令和納豆 代表。 令和納豆、クラウドファンディングのお返し「生涯無料パス」没収されたとの投稿で釈明|ニフティニュース

【2chまとめ】令和納豆が詐欺!?パスポートを店員に没収されたとの口コミも・・

令和納豆 代表

こっちの記事には、 ・パスポートを取上げられてしまった出資者3人 ・令和納豆代表の宮下裕任氏 ・弁護士 ・クライドファンディング運営元のFAAVO事務局 と、まぁ世の騒いでる人が 話を聞きたいであろう人物が一気に出演されている。 この記事では、おそらくパスポートを没収されたという出資者自身のみならず、話題となって事態を知った周囲やネットを見ていた人が抱いたモヤモヤとしたものが、 ・法律的にまかりとおることなのか ・FAAVOの規約、クライドファンディング的にどうなのか という、おそらくこの件で興味がある人の大多数が知りたいであろう部分にも触れている。 メディアに先を越されてしまったので自分の調べたことは後回しにして、この記事や、SNSなどに投稿されているものを参照しながら、自身が思った事を 前回に続いて書いてみようと思う。 ここで3人の出資者の共通している点については、令和納豆が声明で発表した、 信頼関係の構築が難しいと判断 この項目により失効、取上げがなされているということ。 また、公式声明であった ・従業員に対して罵声を浴びせ、退店時に当店の看板を破損させ、当店に損害を与えた方。 ・従業員を罵ったことで、複数のお客様が退店され、当店に損害を与えた方。 ・入店時の列や会計待ちの列に強引な割り込みをし、他のお客様に不利益を与えた方。 ・など これらの行為は3人は決して行ってはいないということである(事実なら) (一応、令和納豆公式の声明) やはりというか、この一件で争点のキモになってくるのは 信頼関係の構築という 何ともあやふやな部分だろうか。 上記記事もその信頼関係の部分にスポットを当てて書かれているように思う。 ・ Aさん「無料以外のメニューを注文しないから」 ・Bさん「アンケート記入が不誠実だから」 ・Cさん「令和納豆に害をなすおそれがある」 簡単に書くと上記理由である。 信頼関係の構築という何とも曖昧な表現に対して、3通りとも 難癖に近いような一方的な言い分を良くもまぁ考えたもんだ、というのが率直な感想だろうか。 更に記事には令和納豆代表である宮下裕任氏のコメント(主張?)も掲載されている。 以下、今回の規約違反について。 初回利用時に規約の説明と同意を得ているというが、そもそも規約についてCFのページに記載がないこと、なぜ店舗に来た時に初めてその規約の存在を知ることになったのか。 宮下氏のコメント抜粋 ・生涯の付き合いになるので直接お会いした時に説明すべきと判断 ・出資者(支援者)はお客様ではなく『仲間』 ・ネット上に掲載してチェックを入れるだけではトラブルになりかねない 規約自体のことについて、このように述べられている。 しかし、ここにも私自身が感じる違和感や突っ込みどころがある。 しかし、だ。 A氏によれば「規約については紙を渡され「読んでおいてください」とされていただけ」と回顧している。 これではネット上に掲載したものにチェックを入れる形態と何ら変わりがないのでは?と感じる。 なにもわざわざ来店という手間をかけずとも出来ることではないか。 もし 「直接来店することが信頼関係の構築」だと考えるとすれば、 出資者に対して何を試すような真似をしているんだ!?(しかも信頼関係を構築しようという『仲間』に対して)とも感じ取れる。 後付けで利用規約が出てきた上にこのような出資者に別途の負担がかかる可能性が出るならあらかじめ CFの時点で見えるように記載するべきだろう。 そして、もちろん これだけではない。 今回の支援を 『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方がいます。 無料対象の食事だけをして、スタッフが話しかけてもコミュニケーションを取っていただけない方がいます。 私たちを 飲食店スタッフとしか見ていないのでしょうか。 ネットで『こんな不味い店に価値はない。 返金だ。 ダメなら裁判だ』と書いた方、『詐欺やってるんじゃない』とクレームした方もいました。 (宮下氏) 何やらまた 香ばしい発言が満載である。 この短い文章の中で感じたのは3点である。 実際にCFで掲載されていたリターンを見てみる。 どうだろうか、 私には「無料で定食を食べられる権利」にしか見えない。 これで 「『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方」呼ばわりされたらたまったものではない。 宮下氏が、「支援者ではなく仲間としてお付き合いしたい」「このリターンを無料は定食を食べられる権利だけではない」「信頼関係の構築を重視したい」というのであれば、 明確にわかりやすくリターンの項目に記載するべきである。 