開業 届。 個人事業主の開業!届け出や書類・費用についてみんなが知りたいこと

個人事業主の開業!届け出や書類・費用についてみんなが知りたいこと

開業 届

個人事業主に開業届の提出は必要? 所得税法では提出が必要 所得税法では、事業所得を生ずべき事業を開始した場合、開業届を1ヶ月以内に管轄する税務署に提出しなければならないとされています。 つまり、法律では提出しなければならないとされていますので、個人事業主になったら開業届の提出が必要です。 開業届を出さないと罰則はないがメリットもない 開業届を出さない場合でも、罰則はありません。 実際に、開業届を出さなくても、確定申告をして売上を申告し、税金を支払っている人はいます。 開業しているという届出を提出せずに、事業で得た収入を申告できるというのも不思議ですが、手続きに支障はありません。 しかし、開業届を出すメリットを得られないため、提出はしておいたほうがよいでしょう。 開業届を出すメリットは? 青色申告ができるので節税効果がある人も 事業で売上があれば、確定申告をしなければなりません。 確定申告には、簡単にできる「白色申告」と、簿記のルールで帳簿をつけるとできる「青色申告」があります。 「青色申告」をすると、「所得」から65万円引いた額に税金がかかるので、税金が安くなることがあります。 「青色申告」をするためには、税務署に「青色申告承認申請書」を提出しなければなりません。 「青色申告承認申請書」を提出するためには、「開業届」の提出が必要です。 つまり、「開業届」を提出することで「青色申告」ができるようになり、節税効果があります。 屋号の銀行口座を作ることができる 事業を始めるときに、「屋号」をつけることができます。 「屋号」とは、個人事業主にとっての会社名のようなものです。 「株式会社」など「会社」という単語は使えませんが、店舗名などを「屋号」として使うことができます。 銀行で手続きをすれば、事業で使う銀行口座の名前に「屋号」をつけることができます。 銀行によって必要書類は異なりますが、基本的に「開業届」の控えを提出する必要があります。 つまり、開業届を提出しなければ、「屋号」のついた銀行口座をつくることはできません。 職業を証明するときに使えることもある 高額な買い物など、何か手続きをする際に、職業を証明しなければならないことがあります。 会社員の場合は社員証や、会社で在職証明書を発行してもらいますが、個人事業主の場合は、「開業届」の控えを提出するように言われることがあります。 書類を求める相手にもよりますが、「開業届」は職業を証明する書類になることもあります。 開業届を出すデメリットは? 失業手当がもらえなくなることも 失業手当とは、「失業」している状態の人がもらえる手当です。 「開業届」を提出するということは、仕事があるとみなされますので、「失業している」とは言えず、失業手当がもらえなくなることが多いです。 扶養に入れないことがある 夫の扶養に入っている妻が起業する場合などは、夫の扶養から抜けなければならないこともあります。 夫が加入している「健康保険組合」の決まりによりますので、事前に確認しておきましょう。 妻が自営業の場合は、「年収が一定額を超えていなければ扶養に入れる」ところと、「自営業として起業した時点で扶養に入れない」ところがあります。 扶養に入れる条件を確認してください。 支払う税金が増えることはない 開業届を出すことによって、支払う税金が増えるというデメリットが挙げられることがあります。 しかし、税金が増えることはありません。 開業届の提出にかかわらず、収入があれば税金を支払わなければならず、払わなければ「脱税」です。 「脱税」は、開業届の有無でバレたり、バレなかったりするものではありませんので、手続きは正しく行いましょう。 開業届はいつまでに提出? 開業日から1ヶ月以内に管轄の税務署へ 開業届の提出は、「開業日」から1ヶ月以内に事務所のある管轄の税務署へ提出します。 開業届は提出していなくても、提出が遅れても、罰則がありません。 すでに1ヶ月以上経過している方は、早めに提出しにいきましょう。 開業日は心に決めたタイミングでいい 「開業日」は、どのタイミングなのか迷う人も多いです。 法的に決まっているルールがなく、「今日を開業日にする」と決めた日が開業日です。 初めて収入があった日を開業日とする人もいますし、事業を始めようと初めて経費を支払った日や、名刺が完成した日を開業日にする人もいます。 開業すると心に決めて準備を始めた日でも問題ありません。 本人が「開業した」と考える日が「開業日」です。 個人事業主の開業届の書き方は? 開業届はダウンロードできる 開業届は国税庁のホームページからダウンロードできます。 「開業届」の正式名称は「個人事業主の開業・廃業等届出書」です。 A4用紙1枚ですので記入欄も多くありません。 印刷して記入し、郵送で提出ができます。 自宅で印刷できない方は、最寄りの税務署に行けば、用紙がおいてあります。 印鑑や身分証を持参すれば、その場で手続きが可能です。 開業届の書き方 開業届には、以下の項目があります。 それぞれ紹介します。 税務署長 左上に下線と税務署長と書かれているスペースがあります。 この下線の上には、管轄の税務署名が入ります。 渋谷税務署が管轄であれば「渋谷」と記入します。 提出日 税務署長の欄の下に、「提出」と書かれた日付の記入欄があります。 提出する日を記入しましょう。 郵送の場合は、ポストに投函する日を記入します。 納税地 基本的には、自宅の住所です。 自宅以外に事務所や店舗がある方は、事務所や店舗の住所を納税地にしてもよいですが、その場合には、納税地の下に自宅の住所も記入しましょう。 名前・生年月日・個人番号 個人情報です。 名前と生年月日、個人番号を記入しましょう。 名前の欄には押印も必要です。 職業 事業として行う仕事を簡単に記載しましょう。 例えば、デザイナー、コンサルタント、飲食業などです。 複数の事業がある場合は、複数書いても問題ありません。 屋号 店舗名など、屋号を設定する場合は、記載しましょう。 屋号を設定しない方は記入しなくても提出できます。 届出の区分 左上の「開業」に丸をつけましょう。 所得の種類 事業所得に丸をつけます。 開業・廃業等日 自分で決めた「開業日」を記入しましょう。 開業・廃業に伴う届出書の提出の有無 「青色申告承認申請書」を一緒に提出する方は、1段目の「有」に丸をつけます。 無い方は「無」に丸をつけましょう。 消費税に関する「課税事業者選択届出書」を提出する方がいれば、2段目も「有」に丸をつけます。 「課税事業者選択届出書」は、消費税を免税から課税に変えたい方が提出する書類です。 起業直後の消費税は免税ですので、基本的には「無」に丸をつけます。 事業の概要 仕事内容を具体的に記載します。 「ホームページのデザイン」「ラーメン屋の経営」など、短くまとまっていても問題ありません。 まとめ 個人事業主の開業届は、提出する決まりになっていますので、開業後1ヶ月以内に提出しましょう。 手軽に書ける様式ですし、節税などのメリットもあります。 自宅でダウンロードし、郵送で提出ができますので、本記事を参考に提出してみてはいかがでしょうか。

