ワイモバイル デメリット。 Ymobile(ワイモバイル)のメリット・デメリットを徹底解説!

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えメリット・デメリットについて

ワイモバイル デメリット

この記事の目次• mobile(ワイモバイル)のメリット 最近はワイモバイルのTVCMをソフトバンクと同じくらいの頻度で見るので知名度もかなり向上しましたよね。 また、ソフトバンクショップに併設する形でワイモバイルの看板を掲げるお店も増えてきています。 では、ワイモバイルに乗り換えるとどんなメリットがあるか見ていきましょう。 料金プランが安い ワイモバイルは国内通話10分かけ放題の音声通話とデータ通信が組み合わせされたスマホプランが基本プランとなっており 月額1,980円(2年目以降は2,980円)という安い価格設定が魅力の一つとなっています。 1,980円という価格は契約から1年目のみで2年目以降は1,000円アップの2,980円になってしまいますが、それでもは大手キャリアの料金に比べたら低い水準の料金設定といっていいのではないでしょう。 大手キャリアの料金プランと比較してみました。 ワイモバイルはソフトバンクと同じ回線を使って音声通話・データ通信ができます。 それなら少しでも安い料金でスマホが使えるワイモバイルに乗り換えるのが良い選択肢になるのは間違いないでしょう。 また、ワイモバイルで驚きなのが家族ではない恋人も家族割を適用させることができるんですよね。 恋人も家族割できると聞くとスゲーって思ってしまいますが同じ住所に住んでいることが条件となり住民票も同じ住所になっていないといけないため、ただ恋人だから家族割が適用されるというわけではないのです。 つまり、何か事情があり結婚できない事実婚として生計を立てている人のための家族割サービスということになるのでしょうね。 子回線専用プラン(シェアプラン)でデータシェア ワイモバイルには子回線専用プランであるシェアプランという他の回線にデータを分け合うことができる仕組みがあり、 最大3枚のSIMカードにデータ容量を分け合うことが可能となっています。 ワイモバイルのシェアプラン シェアプランの基本料金は親回線が契約しているプランによって異なっていますがスマホプランSは980円、スマホプランRは490円でシェアすることができます。 シェアプランの追加料金• スマホベーシックプランS:980円• スマホベーシックプランM・R:490円• スマホベーシックプランL:0円• データプランS:980円• データベーシックプランL:0円 スマホプランM・Lなら追加料金490円でデータをシェアできるのでiPadなどのタブレットを併せて使っているなら安く、お得にデータ通信を分け合うことができるのではないでしょうか。 スマホプランRのデータ量は最大で17GBあるので複数台シェアしても十分なデータ量を確保することができそうです。 iPhoneをメイン機にしてサブ機のiPad Pro、iPad miniにシェアプランのSIMカードを入れても5,170円(6ヶ月間は4,470円、家族割があれば3,470円)で使うことができるのでお得ですよね。 これはいいかもしれない。 格安SIMの通信速度(石川県金沢市郊外) 2019年2月7日 9:30 11:30 12:40 13:30 20:00 docomo 受信 送信 110. 6 10. 8 56. 4 16. 4 96. 1 9. 37 142. 1 8. 54 36. 6 13. 9 UQ mobile 受信 送信 43. 3 5. 65 39. 4 10. 0 41. 5 8. 01 61. 9 6. 67 43. 6 8. 85 Y! mobile 受信 送信 77. 2 5. 06 42. 5 4. 68 57. 2 5. 35 49. 8 11. 0 45. 7 4. 06 mineo D 受信 送信 27. 2 12. 8 30. 8 14. 4 0. 41 1. 05 12. 5 8. 85 1. 53 10. 4 mineo A 受信 送信 48. 0 7. 21 39. 2 5. 78 1. 05 8. 00 40. 4 7. 49 30. 2 6. 97 LINEモバイル D 受信 送信 7. 3 7. 54 46. 4 13. 7 0. 19 6. 11 2. 44 8. 43 0. 98 17. 1 NifMo 受信 送信 55. 1 7. 33 62. 2 17. 0 0. 42 8. 88 49. 0 13. 4 63. 5 13. 0 楽天モバイル D 受信 送信 18. 9 12. 2 27. 5 13. 2 0. 92 9. 87 18. 4 11. 3 2. 53 9. 27 通信速度が違うとどうれくらい使いやすさに影響があるのかワイモバイルと楽天モバイルで実機で比較してみました。 