「 『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方は我々の仲間ではない。 仲間でない人とは信頼関係の構築が出来ない。 ネットで『 こんな不味い店に価値はない。 返金だ。 ダメなら裁判だ』と書いた方、『 詐欺やってるんじゃない』とクレームした方もいました。 これね、ぶっちゃけ編集された記事だから、事実を捻じ曲げない程度に文字数の関係で適当に間引いてる部分もあるだろうし、これから書く意図と違ってる可能性もあるんだけどね。 こういうクレーム入れる人と信頼関係が構築出来ない、という言い分。 まぁわかる。 わかりますよ。 詐欺呼ばわりまでされたら流石に黙ってはいられない。 いきなり人を詐欺呼ばわりするような人とは付き合う必要なんで無い。 でも最初の方の 「こんな不味い店に価値はない。 返金だ。 ダメなら裁判だ」っていうのって、支援者がわざわざ言ったとも思えないんですよね。 しかも 本当にそのような発言があったとして、ですよ。 (攻撃的な意図が無ければ) 食べて不味いと思うのは本人の感性の問題なのでそういう感想を持つのは自由なはず。 そもそもそれが 信頼関係の構築が難しいというのは無理を感じる。 令和納豆、宮下氏は 「(不味いなどの)厳しい意見を言う人は仲間ではない」とでも言うのだろうか。 この宮下氏自身の言葉から感じるのも 「なんでそんな発言が起きる事態が発生しているの?何か都合の悪いことを隠してない?」である。 「迷惑な支援者がいる」なんて歪んだ被害者意識が非常に強いと思わざるをえない。 この弁護士の見解から、 まだパスポートを取上げられていない出資者が今後も令和納豆で無料定食の提供を受けようとするなら取るべき態度、行動というものが見えてくると思う。 弁護士の正木氏の話も結構な文字数あるので、端折ってしまうけど、このCFで交わされる契約事項というのは 基本的に民事であるため、 何事も双方の取決めというのがキモになってくると感じる。 なので、 AさんBさんCさんの事例も明確な判決のような断定はしておらず、もし何かしらの不服があった場合に法律的解決をしたい場合の、 立ち位置(出資側か令和納豆側か)で、正木氏(弁護人)の言い方も変わってくると思われる。 パスポートを返してください」とはっきり言いましょう。 なし崩しにそのまま無言で店を出るなりしてしまうと、失効について納得したという令和納豆が主張しそうな言い分が通りかねません。 令和納豆にパスポート利用で行く時は、「自分は信頼関係が構築が失われるようなことはしていない!」という言い分を正当化、主張したいなら確たる証拠を記録に残しましょう。 スマホで録音なんて良いかもしれません。 揉めるようなら動画撮影もしましょう。 パスポートの所有権について、当方が調べる限り規則にも記載が無かったため、 通常は出資者が所有権を持っていると考えられます。 所有しているものを返すように主張すること、それをゴネるようなら然るべき機関に通報するのは何もおかしいことではありません。 【締め】でもね、、、 また、令和納豆について当事者でもないのにグダグダ書いてしまった。 でも外野から見ていて、どうにも 令和納豆の代表宮下氏は都合の良いことだけで、さも自分たちは被害者だという意識を強く押し出している感覚を受け、本来なら〇〇呼ばわりしたいぐらいだが、双方の言い分が違ってる以上 真実は当事者でしか知ることは出来ないのかもしれない。 最後のほうについては法律的な見解と、取るべき・取った方が良い行動を自分なりに書いてみたけど、 でもこ んなことしてまでパスポートを保持出来たとしても、それからまた納豆食べに令和納豆に行こうって思える?ってなりますわな。 こういう 法律論までいちいち出すこともなく、双方にメリットがあるように無難に店舗運営を続けていく(令和納豆的に言えば100年ぐらい) それが信頼関係の構築ってことになるんじゃないのかな。 「今回の件については法的にも問題ないことを弁護士にもかくにんしております」なんて声明を出すってことは 「納得いってない人がいるようだけども」って枕詞が付いているようなもんだ。 誰とどうなることが令和納豆や宮下氏の信頼関係の構築になるのだろうか。 まずは 信頼関係の構築の指すものをこれでもかと説いた上で賛同者を集めないと、こういうことの繰り返しになってしまうのではなかろうか。 仮に法律的に問題が無かったとしても、あんまり 一般消費者を欺くような感覚にさせる商売方法は、法的に問題なくても淘汰されていくだろうって感覚を持った方が良いのではないだろうか。 信頼関係の構築という言葉を出すなら。 追記 一連の令和納豆のちょっとした騒動は一応の決着を見たようなので、また記事を書きました。 気が付かないうちにそこそこ時間が経ってしまっているので読む人なんていないだろうけど笑.

