずユーザー登録が必要です。 ユーザー登録はから可能で、ログインしてから配信実績や配信予定のゲームタイトル等を入力して応募しましょう。 また審査結果は アプリで受け取るので合わせてアプリをスマホにインストールしておきましょう。 Mildomが実際オススメなのかを考察 で、結局このMildomは稼ぐのに良いサービスなのか?登録すべきなのか?という話ですが… 現状は 配信初心者向けサービスという立ち位置だと思います。 まずこのMildom自体は新興サービスであり、 Twitch等に比べたら小さくニッチなサービスです。 Mildomを選ぶ理由としては 時給500円という収益化システムが大きいでしょう。 駆け出しストリーマーが時給500円を稼ぐのは容易ではないですから、 その観点では良いサービスだと思います。 とはいえ、ある程度見てくれるファンが集まってきたら TwitchやYouTubeにシフト・移籍したほうが正直賢いとは思います。 運営にはぜひとも細かい収益化システムを公開して「 Mildomでトップを目指した方がお得かも」と言わせて欲しいところです。

次の

ゲーム配信サイト「Mildom」の特徴と収益化の方法について解説【移籍】

ゲーム配信 サイト mildom

今話題のライブ配信サイト「Mildom(ミルダム)」。 他のライブ配信サービスと違い、配信時間ごとに報酬をもらうことができるため、 「Mildomを使って自分もゲーム配信してみようかな」 と気になっているゲーマーも多いのではないでしょうか。 そこでここでは、Mildomのサービス内容から配信方法まで、ミルダムについて詳しく紹介します。 Mildom(ミルダム)とは? Mildomはゲームを中心としたライブ配信プラットフォームです。 月間のアクティブユーザー数が1億5000万人を超える中国のライブ配信サイトの最大手「DouYu」が、三井物産の協力を得て2019年9月にスタートしました。 そのため、DouYuの日本版サイトと位置付けられており、 ・高画質・低遅延の配信ができる ・「投げ銭」で配信者を応援できる というDouYuのシステムも引き継がれています。 また、TwitterやLINE、Facebookといった主要なSNSと連携することで簡単にアカウントを作ることができます。 Mildomは比較的新しいライブ配信サイトですが、サービス開始から3週間で配信者が5000人を超えたり、有名ゲーム実況YouTuberが続々と参加を表明するなどして、一気に注目を集めています。 配信1時間ごとにお金が貰える?! Mildomの最大の特徴は 配信すれば報酬がもらえるという点です。 YouTubeのような従来の配信プラットフォームだと収益化するまでにかなりの時間と労力が必要となります。 しかし、Mildomでは 配信1時間ごとに500円の報酬という固定報酬システムを採用していることから、初心者でもすぐに収益化できます。 最近では収益化のハードルが上がっている ただ、最近では配信者が増えたことと、プラットフォームのクオリティを維持するために、報酬を得るための審査が厳しくなっています。 Mildom側が重視しているのではないかと思われるのが ・動画投稿経験の有無 ・ライブ配信経験の有無 といった実績です。 他サイトで配信実績がない場合、Mildomで配信を続けて実績を積んでいくのが良いでしょう。 また、審査をパスしても配信者にランクがつけられ、ランキングに応じて報酬額も変動していくようです。 そのため、最近では収益化のハードルが他のサイトと同じくらいに上がっていて、Mildomにメリットが感じられなくなったという人もいます。 Mildomの配信で必要なもの Mildomで配信を行うには、• Mildomアカウント• Mildomアプリ(スマホ)• ゲーム機• (スマホ、PC、PS4、スイッチなど)• キャプチャーボード• キャプチャーソフト(OBS) などが必要となります。 配信を行うゲーム機によって必要なものは異なりますが、Mildomアカウントは共通して必ず必要になるので、Mildomで配信を行う際は、まずはMildomアカウントを作成しましょう。 Mildomアカウントの作り方 Mildomアカウントは• Twitter• LINE• Facebook• Google といった各種アカウントと連携することで作成できます。 