メタン ハイド レート 実用 化。 「メタンハイドレートは資源ではない」石井吉徳・元国立環境研究所長 — オルタナ: サステナブル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「メタンハイドレートは資源ではない」石井吉徳・元国立環境研究所長 — オルタナ: サステナブル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

メタン ハイド レート 実用 化

なぜ、メタンガスと水が混ざったものが固形化しているかというと、地下の低温高圧下でメタンハイドレートとして固形化しているからです。 昨今、このメタンハイドレートが注目されているのは、このメタンハイドレートを液体化することで、液化天然ガスの代替エネルギーとして利用されることが期待されているからです。 また、このメタンハイドレートは日本海近海に多く埋蔵されているため、日本が一気に資源立国となることも期待されているためです。 しかし問題もあります。 その問題を含めて、そんなメタンハイドレートについて、メリットと問題点をまとめました。 メタンハイドレート(燃える氷)とは? このメタンハイドレートとは何でしょうか?メタンハイドレートは別名を、燃える氷とも呼ばれる、メタンガスと水とが混ざって固形化したもののことです。 燃える氷という名前は、シャーベット状という形状でありながら、固形のまま燃焼するため、燃える氷という表現がされます、ではどうしてメタンガスと水とが混ざって固体となっているかというと。 このメタンハイドレートは地下に埋蔵されている状態であり、地下の高圧下と低温状態により、メタンガスと水が混合してメタンハイドレートとして固形化しているためです。 昨今、このメタンハイドレートを液体化することで、液化天然ガスの代替エネルギーとして利用されることが期待されています。 つまり、現在の原油高の問題点にとっても、問題点の解消に役立つのではと期待されているのですね。 スポンサーリンク このメタンハイドレートですが、海底に広範囲にわたって層をなして存在していることが最近の研究で確認されています。 また、日本の近海でも、西日本の太平洋側をはじめとして広く分布されているということが推測されています。 つまり、このメタンハイドレートの利用が現実に実用化できたなら、本来なら資源に乏しい日本が、資源大国となることも夢ではないのです。 実用化に問題点が残るとはいえ、今後のエネルギー資源として注目されているのもうなずけるでしょう。 技術的な問題点をクリアーして、実用化されることを待ち望む関係者も多いです。 メタンハイドレートの実用化は、原油価格が1バレル40-50ドルのレベルでも十分に採算が取れるということです。 今でこそ落ちついていますが、原油価格の高騰が世界的な問題点となる昨今、原油に代わる代替エネルギーとしても期待されています。 しかし、問題点はまだ残っています。 メタンハイドレート(燃える氷)の問題点? メタンハイドレートには技術的な問題点に不安が残ります。 メタンハイドレートはメタンガスと水で構成されるのですが、本来メタンガスというのは二酸化炭素と同様、温暖化ガスです。 温暖化ガスであるメタンガスが、仮に気体のまま空気中に散布されてしまった場合、地球温暖化に影響が出てくるのです。 二酸化炭素と違い、メタンガスは空気中でも12年程度で分解されるため、温暖化への影響は少ないとされていますが、温暖化ガスを少なくしようとする昨今、この問題が問題点となることもあります。 技術的な問題点として、海底中に存在するメタンハイドレートを、空気中にメタンガスを放出することなく摘出できるか、技術的な問題点があります。 そのために現在、日本の大手企業が中心になって、このメタンハイドレートの実用化に向けて力を入れています。 メタンハイドレート(燃える氷)の問題点、まとめ いかがだったでしょうか?以上、簡単ではありますがメタンハイドレート(燃える氷)について問題点と期待される点をまとめてみました。 このメタンハイドレートはに寄せられる期待としては、日本独自の技術もさることながら、新エネルギーとしての利用など、多くの期待がされています。 しかしその一方で、温暖化ガスが増える危険性など、技術的な問題点も指摘されており。 メタンハイドレートに注目をされていながらも、多くの問題点が残っています。 メタンハイドレートについて、メリットと問題点をまとめてみました。 ご参考になれば幸いです。

