モンスターズ インク キャラクター。 モンスターズ・インクの悪役「ランドール」の過去と現在を比較!!

モンスターズインク2の登場人物・キャラクターの名前と声優一覧

モンスターズ インク キャラクター

来歴 [ ]• - 当アトラクションの導入決定が発表される。 - との間にスポンサー契約が締結されたことが発表される。 ~同年 - 「モンスターズ・インク」の仲間達が塗装された『ドリームクルーザー』が登場。 2009年 - 当アトラクションオープンを記念して、「東京ディズニーランド年間パスポート」の台紙デザインがリニューアル。 このデザインはまでの期間限定。 2009年 - グランドオープン。 - リニューアルオープン。 外観は映画にも登場した「モンスターズ社(インク)」の建物となっている。 設置場所は開園時からまで運営が行われたアトラクション『』の跡地。 隠れているモンスターがかぶっているヘルメットのMマークにフラッシュライトの光で照らすことで、さまざまな反応が返ってくるようになっている。 ゲストはブーと共にモンスターシティへ遊びに来たという設定で、ブーと共にかくれんぼゲームへ参加するという形になる。 キャストは、モンスターズインクに警備員として雇われている。 これは、社長のサリーが「人間と関わるようになって日が浅いモンスターシティで、人間のゲストの案内をスムーズかつ安全に行うには、人間を雇うのが1番」と考えたためである。 キャストの着るコスチュームのロゴには「MONSTER'S INC SECURITY」と記載されている。 アトラクション建設投資費用は、ショップを含め約100億円。 オープン初日である2009年4月15日は長蛇の列ができ、この日の待ち時間は最高で330分(5時間半)となった。 年齢制限と身長制限はない。 利用制限• 補助なしで、座っていられない子供は利用できない。 で利用する場合はアトラクション入り口付近にいるキャストとの相談の上、専用の乗り場に誘導される。 ライドには車椅子のまま乗車することは出来ず、自分自身でライドに乗り移る必要がある(ファストパスエントランスから入場し、通常の乗り場で利用することもできる)。 ライド1台あたりの最大定員は3人乗りだが、これは7歳未満の子供を含む場合に限る。 以前は未就学児かを基準としていたが、年齢に基準が変更となった。 7歳以上の場合は2人までとなる。 また、7歳未満の子供にはパーク内共通の規定として、16歳以上の同伴が必要である。 リニューアル [ ] 2010年5月1日にリニューアルオープンした。 リニューアル内容は、ブーやモンスター達の追加、ライトを当てると音が鳴ったりモンスター達が反応するヘルメットの追加、台詞のリニューアル、液晶画面の追加など。 また、終盤にブーの笑いによって起こるスパークの演出と共に写真撮影が行われ、アトラクション乗車後にモニターで見る事ができる(販売はされていない)。 ストーリー [ ] ブーを人間の世界に送り返したあとの話。 モンスターシティに遊びに来たブーを楽しませようと、サリーやマイクらモンスター達は「かくれんぼゲーム」を企画する。 ブーと共にモンスターシティにやって来たゲストは、「セキュリティトラム」というライドに乗り込む。 そして、マイクがメインパワーのスイッチをオフにして「かくれんぼゲーム」が始まる。 しかし作中でモンスターシティを追われたはずのランドールが良からぬことを画策しているという噂があった。 ゲストは、トラムに装備されている「フラッシュライト」という懐中電灯で、隠れているモンスターを探す。 トラムに乗ったゲストは、モンスターズ社のロッカールームや爆笑フロア、モンスターシティやハリーハウゼン・レストランなど映画の世界を進んで行き、モンスターを探す。 主な登場キャラクター/声の出演 [ ] 映画に登場したキャラクター 声優は本編のものと同一。 サリー: - 映画のラストに引き続き、モンスターズ・インクの社長。 マイク: - モンスターズ・インクのトップ社員。 その功績として、社(アトラクション)の前には専用の駐車スペースがある。 ブー: - サリーとマイクに招待され、モンスターシティでかくれんぼを楽しむ。 