普段使っているSNSアカウントと連携させたくない人は、Mildom(配信)用の別アカウントを作成して連携すれば良いでしょう。 あとは通常のSNSなどのように、アイコンや自己紹介などを自由に設定しましょう。 Mildomで配信するやり方 Mildomでの配信は、• PCゲーム• スマホゲーム• 家庭用ゲーム(PS4・Nintendo Switch) によって、それぞれ配信方法が異なります。 各機器ごとの配信方法を簡単に紹介します。 それぞれの配信方法ををもとにまとめました。 PCゲームをMildomで配信する場合 PCからMildomの配信を行う場合は、• Mildomアカウント• キャプチャーソフト が必要です。 大まかな流れとしては、キャプチャーソフトを利用して、PCゲームのプレイ画面をMildomで配信する感じです。 今回はMildomの公式マニュアルでも紹介されている「OBS」を使ったやり方を紹介します。 Mildomで配信情報を設定する まずはMildomで配信情報を設定します。 Mildomにログインし、ホーム画面の「マイページ・配信設定」をクリックします。 表示される設定画面で• ルームタイトル• 配信するゲームタイトル• サムネ画像 などをそれぞれ設定します。 URLとストリームキーをOBSへコピペする 次に、OBSを起動し、「設定」をクリックします。 表示された設定画面から、「配信」を選びます。 「配信」を選ぶと• サービス• サーバー• ストリームキー の3つの入力項目が表示されるので、 サービス:カスタム と設定し、• サーバー• ストリームキー はそれぞれ、Mildomの配信設定で表示されている• URL• ストリームキー をコピーして、貼り付けます。 OBSにPCゲーム画面を表示させる 次はOBSにPCゲームの映像を表示させます。 OBS下の「ソース」から「ウィンドウキャプチャ」を選びます。 特に問題がなければ、ゲーム画面がOBSに表示されます。 「ウィンドウキャプチャ」でうまく表示されない場合は、「画面キャプチャ」を試してみてください。 OBSで配信設定を行う OBSの「配信」から「詳細設定」を開きます。 「詳細設定」で 「プロセス優先度」を「高」 「遅延配信」の項目で「有効にする」のチェックを外す と設定しておきましょう。 次に映像設定です。 合わせて、出力設定も行います。 「出力」にて• 「主力モード」を「詳細」• 「音声トラック」で「1」を選択• 「エンコーダ」で「x264」• 「レート制御」を「CBR」• 「特定バッファサイズを使用」のチェックを外す• 「キーフレーム感覚」を「2」• 「プロファイル」を「high」• 「チューン」を「zerolatency」 と設定します。 「CPU使用のプリセット」はネット環境に合わせて設定しましょう。 配信ゲームごとの設定 Mildomでは配信ゲームごとに• 「ビットレート」• 「FPS共通値」 に関して推奨設定があるので、配信するゲームにあわせて推奨値に設定しておきましょう。 配信開始! 設定がすべて完了したらあとは配信を始めるだけです。 右下の「配信開始」ボタンを押せばゲーム配信がスタートします。 配信を終了させる場合はOBSの「配信終了」ボタンをクリックして終了です。 スマホで配信する場合 スマホで配信する場合、• Mildomアカウント• Mildomアプリ が必要です。 また、iPhoneとAndroidとでそれぞれ配信方法が異なります。 iPhoneの場合 iPhoneでの配信方法を順を追って紹介します。 コントロールセンターに「画面収録」を追加する まずiPhoneのコントロールセンターに「画面収録」を追加します。 iPhoneの「設定」アプリから「コントロールセンター」を選択し、「コントロールをカスタマイズ」から「コントロールを追加」に移り、「画面収録」を追加します。 Mildomアプリの設定 次にMildomアプリの設定を行います。 Mildomのアプリを起動し、Mildomにログインします。 ログイン後、ホーム画面下中央にあるボタンをタップし、• タイトル• 配信ゲーム• 画質 を設定します。 Mildomでは「720P-3M」の画質を推奨しています。 設定が済んだら「配信する」をタップします。 配信開始! 最後にiPhoneのコントロールセンターを呼び出して、「画面収録」ボタンを長押しします。 表示された画面で「Mildom」を選択し「ブロードキャストを開始」をタップします。 