水いぼ 感染。 【皮膚科医監修】水いぼはうつる?かゆい?水いぼの症状や感染、治療に使う薬について|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

子供の水いぼの原因、症状、良い対処法について

水いぼ 感染

膨れて水が入っているように見えるイボ。 光沢があって少し硬いのが特徴 水いぼの正式名称は 「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」。 ウイルスが皮膚に感染することで湿疹ができます。 水いぼの伝染力は強くはありませんが、ヒトからヒトに感染してしまいます。 ウイルスが皮膚に感染といっても、ウイルスが皮膚に付着してすぐにイボ上になるわけではありません。 皮膚に付着したウイルスは「真皮」という角質より深い部分まで潜り込み、そこの細胞に感染します。 感染した真皮の細胞は風船のように膨らみ、膨らんだ状態で細胞分裂を繰り返して増えていきます。 風船のような細胞が集まることで、その部分がプックリと膨らみ、表面からは水が入っているように見える部位になります。 水ぼうそうの場合は、実際に中に水が溜まっていますが、水いぼの場合はそう見えるだけで、実際に水が入っているわけではありません。 水いぼの原因・感染経路 原因は、ポックスウイルスというウイルス。 ポックスウイルスはウイルスの遺伝子は2本鎖のDNAです。 今は撲滅した天然痘と同じウイルスです。 感染経路は水いぼがある部分に触ることで起きる「接触感染」です。 直接患部に触れなくてても、タオルや衣服などを介してうつったり、患部を触った手で触れたものを介して周りに広がったりします。 プールの水と言うよりはビート板などの皮膚に触る物が要注意です。 特に多くの人が肌の露出が多い状態で接するプールや公衆浴場を始め、レスリングなど一部のスポーツで感染しやすい病気です。 水いぼの症状 水いぼはどこにでもでき、顔や体、手足まで広がってきます。 特に子供に多く見られ、症状が出る範囲も広いです。 イボが確認できる以外はほとんど無症状ですが、脇や股に集まってできるとかゆみが出る場合があります。 水いぼの特徴は、光沢のある、真珠のような白からピンク色の湿疹。 直径は2~5mm程度で、大人の場合は陰部にできることが多いようです。 水いぼの治療法 水いぼは治療しなくても、6ヶ月~2年の間に自然治癒するので、必ずしも病院での治療が必要ではありません。 人への感染が心配な場合や、体の他の部位に 広がるのを防ぎたい場合、現在の患部の見た目が気になる場合などには、病院で治療を行います。 治療の基本は、ウイルスに感染した皮膚の細胞を取り除くこと。 下記のような方法で治療する。 刺抜き用ピンセットでつぶす• 液体窒素で水いぼの部分を凍結する• 電気によって水いぼを焼く これらの治療法には当然ですが、針で刺すような痛みを伴います。 治療時には患部をすべて取り除かないとまた残った水いぼからまた皮膚感染が広がってしまうので、しっかりと全体をカバーしなければなりません。 外科的な治療法以外では、漢方薬の服薬を薦められることもあります。 よく使われるのは「ヨクイニン」という生薬ですが、1回に飲む量が多く、治るまで時間がかかるため、少し負担感があるかもしれません。 免疫不全などの疾患がなければ、例え体の他の部位に広がっても自然に治ります。 上記の治療が必須ではないので、人に感染させないよう気をつける必要はありますが、様子を見て自然治癒を待つのもよいでしょう。 学校保健法での水いぼの扱いは、通常登園・登校停止の措置は必要無いと考えられます。 「原則として、プールを禁止する必要はありません。 しかし、二次感染のある場合は禁止とします。 多数の発疹のある者はプールでビート板や浮き輪の共有をさける。 」となっていますので、プールに入るための除去は不要です。 保育園も、学校保健法に準じることが多いです。

