ビーフ 佐々木 クラシック。 【2020度版】IFBBプロである日本人をすべてまとめてみた。身長、体重、戦歴。

世界最大規模の筋肉祭り「ビーフ佐々木クラシック」 フィットネス定着へ新世代マッチョが躍動!

ビーフ 佐々木 クラシック

どうも、筋トレサラリーマンです フィジーク競技に興味がある方、トレーニングをしている方 一度は耳にしたことがある大会名 「ビーフ佐々木クラシック」をご存知でしょうか? 決して高級なお肉の名前ではございません。。 オリンピアラスベガス前!ルール改正後の最後の大会 フィジークコンテストとして日本一盛り上がること間違いなし! 今回はビーフ佐々木クラシックの概要などを書いていきたいとおもいます。 ビーフ佐々木クラシックとは? ビーフ佐々木クラシックとはNPCJが主催している毎年9月に行われる非常に人気なボディビル大会です。 大会のカテゴリーとしてはフィジーク、ボディビルディング、ビキニを始めとし20カテゴリー以上あり初心者から上級者まで活躍できる場を提供しています。 コンテスト区分としてIFBBプロカードの発行なしの大会ですが国内でもハイレベルな大会のため毎年出場者も増え一種の お祭り的な感じにもなっています。 ビーフ佐々木って? 大会名にもあるビーフ佐々木とは一体なんなんだ?と思う方が多いですよね ビーフ佐々木氏とは日本のボディビルダーでありNPCJの理事を務めている人物です。 現在では大会を控えていますが現役時代はビーフ佐々木、ジュラシック木澤、ホワイトハルク下田の3人でバルク三兄弟としてボディビル雑誌に紹介されるほど名実ともに有名な選手でした。 大会名に名前が入っている理由は? 海外ではアーノルドシュワルッネッガーが始めた大会、アーノルドクラシックなどあるように偉大な選手、リスペクトされる選手の名前を使った大会やイベントが存在します。 NPCJはビーフ佐々木に敬意を払い名前を冠した大会を開催しています なぜこんなに人気がある? 何故ここまで人気のある大会まで押しあがったのか? ビーフ佐々木クラシックはNPCJ発足当時から毎年開催されている大会ですが 初大会は出場者も観客も少なくこじんまりとした様子だったようです。 ですが大会を重ねるごとに出場者が徐々に増えていき大会のステージも今風でかっこいい装飾が施され近年のユーチューバーやsnsのインフルエンサーの参加により若者を中心に爆発的な人気のある大会となりました。 2017年は出場者250人程で翌年の2018年は 400人オーバーのビッグコンテストとなりyoutube登録者数100万人越えの ぷろたんも2018年に出場し大きな反響を呼び、2017年の予選落ちからのオーバーオール優勝という大逆転劇でその日のヒーローとなったフィットネスユーチューバーカネキン氏の活躍もあり大いに盛り上がりました。 2019年大会は数々の有名選手が参加を表明しており、昨年よりも上回ると予想されていますがどんな盛り上がりを見せるのでしょうか?楽しみですね (この記事を投稿した8月18日時点で 大会チケットがすべて完売しています。 ) 歴代の優勝者 2016年から2018年の各クラスの優勝者をまとめました。 オーバーオールチャンピオンは2018年のみです。 その中でもビックネームのお二人を紹介したいと思います。 エドワード加藤選手 日本のトップフィジーカーエドワード加藤選手が出場を表明しています ビヨンドジム、フィットネスアパレル『LYFT』ceoで知られるエドワード選手ですが 国内JBBFでは2年連続175+で優勝し海外のプロクオリファイでも上位入賞を果たしています。 2018年から海外を主戦場に移しプロカードを目指し戦っていたいましたが2019年6月からIFBBのルール改正に伴いオリンピアラスベガスを目の前に日本の大会に出場することになりました。 国内の大会自体は2年ぶりでNPCJでは初出場となっていますが、日本の大会では一体どんなステージングをしてくれるのでしょうか? 佐藤正悟選手 JBBF3年連続オーバーオールチャンピオン名実ともに日本のトップフィジーカーである 佐藤正悟選手も出場をインスタグラムで発表しました。 エドワード選手と同じで国内の大会に出るのは2年ぶり 昨年のオリンピアアマチュアラスベガスで苦い思いをした選手の一人ですがリベンジマッチの前に選んだ大会がこのビーフ佐々木クラシック。 「自分はチャレンジャーです。 生涯挑戦はやめない。 メンズフィジークを体現する」 どんな立場になろうと挑戦し続けることができる人ってかっこいいですよね。 JBBFの王者がNPCJでどんな姿を見せてくれるの楽しみです。 IFBBPROFESSIONALLEAGUE大会ルールの変更 IFBBの大会ルール改正により全世界で行われるプロクオリファイに出場するためには自身の国のIFBB professional league参加の団体、日本でいえばNPCJが運営しているREGIONALコンテストに出場することが条件となりました。 つまり日本の大会には出ずに直接海外のプロクオリファイ(オリンピアやアーノルドクラシック)に挑戦している方でこれから プロカードが出る大会に参加するためにはNPCJのリージョナルコンテストに出場していることが条件となります。 クラス別優勝者予想 NPCJの大会(主にフィジーク)では、3クラスに階級が分かれていて3クラスのチャンピオンの中での一番オーバーオールチャンピオンまで決める事になっています。 (昨年からオーバーオールを決めています。 例年通りならあるはず) 今回はオーバーオールチャンピオンのみ勝手に予想したいと思います。 私が予想するオーバーオールチャンピオンは エドワード加藤選手です。 理由としてはいわずもがな端正な顔立ちに丸い メロンのような肩 抜群のプロポーション、なにより カリスマ性が違います。 昨年のオリンピアから弱点である腹筋の強化し克服しつつ 質感はもちろん各部位のセパレーションが強くなっているとかんじました。 いかがだったでしょうか? みなさまの参考になれば幸いです。 hello24nfgu.

