みりん 軽減 税率。 よくわかる軽減税率のキホン【スーパー編】みりん、リポD、ビックリマンは?

【軽減税率】料理用のワインとみりん、消費税8%はどっち?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

みりん 軽減 税率

提供 軽減税率対応のレジ導入状況は、遅れに遅れ、現時点で4割程度しか移行していないという 10月1日より、現行8%から10%の消費増税が行われる。 果たしてどんな事態となるのか。 「低所得者層のため」!? 不合理だらけの消費増税 消費増税まで、あと3週間ほど。 今回は増税だけでなく、新しく軽減税率が導入される。 低所得者の負担にならないようにと公明党が主張し、飲食料品と新聞の税率は8%のままに。 諸物価高騰の折、命にかかわる食べ物の税率は、ありがたくも据え置かれたわけだ。 しかし、弱者保護の名目で導入される軽減税率、実は不合理だらけだという。 『月刊飲食店経営』の編集長・毛利英昭氏は、外食=贅沢という古いイメージから飲食店での店内サービスを軽減税率の対象外とした為政者たちに疑問を呈す。 「いまや単身世帯率は30%を超えています。 一人暮らしの高齢者も多い。 買い物や料理に困っている人にとって、外食は生活の重要な基盤です。 外食といっても牛丼一杯が380円なら、家で作るより安い。 それなのに外食は贅沢だと一律に10%にしたのには違和感を覚えます」 軽減税率が低所得者のためになるかは未知数なものの、線引きの曖昧な軽減税率によって、混乱が生じるのは確かだろう。 「人手不足の影響で、飲食業界も外国人に頼っています。 日本語が十分でないスタッフもいるなかで、10月からはさまざまな質問が店員に寄せられるでしょう。 食べ残ったものを持ち帰りたいが軽減税率は適用されるのか、セットのジュースだけを店内で飲み、残りはテイクアウトしたいなど。 お客さまに消費税が8%か10%かを説明しないといけない場面が増え、レジは混雑が予想されます」 店側に何ら落ち度がなくても、軽減税率がらみで客からクレームを言われる心配もある。 「8%のテイクアウト客が店内で食べていたら、他のお客さまから文句が出るかもしれません。 軽減税率が適用されるかどうかは、購入する段階で決まります。 『席が混んでいて持ち帰ろうとしたが、会計を終えた瞬間に空いたので、座って食べた』。 この場合は差額の2%は払う必要はありません。 でもテイクアウト用の容器で食べていると、10%を払ったお客さまには白い目で見られるかもしれません」 ほかにも、通常の屋台は外食と同じ10%になるが、移動販売車(フードトラック)や祭りの出店は机や椅子を店側が用意していないので軽減税率の対象で8%に。 このわかりにくさに不満を抱く客は増えそうだ。 毛利氏は、「店員を守るためには、しっかりクレーム対策の準備をしなければならない」と助言する。 イートインスペースがある店の苦悩 一方でスーパーやコンビニは、イートインスペースがあっても、会計時に持ち帰りかどうかを一人一人確認する必要が生じるのでは。 「買ったものをイートインで食べれば、軽減税率の対象外で10%です。 でも小売店は『ここで食べる場合は申告してください』と明記したポスターを貼っておけば、レジでお客さまに尋ねなくてもいいのです。 実際はイートインを利用するお客さまも『ここで食べます』とわざわざ言わないかもしれない。 