次の

メタンハイドレートとは?実用化の可能性はいつごろ?長所と短所を調べてみた

メタン ハイド レート 実用 化

メタンハイドレートの温暖化問題 メタンガスが温室効果ガスなのです!しかも 二酸化炭素の20倍らしい! メタンハイドレートは 低気温、 高圧状態で作られるものみたいなんです。 採掘中にこのバランスが崩れるとメタンハイドレートの中のメタンが出てきてしまい、 大気中に大量に放出されます! 工法の危険性 日本が行ったメタンハイドレートの採取実験工法が 減圧法と言われているヤツらしいんです。 どういう工法かと言うと海底に穴を深く掘って 二酸化炭素を充満させて減圧、メタンハイドレートを分解するという工法です。 水圧でメタンハイドレートは氷の状態を保っています。 しかし海水が二酸化炭素に変わったので圧力が少なくなり、 メタンハイドレートが分解されてメタンガスが必要以上に 大量に出てくるかもしれない! ということ! しかもそのメタンガスの大気への放出は他のメタンハイドレートに影響を与えます。 その結果連鎖的にメタンガスが大量に放出されるかも? この問題について温暖化以外に危険と言われる問題があり、 このメタンガス大放出が周辺の海底の地質を変化させると言われているんです。 その結果 地震や 津波が起こるというのです… そしてこの影響は日本だけではなく、世界に及ぶんです! 技術的問題 日本は1999年~2000年にかけて南海トラフで試掘を行ったようです。 しかし総額 500億円ほどかかっても商業化には至っていないんです。 南海トラフ等太平洋側のメタンハイドレートは深海の泥や砂などと分子レベルで混ざっているんです。 ということで採取がムズイ! 油田などは湧き出てくるのですがメタンハイドレートは上まで持ってこないといけません。 その方法も考えなくちゃいけないんです。 メタンハイドレートのコストパフォーマンス 現在はメタンハイドレートを掘り出すコスト、エネルギーを取り出すコスト、 が最終的に得られるコストより高くなっちゃっているらしいんです。 そんな中このメタンハイドレートを利用するのはかなり難しいのではないかと思います… メタンハイドレートのメリット そんなメタンハイドレートの良い所ってなんでしょう? メタンハイドレートは埋蔵量も豊富 なんと日本の周辺の海に 大量に埋まっているんです!なんと 100年分の日本の天然ガスの使用量! 北海道周辺から南西諸島周辺までとどこにでもあるんです! とくに 南海トラフに沢山埋まっていると考えれられています。 そして日本海側には純度が高く塊のようにあることが調査で分かっています。 調査をしたらメタンハイドレートがあると思われる場所が225か所見つかったそうです。 東シナ海には680トン相当の量があり、 北方領土の大陸棚にも大量のメタンハイドレートがあると考えられているんです! 日本の管轄している範囲のメタンハイドレートの総量は12. 6兆立方メートル! その 価値は120兆円!超大金もち! しかもこのメタンハイドレートは 1立方メートルを解凍すると160立方メートルにもなるんです! こんだけ大量に埋まっていてこんだけの量に膨らむのなら利用しない手はないでしょう! メタンハイドレートが新しい技術に?! メタンハイドレートを安定したエネルギー資源にするにはそれなりの掘削技術などが必要だと思うんです。 一応メタンハイドレートは日本だけではなく世界中にもあるのでその技術を売り込むことも出来るでしょう! 実用化にはまだかかりそうなメタンハイドレードです。

