エクセル 税抜計算。 【Excel】エクセルで出席率や欠席率を計算する方法【求め方】|白丸くん

エクセルで四捨五入してみよう!便利な【ROUND関数】で請求書作成!|エクセルドクター

エクセル 税抜計算

計算結果が割り切れるため迷いようがありません。 6666・・・となります。 計算結果が割り切れない数字となっています。 08をすると税込金額は9,899. 36円となるので、小数点以下を切捨て(もしくは四捨五入)しているようなイメージ とするのか、どちらを採用するのかを決める必要があります。 端数なのでどうでも良いと思いがちですが、お金のことだからこそ、この点がどちらを前提に算出しているのかを決めて押さえておく必要があります。 この決めによって、 端数分が• 税抜金額のほうに入るのか• 消費税額のほうに入るのか が変わります。 エクセルで計算した結果のイメージ サンプル上の税抜金額について 税込金額と消費税率を元に税抜金額を算出しますが、切り捨て・切り上げ・四捨五入によって数値が変わります。 どれを採用するかは決め次第ですが、どれを選んでもいいようにここでは3種類の計算結果を一覧に表示させています。 税込金額と消費税率から税抜金額(小数点あり)の算出 A列に税込金額、B列に消費税率を入力すると、 C列に計算結果の税抜金額が表示されるような計算式を入れています。 B列は消費税率の切り替わりを考慮してサンプル上は選択できるようにしています。 ROUND 数値, 桁数 数値:四捨五入の対象となる実数値 桁数:数値を四捨五入した結果の桁数 <内容> 指定した数値を、指定した桁数で四捨五入する。 消費税額を算出 切り捨て・切り上げ・四捨五入した税抜金額を元に、消費税額を算出したのがG~I列です。 計算式は単純で、税込金額-税抜金額です。

次の

【Excel】税込金額から税抜金額を計算したい!エクセルで結果から元の値を逆算するテク

エクセル 税抜計算

この記事の目次• INT関数について はじめにINT関数について簡単にご説明します。 INT関数は、数値の小数点以下を 切り捨てた整数値を求めてくれます。 消費税の計算は、 小数点以下の端数が出ることが多いです。 ですので、 INT関数を使用することで 小数点以下を切り捨てた数値を 求めていくのです。 INT関数を使った消費税の計算方法 消費税額を表示させるセルをクリックして選択する まずは 消費税額を表示させたいセルを クリックして選びましょう。 「数式」タブへ移動したら。 その中にある 「INT」を 見つけてクリックしましょう。 INT関数の数値内に消費税の計算式を入力する 「INT」をクリックしたら 「関数の引数」ウィンドウが開きます。 その中にある「数値」の入力バーに 消費税の計算式を入力します。 08 です。 08」 となります。 最後に「OK」ボタンをクリックすれば消費税額が表示される 消費税の計算式を入力したら 「関数の引数」ウィンドウの下部にある 「OK」ボタンをクリックしてください。 そうすると 最初に選択したセルに 消費税額の計算結果が表示されます。 まとめ• INT関数は、小数点以下を切り捨てた数値を計算できる• 消費税額を表示させるセルをクリックして選択する• INT関数の数値内に消費税の計算式を入力する• 最後に「OK」ボタンをクリックすれば消費税額が表示される お疲れ様でした。 消費税を求めることは 出来ましたでしょうか? ほかの関数を使っても 求めることは出来ますが、 INT関数の使用したほうが 時間短縮できます。 あなたのお仕事が 詰まることなく 快適に進められることを 心より応援しております。

次の

エクセルで四捨五入してみよう!便利な【ROUND関数】で請求書作成!|エクセルドクター

エクセル 税抜計算

1,-3 B4セルの税抜金額に1. 1,-2 B6セルの税抜金額に1. 1,-1 B8セルの税抜金額に1. 1を掛けて税込金額にしたあと、1円単位を四捨五入 ってなっています。 今回の例でいえば税抜価格に1. 1をかけて消費税込みに状態にしたうえで、切り捨てなどの処理をしています。 上記をコピペして書き換えてもらえれば使えるかと思います。 ただ、これだけでは 切り上げ・切り下げ・四捨五入のケタ数指定がピンと来ないかと思うので、以下Excel上への具体的な書き方を解説。 Excel ROUND関数の具体的な使い方&書き方 Excelの切り捨て関数の具体的な書き方。 個人的に切り捨てを使うことが多いので、以下切り捨て関数のROUNDDOWNで解説します。 といっても四捨五入にしたければ関数部分をROUNDに、切り上げにしたければROUNDUPにすればいいだけで、あとの書き方は全く同じです。 全部半角です。 大文字小文字はどちらでも可。 続いて半角カッコで囲って、切り捨て元となる数値を入力。 数値をそのまま入力でもほかのセルから数値をひっぱってきたり計算式を入力してもOKです。 今回の例でいえば、税抜価格が入ったセルに1. 1を掛けて10%消費税を載せた計算にする形。 1などと書いたりしています。 元の数値を入力したら半角カンマ(,)で区切って、切り捨て移置を数値で設定します。 ケタ数の指定は下記の表をご覧ください。 指定値 位・ケタ数 金額 … … … -5 10000の位 10万円単位 -4 1000の位 1万円単位 -3 100の位 1000単位 -2 10の位 100円単位 -1 1の位 10円単位 0 小数点1ケタ目 1円単位 1 小数点2ケタ目 10銭単位 2 小数点3ケタ目 1銭単位 … … … 0なら0ケタ未満の小数点以下をすべて切り捨てられます。 -1なら1の位を切り捨てて10円単位に。 -2なら10の位を切り捨て、100円単位に。 -5なら10000の位を切り捨て、って具合です。 今回は消費税の計算をテーマにしているのであまり使われないかとは思いますが、切り捨て位置を — の虚数ではなく1にすれば小数点以下のケタでも切り捨てたり切り上げることも可能。 小数点2ケタ以下を切り捨てて小数点1ケタに、2にすれば小数点3ケタ以下を切り捨てて小数点2ケタの数値にできます。 ちなみに 法令的に消費税で小数点以下が発生した切り上げるか切り捨てるかは自由。 ただ、一般的に小売りでは小数点は切り捨てるのが一般的なようです。 まとめ:消費税込売価計算に便利なExcel切り上げ・切り捨て関数• 消費税の110%計算+端数部分を切り捨てるなど整えるにはExcelのROUND関数が便利。 ROUNDは四捨五入、ROUNDDOWNは切り捨て、ROUNDUPは切り上げ計算ができる関数。 5%や8%時代に比べれば大分楽。 けど高い! 消費冷え込んで税収減ったら意味ないと思うんですけどね~。 消費増やして法人税増やした方がよくない? なーんて思っちゃう今日この頃です。

次の