敬老の日 プレゼント 手作り デイサービス。 敬老会のプレゼント!デイサービスや施設でのアイデア紹介

敬老会のプレゼント!デイサービスや施設でのアイデア紹介

敬老の日 プレゼント 手作り デイサービス

施設に入っておられる方に 敬老の日のプレゼントをしようとなると 入居者よりスタッフの数の方が少ないため 手作りするのも かなり大変になってくると思います。 また、入居者が100人近くおられる施設だと 1人1人に対しての単価も悩みどころです。 そこで、少しでも お悩みの解決に お役に立てれるよう 私なりに施設に入居されている方へのプレゼントについて まとめていきたいと思います。 また、 実際に 私もボランティアなどで 施設のお手伝いをさせていただきたことがあり その時に 敬老の日ではありませんでしたが プレゼントをさせていただいたことがあるので その時の様子も少し紹介させていただきたいと思います。 スポンサードリンク 目次• スポンサードリンク 敬老の日のプレゼントを手作りで施設スタッフから贈る場合 施設スタッフから 入居者の方に手作りで贈り物を贈る場合 まずは2パターンあります。 〇施設スタッフ全員で入居者1人1人に対しての贈り物を作る 〇施設スタッフで担当を決めて、担当になった入居者の方に贈り物を作る どう違うのかというと 施設スタッフ全員で入居者1人1人に対しての贈り物を作る の場合は 色紙などのメッセージになります。 入居者1人1人に色紙を準備し その色紙に施設スタッフ全員から メッセージを書くということです。 入居者が多ければ多いだけ大変かもしれませんが 施設スタッフ全員からのメッセージは すごく喜んでいただけるかと思います。 そして 施設スタッフで担当を決めて、 担当になった入居者の方に贈り物を作る というのは もし入居者が100人で 施設スタッフが20人だとしたら 施設スタッフ1人1人が5人の入居者の方を担当して 贈り物を作るということです。 例えば 〇一言メッセージを入れた写真たて 〇小物入れ 〇賞状 〇感謝状 〇相手のイニシャルの刺繍を入れたハンカチ 〇クッキーなど一気にたくさん作ることが出来るお菓子 〇綺麗なビーズなどで作ったアクセサリー 〇ティッシュケース などなどがあげられます。 それぞれで分担して作ることで 時間も短縮できるかと思いますよ。 敬老の日のプレゼントを介護施設で安く贈るなら 何を贈るか と同じくらい悩みどころなのが 金額設定ですよね? できればいいものをプレゼントしたい できれば値段なんか気にしたくない という気持ちが本音ではありますが やはり 人数が1人2人の話ではないので 入居者1人1人に対しての予算を安くしないと とてつもない金額になってしまいます。 少しでも安いもので・・・となると 手作りする材料に最適なのが 100円ショップですね! 今では あらゆるものが100円ショップで売られているので かなり便利です! 100均関連記事 関連記事はこちらになります。 100円ショップだと少量しか入っていない・・・ ということもありますが メルカリは販売者さんに交渉なども出来るので 大量に買う場合は お値下げしていただけたりするので 1度メルカリもチェックしてみてください。 私が施設のボランティアに行った時の体験談 私は小学校・中学校の時に ボランティア活動で施設のお手伝いに行ったことがあります。 敬老の日ではなかったのですが ボランティア最終日には いつも贈り物をしていました。 小学校の時は 〇似顔絵 〇手紙 などの贈り物と お楽しみ会の様なものを開いて 歌を歌ったり 踊りを踊ったりしました。 なるべく入居者の方も 一緒に歌ったり踊ったり出来るように 民謡にしたりして 子供ながらに工夫をしていたのを 覚えています。 中学生の時は 〇手紙 〇自分が学校で育てた花 などの贈り物をし あとは 肩たたきをしたのを覚えています。 中には泣いて喜んでくださる方もいて 改めて 贈り物は気持ちがこもっていれば 喜んでもらえるんだなと感じました。 スポンサードリンク 関連記事はこちらになります。 まとめ 施設の方に喜んでいただくために みなさん 何にしようか 金額はどうしようか すごく悩まれると思います。 でも 気持ちは必ず伝わりますし 必ずしも 形に残るものでないといけない という訳ではありません。

次の

デイサービスの誕生会の出し物とプレゼントやメッセージカードはなにがいい?