日曜日の12時頃に試したものでワイモバイルの受信速度は40Mbpsほど出ていましたが、楽天モバイルは2Mbpsくらいに速度が低下している状態です。 ワイモバイル 楽天モバイル 受信速度 42. 6Mbps 2. 69Mbps 送信速度 3. 86Mbps 12. 2Mbps 10分かけ放題・24時間かけ放題プラン 大手キャリアの国内通話かけ放題プランは5分間となっています。 UQ mobileもオプションを付けて5分間だけとなっています。 そんな中でワイモバイルのスマホプランは10分間も何度でも無料になるので少し長電話をしてしまっても通話料が追加でかかることがありません。 また、60歳以上の方が「かんたんスマホ」を購入してスマホプランを契約することで「スーパー誰とでも定額」を無料で使うことが可能となり10分以上の通話も24時間かけ放題となるお得なサービスもあります。 僕の両親で実際にあったことなんですけど、通話切り忘れで3万円近い高額請求された経験があるので、無料で24時間かけ放題になるのは非常にありがたいサービスです。 ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使える ワイモバイルを契約するとソフトバンクWi-Fiスポットを無料で使うことができ、以下のステッカーがあるところで接続できます。 ソフトバンクWi-Fiスポットはカフェやレストラン、主要駅で接続することができるWi-Fiサービスとなっていてデータ通信量を少しでも節約したい方には嬉しいサービスです。 特に自宅に固定回線がない方はソフトバンクWi-FiスポットでiPhoneのアップデートをしたりアプリのダウンロードをすることでデータ通信量を節約することができるのでおすすめです。 キャリアメールが使える 他の格安SIMサービスに乗り換えるとキャリアメールが使えなくなってしまいますが、ワイモバイルは yahoo. jpや ymobile. jpといったアドレスがもらえて大手キャリアと同じようにキャリアメールを使ってメッセージの送受信ができます。 UQ mobileもキャリアメールがありますが月額200円の有料サービスです。 ワイモバイルは無料で使うことができるのでキャリアメールを今まで通り使いたい方はワイモバイルはおすすめです。 LINEの年齢認証ができる LINEはID検索機能を使うには年齢認証を受ける必要がありますが、LINEモバイル以外の格安SIMに乗り換えると年齢認証ができなくなってしまうのでID検索機能が使えなくなってしまいます。 ワイモバイルはキャリアと同様にLINEの年齢認証ができるのでID検索機能も問題なく使うことができるのでLIENを活用している方には本当におすすめです。 ヤフープレミアムに無料で加入できる に乗り換えるとYahoo! の有料会員「Yahoo! プレミアム for Y! mobile」に無料で加入することができます。 Yahoo! プレミアム for Y! mobileの特典• ヤフオクの出品時の落札利用料が安くなる• 雑誌110誌、漫画13,000冊が読み放題に• プロ野球のパリーグ、バスケットのBリーグの試合が見放題• ヤフーショッピングとLOHACAの買い物がでポイント5倍• 最大10万円の買いものあんしん補償 ヤフープレミアムは他にも数多くの特典を受けることができます。 ヤフープレミアムは通常は462円の有料サービスなのでワイモバイルに乗り換えるだけでこの特典を受けることができるのはお得ですよね。 キャリア決済の支払いができる ワイモバイルはキャリア決済のワイモバイルまとめて支払いを使うことができます。 Xperia 8は2019年10月発売のスマホでデュアルカメラを搭載した端末で個人的にはかなりおすすめの端末です。 ワイモバイルのデータプラン• データSIMプラン(1GB):980円• データプランS(1GB):1,980円• データプランL(7GB):3,696円 データSIMプランはワイモバイルのSIMスターターキットから申し込みができるプランで、データプランSよりも1,000円安いのに1GBのデータ通信ができるようになっています。 MVNOの格安SIMのデータSIMの料金は3GBで900円が一般的なのでワイモバイルのデータプランの料金は高いと言っていいでしょう。 なので、サブ機でiPadを使う場合はスマホプランLを契約してシェアプランを使った方がお得なのかなと思います。 データの繰越ができない ワイモバイルは当月使い切ることができなかったデータ量を翌月に繰り越すことができません。 最近はドコモ、au、ソフトバンクも繰越ができないプランになってしまいましたが、MVNOの格安SIMは翌月に繰り越しできるところが多いです。 繰越ができない割に料金プランが3つと大雑把なので人によっては毎月データ量が余ってしまう可能性はあるのかなと思います。 