このとき「マイク」をオンの状態に切り替えておきましょう。 3秒のカウントダウンの後、ライブ配信がスタートします。 パフォーマンスデータを確認できるので次の配信の参考にしましょう。 Androidの場合 Androidでの配信方法を順を追って紹介します。 Mildomにログインする まずはMildomアプリを起動し、ログインします。 アプリメイン画面の下側の「ゲーム配信」ボタンをタップします。 配信設定を行う 「ゲーム配信」のボタンをタップすると、• タイトル• 配信するゲーム• 画質 の設定が表示されるので、それぞれ設定します。 設定が完了したら「配信する」をタップします。 配信開始! 「配信する」をタップすると最終確認画面が表示されます。 「今すぐ開始」をタップすると、配信が開始されます。 PS4やスイッチなど家庭用ゲーム機で配信する場合 PS4やNintendoSwitchなどの家庭用ゲーム機で配信する場合は、• Mildomアカウント• ゲーム機• キャプチャーボード• キャプチャーソフト(OBS) が必要となります。 PS4などの家庭用ゲーム機での配信の場合は、ゲーム機の他に配信用のPCが必要となります。 Mildomの配信設定をする Mildomにログインし、ホーム画面上の「マイページ・配信設定」をクリックします。 クリックすると配信設定の画面が表示されるので、• ルームタイトル• サムネ画像• 配信するゲームのタイトル をそれぞれ設定・入力します。 OBSにストリームキーなどをコピペする 次にキャプチャーソフト「OBS」を起動し、「設定」から「配信」を選択します。 サーバー• ストリームキー の入力欄が出てくるので、Mildomの配信設定後に表示される• URL• ストリームキー をそれぞれ、OBSにコピペします。 「サービス」の項目は「カスタム」にしておきましょう。 OBSの配信設定を行う 次に、OBSをMildomに合わせた配信設定を行います。 「設定」から「出力」を選択し、• 「主力モード」を「詳細」• 「音声トラック」で「1」を選択• 「エンコーダ」で「x264」• 「レート制御」を「CBR」• 「特定バッファサイズを使用」のチェックを外す• 「キーフレーム感覚」を「2」• 「CPU使用のプリセット」はネット環境に合わせて設定• 「プロファイル」を「high」• 「チューン」を「zerolatency」 とそれぞれ設定してします。 続いて、「映像」も設定を行います。 設定から「映像」を選択し、• 「縮小フィルタ」を「バイキュービック」• FPS共通値を「30」 と設定しましょう。 最後に「詳細設定」で、 「プロセス優先度」を「高」 「遅延配信」の項目で「有効にする」のチェックを外す と設定します。 OBSからにゲーム画面を表示させる OBSにキャプチャーボードでPCに接続したゲーム機のゲーム画面を表示させます。 OBS下の「ソース」で「ウィンドウキャプチャ」を選択しましょう。 先にゲームを起動しておかないと表示されないので、ゲームは先に起動しておきましょう。 うまく表示されない場合は、「画面キャプチャ」もしくは「映像キャプチャデバイス」を選択してみましょう。 いよいよOBSを操作してライブ配信を開始です。 OBSの詳しい使い方はこちらの記事を参考にしてください。 配信開始! 設定が完了し、ゲームが問題なく表示されたら、「配信開始」ボタンを押して配信スタートです。 配信を終了する場合は、同じように「配信終了」をクリックすれば、配信が終わります。 Mildom まとめ 話題のゲーム配信サイトMildomについてまとめました。 Mildomはゲーム配信激戦区の中国で生き残ってきた「YouDo」の日本版だけあって、非常に使いやすいプラットフォームとなっています。 また、配信初心者としては「1時間配信すればお金がもらえる」という謳い文句が気になるところです。 しかし、Mildomも配信者が多くなるにつれてかなり厳しい審査やランキング制度を導入するなど、初心者にとって収益化のハードルも上がりつつあります。 現在ではどちらかというと、簡単に配信ができるというメリットの方が大きくて 「配信実績を作りたい」 「ゲーム実況に慣れておきたい」 という人に合ったサイトという印象です。 まずはランキングなど細かいことを気にせずに、ライブ配信の楽しさを実感するところから始めましょう。

次の