次の

令和納豆の雑感 その2|41|note

令和納豆 代表

私たちの想い ひょんなキッカケから納豆の勉強をし始めたのですが、どんどん納豆の可能性に魅了され、今では、令和納豆でたくさんの人に納豆を提供したい、そして、世界に納豆文化を普及させたいと思うようになりました。 無茶な挑戦かもしれない、でも、やってみなければ分からない。 少子高齢化も機械化も進む中で、職人が作り上げる手のひらの上に燈る想いを、水戸から世界へ届けたい。 それは、生まれたばかりのベンチャー企業である私たちが始めた小さなことでも、いつか、多くの人達に明日の夢と希望を指し示すことができると、信じています。 販売されているメニューは4種類で、梅、竹、松、極松の納豆ご飯定食です。 所在地 〒310-0022 茨城県水戸市梅香1-2-5 アーバンビジネスホテル2F アクセス JR水戸駅北口より徒歩10分、常磐高速水戸I. より車で20分 営業時間 6:30〜23:00 席数 カウンター6席、テーブル18席 最大30席 クラウドファンディング1万円の支援コースで生涯無料パスポートの特典 「令和納豆」の開店資金は、クラウドファンディングで支援されています。 クラウドファンディングのプロジェクトでは、支援する金額に応じて、様々なリターンを受け取ることができます。 そして、このプロジェクトの最大のリターンが、『納豆ご飯セット一生涯無料パスポート』となっていて、受付開始時に即日完売となり、その後1000人分が追加されたという経緯があります。 梅コースは1食600円なので、たった17回で元が取れる計算になります。 納豆スタンド「令和納豆」の納豆ご飯セット 梅コース が一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート。 クラウドファンディング限定の会員パスポートとなりますので、今だけのプレゼントです。 ・ご本人様のみ有効。 ・1日1回限り。 ・店舗の納豆が品切れになった場合は使用不可。 ・譲渡禁止。 【炎上】生涯無料パスポート取り上げの理由は? 『納豆ご飯セット一生涯無料パスポート』は、お店の近辺に住む方や納豆好きの方にはとても魅力的なリターンとして、ネット上でも話題になりました。 そして2019年7月10日に「令和納豆」がオープンし、1万円コースを支援した方には『納豆ご飯セット一生涯無料パスポート』が届きました。 支援者はパスポートを使い納豆定食を楽しんでいたようですが、2020年になり多くの方が突然「規約違反」でパスポートを取り上げられているようです。 令和納豆、当時は羨ましいなって思ったんだけど、これはヒドい。 — HOSOKAWA Jun pik この他にも多くの方がパスポートを取り上げられており、炎上騒動となっています。 被害者が沢山いるみたいなので改めて。 私も令和納豆の被害者です。 届いた時にウキウキで撮ったパスポート写真ですが店の人に取り上げられてしまったので現物はもう手元にありませぬ。 ご査収ください。 — 半崎 d1a2i1c1h 「令和納豆」の言い分としては、来店した際に、「無料となる梅コースしか頼んでいない・メールでのアンケートの回答が不誠実」と言ことで、 規約の「当店と会員の信頼関係が損なわれた場合」に該当するとのことです。 この難癖をつけたパスポート没収理由に対して、批判が殺到しています。 世間の反応 店「一定期間利用無かったらパスポート没収するで」 客「分かった。 じゃあ食べに行くで」 店「来過ぎたから没収するで」 客「ファッ!?」 — でぃすわん dis1yahoo 令和納豆の対応ひどすぎ…令和が付くのってなんか胡散臭いのが多い気がする — ㋕㊀㋟㊀ kataing 令和納豆 1番やってはいけないことをやった。 それは裏切り。 一生涯無料パスポートで一生涯信頼されない会社になってしまったのか。 支援者にとっては痛い勉強代になったということか。 このパターンの行く末はただ一つ。 — 海武道 人事コンサル crossbomber29 令和納豆の納豆パスポートは完全に店側が見誤った設定に問題あるだろ。 せめて回数や割引にするべきだった。 パスポート取り上げの理由がひどいので、誠実に対応してほしいと思います。

