ストリート エレクトーン。 ヤマハのプロがエレクトーンを弾くとこうなる ~YAMAHA専属アーティスト~

「エレクトーン」の楽譜・レジストデータ一覧

ストリート エレクトーン

レジスト・ワンランクアップ・テクニック /Vol. 20 尾野カオル 尾野カオル流ヒップホップアレンジ術• 佐々木昭雄のJAZZスタンダードでアドリブ /Vol. 20 煙が目にしみる• エレクトーン演奏グレード5級即興ワンポイント・レッスン /[第20回 最終回 ]リード楽器 ハーモニカ、アコーディオン• (新連載)続・名曲で覚える コードとコード進行 /[第1回]ドッペルドミナントを覚えよう!(ハ長調) 連載• 出会いの一曲 /[第20回]坂井知寿• Welcome to jet ようこそ!全日本エレクトーン 指導者協会へ /厚木楽器支部(神奈川県藤沢市)• ハッピー・スクール・ライフ /昭和音楽大学 コラム• 1分で読めるエレクトーンのトリセツ /[第51回]エフェクトを組み合わせる• STAGEA楽器音色の旅 /[第51回][民族楽器 編] パンパイプ(パンフルート) 情報• 今月のPICK UP NEWS• マンスリー・スケジュール/エレクトーンのイベント、コンサート情報 etc. エレコミ -みんなで作る読者の広場-/お便り、投稿 etc. エレコミSP/うにとろプロジェクト Vol. キャンパス情報~エレクトーンを学べる学校から 大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部• 全国ELサークルネット/Vol. 18 北海道大学水産学部• エンタメ情報/ミュージック・インフォメーション/リリース・インフォメーション• 今月の新刊曲集Pick Up インタビュー/樽屋雅徳• 今月のアレンジ・スコア マンスリースコア I LOVE... ~ /森山直太朗 みんなが弾きたい JAZZ! JAZZ!! JAZZ!!! エンターテイナー ~Big Band Jazz ver. ~ プリセットで弾けるポップクラシック(最終回) 別れの曲(アンプラグドバラード・アレンジ) エレクトーン&エレクトーン アンサンブルスコア 全力少年 /スキマスイッチ.

次の

「エレクトーン」の楽譜・レジストデータ一覧

ストリート エレクトーン

誰でも自由に弾ける場所に設置してください。 ストリートエレクトーンのお貸出しは法人・団体等に限ります。 営利を目的とする場合はお貸出しできません。 運送料は実費をご負担いただきます。 演奏の際、騒音の問題がない場所・許可が取れている場所に設置してください。 常に電源が確保できる場所に設置してください。 屋外設置の場合は、風雨および直射日光が当たらないよう、テント等の設営をお願いします。 設置期間中は、トラブル回避のためスタッフの常駐および警備をお願いします。 夜間は鍵がかかる安全な場所に保管してください。 設置には、直径2mのスペースが必要になりますので、確保をお願いします。 設置に関する事前告知(Web、SNS、ポスター、チラシ等)を必須とします。 貸出しの内容は、楽器本体およびマットです。 ストリートエレクトーンの案内板の設置を必須とします 案内板のデータはご提供します。

