ドクター アドオン。 【DbD】爆音ドクターのおすすめパーク構成と立ち回り

【DbD】ドクター[キラー/殺人鬼]の性能と評価!おすすめパーク編成&立ち回り!【デッドバイデイライト】|ゲシピ

ドクター アドオン

生存者を追跡している時、心音範囲が8m増加する• 生存者を追跡していない時、心音範囲を8m減少させ、 視界が3・5・10度増加する• ただし、他視野効果とは重複しない チェイス中は心音範囲が増加、チェイス中でない時には減少し、視野が広がるパーク。 発電機巡回などの際に生存者が心音で気付くのを遅らせることができる。 心音範囲が24mの狭いキラーや、高速移動を持ちのキラーにつけると効果的。 かなりおすすめのパークです。 キラー側では感じにくいですが、長く使ってみると付けていない時よりもサバイバーを見つけられると感じるかと思います。 10度広がる視野は以下のgifを参考に。 チェイス中でない時に視野が広がるので、索敵に役立ちます。 オーバーチャージ Overcharge ドクターLv40• 発電機に対して破壊行動をすると効果が発動する• その発電機の修理による最初のスキルチェックが少し・そこそこ・かなり難しくなる• また、修理に成功してもゲージ増加のボーナスをこの時は受けない 破壊した発電機を触った生存者に高難易度のスキルチェックを強いるパーク。 スキルチェックの難しさはこの幅。 ゲームに慣れていてもそこそこの難易度はあります。 スキルチェックミスによる爆発後退も通常より多くなってるので、索敵と遅延効果にある程度期待できるパーク。 採用する際には と組み合わせて一度の蹴りで二つの効果を発揮したり、 で破壊速度を上げてもいいでしょう。 と組み合わせると超高難易度のスキルチェックにすることも可能。

次の

【DbD】爆音ドクターのおすすめパーク構成と立ち回り

ドクター アドオン

発電機に対して破壊行動をすると効果が発動する。 その発電機の修理による最初のスキルチェックが難しくなる。 パークレベルが上がる程に難易度が上昇する。 また、このスキルチェックに成功してもゲージ増加のボーナスは生じない。 また、「苦悶の根源」と併用することで上級者でもほぼ不可能なスキルチェックを発動させることができます。 ドクターのおすすめパーク ドクターのおすすめパークについて解説していきます。 「ドクターの立ち回り」でも解説しますが、板や窓枠はドクターのショックでふさぐことができるため、「まやかし」などのチェイスパークは必要ありません。 この重傷状態は治療を終えると解除される。 負傷状態から這いずり状態にした場合、この重傷状態の効果は重複しない ドクターが治療モードの時心音範囲内で治療している生存者のスキルチェックは難しくなります。 爆音構成で「苦悶の根源」をいれているならより難しくなります。 その治療時間を延ばすという意味でずさんな肉屋はおすすめです。 ドクターのおすすめパーク構成 ドクターのオススメパーク構成は2つあります。 苦悶の根源• 不安の元凶• オーバーチャージ• また「オーバーチャージ」と「不安の元凶」を組み合わせることでほぼ成功不可能なスキルチェックを発生させます。 そしてドクターの能力で、スキルチェックの円が表示される位置がずれるので、生存者はスキルチェックミスりまくりで発電機から絶え間なく爆発音が聞こえてくることでしょう。 またアドオンで「鎮静」-カーターのメモを使用することで治療モード中の心音範囲を約50mまで広げることができます。 心音範囲半径50m、直径で100m、恐ろしいですね。 呪術:誰も死から逃れられない ノーワン• 呪術:霊障の地• 血の番人• 通電までは心音範囲狭めのただの徒歩キラーとして立ち回ってください。 そして通電後ノーワンが発動するのでそこから治療モードに切り替えて索敵し一気に片を付けるという構成です。 なかなか難しいですがきれいに決まると脳汁ドバドバです 笑 是非お試しください。 ドクターのおすすめ立ち回り ドクターの基本的な立ち回り方としては、 治療モードで移動して生存者の狂気度を上げつつ、殴れそうなときだけ処罰モードに変えて殴る です。 生存者の狂気度を早めに上げることで、幻影や叫び声によりその後の索敵が容易になるので、まずは殴るよりも狂気度を上げることを優先しましょう。 また、治療モード時に放つことができる「ショック」を受けた生存者は2. 5秒間の間、板倒しと窓枠の乗り越えができなくなります。 板や窓枠付近で「ショック」を当てて処罰モードで殴るという立ち回り方ができると上級者と言えるでしょう。 ドクターのおすすめアドオン ドクターのアドオンの選び方としては、• ショック範囲拡大• ショックの能力追加 上記を1つずつ付けるのが基本です。 どのアドオンがおすすめというよりは上記通りに1つずつ付けることを意識しましょう。 あとは単純にレア度が高いアドオンほど強いといった形です。 生存者のドクター対策 生存者のドクター対策としては 狂気度をできるだけ自分でコントロールすることを意識しましょう。 この時の狂気度が上がるスピードはかなり速いです。 つまりドクターの心音範囲内にいるだけですぐに狂気度が上がり、索敵されてしまいます。 ドクターはチェイス中なので、叫び声が聞こえても追いかけてくる可能性は低いですよね。 ドクターが治療モードの時に心音範囲に入ってしまったらできるだけ離れるようにしましょう。 関連記事まとめ.

