スロッター。 【コラム】スロット兼業でも稼ぐ!楽しむ!〜兼業スロッターのすすめ♡〜|スロかっつ!

スロッターマシン

スロッター

Contents• 兼業スロッターの1ヶ月の収支目標 まずは、 兼業スロッターの1ヶ月の収支目標 しょにゃ調べ。 まず社会人の方は月に休みが8日 祝日も入れると9日くらい です。 この8日でどれくらい収支をあげるか、ということが大事になってきます。 私の中では、最低限勝ちたいと思うボーダーラインは プラス5万円です。 10万円勝てた月は「ああ、かなりうまくいったな」っていう印象です。 5万円って少ないように思えますが、この5万円がなかなか難しい。 毎日稼働できるわけではないので、熱いイベントの日に休みが重なるということも滅多にありません。 ただでさえ土日のホールの稼働率は上がるので、抽選を突破するのも設定を掴むのも難しくなってきます。 貴重な数日の休みで、AT機の設定狙いをして一瞬で3. 4万円負ける…なんてこともザラです。 取り返したいけど、次の日は仕事…が当たり前ですからね。 そんな中で コンスタントに毎月5万円勝てるってかなりすごいことなのです。 コンスタントに収支をあげるために 働きながらスロットでも収支を上げるために、しょにゃが実践していることをご紹介します。 メモを付けることで、今勝てる設定配分をしているお店や傾向も分かってきます。 食べたものや、感じたことなんかも書いておくと、案外負けている日は同じようなものを食べていたり思っていたりします。 読み返しても面白いですよ。 必ず失敗は振り返り、忘れないように覚えておくことがコンスタントに勝つことへの重要なポイントです。 勝ったことは別に振り返らなくても忘れないので置いておいて、負けるに至った経緯を振り返ることで、次回の稼働への修正になります。 兼業スロッターの稼働パターン 私のよく覗くホールで昔から兼業スロッターをしているお兄様がいるのですが、その人は毎回アイムジャグラーを打っています。 個人的に貴重な休みの日に、毎回アイムジャグラーって…本当つまんないだろうなって思うのですが、 「割の低いAタイプは素直に設定を使ってくれている」というしっかりした根拠を持たれています。 そしてちゃんとほぼ毎回設定6を掴んでいます。 勝つためには お店の状況を把握すること、割の低いAタイプも積極的に狙いに行くことが重要になってきますね。 どうしてもAT機が打ちたい!人は、抽選を突破さえすれば高設定を打てる確証のあるお店を探しましょう。 1、兼業スロッターのお友達と一緒に抽選を受けて、引けたらノリで打つ。 2、引けなかったら解散して、個々に期待値稼働 ハイエナ やAタイプの設定狙いが出来るお店に移動…など最初から1日の行動を考えておくといいでしょう。 朝から期待値稼働(ハイエナ)…なんてのも、実は美味しい一面もあります。 なぜなら イベントの日に朝からハイエナをする人ってあまりいないからです。 みんなが抽選を受けて、設定狙いに走る中、1人だけ期待値稼働をするっていうのも勝ちに繋がる大きなポイントです。 スロットを忘れようとしてみたり、ストレスから養分打ちして死ぬほど負けて、もっとストレスが溜まったり…と、よく分からない試行錯誤をしていました。 慣れない毎朝の通勤ラッシュ、会社では毎日怒られて、慣れない仕事に追われる日々。 その中でもスロプーを続けている友達はまだ多く、楽しかった稼働の報告を聞くたびに 「なんのために働いてるんや」「スロプーに戻りたい」と思っていました。 初任給が口座に振り込まれた時も、こんだけのお金のためにあんなに辛い思いするのかと憤慨してました。 でも、やっと手にした世間に胸を張れる生き方。 辞めるわけにはいきませんでした。 そして悩みに悩んで、1つの考えに辿り着きました。 仕事もバリバリやって、休みの日にスロットもバリバリ打つ。 どっちの収支もあげる。 どっちでも1番を目指す。 兼業スロッターを極める。 昔より稼働時間は減るけれど、その「少ない時間を勝ちに繋げることができるって、すごいカッコいいこと」なんではないかと。 それこそ スロプー時代の経験を生かした本物のプロなんやないかと。 勝手な妄想と思い込みで、私は兼業スロッターとしての一歩を踏み出しました。 スロットで負けた次の日の仕事は、いつもよりもバリバリ頑張ることにしたら、気持ちの切り替えもうまくできるようになりました。 仕事をしているから世間体を気にすることはないし、何より毎日打っていた頃よりスロットが楽しく感じるようになりました。 思い込みで自分の世界を作るって、何よりも強いメンタル維持の方法でもあるんです。 打つからには勝ちたいし、楽しみたい! 自分が納得できる稼働の方法を見つけて、毎日楽しく打てたら1番いいですね。