店側も消費税は預かっているだけで、8%でも10%でも得も損もしないので、持ち帰り客がイートインで食べていても積極的には注意しないのが賢明だと思うでしょう」 たかが2%のために、嘘はつきたくない。 されど周りが黙っているのに自分だけが馬鹿正直に白状して損をするのも癪なだけ。 それならいっそのこと、出前や宅配を頼む人が増えると予想されるが。 「デリバリーの潜在的ニーズは高いですし、出前館やUber Eatsなどの専門サービスの普及で、店側も始めやすくなっています。 ただ店で食べるより2%安くなっても、配送料はそれ以上にかかります。 軽減税率を理由にするデリバリーの増加は、そこまで多くはならないでしょう」 節約のためには、いつもデリバリーとはいかない。 かといって、レジでは良心を試される。 増税によって財布だけでなく、心にも厳しい秋が訪れようとしている。 今回の増税では、専門家も思わず首を傾げたくなるケースがあると税理士の脇田弥輝氏は言う。 「近所のスーパーのセルフレジで、みりんを買うと年齢確認が出てくるようになりました。 みりんは酒類に分けられ軽減税率の対象外のため、すでにレジのシステムが変更になったのでしょう。 みりんを買うたびに店員を呼んで年齢確認してもらうのはお互いに手間ですし、子供に買い物を頼むときにも気をつけなければなりませんね」 8%か10%か? 直感的にわかりにくい さらにややこしいことに、アルコール度数1%未満の「みりん風調味料」や食塩が入っている「料理酒」は酒類に分類されず、軽減税率の対象になる。 8%と10%の境界は、直感的にはわかりにくいものも多い。 「いっそのこと10%に統一してほしい、と事業者側から言い出すために、軽減税率を導入したのではと、うがった見方をしてしまいそうですね(笑)」(脇田氏) 軽減税率は海外ではもっと複雑だ。 フランスではバターは軽減税率の対象なのにマーガリンは対象外だったり、カナダではドーナツの数で税率を判断する。 脇田氏は「やがて日本も海外のようにさらに複雑な軽減税率を導入しかねない」と懸念を示す。 そんななか、「一体資産」を生かせば商機に繋がるとも氏は話す。 複雑怪奇な仕組みを逆手に取るビジネスも 「一体資産とは、食玩付きお菓子など軽減税率対象の食品と食品以外の商品を一緒にしたもの。 税抜き価格が1万円以下で、食品部分の価格が全体の3分の2以上を占めていれば、一体資産も軽減税率の対象になります」 つまり条件を満たせば、軽減税率の対象外の商品を、対象商品として売ることができるのだ。 ただ「ビックリマンチョコ」は8%なのに、「プロ野球チップス」は軽減税率の対象外の10%と複雑怪奇な仕組みになっている。 それでも、これを逆手に取れば、事業者はビジネス展開ができそうだ。 「例えば、2万円のお重のおせちを販売すれば10月から消費税は10%。 それを一段ごと1万円以内に分け、バラ売りにし、自由に組み合わせできるようにすれば、軽減税率の対象になる場合があり、お得感をアピールできます」 そうアドバイスしてくれる脇田氏だが、軽減税率は税理士にとっても我慢を強いられると話す。 「軽減税率はどの企業も影響を受けます。 軽減税率対象の商品を取り扱っていない企業でも、お茶や弁当などを買って経費として計上しています。 だから領収書の税率が正しく経理書類に記入されているのか、税理士のチェック作業は大幅に増えます。