次の

プールでの感染に注意!水いぼの特徴とは

水いぼ 感染

水いぼは「伝染性軟属腫ウィルス」と呼ばれる感染性が強いウィルスが原因で出来ると言われています。 感染源は家族や職場の子供の場合がかなり多く、子供が水いぼを患って看護しているうちに、または世話をしていて、水いぼにうつるケースがあります。 特に気を付けたいのが、水いぼの完治は難しく、一度かかると免疫力の低下で何度も出てくる事です。 大人の場合では以下のような環境で、水いぼが出来ると言われています。 ・手や肌が乾燥している場所(首や足の裏など)に出来やすい ・肌の代謝が早い子供に比べて、治るのに時間が掛かる ・傷やカサブタ跡が残る可能性が高い ・休めない状況のため治癒に時間が掛かる 以上のような理由から、大人の水いぼは厄介なものと言えるかもしれません。 水いぼを発見したら、出来るだけ早めに皮膚科を受診しましょう。 おすすめする理由は、水いぼは簡単に拡大する可能性があるためです。 皮膚科の医師は患部のウィルスを検査して、水いぼかどうかをその場で判断してくれます。 その後、治療の方法を相談して完治を目指していきましょう。 水いぼはウィルスが接触する事で感染します。 ですから、手が触れるだけではほかの人にうつる事がありません。 ですが、患部がジュクジュクしていたり、出血している状況では手が触れるだけで感染してしまう事もあります。 ですから、水いぼが潰れているなら、感染に気を付けなければなりません。 直ぐにウィルスを除去して治したい場合では、皮膚科での処置が必要です。 ・ピンセットで芯を取る ・液体窒素で冷却してウィルスを死滅させる など。 自宅で治したい場合では、患部を保護して絆創膏を使う・イボコロリを使う方法などがあります。 大人でも水いぼに気を付けなければならない理由として以下の点をあげておきます。 症状がそれほど悪くない場合でも、完全に治るには時間がかかるかもしれません。 また、水いぼは再発しやすい事でも知られていますから、治療は早めが良いかもしれません。 最後に、自然治癒について考えていきましょう。 前述のように、自然治癒では長くて2年もかかってしまう事があります。 しかし、皮膚科によっては自然治癒をすすめる場合もあります。 その理由は以下のようなものがあります。 また、水分不足は肌のためにも免疫力のためにもよくありません。 また、保湿クリームを使って肌に常に潤いを保たせるようにしましょう。 また、ストレスが多いと免疫力が下がるため、ストレスを軽減すると共にストレスを解消する何かを探すように心掛けましょう。