次の

スロッター加工

スロッター

Contents• 兼業スロッターの1ヶ月の収支目標 まずは、 兼業スロッターの1ヶ月の収支目標 しょにゃ調べ。 まず社会人の方は月に休みが8日 祝日も入れると9日くらい です。 この8日でどれくらい収支をあげるか、ということが大事になってきます。 私の中では、最低限勝ちたいと思うボーダーラインは プラス5万円です。 10万円勝てた月は「ああ、かなりうまくいったな」っていう印象です。 5万円って少ないように思えますが、この5万円がなかなか難しい。 毎日稼働できるわけではないので、熱いイベントの日に休みが重なるということも滅多にありません。 ただでさえ土日のホールの稼働率は上がるので、抽選を突破するのも設定を掴むのも難しくなってきます。 貴重な数日の休みで、AT機の設定狙いをして一瞬で3. 4万円負ける…なんてこともザラです。 取り返したいけど、次の日は仕事…が当たり前ですからね。 そんな中で コンスタントに毎月5万円勝てるってかなりすごいことなのです。 コンスタントに収支をあげるために 働きながらスロットでも収支を上げるために、しょにゃが実践していることをご紹介します。 メモを付けることで、今勝てる設定配分をしているお店や傾向も分かってきます。 食べたものや、感じたことなんかも書いておくと、案外負けている日は同じようなものを食べていたり思っていたりします。 読み返しても面白いですよ。 必ず失敗は振り返り、忘れないように覚えておくことがコンスタントに勝つことへの重要なポイントです。 勝ったことは別に振り返らなくても忘れないので置いておいて、負けるに至った経緯を振り返ることで、次回の稼働への修正になります。 兼業スロッターの稼働パターン 私のよく覗くホールで昔から兼業スロッターをしているお兄様がいるのですが、その人は毎回アイムジャグラーを打っています。 個人的に貴重な休みの日に、毎回アイムジャグラーって…本当つまんないだろうなって思うのですが、 「割の低いAタイプは素直に設定を使ってくれている」というしっかりした根拠を持たれています。 そしてちゃんとほぼ毎回設定6を掴んでいます。 勝つためには お店の状況を把握すること、割の低いAタイプも積極的に狙いに行くことが重要になってきますね。 どうしてもAT機が打ちたい!人は、抽選を突破さえすれば高設定を打てる確証のあるお店を探しましょう。 1、兼業スロッターのお友達と一緒に抽選を受けて、引けたらノリで打つ。 2、引けなかったら解散して、個々に期待値稼働 ハイエナ やAタイプの設定狙いが出来るお店に移動…など最初から1日の行動を考えておくといいでしょう。 朝から期待値稼働(ハイエナ)…なんてのも、実は美味しい一面もあります。 なぜなら イベントの日に朝からハイエナをする人ってあまりいないからです。 みんなが抽選を受けて、設定狙いに走る中、1人だけ期待値稼働をするっていうのも勝ちに繋がる大きなポイントです。 スロットを忘れようとしてみたり、ストレスから養分打ちして死ぬほど負けて、もっとストレスが溜まったり…と、よく分からない試行錯誤をしていました。 慣れない毎朝の通勤ラッシュ、会社では毎日怒られて、慣れない仕事に追われる日々。 その中でもスロプーを続けている友達はまだ多く、楽しかった稼働の報告を聞くたびに 「なんのために働いてるんや」「スロプーに戻りたい」と思っていました。 初任給が口座に振り込まれた時も、こんだけのお金のためにあんなに辛い思いするのかと憤慨してました。 でも、やっと手にした世間に胸を張れる生き方。 辞めるわけにはいきませんでした。 そして悩みに悩んで、1つの考えに辿り着きました。 仕事もバリバリやって、休みの日にスロットもバリバリ打つ。 どっちの収支もあげる。 どっちでも1番を目指す。 兼業スロッターを極める。 昔より稼働時間は減るけれど、その「少ない時間を勝ちに繋げることができるって、すごいカッコいいこと」なんではないかと。 それこそ スロプー時代の経験を生かした本物のプロなんやないかと。 勝手な妄想と思い込みで、私は兼業スロッターとしての一歩を踏み出しました。 スロットで負けた次の日の仕事は、いつもよりもバリバリ頑張ることにしたら、気持ちの切り替えもうまくできるようになりました。 仕事をしているから世間体を気にすることはないし、何より毎日打っていた頃よりスロットが楽しく感じるようになりました。 思い込みで自分の世界を作るって、何よりも強いメンタル維持の方法でもあるんです。 打つからには勝ちたいし、楽しみたい! 自分が納得できる稼働の方法を見つけて、毎日楽しく打てたら1番いいですね。