次の

みりんは軽減税率対象外!?「みりん」は10%でも「みりん風調味料」は8%ってわけワカメ~!!

みりん 軽減 税率

・お酒や外食、医薬品等を除く飲食料品の譲渡 ・定期購読契約に基づき配送される 新聞 (週2回以上発行されるもの)の譲渡 「お酒」については、贅沢品であることから軽減税率の対象から除かれています? では、みりんは「お酒」に該当するのでしょうか? みりんは料理の調味料として使うものであるため「贅沢品」とは言うようなものではないと思いますが、アルコール度数は日本酒などと変わらない高さなので、「お酒」に該当するのかどうか判断がつきにくいと思います。 軽減税率の適用対象外となる「お酒」とは 軽減税率の適用対象外とされる「お酒」とは、 酒税法第2条第1項に規定する「酒類」をいい、原則としてアルコール度数1%以上の飲料が「酒類」に該当します。 (酒類の定義及び種類) 第二条 この法律において「酒類」とは、 アルコール分一度以上の飲料(薄めてアルコール分一度以上の飲料とすることができるもの(アルコール分が九十度以上のアルコールのうち、第七条第一項の規定による酒類の製造免許を受けた者が酒類の原料として当該製造免許を受けた製造場において製造するもの以外のものを除く。 )又は溶解してアルコール分一度以上の飲料とすることができる粉末状のものを含む。 )をいう。 「発酵調味料」も、「みりん風調味料」と同様の理由で、一般のスーパーマーケットなどでも販売できるようにするために開発されたものです。 「発酵調味料」は、アルコール度数は1%以上ですが、本みりんに食塩を加えて塩分濃度1. 5%以上にした「不可飲処置」を施していることになるため、酒税法に規定する「酒類」の範囲から除かれます。 したがって、発酵調味料は、お酒ではなく通常の飲食料品と同様に扱うため、軽減税率が適用され消費税率は8%となります。 まとめ みりんには、何も手を加えていない「本みりん」、アルコール度数1%未満になるまで薄めた「みりん風調味料」、本みりんに食塩を加えて塩分濃度1. 5%以上にした「発酵調味料」の3種類があります。 「本みりん」はアルコール度数1%以上なので「酒類」に該当し、軽減税率の適用はありません。 「みりん風調味料」はアルコール度数1%未満なので「酒類」に該当せず、軽減税率が適用されます。 「発酵調味料」はアルコール度数1%以上ですが、塩分濃度を1. 5%以上にする「不可飲処置」が施されているため「酒類」に該当せず、軽減税率が適用されます。 関連するアプリの問題 消費税率判定トレーニング 問題番号 タイトル SP105 調理用のみりん風調味料 SP106 調理用の純米本みりん SP107 調理用の発酵調味料.

次の

「本みりん」が軽減税率の対象とならないのは、納得がいかないから、試しに「本みりん」を飲んでみた

みりん 軽減 税率

軽減税率対象になる飲食料品は一部の例外はありますが、食品表示法に規定する食品を指します。 しかし酒類は除く、と明記されています。 みりんとみりん風調味料は含まれるアルコール度数で区別される 軽減税率の区別、8%なのか10%なのかの区別の例としてよく挙げられるのが「みりん」と「みりん風調味料」です。 この2つは何が違うのでしょうか? みりんは「本みりん」と称され、酒税法に則った原材料で作られます。 もち米、米麹、醸造アルコール、糖類などです。 一方、「みりん風調味料」は糖類、米、米麹、酸味料、調味料などから作られるものを指します。 つまり、 「アルコールを使うかどうか」という違いだと分かります。 そして、 酒類に分類されるかはアルコール度数で決められています。 かなりアルコールが含まれているので酒類に属す飲食料品になります。 この内容の違いによって、次のように分類されます。 お詫びして訂正いたします。 すべての顧客、消費者がこのような知識を持っているとは限りません。 ではどのように区別すべきでしょうか。 消費者に誤解されないようにするには スーパーや小売店で買い物をする顧客は、みりんの中に含まれる成分、アルコール度数よりも価格を気にするはずです。 特に会計時、お客様はレジの打刻内容に目を凝らして見ているもの。 クレームの種になってしまいそうです。 陳列方法や棚割りを分かりやすくしたり、 プライスカードを色分けするなどの工夫をしてみましょう。 併せて税率が違う理由を聞かれるかもしれません。 はっきり答えられるように従業員教育も忘れずにしておきましょう。 意外にもみりん風調味料の販売数が増えるかもしれません。 まとめ• 酒類は飲食料品に分類されず、軽減税率対象品目から除外される• スーパーや小売業では陳列やプライスカードを工夫して分かりやすく区別する必要がある 増税時の消費の冷え込みを最小限にするためにも、売り手であるスーパーや小売店では「価格の分かりやすさ」を意識して工夫する必要があります。 従業員全員で話し合い、良策を引き出し、顧客満足度を高めたいですね。

次の