家族でデータ容量をシェアできない ワイモバイルは家族割はありますが家族間でデータ容量をシェアして使うことはできないので、親回線で料金高めのスマホプランLを契約して子回線で安いスマホプランSを契約してデータ容量を渡すことができません。 通信速度の切り替えができない 他の格安SIMサービスはデータ量を節約したいときにアプリから簡単に通信速度を低速モードにしてデータ消費をしないようにすることができます。 しかし、ワイモバイルはこのような低速モードに切り替えることができないので、ユーザー側で通信量の調整をすることができません。 まとめ:ワイモバイルは安さと使いやすさとを両立している 大手キャリアも色々と組み合わせることで通信料金を抑えることはできますが、は料金プランがシンプルで素直に簡単に月々の料金を安くできます。 一人で使う場合も4GBのデータ通信ができるスマホベーシックプランSなら1,980円(6ヶ月目以降 2,680円)なので安い金額でスマホを使うことができるようになります。 「格安SIMの方が安いでしょ?」 と思う方も多いかと思います。 確かに料金だけで比較するならmineo(マイネオ)やLINEモバイルといった本当の格安SIMサービスの方が安くすることができます。 しかし、かけ放題の音声通話は専用アプリを使わないといけなかったり、お昼の時間帯のインターネットの通信速度が使いものにならないくらい低下するなど、何かをガマンする必要があります。 そんな中ではソフトバンクが運営しているだけあってお昼の時間帯など回線が混み合う時間帯でも通信速度が落ちることがありません。 快適にスマホを使える安さと使いやすさを上手くバランスを取った格安SIMサービスになっていると感じます。 なので、月々の通信料金をとにかく下げたいならY! mobile(ワイモバイル)はおすすめですよ!.

次の

ワイモバイルのデメリットは7つ!乗り換える前にチェックしておこう|ワイモバイルの教科書

ワイモバイル デメリット

契約方法の種別 新規契約 新しい電話番号を契約する。 電話番号はそのまま引き継ぐ。 引き継がない場合は新規契約となる ソフトバンクから乗り換え ソフトバンクから、ワイモバイルへ乗り換えをする。 電話番号はそのまま引き継ぐ。 契約変更 PHSから乗り換え PHS 旧ウィルコム から、ワイモバイルを契約する。 機種変更 既にワイモバイルを契約していて、スマホだけ買い換える。 特に注意してほしいのは、「ソフトバンク回線を使った格安スマホ MVNO 」からの乗り換えは、2つのオンラインストアどちらも受け付けてもらえない点です。 ワイモバイルショップ・取扱店でのみ、受け付けてもらえます。 ソフトバンク回線を使った格安スマホ MVNO は、申し訳ないですがお近くのワイモバイルショップ、または取扱店で契約してください。 各キャンペーンの説明では、どの契約方法であればキャンペーンを適用できるか記載しているので、ご確認ください。 キャンペーンは3種類ある 本ページで紹介しているキャンペーンは、開催元が3つあります。 申し込み先によって適用できるキャンペーンが違うため、当サイトではキャンペーンを3つに分けて区別しています。 キャンペーンの種別について ソフトバンク運営のオンラインストア限定キャンペーン ソフトバンク運営のオンラインストアが開催しているキャンペーン。 手数料無料などの独自キャンペーンを展開している。 Yahoo! モバイル内のオンラインストア限定キャンペーン Yahoo! モバイル内のオンラインストアが開催しているキャンペーン。 PayPayプレゼントなどの独自キャンペーンを展開している。 ワイモバイル公式キャンペーン ワイモバイルが開催している公式キャンペーン。 実店舗やオンラインストア、どこで契約しても適用される。 特に重要なのは、オンラインストアが2つに分かれていることです。 オンラインストアには限定キャンペーンがあるのですが、 2つのオンラインストアは別々のサイトとなっています。 2つのオンラインストアについて ストア名称 URL 概要 ソフトバンク運営のオンラインストア ソフトバンク株式会社が運営しているオンラインストア。 スマホ・ガラケー・SIM・タブレット・ポケットWi-Fiなど、ワイモバイルで販売中の商品は全て販売されている。 Yahoo! モバイル内のオンラインストア Yahoo! JAPANの運営しているオンラインストア。 Yahoo! JAPAN モバイルのロゴがサイト内に表示される。 スマホ・SIM限定で、ワイモバイルの商品が販売されている。 2つのオンラインストアはどちらも公式なのですが、運営元が違います。 そのため、それぞれ開催しているキャンペーンが違いますし、微妙に販売されている商品も違います。 ガラケーなどは、ソフトバンク運営のオンラインストアでしか販売されていません。 しかし14,400円の機種代金割引は、どちらのオンラインストアでも実施されています。 このように微妙な違いがあるのですが、Yahoo! JAPANはソフトバンクグループの子会社なので、どちらもソフトバンクが運営しているようなものです。 