次の

スロッター加工・キー溝加工の城南キー

スロッター

Contents• 兼業スロッターの1ヶ月の収支目標 まずは、 兼業スロッターの1ヶ月の収支目標 しょにゃ調べ。 まず社会人の方は月に休みが8日 祝日も入れると9日くらい です。 この8日でどれくらい収支をあげるか、ということが大事になってきます。 私の中では、最低限勝ちたいと思うボーダーラインは プラス5万円です。 10万円勝てた月は「ああ、かなりうまくいったな」っていう印象です。 5万円って少ないように思えますが、この5万円がなかなか難しい。 毎日稼働できるわけではないので、熱いイベントの日に休みが重なるということも滅多にありません。 ただでさえ土日のホールの稼働率は上がるので、抽選を突破するのも設定を掴むのも難しくなってきます。 貴重な数日の休みで、AT機の設定狙いをして一瞬で3. 4万円負ける…なんてこともザラです。 取り返したいけど、次の日は仕事…が当たり前ですからね。 そんな中で コンスタントに毎月5万円勝てるってかなりすごいことなのです。 コンスタントに収支をあげるために 働きながらスロットでも収支を上げるために、しょにゃが実践していることをご紹介します。 メモを付けることで、今勝てる設定配分をしているお店や傾向も分かってきます。 食べたものや、感じたことなんかも書いておくと、案外負けている日は同じようなものを食べていたり思っていたりします。 読み返しても面白いですよ。 必ず失敗は振り返り、忘れないように覚えておくことがコンスタントに勝つことへの重要なポイントです。 勝ったことは別に振り返らなくても忘れないので置いておいて、負けるに至った経緯を振り返ることで、次回の稼働への修正になります。 兼業スロッターの稼働パターン 私のよく覗くホールで昔から兼業スロッターをしているお兄様がいるのですが、その人は毎回アイムジャグラーを打っています。 個人的に貴重な休みの日に、毎回アイムジャグラーって…本当つまんないだろうなって思うのですが、 「割の低いAタイプは素直に設定を使ってくれている」というしっかりした根拠を持たれています。 そしてちゃんとほぼ毎回設定6を掴んでいます。 勝つためには お店の状況を把握すること、割の低いAタイプも積極的に狙いに行くことが重要になってきますね。 どうしてもAT機が打ちたい!人は、抽選を突破さえすれば高設定を打てる確証のあるお店を探しましょう。 1、兼業スロッターのお友達と一緒に抽選を受けて、引けたらノリで打つ。 2、引けなかったら解散して、個々に期待値稼働 ハイエナ やAタイプの設定狙いが出来るお店に移動…など最初から1日の行動を考えておくといいでしょう。 朝から期待値稼働(ハイエナ)…なんてのも、実は美味しい一面もあります。 なぜなら イベントの日に朝からハイエナをする人ってあまりいないからです。 みんなが抽選を受けて、設定狙いに走る中、1人だけ期待値稼働をするっていうのも勝ちに繋がる大きなポイントです。 スロットを忘れようとしてみたり、ストレスから養分打ちして死ぬほど負けて、もっとストレスが溜まったり…と、よく分からない試行錯誤をしていました。 慣れない毎朝の通勤ラッシュ、会社では毎日怒られて、慣れない仕事に追われる日々。 その中でもスロプーを続けている友達はまだ多く、楽しかった稼働の報告を聞くたびに 「なんのために働いてるんや」「スロプーに戻りたい」と思っていました。 初任給が口座に振り込まれた時も、こんだけのお金のためにあんなに辛い思いするのかと憤慨してました。 でも、やっと手にした世間に胸を張れる生き方。 辞めるわけにはいきませんでした。 そして悩みに悩んで、1つの考えに辿り着きました。 仕事もバリバリやって、休みの日にスロットもバリバリ打つ。 どっちの収支もあげる。 どっちでも1番を目指す。 兼業スロッターを極める。 昔より稼働時間は減るけれど、その「少ない時間を勝ちに繋げることができるって、すごいカッコいいこと」なんではないかと。 それこそ スロプー時代の経験を生かした本物のプロなんやないかと。 勝手な妄想と思い込みで、私は兼業スロッターとしての一歩を踏み出しました。 スロットで負けた次の日の仕事は、いつもよりもバリバリ頑張ることにしたら、気持ちの切り替えもうまくできるようになりました。 仕事をしているから世間体を気にすることはないし、何より毎日打っていた頃よりスロットが楽しく感じるようになりました。 思い込みで自分の世界を作るって、何よりも強いメンタル維持の方法でもあるんです。 打つからには勝ちたいし、楽しみたい! 自分が納得できる稼働の方法を見つけて、毎日楽しく打てたら1番いいですね。

次の