次の

期限を過ぎたらどうなる?開業届に関する疑問を解決!

開業 届

新たに事業を開始したとき• 事業用の事務所・事業所を新設・増設・移転・廃止したとき• 事業を廃止したとき 特に青色申告をするときに、出すと思っている人もいるようですが、開業する人は、青色申告・白色申告にかかわらず、提出が必要な書類なのです。 提出期限は「事業開始等の日から1ヵ月以内」。 管轄の税務署で「納税地を所轄する税務署長宛」に提出します。 手続きに手数料はいっさいかかりません。 なお、提出期限が土・日曜日・祝日に重なる場合は、これらの日の翌日以降の最初の平日が提出期限となります。 また、個人事業の開業届はe-Taxからでも提出できます。 手続きはやや煩雑ですがe-Taxを利用して特定の書類を提出することに慣れている場合はこちらからの手続きをとるのもよいでしょう。 【参考記事】 【参考】 開業届に記載すべき事項 「個人事業の開業・廃業等届出書」とはなにやら小難しそうな名称ですが、その記載自体、あるいは手続きの手順は、それほど面倒ではありません。 先に挙げた「1. 新たに事業を開始したとき」に該当する方が記載すべき項目は、次の4項目です。 所得の種類 不動産所得・山林所得・事業(農業)所得から選択• 開業・廃業等日 開業した日を記入• 事業の概要 具体的にこれから始める事業についてできるだけ具体的に記入 以下の項目は、自分に該当するものがある場合のみ、その必要事項を記入する欄です。 「給与の定め方」には、「日給」「月給」などと記入。 給与支払を開始する年月日を記入。 開業届の上の段には、納税地(住所、居住地、事業所の所在地)、氏名、生年月日、職業、屋号を記載します。 職業欄は、例えば筆者のようなライターならば「執筆業」などと記載します。 ここには押印欄もありますが、認印でOKです。 とはいえ、プライベートで使用している印鑑と混在するのはあまりいいことではありませんから、事業用に使う認印をひとつ作っておいてもよいかもしれないですね。 開業届はマイナンバーの記載対象書類に該当 なお、この開業届、平成28年から書式が変更になっています。 大きな変更点はマイナンバー制度への対応です。 事業に関係する公的書類は数えきれないほどたくさんありますが、開業届は税制改正によるマイナンバー記載対象書類「」に該当します。 対象書類には、原則、個人であれば申請書本人のマイナンバー(12桁)の記載が必要となります。 開業届提出時には、成りすまし防止のため、税務署窓口では本人確認(マイナンバーが確認できる書類、および、運転免許証やパスポート等での身元確認)を求められます。 税務署の窓口ではなく、郵送で済ませる場合も、申請者本人のマイナンバーであることを証明するため、本人確認書類の写しの添付が必要です。 添付の際は「」を利用します。 e-Taxで提出する場合は、本人確認書類の提示・提出は不要です。 番号が確認できる書類とは?• マイナンバー通知カード• マイナンバーの記載がある住民票の写し• マイナンバーの記載がある住民票記載事項証明書 なお、マイナンバーカードを持っていれば、それ自体をマイナンバーの確認と本人確認として使用できます。 この場合はマイナンバーカードの表裏両面をコピーし、添付台紙に貼り付けます。 また開業届の書式をインターネットからダウンロードするときには、古いフォーマットが残っている場合があるので、国税庁のホームページから「個人番号」の記載欄のある最新のひな形をダウンロードするようにしましょう。 はこちらからダウンロードしてください。 photo:Getty Images.