Yahoo! JAPAN側は、Yahooに関連するサービスを提供しやすいので、2つに分けているっぽい 公式キャンペーンについては、どちらのオンラインストアでも適用されます。 そのため、どちらのオンラインストア経由で申し込むかを、決めれば大丈夫です。 現時点では、以下の通りに申し込み先を決めるのがオススメです。 キャンペーン詳細 開催期間 2019年10月1日 火 ~終了日未定 特典内容 契約種別ごと、以下の金額が税込で割引される。 新規契約:14,400円• 他社から乗り換え:14,400円• 契約変更 PHSから乗り換え :7,200円• AndroidOne S5• AndroidOne S6• AndroidOne X5• HUAWEI P30 lite• かんたんスマホ 適用条件 ソフトバンク運営のオンラインストアから、スマホを申しこむこと。 契約後に を行うこと このキャンペーンの良いところは、Yahoo! モバイル内のオンラインストアに限らず、どこで申し込みをしても対象になるという点です。 ソフトバンク運営のオンラインストア、ワイモバイルショップ、家電量販店のどこで申し込みをしても対象となります。 ソフトバンク運営のオンラインストアの事務手数料無料キャンペーンや、Yahoo! モバイル内で実施されているPayPayのキャンペーンなどとも併用できるので、利用しないだけ損です。 ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込む場合でも、ぜひ本キャンペーンはご利用ください。 キャンペーン詳細 開催期間 2019年12月23日 月 ~終了日未定 特典内容 Paypayボーナスライト3,000円相当をもらえる 適用条件 以下6つの条件を全て満たすこと• Yahoo! モバイルのホームページから、前月までに作成したYahoo! JAPAN IDでログインして特典エントリーをしていること• 新規契約・他社からのりかえ・ソフトバンクからの番号移行・PHSからの契約変更のいずれかであること 機種変更以外であること• 申し込み後、ワイモバイルの契約が完了していること• 申込日の翌月末までに「Y! mobileサービスの初期登録」を特典エントリー済みのYahoo! JAPAN IDで完了していること• PayPayボーナスライト付与予定月の月末まで端末のご契約を継続し、「Y! mobileサービスの初期登録」での連携状態を継続していること キャンペーン詳細 開催期間 2019年10月1日 火 ~終了日未定 特典内容 契約種別ごと、以下の金額が税込で割引される。 新規契約:14,400円• 他社から乗り換え:14,400円• 契約変更 PHSから乗り換え :7,200円• AndroidOne S5• AndroidOne S6• AndroidOne X5• HUAWEI P30 lite• かんたんスマホ 適用条件 Yahoo! モバイル内のオンラインストアから、スマホを申しこむこと。 キャンペーン詳細 開催期間 終了日未定 特典内容 【新規契約・他社から乗り換え・ソフトバンクからの乗り換え】 PayPayボーナスライト5,555円相当もらえる 【PHSからの契約変更・機種変更】 PayPayボーナスライト3,300円相当もらえる 適用条件 下記4つを満たすこと。 毎月5日、11日、15日、22日、25日 5のつく日・ゾロ目の日 に、対象のプラン・契約種別で申し込むこと• Yahoo! JAPAN IDでログインした状態で、Yahoo! モバイル内オンラインストアから申し込むこと• 特設ページ内で紹介されている「対象端末一覧」の申し込みであること• 新規契約• 他社から乗り換え MNP• ソフトバンクから乗り換え 番号移行• PHSからの乗り換え• 機種変更 「どれを利用すればいいか分からない」 「もう重要なヤツだけパッと教えてよ」 という方は、ぜひ参考にしてください。 新規契約で1番オトクなキャンペーン・割引の組み合わせ 新規契約での1番オトクなキャンペーン・割引の組み合わせを、「スマホ購入」、「SIM単体契約」、「ガラケー購入」のケースごとに紹介します。 モバイル内のオンラインストアから対象機種を申し込むこと 3,000円相当のPayPayボーナスライトをもらえる 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDで特典エントリーをした上で申し込み、契約後にY! モバイル内のオンラインストア」からの申し込みがオススメです。 キャンペーンをフル活用すると、 機種代金割引+合計8,555円相当のPayPayボーナスライトをもらえてオトクです。 