敬老の日 プレゼント 手作り デイサービス

Contents• 敬老の日のメッセージカードの書き方・3つのポイント ディサービス利用者へ【敬老の日】のメッセージポイント1.当たり障りのない内容にする メッセージの文章は当たり障りのない内容に留めるようにしましょう。 心を込めてメッセージカードを作ることは大事ですが、要介護者の方それぞれにまつわる個々のエピソードを深く掘り下げるのは大変です。 また、あまり良い関係性を築けていない要介護者の方もいるでしょう。 人によって極端に文章の内容に差が出るのは好ましくありません。 定型文に一言添えるくらいで丁度良いでしょう。 メッセージカードの内容を考える時には、一職員として書くのではなく、「職員一同からのメッセージ」と考えることがコツです。 客観的な文章を書くことができます。 デイサービス利用者へ【敬老の日】のメッセージポイント2:短くまとめる 敬老の日に限らず、メッセージカードは2,3行くらいが適切な長さです。 あまり長くなると読むのが大変となり、一番伝えるべき感謝の気持ちが逆にぼやけてしまうこともあるでしょう。 エピソードを深く掘り下げず、あまり形式ばった挨拶や、接続詞も必要ありません。 すっきりとした文章を大きく読みやすい文字で書くと良いでしょう。 デイサービス利用者へ【敬老の日】のメッセージポイント3:なるべく素直な言葉で書く 硬い文章表現は避け、相手へ話しかけるような文体を使うと、親しみを感じられるメッセージカードに仕上がります。 ポジティブな気持ちを素直な言葉で表現できると良いでしょう。 ただし、「長生きしてください」とか「いつまでもお元気でいてください」といった表現には注意してください。 いかにも年寄り扱いしていると感じられる表現は、不快に感じられる方もいるからです。 もちろんすべての高齢者の方に当てはまるわけではないので、絶対に使ってはいけない表現でもありません。 しかし、実際に怒らせてしまうケースもあるため、気を付けましょう。 スポンサードリンク 【敬老の日】デイサービス利用者へ送るメッセージカード定型文と例文 メッセージの冒頭には定型文を使います。 以下のようなものがおすすめです。 定型文 例文4:いつも楽しい話を聞かせてくれる〇〇さん。 〇〇さんの楽しいお話で私たち職員の間でも評判です。 いつも明るい〇〇さんに元気をもらえています。 スポンサードリンク 敬老の日のメッセージカード!デイサービス利用者へ4の注意点と例文! 終わりに 以上、敬老の日のメッセージカードに使える文例をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 高齢者と親密な関係になる介護職員の方は、ついついメッセージカードにも情報を多く盛り込み勝ちです。 しかし、敬老の日のメッセージカードはシンプルなものに仕上げても充分素敵なプレゼントです。 内容を凝ったものにしなくても、丁寧で読みやすい文字のメッセージカードを作れば、気持ちは伝わります。 ぜひ、心のこもったメッセージカードを用意してあげてくださいね。

次の

敬老の日のメッセージカード!デイサービス利用者へ4の注意点と例文!

敬老の日 プレゼント 手作り デイサービス

スポンサードリンク デイサービスや特養を利用されている方に贈る敬老の日のメッセージカード デイサービスや特養など おじいちゃん・おばあちゃんが利用されている施設は 多い所で100名を超えてる人数の方がおられます。 100名以上に 1つ1つ凝った手作りとなると 気が遠くなりますよね・・・ 施設スタッフの皆さんも 体力仕事だったり 気を配らないといけない仕事だったりで 毎日毎日クタクタだと思います・・・ また、敬老の日のイベントは 他の出し物などでも お金が必要になってくるので メッセージカードだけに お金を使うということはできません。 そんな時に 便利なのが 100円ショップです! 100均関連記事 関連記事はこちらになります。 100円ショップには 画用紙や 可愛いクラフトテープが売っています。 全員におなじ文章というのは 少し寂しい気がします。 なんて書いたらいいのか分からないという方は そのおじいちゃん・おばあちゃんが 普段どんな生活を送っておられるかを 思い返してみてください。 例えば 歌が上手な方の場合・・・ 〇いつも素敵な歌声をありがとう。 デイサービスや特養の方は なかなかプレゼントや手紙をもらう機会もない という方がたくさんおられます。 なので このような言葉の贈り物は 凄く喜んでいただけます。 ぜひその方との思い出なんかを 想いかいしながら 素敵な言葉の贈り物をしてあげてくださいね。 ボランティア活動でデイサービスや特養に行ったときに贈るメッセージ 敬老の日などに ボランティア活動で デイサービスや特養に行かれた場合 メッセージカードの土台だけ作っていくことをおすすめします。 スポンサードリンク 関連記事はこちらになります。 まとめ デイサービスや特養を利用されている方へ贈るメッセージカード カードの作り方も 是非皆さんのセンスで 可愛くアレンジしてみてくださいね。 素敵な敬老の日の贈り物になると思います。 一言でも十分気持ちは伝わるので その人の事を想いながら メッセージを書いてあげてくださいね。 スポンサードリンク.

次の