次の

令和納豆

令和納豆 代表

ある日、唐突に店員から「本日からパスポートは使用できない」と、一方的にパスを取り上げられました。 理由は、規約違反とのこと。 ・毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない。 ・メールでのアンケートの回答が不誠実だった 以上の理由で、規約にある「当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合」に該当するとのこと。 確かに規約に書いてありますが、客と店の信頼関係っていったい何、、、、? つまり、店側の判断でパスはいつでも取り上げられるので、パスのせいで赤字になることはないという算段か。 確か今回で16回目のパス使用でした。 「1万円で納豆定食が一生涯無料!」と甘いことを謳って金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り合げる。 こんな詐欺まがいの店に怒りを感じています。 パスをお持ちでない方には関係のない話だと思いますが、今後来店される方は「そういう考えの店」ということを理解した上でご来店されたほうがいいと思います。 詐欺会社です。 ソース: — Google 検索 — 2020年5月24日(日)閲覧。 などなど……最初に引用したレビューが一番詳しく、約500文字という熱量を鑑みてもその無念さがうかがえます。 また最後に引用したレビューはそもそも無料パスポートが発行されないという、事実であれば本当に詐欺としかいえない被害も報告されています。 その他、引用外のレビューでも同様の被害を訴えるもの、「詐欺」の文言が盛り込まれているものなどが確認できます。 それらがネット民に見つかった結果、いまではGoogleの検索結果における「令和納豆」の扱いは、 といった炎上の様相を呈しており、「Google のクチコミ」にも低評価レビューが殺到しています。 なお本記事で引用している「Google のクチコミ」はすべて炎上前から掲載されているものです。 したがって炎上後に便乗したイタズラの可能性はありません(嗅覚の鋭すぎる愉快犯が炎上見込みで仕込んでいた可能性などは否定できませんが)。 追記:2020年5月25日頃、本記事で引用したレビューの一部を含む「Googleの クチコミ」約40件と「カテゴリの提案」が削除された模様です(レビューの削除自体は5月25日以前から行われており、削除総数は3桁に上っています)。 そしてクラウドファンディングについては、プレスリリースやニュース記事を確認すると、 曰く、令和納豆が一生涯無料パスポートを失効させた相手は利用規約を遵守せず、• ご来店の度に従業員の配席案内に従っていただけなかったり• アンケートへの不誠実な対応をされたり• またその他の実例として、無料パスポートの権利失効手続きが実施されたのは、• 従業員に対して罵声を浴びせ、退店時に当店の看板を破損させ、当店に損害を与えた方。 従業員を罵ったことで、複数のお客様が退店され、当店に損害を与えた方。 入店時の列や会計待ちの列に強引な割り込みをし、他のお客様に不利益を与えた方。 などであり、一連の権利失効は一方的な剥奪や詐欺行為には該当しないとのことです。 ソース: — 令和納豆 — 2020年6月17日(水)閲覧。 が、上記の報告に対しても異議を唱えるネット上の投稿が確認されています。 つまり令和納豆側と利用者側で、真っ向から主張が食い違っている状況です。 そして令和納豆は「事実とは異なる投稿」などに対して「法的手段を検討して参ります」とも表明しています。 というわけで、公の場で事実が明らかにされる日を待ちたいと思います。 続報:令和納豆が謝罪と返金対応を発表.

次の