SIM単体契約での1番オトクな組み合わせ キャンペーン・割引の名称 特典内容 適用条件 3,300円相当のPayPayボーナスライトをもらえる Yahoo! JAPAN IDでログインし、Yahoo! モバイル内のオンラインストアからSIMカードを申し込むこと 4,400円相当のPayPayボーナスライトをもらえる Yahoo! JAPAN IDでログインし、Yahoo! JAPAN IDで特典エントリーをした上で申し込み、契約後にY! モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。 キャンペーンをフル活用すると、 最大10,700円オトクになります。 ガラケー購入での1番オトクな組み合わせ キャンペーン・割引の名称 特典内容 適用条件 機種代金が10,800円 税込 割引される ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込むこと 契約事務手数料3,300円 税込 が無料になる ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込むこと 2つのオンラインストアの内、ガラケーは「ソフトバンク運営のオンラインストア」のみで販売されています。 ソフトバンク運営のオンラインストアでは「機種代金割引キャンペーン」と「事務手数料無料キャンペーン」が実施されており、 合計14,100円が安くなります。 他社から乗り換え MNP で1番オトクなキャンペーン・割引の組み合わせ 他社から乗り換え MNP でのの1番オトクなキャンペーン・割引の組み合わせを、「スマホ購入」、「SIM単体契約」、「ガラケー購入」のケースごとに紹介します。 モバイル内のオンラインストアから対象機種を申し込むこと 3,000円相当のPayPayボーナスライトをもらえる 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDで特典エントリーをした上で申し込み、契約後にY! モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。 キャンペーンをフル活用すると、 機種代金割引+合計8,555円相当のPayPayボーナスライトをもらえてオトクです。 JAPAN IDでログインしたうえで、Yahoo! モバイル内のオンラインストアからSIMカードを申し込むこと 4,400円相当のPayPayボーナスライトをもらえる Yahoo! JAPAN IDでログインし、Yahoo! JAPAN IDで特典エントリーをした上で申し込み、契約後にY! モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。 キャンペーンをフル活用すると、 合計14,000円相当のPayPayボーナスライトをもらえてオトクです。 ガラケー購入での1番オトクな組み合わせ キャンペーン・割引の名称 特典内容 適用条件 機種代金が10,800円 税込 割引される ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込むこと 契約事務手数料3,300円 税込 が無料になる ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込むこと 2つのオンラインストアの内、ガラケーは「ソフトバンク運営のオンラインストア」のみで販売されています。 ソフトバンク運営のオンラインストアでは「機種代金割引キャンペーン」と「事務手数料無料キャンペーン」が実施されており、 合計14,100円が安くなります。 ソフトバンクから乗り換え 番号移行 で1番オトクなキャンペーン・割引の組み合わせ ソフトバンクから乗り換え 番号移行とも呼ばれます での1番オトクなキャンペーン・割引の組み合わせを、「スマホ購入」、「SIM単体契約」、「ガラケー購入」のケースごとに紹介します。 モバイル内のオンラインストアから対象機種を申し込むこと 3,000円相当のPayPayボーナスライトをもらえる 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDで特典エントリーをした上で申し込み、契約後にY! モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。 キャンペーンをフル活用すると、 合計14,000円相当のPayPayボーナスライトをもらえてオトクです。 SIM単体契約での1番オトクな組み合わせ キャンペーン・割引の名称 特典内容 適用条件 2~7ヶ月目の月額料金が770円 税込 引きとなる 特になし 自動適用 契約事務手数料3,300円 税込 が無料になる ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込むこと PayPayボーナスライト3,000円相当をもらえる 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDで特典エントリーをした上で申し込み、契約後にY! モバイル内のオンラインストアの「ワイモバイル どこでももらえる特典」が対象となります。 