次の

プールでの感染に注意!水いぼの特徴とは

水いぼ 感染

水いぼができたことで痛みは生じません。 しかし、水いぼは周囲が乾燥して湿疹が起こることが多く、これを軟属腫反応と呼び、かゆみを伴います。 また水いぼをかくことで、さらに広がるという悪循環を自家接種と呼びます。 水いぼは、顔や指、腕、脚など全身にできる可能性があり、特に胸部や脇の下、肘の内側などの間擦部分では自家接種により多発する傾向があります。 かゆみには個人差があり、全くかゆみを訴えない子もいます。 人から人へ感染拡大する水いぼ 水いぼの中には 、感染源となる伝染性軟属腫ウイルスが含まれています。 水いぼをかきこわしたり、つぶしたりすると水いぼのウイルスが飛び散り、それが他の部位や他人の皮膚に付着することで感染していきます。 ウイルスが付着してから新たな水いぼができるまで数週間~数カ月の潜伏期間があるので、「思い当たる節がない」と思っていたのに、できてしまうこともあるようです。 感染しやすいシーンと感染経路 では、実際にどういったシーンで子どもが水いぼウイルスに感染することが多いのでしょうか。 シーン別に解説します。 お風呂 お風呂では、知らないうちに水いぼがつぶれウイルスが飛沫することがあります。 それがタオルに付着し、タオルを共有することで感染が広がっていきます。 プール ママの中には、プールの水を介して水いぼが感染するのか気になる人もいるのではないでしょうか。 しかし皮膚科の専門医たちの間で、プールの水では水いぼはうつらない、という見解が出ています。 水いぼのある人と同じプールに入っただけでは感染することはありません。 プールもお風呂と同じで、知らないうちに水いぼがつぶれて、そのウイルスが飛び散ったり、タオルやビート板などを共有したことが原因で感染源のウイルスに触れてしまうことがあります。 水いぼが子どもに多い理由 同じ環境下や感染源のウイルスに触れても、免疫力の高い大人は、水いぼにかかりづらい傾向にあります。 子どもの皮膚は大人に比べて薄く、肌のバリア機能が弱いです。 そのため、乾燥や摩擦などで肌が傷つきやすく、その傷に水いぼのウイルスが付着するとあっという間に感染してしまいます。 なかでもアトピー性皮膚炎や乾燥肌の子どもは、皮膚がよりデリケートでバリア機能が弱いため、何度も水いぼになってしまう傾向にあります。 さらに、子どもは大人に比べてウイルスに対し免疫がないことも、水いぼにかかりやすい理由のひとつといえます。 また、幼児期は「水いぼはうつるもの」と話しても、忘れてしまうことってありますよね。 そのため、友だちの水いぼに触れたりしてうつるケースもあるようです。 痛みはあるの?水いぼの治し方 水いぼには、さまざまな治し方があり、なかには多少の痛みをともなう治療法もあります。 どの治療を選択するかは、小児科や皮膚科の先生と相談しながら決めるのがいいでしょう。 水いぼの治療法として、よく知られているのが専用のピンセットを使った「摘除」による治療です。 摘除では痛みを伴ったり、視覚的に子どもにストレスを与えたりすることがあるため、麻酔テープを使用して施術を行う医療機関もあります。 子どもの年齢が低かったり、痛みにあまり強くないタイプの場合には、あらかじめ医師に相談できるとよいですね。 また、保育園や幼稚園、スイミングスクールに通っている場合は、水いぼについての考え方や対処方針、奨励する治し方が決まっているところがあるので、確認をしてから治療をはじめるようにしてください。 自然治癒まで待つという方法も… 個人差がありますが、水いぼ以外に肌トラブルがない子どもであれば6カ月~3年ほどで自然治癒します。 ただし、自然治癒を待っている期間に幼稚園や保育園で感染を広げてしまう可能性があること、アトピー性皮膚炎やデリケートな肌質の子どもの場合、水いぼの範囲や数がどんどん増えていくケースもあります。 ママが自己判断で「このまま様子を見よう」と決めるのではなく、一度、皮膚科を受診して長時間かかっても自然治癒するのを待つのか、他の治療の方法を選択するのがいいのかを医師に相談してください。 水いぼで処方される薬 水いぼの治療では、どういった薬が処方されるのでしょうか。 主な処方薬とどういった役割で処方される薬なのかを紹介します。 漢方の薬「ヨクイニン」 ヨクイニンは水いぼには保険適応外ですが、小児科や皮膚科で内服を勧められることがあるでしょう。 ヨクイニンは、免疫力を高めて水いぼウイルスの働きを抑制する作用があるといわれています。 中~弱のステロイド剤 アトピー性皮膚炎や乾燥性湿疹を患っている子どもが水いぼを発症したとき、水いぼの周りの湿疹などに対し、中~弱のステロイド剤が処方されることがあります。 肌がデリケートな状態のときは、軽い刺激でも肌が傷つき、その傷口から水いぼのウイルスが入り込み新しい水いぼを誘発することがあるためです。 その際ステロイドを、直接水いぼに塗らないように注意しましょう。 また「ステロイド剤はクセになるから怖い」と、ママが自己判断で使用を中止するのはNGです。 ステロイド剤の使用に不安や疑問がある場合は、処方を受けた医師にいつまで塗布するのか、1回の使用量などを細かく確認してください。 ほかにも、かゆみを抑えるために抗アレルギー剤や、乾燥肌の子どもに保湿剤などが処方されることがあります。 薬以外で、かゆみを抑える方法として、どういった対策があるのでしょうか。 「かゆい」ときの対処法 水いぼは治りかけのときにかゆみが生じやすいようです。 特にこの時期はかきこわさないよう注意をしましょう。 子どもが無意識に水いぼをかいた手で他の部位や他の人を触ると、あっという間に感染拡大してしまいます。 そうならないためには、ポイントをおさえてケアをしてください。 肌を清潔に保つ 肌を清潔に保つことも「かかない」ようにするためのポイントです。 肌を汚れたままにしておくと肌に刺激となり、かゆみが生じることがあります。 こまめにシャワーを浴びるなど意識できるとよいでしょう 水いぼ部分を覆う 通気性のよい素材のもので水いぼを覆うことによって、無意識のうちにかきこわすことは少なくなるでしょう。 爪を短く切っておく 水いぼとは、主に夏の子どもの肌トラブルで、いぼの一種です。 水いぼの内部はウイルスです。 水いぼは治りかけのときにかゆがり、子どもがかきこわすことで破け、ウイルスが飛び散って他の部位や他人に感染が広がっていきます。 大人に比べて十分な免疫をまだ持っていない子どもやアトピー性皮膚炎や乾燥肌などの皮膚トラブルがある子どもは、水いぼに感染しやすい傾向にあります。 水いぼの治し方は、病院での処置、自然治癒を待つ方法などがあり、医師の考え方によって勧められる治し方が異なるでしょう。 また、水いぼの予防には皮膚を健康な状態に保ち、皮膚バリア機能を守る事が重要です。 どの治療の方法がいいかは水いぼの数や状態、子どもの体質や性格などふまえ、かかりつけの皮膚科医と相談して決めましょう。 楽しい夏を過ごすためにも、水いぼかなと思ったら、早めに皮膚科、小児科を受診し、適切なケアをしましょう。 監修:加藤円香 恵比寿mamaクリニック).

次の