ランドール: - 映画のラストに『』で登場した人間界のトレーラーハウスに追い出されたが、モンスターシティに戻っている。 このことは誰も知らない。 ブーを捕まえようとしている。 セリア: - モンスターズ・インクの受付係で、マイクの恋人。 待ち列では彼女のアナウンスがしばしば流れる。 ロズ: - もとはCDAの潜入調査員であったが、アトラクションでは再びモンスターズ・インクで勤めている様子。 アトラクションの最後でゲストにメッセージを送る。 寿司職人: - すし料理店を営むタコのような外見をしたモンスター。 ジョージ: - 本名はジョージ・サンダーソン George Sanderson。 モンスタースケアラーの一員。 クロウズ - ランドールが仕掛けたお菓子を食べてしまう。 スミッティ: - 爆笑フロアのドアに手を挟んだマイクを助けている。 ニードルマン: - スミッティと共にマイクを助けている。 テッド - 映画では足しか映っていなかったが、アトラクションでは全身が見られる。 アトラクション・オリジナルキャラクター• ロッキー: - オレンジ色の毛のモンスター。 関連商品が多数発売されている。 ニコラ - 工具箱に隠れているモンスター。 ピーカー - 柱の影に巨体を隠しているモンスター。 BLT - を手にしたモンスター。 スティンキー - バッグの中に隠れているモンスター。 リッキーJr. - 映画に出ていたリッキーに似ているモンスター。 フラッシュライトをくわえている。 マーセル - 歌うモンスター。 マグジー - 頭に数本鉛筆が付いていてマグカップの中にいる1つ目モンスター。 ウィンチェル - モンスターシティで新聞を読んでいるモンスター。 この他にも約80のモンスター達が登場している。 ナレーション: TV-CM [ ] オープン前に次のようなテレビが放映された。 2009年3月中旬頃 - 『かくれんぼ』篇。 2009年4月中旬頃 - 『トレーニング』篇。 2009年7月頃 - 『夏の東京ディズニーランドはモンスターズ・インク! 』篇(このアトラクションと「ジュビレーション! メイキング [ ] 2009年5月20日に発売されたDVD『モンスターズ・インク 2-Disc プレミアム・エディション』と版には、アトラクションのメイキング映像『日本に上陸! トリビア [ ]• 設定が映画の後になっているので、正面エントランスの社訓は映画の時の「WE SCARE BECAUSE WE CARE(訳:真心込めて脅かします)」から「IT'S LAUGHTER WE'RE AFTER(訳:私たちは、皆さんの笑いを求めています)」と変わっている。 このアトラクションのファストパス発券機のみ、発券毎にランダムでモンスターの声が流れるようになっている。 ショップの前にはマイクの車が駐車してあり、フォトスポットとなっている。 トラムに装備してあるフラッシュライトの光は、2009年夏以降から普通の光ではなくモンスターズ・インクのキャラクター(サリー、マイク、ロズ、セリア、ランドール、ロッキー)が描かれた光になっている。 爆笑フロア(旧絶叫フロア)では、ある箇所で「ミッキーマウス・レビュー」終演の名残を思わせる「ミッキーマウス・クラブ」のフラッグを見ることができる。 ブーの部屋では右下にのライトがある。 ブーの部屋では、散らばったブロックがWDIの文字になっている。 このアトラクションにおけるスタンバイの過去最高待ち時間はに記録した380分である [ ]。 このアトラクションには隠れミッキーが二つ存在する。 場所はアトラクションの入り口の右側にあり、アトラクションの降り場と直結している。 モンスターズ・インクをテーマにしたストラップ、ピン、菓子類やモンスターズ・インクのヘルメットなどを販売している。 設定としては、モンスターズ・インクで働くモンスターたちが利用する売店となっている。 ショップ内には、モンスターズ・インク社員へのメッセージやトロフィー、写真などが飾られている。 内容は、サリーとマイクがシンデレラ城前にクラブをオープン。 ミッキーやミニー達と笑いやダンスを楽しむ というもの。 イベント限定のスペシャルグッズも販売された。