次の

DbD‐ドクターのアドオンまとめ【知らぬ間に位置がバレてるかも】

ドクター アドオン

発電機に対して破壊行動をすると効果が発動する。 その発電機の修理による最初のスキルチェックが難しくなる。 パークレベルが上がる程に難易度が上昇する。 また、このスキルチェックに成功してもゲージ増加のボーナスは生じない。 また、「苦悶の根源」と併用することで上級者でもほぼ不可能なスキルチェックを発動させることができます。 ドクターのおすすめパーク ドクターのおすすめパークについて解説していきます。 「ドクターの立ち回り」でも解説しますが、板や窓枠はドクターのショックでふさぐことができるため、「まやかし」などのチェイスパークは必要ありません。 この重傷状態は治療を終えると解除される。 負傷状態から這いずり状態にした場合、この重傷状態の効果は重複しない ドクターが治療モードの時心音範囲内で治療している生存者のスキルチェックは難しくなります。 爆音構成で「苦悶の根源」をいれているならより難しくなります。 その治療時間を延ばすという意味でずさんな肉屋はおすすめです。 ドクターのおすすめパーク構成 ドクターのオススメパーク構成は2つあります。 苦悶の根源• 不安の元凶• オーバーチャージ• また「オーバーチャージ」と「不安の元凶」を組み合わせることでほぼ成功不可能なスキルチェックを発生させます。 そしてドクターの能力で、スキルチェックの円が表示される位置がずれるので、生存者はスキルチェックミスりまくりで発電機から絶え間なく爆発音が聞こえてくることでしょう。 またアドオンで「鎮静」-カーターのメモを使用することで治療モード中の心音範囲を約50mまで広げることができます。 心音範囲半径50m、直径で100m、恐ろしいですね。 呪術:誰も死から逃れられない ノーワン• 呪術:霊障の地• 血の番人• 通電までは心音範囲狭めのただの徒歩キラーとして立ち回ってください。 そして通電後ノーワンが発動するのでそこから治療モードに切り替えて索敵し一気に片を付けるという構成です。 なかなか難しいですがきれいに決まると脳汁ドバドバです 笑 是非お試しください。 ドクターのおすすめ立ち回り ドクターの基本的な立ち回り方としては、 治療モードで移動して生存者の狂気度を上げつつ、殴れそうなときだけ処罰モードに変えて殴る です。 生存者の狂気度を早めに上げることで、幻影や叫び声によりその後の索敵が容易になるので、まずは殴るよりも狂気度を上げることを優先しましょう。 また、治療モード時に放つことができる「ショック」を受けた生存者は2. 5秒間の間、板倒しと窓枠の乗り越えができなくなります。 板や窓枠付近で「ショック」を当てて処罰モードで殴るという立ち回り方ができると上級者と言えるでしょう。 ドクターのおすすめアドオン ドクターのアドオンの選び方としては、• ショック範囲拡大• ショックの能力追加 上記を1つずつ付けるのが基本です。 どのアドオンがおすすめというよりは上記通りに1つずつ付けることを意識しましょう。 あとは単純にレア度が高いアドオンほど強いといった形です。 生存者のドクター対策 生存者のドクター対策としては 狂気度をできるだけ自分でコントロールすることを意識しましょう。 この時の狂気度が上がるスピードはかなり速いです。 つまりドクターの心音範囲内にいるだけですぐに狂気度が上がり、索敵されてしまいます。 ドクターはチェイス中なので、叫び声が聞こえても追いかけてくる可能性は低いですよね。 ドクターが治療モードの時に心音範囲に入ってしまったらできるだけ離れるようにしましょう。 関連記事まとめ.

次の