次の

ストリートピアノ・駅ピアノの設置場所一覧!【東京/新宿/埼玉/神戸など】

ストリート エレクトーン

2016年1月、中学生の少女がエレクトーンで「スター・ウォーズ」のメドレーを弾く動画が、突如YouTubeで話題を集めました。 600万回再生を越すこの動画をきっかけに世界からも注目される826askaは、現在、各地のコンサートでチケットの完売続出、YouTubeチャンネル登録者数は43. 2万人という大人気エレクトーン・アーティストに成長しています。 「5歳からピアノを習っていたのですが、母が若い頃にエレクトーンをやっていたことや音楽好きな家族の影響で、8歳からエレクトーンも並行して習い始めました。 高校生になると、いわゆる習い事としての演奏よりも楽譜にアレンジを加えて、全身を使って自由に弾く楽しさにどんどん目覚めていきました。 特に熱中したのは映画音楽やドラマの主題歌、挿入歌ですね。 ピアノでは再現できないオーケストラ楽曲も、エレクトーンならこんなに華やかに弾くことができるんだ!って夢中になりました」 エレクトーンに魅せられた826askaさんが、特に演奏のモチベーションになると語るのは、全身を使ってさまざまな音やリズムを奏でられる多機能性。 「主旋律よりも、ペダル鍵盤で弾く裏拍だったり、例えばフルートやバイオリンパートのハーモニーだったりが弾いていて本当に気持ち良いんです。 ひとりオーケストラを叶えてくれる音色、キーボードパーカッションのバリエーションの豊富さは、『次はこの楽器が入った楽曲を試したい!』『このレジストをマスターしたい!』って思わせてくれます。 特にリズムが入った華やかさは、エレクトーン演奏の醍醐味ですよね。 あと、ライブ活動をはじめてからは、録音機能にもすごく助けられています。 普段の練習だけでなく、家に帰ってライブの演奏を確認できるのはすごく便利です」 レジスト(=レジストレーション)とは、上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤、リズムなどの組み合わせのことを指すエレクトーンを語る上で欠かせない機能のこと。 モデルによって内蔵されるレジストの数は変わりますが、例えば、上鍵盤はストリングス、リードはバイオリン、下鍵盤はピアノ、ペダルはフィンガーベースまたは、上鍵盤はビブラフォン、リードはフルート、下鍵盤はギター、ペダルはフィンガーベース……といった具合に、もはや組み合わせは無限! また、ポップス&ロック、ダンス&バラード、ジャズ&ラテン、シンフォニー&ワールドなど楽曲のジャンルに最適な組み合わせを呼び出せる上に、ドラムなどの様々な打楽器はもちろん、動物の鳴き声や車のクラクションといった効果音まで内蔵されているので、映画音楽はもちろん、アニメやゲーム音楽の再現も自在にできてしまうのです。 一台でどんな音楽も弾くことができてしまう、夢のような楽器。 それが、エレクトーンです。 ボタニカルなペイントが可愛い! 待望のストリートエレクトーンが登場 80年代に幼少期を過ごした世代には、エレクトーンはピアノと双璧の習い事の王道であり、その多機能性がすぐに思い浮かぶ鍵盤楽器ですが、習い事や楽器の選択肢が日々拡張されつづける昨今、「エレクトーンを知らない」「オルガンを見たことがない」世代も増えています。 60年分の電子楽器の技術の粋が詰まったエレクトーンは、その多機能ぶりに、逆に敷居の高さを感じてしまうのもまた事実だったりするのです……。 そこで、現在全国的に話題沸騰中のストリートピアノと同じく、「エレクトーンの魅力をもっと気軽に触れることで体験してもらいたい!」と、誰でも演奏することのできるストリートエレクトーン・プロジェクトが始動しました。 601種類搭載されたレジストレーションメニューから、簡単に弾ける楽曲例をご紹介! ピアノは弾けるけど、エレクトーンは……という人のために、簡単に使い方をご説明しましょう。 まず音を出すには、右端にある電源スイッチを入れたら、 足元のエクスプレッションペダルを踏み込んで鍵盤を弾きながら、ボリュームを調整しましょう。 これで準備完了です! さっそく足技が必要ですが、実際にやってみればまったく難しくないことが分かるはずです。 ここで、多機能ぶりを使いこなしてみたくても、エレクトーンにはじめて触れる人にとっては若干ハードルの高いレジストレーションメニュー(=レジメ)の呼び出し方を、『月刊エレクトーン』編集部とエレクトーン奏者・中野正英さんの力をお借りしてご紹介します。 楽曲は、THE BOOMの『風になりたい』。 なんと子犬の鳴き声が! これは、廣田さんが「ホンキートンクピアノ」の音色にエフェクトをかけて偶然生み出した音だそう。 アコーディオン、ビブラフォン、ホンキートンクピアノ、ベースという小編成でアレンジした『子犬のワルツ』。 エレクトーンなら、こんな楽しい演奏も可能になるのです。 ストリートエレクトーンの現場や楽器店で、ぜひ色々なボタンを触って、全身で夢の楽器を試奏してみてください。 きっと新しい音色と、自分でも想像していなかった演奏体験があなたの音楽ライフを豊かにしてくれるはずです。 25 Release 【Type-1】¥4,500(税込) Edit&Text:仲田舞衣 Photo:グレート・ザ・歌舞伎町 協力:『月刊エレクトーン』編集部 【関連記事】.

次の