インスタ フォロー ユーザーが読み込めない。 インスタのネームタグでフォロワーを増やそう!作成方法と注意点を紹介

インスタのフィードとは?リフレッシュできない理由と解決方法は?

インスタ フォロー ユーザーが読み込めない

ネームタグって? ネームタグとは、LINEでいうところの友達追加に使用するQRコードのようなものです。 このネームタグを利用することで、 ユーザーネームやIDを検索する手間なく友達をフォローすることが可能になりました。 ネームタグをスキャンするには特別なアプリなども必要なく、インスタグラム内ですべて完結させることができます。 ネームタグの使い方・作成方法 ネームタグの使い方は至って簡単です。 手順1 ネームタグの作成 ネームタグは、画面上部のこのアイコンから作成できます。 手順2 ネームタグの保存 次にこちらのアイコンをタップし、任意の方法でネームタグを保存します。 この際は『 画像に保存』を選ぶと、相手も戸惑うことなく送られてきたネームタグを読み込むだけでフォローできるので、分かりやすいですよ。 手順3 保存したネームタグを友達に送信する 『画像に保存』を選択すると、カメラロールに次のような画像が保存されています。 下には「フォローするためストーリーのカメラで読み込んでください」という一文が英語で書かれています。 ここまできたらネームタグを送信する側の手順はおしまいです。 次は受信する側、つまり ネームタグを読み込む側の手順を見ていきましょう。 ネームタグの読み込み方 ネームタグを読み込む方法には、『 ストーリーのカメラで読み込む方法』と『 ネームタグのアイコンから読み込む方法』があります。 ストーリーのカメラで読み込む方法 ストーリーから読み込む方法は、まずタイムライン上にあるストーリーのアイコンを選択して、撮影画面を表示します。 次にカメラロールのアイコンを選択し、送られてきたネームタグを読み込みます。 するとこのような画面になるので、『 フォローする』を選択することで相手ユーザーをフォローすることができます。 ネームタグアイコンから読み込む方法 プロフィール画面のネームタグアイコンからも読み込むことができます。 ネームタグ画面の下に表示されている『 ネームタグをスキャン』を選択するとカメラの画面に切り替わり、直接ネームタグを撮影して読み込んでもいいですし、右上のボタンを選択すると表示されるカメラロールから送られてきたネームタグの画像を読み込んでも、フォローすることができます。 遊び心のあるネームタグにも変更可能 ネームタグは、作成時に上部にあるボタンを選択することで カラー・絵文字・セルフィーの3種類のいずれかに変更することができます。 カラー カラーはインスタグラムカラーを取り入れた一般的なネームタグです。 絵文字 絵文字は中央にあるユーザーネームを取り囲むように絵文字いっぱいのネームタグです。 画面の任意の場所をタップすることで、絵文字一覧から好きな絵文字を選ぶことができ、自由にカスタマイズすることができます。 セルフィー セルフィーは自分の顔を自撮したり風景など好きなものを撮影したものに、現状5種類あるスタンプの中から1つ選び装飾したものをユーザーネームの周りに散りばめることができます。 画面をタップして好きなスタンプを選択し、白丸ボタンを押して写真を撮れば、 自分の好きな写真入りのネームタグを作成することができます。 出来上がったネームタグを見て「なんか違うなー・・・」と思った時は、右上にある『もう一度撮影』を選択すれば撮り直しができますよ。 ネームタグを使う時の豆知識 ネームタグに関して、以下のような豆知識があります。 覚えておくといつか役に立つ日がくるかもしれませんよ。 実装初期の頃は、まだネームタグが実装されていないアカウントがある ネームタグが実装されて間もない頃は、ネームタグの機能が備わっていないアカウントもあります。 見分け方として 画面上部にネームタグアイコンがないアカウントは、まだネームタグの機能を使うことができません。 ここでいうネームタグの機能とは ネームタグの作成と ネームタグの読み込みのことです。 仮に自分がまだネームタグの機能が実装されていないアカウントだと、相手から送られてきたネームタグを読み込むことができなく、 フォローをすることもできないので注意が必要です。 ブロックされているユーザーからのネームタグは読み込めない まず、ブロックされているユーザーからネームタグが送られてくる状況がありえるかはわからないですが、ブロックされているユーザーのネームタグを読み込もうとしても、『 ネームタグが見つかりませんでした』と表示され、フォローすることができません。 こっちがブロックしているユーザーだと、ネームタグからブロック解除もできる 逆にこっちがブロックしている相手からネームタグが送られてきた場合は、ネームタグを読み込んだ際に『フォローする』の代わりに『 ブロックを解除』という選択肢が出てきます。 このボタンを選択することで、相手ユーザーのブロックを解除することができます。 検索画面にもネームタグアイコンはある ユーザーを検索する際に使用する、虫眼鏡マークの検索画面上部にもネームタグアイコンがあり、ネームタグの作成・読み込みを行うことができます。 プロフィール画面にあるネームタグアイコンとの違いは 選択後に表示される画面です。 プロフィール画面のネームタグアイコンからは 自分のネームタグ作成画面が表示されるのに対して、検索画面からだと ネームタグの読み込み画面が表示されるという違いがあります。 ネームタグ作成時とユーザーネームが異なると読み込めない ネームタグを作成後にユーザーネームを変更すると、ネームタグが読み込めなくなりフォローすることが出来なくなります。 その際は、再度ネームタグ作成時のユーザーネームに戻すか、新しいユーザーネームのままネームタグを作り直すことで、正常に読み込めるようになります。 これからはいちいちIDを教えなくても済む 今回のアップデートでネームタグが実装されたことにより、リアルな友達だとネームタグの画面を見せて相手に読み込んでもらえば簡単にフォローできますし、ネットつながりの友達でもいちいちアルファベットのユーザーネームを教えるのではなく、画像1枚送信すれば済むことになるので、フォローのしやすさが向上しましたね。 みなさんもぜひネームタグの機能を使ってみてください!.