次の

メタンハイドレート(燃える氷)の問題点

メタン ハイド レート 実用 化

近年では太陽光発電や風力発電など新しい取り組みが進められていますが、日本のエネルギー自給率は依然として低いままです。 2016年の日本のエネルギー自給率は8. 3%で、2014年の6. 0%よりは高くなっているものの、他国と比べて低い水準です。 エネルギーを他国に依存している状態はあまり好ましくありません。 そんなエネルギー問題の救世主としてスポットライトが当たったのは、日本の近海にたくさん埋まっていると言われているメタンハイドレートです。 「燃える氷」とも呼ばれるメタンハイドレートは、メタンと水から構成される物質。 火を近づけると勢いよく燃えて、水だけが残ります。 従来の化石燃料からは地球温暖化を引き起こす二酸化炭素や、酸性雨を引き起こす窒素酸化物・硫黄酸化物が排出されていました。 メタンハイドレートは二酸化炭素・窒素酸化物の排出量が、化石燃料の約3分の2です。 硫黄酸化物はほとんど発生しません。 日本国内で産出できるクリーンなエネルギーということで、メタンハイドレートには大きな期待が集まっているのです。 メタンハイドレートは特殊な構造を持っており、温度が低く、圧力が高い場所でしか固体として存在できません。 そのため、深海や北極・南極の氷の下に存在しています。 日本の周辺海域では北海道周辺の海域をはじめ、本州、四国、九州の太平洋側、日本海側の一部に広く分布しています。 2009年の調査時点で、総面積は約122,000キロ平方メートル。 中でも渥美半島、志摩半島、紀伊半島のあたりに集中していると考えられています。 2018年6月14日付の国立研究開発法人海洋研究開発機構のプレスリリースによると、紀伊半島の南東から想定の10倍以上に及ぶメタンハイドレートが発見されたそうです。 これは熊野海盆にある海底泥火山を掘削、内部の堆積物を調べたもの。 分析したところ、山頂から590メートルの深さまでメタンハイドレートが存在していました。 その量は約32億平方メートル。 これまで試算されていた海底泥火山一つに含まれるメタン量の10倍以上に及びます。 メタンの90%以上は二酸化炭素と水素から微生物によって生産されたものでした。 この研究によって、メタンハイドレートとして存在するメタンの量が想定以上に多かったことと、メタンの発生に微生物が大きく寄与していることの二つが結論として挙げられています。 メタンが日本近海の海底にたくさん存在することまではわかっていますが、実用化までには長い道のりがあります。 まず、メタンハイドレートを海底から回収しなければなりません。 天然ガスや石油のように海底から吹き出すものではないので、地上まで運ぶのが困難です。 先ほども説明したとおり、メタンハイドレートが固体の状態で存在するには低い温度と強い圧力が必要に。 地層内の圧力を下げることでメタンハイドレートをメタンと水に分け、メタンだけ回収する方法が検討されていますが、多大な費用がかかります。 メタンハイドレートのメタンガス採掘コストは1バレルあたり200ドル以上かかるのに対し、石油の採掘コストは1バレルあたり10ドルと言われており、その差は20倍。 これなら石油を輸入したほうがいいと思われても仕方ありません。 また、メタンハイドレートの採掘が環境に悪影響を与える恐れもあります。 海の生態系を乱す可能性や、メタンを大気に放出することで温暖化を加速させるリスクが考えられるのです。 エネルギー問題の救世主として期待されているメタンハイドレートですが、天然ガスの代わりにはならないと考えている専門家もいます。 その根拠としては、メタンハイドレートがばらばらに存在していることや、実用化にコストがかかりすぎること。 ガスに変換するためにもエネルギーが必要なので効率が悪いことも挙げられています。 別の専門家はメタンハイドレートが完全にガスと置き換わることはないとしながらも、現在ガスが行っている役割の一部を代わりに行うようになるのではないかと考えています。 いずれにしても実用化には数十年かかるという見方が強く、今の段階ではまだなんとも言えません。 メタンハイドレートで日本がエネルギー大国になるというのはさすがに言いすぎでしょう。 しかしエネルギー自給率を少しでも上げる方法としては期待できるかもしれません。

次の