事前に にエントリーした上で、ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込みをするのがオススメです。 ガラケー購入での1番オトクな組み合わせ キャンペーン・割引の名称 特典内容 適用条件 契約事務手数料3,300円 税込 が無料になる ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込むこと 2つのオンラインストアの内、ガラケーは「ソフトバンク運営のオンラインストア」のみで販売されています。 ソフトバンク運営のオンラインストアでは「事務手数料無料キャンペーン」のみが適用され、 合計3,300円が安くなります。 PHSからの乗り換えで1番オトクなキャンペーン・割引の組み合わせ PHSからの乗り換えでの1番オトクなキャンペーン・割引の組み合わせを、「スマホ購入」、「SIM単体契約」、「ガラケー購入」のケースごとに紹介します。 AndroidOne S3• AndroidOne S5• AndroidOne X5• HUAWEI P30 lite ソフトバンク運営、またはYahoo! モバイル内のオンラインストアから申し込むこと 契約事務手数料3,300円 税込 が無料になる。 特になし 自動適用 国内通話が時間無制限かけ放題になる「スーパーだれとでも定額」の月額料金1,000円が、次回機種変更まで無料になる。 モバイル内のオンラインストアから対象機種を申し込むこと 3,000円相当のPayPayボーナスライトをもらえる 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDで特典エントリーをした上で申し込み、契約後にY! モバイル内のオンラインストアからの申し込みがオススメです。 キャンペーンをフル活用すると、 機種代金割引+事務手数料3,300円無料+合計6,300円相当のPayPayボーナスライトをもらえてオトクです。 さらにPHSからの乗り換えの場合、以下の機種は一括0円で購入することができます。 購入前に一括0円であることをご確認お願いします• AndroidOne S3• AndroidOne S5• AndroidOne X5• HUAWEI P30 lite• かんたんスマホ ぜひ 一括0円機種をオトクにゲットしてください。 SIM単体契約での1番オトクな組み合わせ キャンペーン・割引の名称 特典内容 適用条件 契約事務手数料3,300円 税込 が無料になる。 特になし 自動適用 国内通話が時間無制限かけ放題になる「スーパーだれとでも定額」の月額料金1,000円が、次回機種変更まで無料になる。 契約時、スーパーだれとでも定額に申し込むこと 3,000円相当のPayPayボーナスライトをもらえる 前月までに作成したYahoo! JAPAN IDで特典エントリーをした上で申し込み、契約後にY! Yahoo! モバイル内のオンラインストア、ソフトバンク運営のオンラインストアのどちらで申し込んでも違いはありません。 ただしPayPayを使う人は、Yahoo! モバイル内のオンラインストアの のエントリーを必ず行いましょう。 ガラケー購入での1番オトクな組み合わせ キャンペーン・割引の名称 特典内容 適用条件 PHSからの乗り換えの場合、以下の機種は一括0円にて購入できる• Simply 603SI• AQUOS ケータイ3 806SH• DIGNOケータイ3 903KC ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込むこと 国内通話が時間無制限かけ放題になる「スーパーだれとでも定額」の月額料金1,000円が、次回機種変更まで無料になる。 契約時、スーパーだれとでも定額に申し込むこと 契約事務手数料3,300円 税込 が無料になる。 特になし 自動適用 2つのオンラインストアの内、ガラケーは「ソフトバンク運営のオンラインストア」のみで販売されています。 「PHSからの契約変更事務手数料無料」が適用され、 合計3,300円が安くなります。 さらにPHSからの乗り換えの場合、以下の機種は一括0円で購入することができます。 購入前に一括0円であることをご確認お願いします• Simply 603SI• AQUOS ケータイ3 806SH• DIGNOケータイ3 903KC ぜひ 一括0円機種をオトクにゲットしてください。 機種変更で1番オトクなキャンペーン・割引の組み合わせ 機種変更は優遇が一番少ないです。 もう少し適用できるキャンペーン・割引を増やしてほしいです。 1番オトクなキャンペーン・割引の組み合わせを、「スマホ購入」、「ガラケー購入」のケースごとに紹介します。 