次の

インスタがおかしいと感じた場合の解決方法

インスタ フォロー ユーザーが読み込めない

どうも。 フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーです。 最近いただいた名刺デザインのお仕事でインスタのネームタグを入れて欲しいと要望があり、印刷を済ませて納品したのですが、、、なんとネームタグが読み込めないと連絡をいただきました。 原因を検証した結果ネームタグはQRコードと違い、かなり近づかないと読み込めないので画像が小さすぎるとピントが全く合わず読み込むことが出来ませんでした。 そこで印刷したネームタグを問題なく読み込むのに必要な最低サイズを徹底検証してみました。 Instagramネームタグとは その前にネームタグを簡単に説明しておきますね。 インスタのネームタグとは画像を読み込むだけでフォローが出来るインスタ用のQRコードのような新たな機能です。 ネームタグを使うメリットとしてはこんな感じですかね。 フォローしてもらう際にアカウントを検索する手間が省ける。 Instagramアプリだけで完結できる。 アプリでネームタグの画像を作成・読み込んでフォロー• QRコードを自作する必要がない。 QRコードよりも画像が可愛い。 バリエーションも選べる ネームタグ印刷物読み込みサイズ検証方法 mIllustratorでネームタグのサイズ違いを1mmごと 8mm〜32mmまで25パターン 作成し、実寸で印刷して読み込めるか検証しました。 続いてネームタグをスキャンする画面を開きます。 Instagramアプリ下の検索アイコンをクリックし、検索画面に切り替えて右上のアイコンをクリック。 自分のネームタグが表示されるので画面下の「ネームタグをスキャン」をクリック。 スキャンする画面に切り替えて一つずつ試していきます。 ネームタグのスキャン面はQRコードを読み取るアプリに比べてかなり大きい為、小さいサイズはピントが全く合わずぼけぼけです。 順番に試して問題なく読み込めるサイズが判明しました。 ネームタグ印刷物読み込みサイズ検証結果発表 ではいよいよ結果発表です。 もう少し小さいサイズでも何度か試して読み込んだり読み込まなかったりって感じだったので、25mm以上の正方形で作成しておけば大丈夫だと思います。 ネームタグをスキャンする際は四隅の枠は無くても問題ないので右側のような感じにマスクを取るとコンパクトにまとまります。 まとめ 今回は完全に僕のミスなので再印刷 もちろん無料で させて貰いました。 QRコードで読み込めるサイズでも大丈夫だろうと勝手に思い込んで、モニター上だけの読み込み確認しかしておらず実寸で印刷して試していなかったのがミスの原因です。 初めて扱うツーツはその都度仕様を確かめないとダメですね。 次からは気をつけよっと。 名刺以外の印刷物もモニターで見ているだけでは気付かない校正ミスとかあるので、印刷会社に入稿する前は必ず実寸で印刷して確認するのがオススメです。 自宅にプリンターが無い人はコンビニプリンターが便利ですよ! 関連記事:.