次の

個人事業の開業届

開業 届

開業届の提出先は税務署だけじゃない! 個人事業を始めると、提出するのが「」と「」です。 これらの書類は、税務署に提出します。 ここまでは、よく知られている話でしょう。 では、あまりよく知られていない話というのは、 開業届は都道府県にも提出するんですよ~ということです。 都道府県といっても、実際には「都道府県の税金関係の役所」に提出します。 例えば東京都の場合は、都税事務所に提出します。 小池知事に手渡しにいっても、ご多忙なので受け取ってはもらえません(笑) なんで提出が必要なの? 個人事業には、国(税務署)に納める税金として、• 所得税• 消費税 が発生します。 これらはおなじみの税金でしょう。 この他に、都道府県に納めるものとして 「個人事業税」という税金もあるのです。 事業税は都道府県に納める税金ですので、都道府県の役所にも、わざわざ開業届を出す必要があるわけです。 事業をしていたら、事業税がかかる! という厳しい事実。 これまでサラリーマンだった場合は、個人事業税などは一切関係のない税金ですので、なじみがないのも当然の話です。 都道府県の開業届ってどんなもの? 都道府県に提出する開業届って、どんなものでしょうか? 東京都の例で見てみましょう。 から、記入用の様式をダウンロードできます。 記入例を見てみましょう。 スポンサーリンク これを見ると、税務署に提出した開業届よりもシンプルです。 「開業時の人数は何人だ」とか、「事業の内容を具体的に書け」とか、そのようなネチネチした質問はいっさいありません。 とはいえ、「税務署に開業届を提出したんだから、もういいだろ!(怒)」という意見も聞こえてきそうです。 まあ、たしかにおっしゃるとおりで、不便ですね。 なんとかならないのでしょうか。 うわ、出し忘れていたわ…… 個人事業税なんぞまったく知らず、税務署に提出しただけで安心していた……という方も多いようです。 というか、個人事業税の開業届をキチンと出している人のほうが、実はレアケースかもしれません。 そんな実情もありそうなので、あなたが開業届を出し忘れていても、まあ大丈夫かも(?)。 都道府県のほうから開業の情報を察知して、課税してきます。 都道府県はどこで開業を察知している? 開業届をうっかり忘れたとして、都道府県はどうやって開業を察知するのかを考えてみましょう。 所得税の確定申告書においては、第2表の記入欄に、事業税に関する開業の記入欄があります。 この記入欄、あまりにも地味すぎて、まったく気にしていない人も多そうです。 ましてや、個人事業税の開業届を出していない人が、この記入欄にキチンと書いている可能性はかなり低そう……。 というわけで、都道府県の役所では、確定申告書で「事業所得」の金額があるひとを対象に、「個人事業税」の課税の可能性をサーチしているフシがうかがえます。 このため、ある日突然、都道府県の役所から「事業についてのお尋ね」などという封筒が届くこともあります。 そのお尋ねの内容は、 「あなたの事業を詳しく教えてください。 事業によっては個人事業税がかかりますんで」 といった感じのものです。 まとめ 超絶レベルで「どマイナー」な話題、個人事業税の開業届についてお伝えしました。 この開業届、筆者はあまりキチンと提出している事例に出会ったことがないのですが、実情はどうなんですかね? 個人事業税について詳しく知りたい場合は、東京都主税局のページが詳しいです。 参考:個人事業税(東京都主税局) マニアックな余談 個人事業税の開業届ですが、その根拠となる条文は「地方税法」ではなく、都道府県の条例がベースのようです。 東京都の場合、「東京都都税条例」の第26条に 「事業税の納税義務者は、事業を開始し……た場合においては、その事業を開始し……た日から十五日以内に次に掲げる事項を知事に申告しなければならない」という記載があります。 開業から15日以内って……厳しいですね! カテゴリー カテゴリー アーカイブ•

次の