モバイル内のオンラインストアから申し込むこと 契約事務手数料3,300円 税込 が無料になる ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込むこと スマホに機種変更する場合は、Yahoo! モバイル内のオンラインストアの「ワイモバイル スマホご契約特典」でもらえるPayPayボーナスライトは2,555円となり、少ないです。 そのため、 機種代金割引+事務手数料3,300円 税込 が無料となる「ソフトバンク運営のオンラインストア」からの申し込みがおすすめです。 ガラケー購入での1番オトクな組み合わせ キャンペーン・割引の名称 概要 適用条件 契約事務手数料3,300円 税込 が無料になる ソフトバンク運営のオンラインストアから申し込むこと 2つのオンラインストアの内、ガラケーは「ソフトバンク運営のオンラインストア」のみで販売されています。 ソフトバンク運営のオンラインストアでは「事務手数料無料キャンペーン」のみが適用され、 合計3,300円が安くなります。 複数回線契約する際におすすめのキャンペーン・割引を解説 ワイモバイルで複数回線を契約する場合、既に複数回線を契約している場合におすすめのキャンペーン・割引は、以下の通りとなります。 キャンペーン・割引の名称 特典内容 適用条件 2回線目以降の月額料金が、最大9回線まで500円引きとなる。 契約時に家族割引を申し込む、または契約後にワイモバイルショップで家族割引を申し込むこと 最大10回線まで、1回線ごとに対象プランの月額料金が割引される。 【500円割引】• スマホプランS• データプランL• データベーシックプランL• Pocket WiFiプラン2• Pocket WiFiプラン2 ベーシック 【700円割引】• おうちでんきを契約したうえで、ワイモバイルショップでおうち割 光セット(A)を申し込むこと 最大10回線まで、1回線ごとに対象プランの月額料金が100円割引される。 25ヶ月目以降は50円引き おうちでんきを契約したうえで、ワイモバイルショップでおうち割 でんきセット(A)を申し込むこと 家族で契約するなら家族割 おうち割 でんきセット(A)で月額100円引き 多くの人が見逃しがちですが、管理人がオススメしたいのは「おうち割 でんきセット(A)」です。 最大10回線までが100円引きになるので、 地味にオトクです。 しかしソフトバンクの電気「おうちでんき」に乗り換えをしないといけないので、意外に使っている人は少ないです。 おうち割 でんきセット(A)は家族割引と違い、主回線・副回線という考え方がないので全回線が割引対象になります。 電気代を節約して毎月400円安くするのは大変ですが、割引で自動的に400円安くなるのはスゴク嬉しいです! 万が一、ソフトバンクの「おうちでんき」のサービスが気に入らないということがあったとしても、乗り換えの際の違約金は500円 税抜 です。 インターネット回線の乗り換えはリスクが高いですが、電気は違約金500円だけなのでリスクが無いに等しいです。 家族でワイモバイルを使っていて、かつ電気の乗り換えをしていない方は、おうちでんきをぜひ検討してみてください。 管理人は実家の家族も含めて、家族割引サービスとおうち割 でんきセット(A)で月額料金の割引を受けています。

次の

ソフトバンクからワイモバイルへ!デメリットのまとめ

ワイモバイル デメリット

デメリット• データ繰り越しができない Y! mobileでは、余ったデータ通信量を翌月へ繰り越すことができません。 これはちょっと厳しいですね。 しかし、「Enjoyパック」や「パケットマイレージ」でデータ通信量を増やすことが可能です! この2つで 毎月+1GBできます!(管理人は実際に契約してからずっと毎月+1GBです。 ) サービスはめまぐるしく変化しているので、そのうち繰り越しできるようになるかもしれません。 まぁ、繰り越しできるようになると、ほぼ完璧ですけど… 大手3キャリアよりセット購入で選べるスマホ機種が少ない Y! mobileの契約時にセットで購入できるスマホ端末の種類は、大手3キャリアより少ないです。 まぁ、格安スマホ会社なら、どこもそうです。 格安スマホ会社の中だと、「 iPhone 6s/7」も扱っているので、ぜんぜん良い方です! SIMフリーのスマホ端末を購入する場合は、特に関係ありません。 一応、デメリットとして記載しましたが、そんなにデメリットでもないかな… 無いより有る方が良いので、デメリットとしています。 SoftBankから乗り換えは「スマホ端末セット購入」が割高 docomo/au/MVNOから乗り換える場合は、「乗り換え価格」でスマホ端末を購入できます。 しかし、 SoftBankから乗り換え(番号移行)で購入するスマホ端末は定価になるため、「乗り換え価格」に比べて 割高になります。 「乗り換え価格」より 約 18,000円くらい高くなります。

次の