次の

フライヤーや名刺(ショップカード)などにインスタのネームタグを印刷する際のサイズ注意点

インスタ フォロー ユーザーが読み込めない

Contents• インスタのフィードとは インスタのフィードとは、ホーム画面のこと。 つまりTwitterではタイムラインに該当する画面です。 もっと細かくいうとインスタのホーム画面に流れてくる情報のことを指します。 フィードとは受動的に流れてくる情報やそれを受け取る場所と考えておけば間違いないでしょう。 スポンサーリンク フィードに表示される順番には規則性がある インスタのホーム画面に流れてくるフィードには、実は規則性があります。 投稿された時系列順に表示されているように感じますが、単純にそれだけではないのです。 インスタのシステムがフィードを表示するにあたって重要視する要素は複数存在するのですが、その中でもよくいわれているのがユーザーが関心を示しているコンテンツをホーム画面の上位に表示するということ。 つまり、あなたが日常的にチェックしているユーザーがいるのならば、そのユーザーに関連するフィードが優先的に表示されるという仕組みです。 スポンサーリンク どうしても見たくない情報にはミュートを使用 フィードはユーザーの関心や傾向をシステムで処理して表示しています。 しかし、自分が望むィードばかり流れるかというとそうとも限りません。 もし、見ていて不快になる情報を大量に発信するユーザーがいる場合は、ミュートすることによってそのユーザーのフィードを流れなくすることが可能。 ミュートを使う場合は、ホーム画面に表示されているフィードから該当するユーザーアイコンを長押しします。 するとメニューが表示されるため、「ミュート」を選択するだけ。 ミュートを一度行えば、以降は該当するユーザーのフィードは流れてきません。 特定ユーザーのフィードを流れなくする方法は、ブロックやフォロー解除でもできますが、ミュートだと相手に気づかれずに行えるというメリットがあります。 ブロックやフォロー解除はSNSにおけるトラブルに発展することもあるため、ミュートをオススメします。 「フィードがリフレッシュできませんでした」とは何? インスタを使用しているとたまに「フィードがリフレッシュできませんでした」というメッセージが表示されることがあります。 これは 新しいフィードが読み込めないという状態を表しています。 この状態だとフォローしているユーザーの投稿が見られないだけではなく、自分の投稿もできなくなります。 読み込めない理由として考えられるもの フィードが読み込めなくなる原因は複数考えられます。 ここでは、その原因を説明します。 サーバーが落ちている アクセスが集中するなどインスタのサーバーに負担がかかりすぎるとサーバーが落ちて、フィードが読み込めなくなります。 サーバーが落ちている場合はサーバーが復旧するまで待ちましょう。 また、インスタ公式からサーバーダウンに関する情報が発信されてる場合も。 サーバーが復旧さえすればフィードは正常に読み込めるようになります。 アプリの不具合 アップデートされたアプリに不具合があるなどして、フィードが読み込めなくなる可能性も。 こちらもインスタのサーバー落ちと同様に不具合を解消したアプリのリリースを待ちましょう。 また、サーバーダウン時と同様にインスタ公式から情報が発表されることもあります。 問題が解決したアプリがリリースされれば、フィードを正常に読み込めるはずです。 スマホが原因 自分のスマホでいろいろなアプリを立ち上げているために空きメモリー不足になっていたり、熱による暴走を起こしてスマホがフリーズしてフィードが読み込めない場合があります。 これらはバックグラウンドで立ち上がっているアプリを止めたり、再起動すると症状が改善し、フィードを正常に表示できるでしょう。 通信がうまくできていない 電波が入らない場所にいたり、通信速度制限にかかっていると通信不良が起こり、フィードが読み込めなくなるケースも。 電波が入らない場所にいるのならば電波が入る場所に移動すれば解消するでしょう。 通信速度制限にかかっている場合は、スマホの契約会社から追加容量を購入するか、Wi-Fiで接続することでフィードが正常に表示できます。 フィードを理解すればインスタを快適に使える フィードの仕組みを理解すれば、見たくないフィードが流れてきたり、フィード自体が表示されないといったトラブルが起こったときに問題なく対応できます。 画像や動画を中心に扱っている楽しいSNSがインスタですから、トラブルで気分が損なわれてしまうともったいありません。 本記事に書いてある対策を覚えて、楽しいインスタライフを送りましょう。

次の