次の

モンスターズ・インクに登場する女の子・ブーがメチャクチャ可愛い!!

モンスターズ インク キャラクター

舞台はモンスターたちが暮らす世界、モンスター・シティ。 モンスターたちの生活を豊かにするエネルギーは「人間の子供の悲鳴」でした。 そこで人間の子供を驚かし、怯えた子供たちの悲鳴を集め、モンスター・シティのエネルギーとして利用しています。 主人公の2人はモンスターズインクの社員。 ・紫のブチ模様入りの青くフサフサした毛で覆われた、大きな体を持つジェームズ・P・サリバン サリー ・彼の大親友で相棒でもある、緑色の体にギョロっとした一つ目が特徴のマイク・ワゾウスキ マイク 特にサリーは悲鳴獲得ポイントNo. 1の怖がらせ屋で、MIのエリート中のエリート! しかし、人間の子供たちがモンスターを恐れるよりも、実はモンスターたちの方が人間の子供を怖がっていました。 モンスターたちは人間の子供が有毒だと信じていて、どんなものでもモンスター・シティに持ち込むことは禁止。 まして人間の子供を連れ帰ってしまうなんて言語道断!! そんな中、モンスター・シティを揺るがす大事件が起きてしまいます…。 仕事を終えたサリーが残務整理をしていると、そこには小さな人間の女の子が!? 会社に知られれば自分たちも隔離されてしまうため、サリーとマイクはこっそり彼女を人間の世界へ戻すために奮闘します。 ・ 『モンスターズ・ユニバーシティ』のあらすじ これはサリーとマイクが出会い、大親友、そして相棒になるまでの物語です。 『モンスターズ・インク』の前日譚に当たります。 「いつか必ず、怖がらせ屋になるんだ!」という幼い頃からの夢を叶えるため、マイクはモンスターズ・ユニバーシティ 通称MU の怖がらせ学部に入学します。 そこで出会ったのは、怖がらせの才能に恵まれたサリーでした。 もちろん周囲の生徒たちも、見るからに恐ろしいモンスターたちが勢揃い! 幼い頃に見た目が怖くないことを理由に同級生から邪険にされた経験のあるマイクからすれば、周囲の生徒はみんなエリート候補生です。 怖い外見に恵まれなかったマイクは、そのハンデを努力で補おうと頑張ります。 対して容姿からして恵まれているサリーは、努力が大嫌いな性格。 もちろん最初は才能に溢れるサリーが評価されていました。 マイクも学期末試験に向けて猛勉強に励み、ついにサリーよりも優秀な成績を収めるようになり、真っ当な評価を受けます。 そして学期末試験当日、試験の順番待ちの間にマイクとサリーは小競り合いを始めてしまいます。 その末に、伝説の怖がらせ屋であるハードスクラブル学長の記念悲鳴ボンベを誤って壊してしまったのです! 学長を怒らせてしまったマイクとサリーは、怖がらせ学部から追放されてしまいます。 どうにかMUに戻る方法はないか?と考えたマイクは、怖がらせ大会で優勝すれば戻してもらえることを学長と約束します。 果たしてマイクとサリーはUIの怖がらせ学部に戻ることはできるのでしょうか? ・ 『モンスターズ・インク』のキャラクター:主要キャラクター ここからは『モンスターズ・インク』シリーズに主要キャラクターをご紹介します! 一部ネタバレも含みますので、お気をつけくださいね。 サリーは愛称で、本名はジェームズ・P・サリバンと言います。 怖がらせ屋の名家の出身で、見た目も家柄もサラブレッドなんですね! 大きな体は紫のブチ模様入りの青くフサフサした毛で覆われていて、頭にはツノがあります。 『モンスターズ・インク』では優しくて大人しい性格で、社員やモンスター・シティ市民からも親しまれています。 ですが、続編の『モンスターズ・ユニバーシティ』では自身の才能にあぐらをかいた自信家という性格。 しかしそれも、気弱な自分を隠すためのもの。 本当は気弱な性格で、天才家系ゆえにそのプレッシャーに苦悩していました。 恐怖の対象であるはずの人間の子供のブーのお守りをするうちに、恐怖心よりも愛や笑いの方が強い力を持っている、と気づいたのはサリー。 子供を笑わせることでエネルギーを街に供給するシステムでMIを再始動させます。 緑色の体に、ギョロッとした一つ目が特徴的。 体はあまり大きくありません。 サリーの大親友でもあり、仕事のアシスタントでもあり、ルームメイトでもあります。 『モンスターズ・ユニバーシティ』では衝突する時期もありましたが、既に抜群のコンビネーションを披露していました! お調子者な性格で、楽しいことが大好きなマイク。 でも少し短気なところもあります。 いつも元気で、お笑いの才能があるようです。 サリーによってMIが再運営された後は、子供を笑わせる社員として勤務しています。 スタッフの娘さんがモデルとなっていて、声も彼女が担当しているんです! ブーはひょんなことからモンスターの世界へ入り込んでしまいます。 まだ幼いので、はっきりと言葉は話せません。 好奇心旺盛で、いつも元気に動き回っています。 サリーのライバルとなるモンスター。 自由に体の色を変えたり、姿を消したりすることができます。 まるでカメレオンのようですね! 成績トップのサリーにライバル心を燃やしていて、トップになるためには手段を選びません。 社交的なサリーと違って、ランドールは感情の起伏も激しいので、同僚からも嫌われているんです…。 MUではサリーとマイクと同級生で、マイクとはルームメイトでした。 同室だったマイクのことはサリーほど嫌っていないようです。 サリーを出し抜くために悪事を働きますが、失敗し、マイクとサリーによってモンスター界を追放されました。 前日譚である『モンスターズ・ユニバーシティ』にも登場しますが、その性格はまるで正反対! 気さくで真面目な性格をしていて、努力を惜しまないモンスターでした。 しかし、ある時を境に性格は一変し、現在の意地の悪い性格になってしまうんです。 サリーをライバル視し始めたのも実はMU時代からなんですよ。 ナメクジのような見た目の通り、口調もゆっくりしていますが、頭の回転はとても速い! 書類整理が苦手なマイクは、いつもロズに怒られてばかりです。 なので、書類不備の多いマイクには常に監視の目を光らせています。 実はMIの現社長であるウォーターヌースの陰謀を探っていたCDAの隊長なんです! CDAとはChild Detection Agencyの略称で、日本語にすると子供検疫局。 モンスターたちは、人間の子供たちを有毒だと考えています。 誤って持ち帰ってしまった子供の持ち物を回収し、消毒するのがCDAの仕事。 黄色い防護服を着ているのがCDAの隊員たち。 ゴミを捨てたり、不用品のドアをドアシュレッダーにかけて始末する仕事を任されています。 緑色の体で歯を矯正しているのがスミティ、背が高くて角が生えているのがニードルマンです。 まとめ いかがでしたか? 今回は『モンスターズ・インク』シリーズに登場するキャラクターたちをご紹介しました。

次の

【楽天市場】キャラクターグッズ > ディズニー > ピクサー映画 > モンスターズインク:キャラクターズショップ ラフラフ

モンスターズ インク キャラクター

ご注意ください。 Apple Pay スマホにてお支払いとなります。 セブンイレブン(前払) コンビニにてお支払いとなります。 ローソン、郵便局ATM等(前払) 決済ごとの店舗ATM等でお支払いとなります。 楽天ペイ 後払い決済 商品到着後にコンビニ、銀行にてお支払いとなります。 領収証の発行について 当店領収書につきまして 商品発送時の【発送案内メール】にて記載させていただく、【領収書発行URL】より、領収書を発行していただけます。 お荷物に同封は致しませんのでお客様自身で、宛名・但し書きをご入力後、印刷をしてご利用ください。 後払い決済をご選択のお客様はご利用できません。 後払い決済の場合は、お支払いされた請求書の払込受領書部分または銀行振込の振込み表をご利用いただけます。 プレゼント包装をご希望の方は、ラッピングページよりラッピングを買い物カゴへ入れて下さい。 ラッピングが買い物カゴに入っていない状態でご注文をされた場合、後からのラッピングの追加はいたしかねますのでご了承ください。 個別ラッピングなど複数ご注文のうちの1点をラッピングなどのご用命は備考欄に詳細を必ず記載して下さい。 配送業者について 佐川急便、またはゆうパケットにて発送致します。 配送は日本国内のみに限らせていただきます。 2cm、横24cm以内、厚さ2cmまで)1000g以内の商品を対象とさせていただきます。 変更がある場合はメールにて別途、ご案内させていただきます。 万が一、配達途中に破損・汚損・紛失がございましても商品の補償は致しかねますので予めご了承下さい。 【沖縄離島の送料】 送料は沖縄県は2,650円〜(商品の大きさによって変動します。 )、離島その他については別途メールにてご連絡いたします。 お問い合わせ先・返品先 [アルファサポートセンター] 平日 10:00〜12:30 13:30〜16:00 TEL: 048-954-5122 平日10:00〜12:30 13:30〜16:00 FAX:048-983-4778 メールアドレス:laugh-mail alpha-collection. 記載のない場合にはキャンセル等のご要望に沿えない場合がございます。 株式会社ラフラフ 〒342-0033 埼玉県吉川市大字中曽根1541-1 店舗運営責任者:工藤 武久 店舗セキュリティ責任者:工藤 武久 個人情報の保護について 当店ではお客様からお預かりした個人情報、住所・氏名・年齢・電話番号・クレジット情報・メールアドレス等は、法的機関(裁判所・警察等)より提出要請を受けた場合を除き、第三者に譲渡または利用する事は一切ございませんので安心してご利用下さいませ。

次の