次の

【2020度版】IFBBプロである日本人をすべてまとめてみた。身長、体重、戦歴。

ビーフ 佐々木 クラシック

どんなステロイドを使っている?という質問に対して 「僕はステロイドを使っていません。 完全にナチュラルです。 でも、ステロイドとかTRT テストステロン補充療法 を使っている人を悪いとは思っていません。 選択は自由です。 ステロイド使うのは個人の自由だけどコンテストに出場する人がナチュラルを装って参加するのはずるいと思います。 ステロイドは一応違法だからスポンサーが付かなくなったり、競技に出られなくなったりする。 だからボディビルダーはナチュラルだというしかないんです。 ザ・ロックやシュワルツネッガーは優れた遺伝子にハードな筋トレ、厳しい食事管理をした結果がすごい化物です。 君たちがステロイドをお尻にぐさぐさ刺してもそうはなりません!」 数年前にはこう発言しています。 ちなみに日本ではアナボリックステロイドの輸入、使用は違法ではありません。 アメリカでは違法です。 ボディビルプロの山岸さんがアメリカの空港で捕まったこともありました プロボディビルダーのステロイド使用を肯定している このときの彼はステロイドの使用を完全に否定しています 最近の彼はステロイドを使用しているとも、いないとも言っていません。 ナチュラルを装ってコンテストにでることもしていません それに、この発言ではプロボディビルダーのステロイド使用を肯定しているし、それを公に発言できないことも語っています ハードな筋トレ、食事管理、ステロイド使用でプロを目指す。 そしてステロイド使用は公言できない。 彼はこの発言の通りのことを実行しているのではないでしょうか? プロボディビルダーがステロイドを公言しない。 その理由 ユーザーがサプリメントを紹介しても、 ほーん。 なるほど。 でも結局ステロイドの効果じゃん となり、スポンサー側に迷惑になる また、ステロイドは絶対に体に悪いので健康に良いはずのボディビルの競技自体のイメージが悪くなるからです ボディビルのトップ選手たちも現役時代のうちは絶対認めないですからね ちなみに、現役を引退したアーノルドシュワルツネッガー、ロニーコールマンなどの元チャンピオンはステロイド使用を公言しています プロボディビルダーのステロイド使用は公然の秘密 ドーピング検査に非常に厳しいプロのボディビル団体もありますが、特別にそれを掲げていない場合はステロイドなどのドーピングは 「公然の秘密」ということです 競技に詳しい人は当然知っているけど、利害関係がある場合は公に指摘できません また、ステロイドには厳しいですが、シンソールやインプラントといった美容整形が横行しているINBAなどの団体もあるといいます インターネットでシンソールと検索すると明らかに奇形で不自然な体をしている人が多く見つかりますが、こういう人たちは精神に問題があり、健康的な体の形状が分からなくなっています しかし、ボディビルダーは筋肉の深部に上手く入れるので自然な筋肉と見た目では区別が付きません 日本の一般人や筋トレyoutuberにもステロイドは広がってるかも カネキン以外にも筋トレyoutuberには疑惑が多くあります まず、JIN。 彼はカネキンに負けず劣らずステロイド疑惑が多いです RIJUやシャイニー薊、ぷろたんにも疑惑がありますね JBBF 日本ボディビル・フィットネス連盟 はナチュラル団体 あと、日本だとJBBF 日本ボディビル・フィットネス連盟 は非常に厳しいドーピング検査があるので出場している選手はナチュラルのはずです カネキンさんより圧倒的にでかく、ステロイド使ってないと説明付かないような体をしている横川選手も最近JBBFに参戦しているのでナチュラルです(多分) 結果は初出場8位入賞、2回目出場2位。 去年は胸下げて腹筋重視のポージングだったけど、今年は胸上げてて胸から肩のラインめっちゃ綺麗だった。 — りゅうじ Sibyl1126 昨年JBBFのオールジャパンで予選落ちしたところから1年後に劇的な成長を遂げての優勝 凄いことですが、成長速度が速すぎるといわれています JBBFでリベンジせずNPCJへ行った理由は?? 正直JBBFでリベンジせんでクラス別で頂点とったNPCJに戻る意味わからん そりゃステ疑われても仕方ない ビーフ佐々木の3ヶ月前にあげた動画で、 「自分がフィジーク界でどこまで通用するのか確かめたい。 今年からNPCJの大会ではIFBBプロになれる制度が始まった。 周りでプロを目指している人が増えてきた。 自分も置いてかれたくない」ということを語っています この時点でプロになる意思はないとも言っていますが、その後の動画で この動画のコメント欄もステロイドだー!JBBFから逃げたー!という声が目立ちます カネキン kanekin ステロイド批判のネット上の声 1枚目 2015年 7月 関東オープン 2枚目 2016年 11月 ワールドレジェンドクラシック 3枚目 2017年 7月 オールジャパン 4枚目 2018年 9月 ビーフ佐々木クラシック カネキンさん4年間でここまで変わるとは凄い! これからもフィットネス業界を引っ張って下さい💪 — パワユーキ yhbbpw youtubeのコメント欄やtwitter、5ちゃんねるから疑惑を集めました 乳首がふくれてきた? blogo. IFBBの選手のようです 残り17日。 バランスとコンディショニングで勝つ。 — Kanekin Fitness KanekinFitness 出場しているNPCJは事実上のステロイドOK団体だから まあこれが大きいけど、JBBFで何連覇しても賞金もないしプロにもなれません カネキンはプロになりたいからNPCJの大会に挑戦しているんだと思います NPCJからIFBBプロになる方法 ステロイドが黙認されているNPCJの大会で優勝して、さらに大きな大会への出場権を得る その大会で優勝することでIFBBプロになります カネキンは11月17日のに出場し、この大会で優勝すればIFBBプロになることが出来ます 結果は4位で残念ながら入賞ならずでした。

次の

BEEF SASAKI JAPAN CLASSIC ビーフ佐々木クラシック2018 注目選手&結果速報

ビーフ 佐々木 クラシック

(進行状況により若干変動する場合がござます。 今回会場施設には ゴミ箱はございません。 ゴミはお持ち帰りください。 また 喫煙所はございません全面禁煙となります。 【カテゴリークラス分けのお知らせ】 出場選手数が多い為、下記カテゴリーはクラス分けを行い公正な審査をしていきます。 観戦チケットが売り切れておりますので、事前購入していない場合はバックステージパスはご購入出来ません。 詳しい情報はからご確認ください。 コンテスト会場(専用有料駐車場は非常に少ない台数となります、なるべく公共交通機関をご利用ください。 観戦チケットは全席完売しており、 当日券の販売・立見席はございません。 全大会ダンベルの持ち込みは禁止。 Bringing in of a dumbbell is prohibited. 各カテゴリー(メンズフィットネスモデル・クラシックフィジークは規定ウェアがあります)• 開催日時 2019年9月7日 [ 土 ] 開場時間 10:30 a. 開催時間 11:00 a. 終了時間 21:20 p. (予定) 選手集合時間 9:00 a. 会場 市川市文化会館 大ホール 千葉県市川市大和田1-1-5 ( ) チケット料金• 全席完売 (当日券の販売・立見席はございません)• 1階:S席自由席(1列~10列) 完売• 1階:A席自由席(11列~28列) 完売• 2階:B席自由席 完売 コンテスト区分 Regional - Pro Card 発行なし カテゴリー• キッズフィジーク• ファミリーフィジーク• ウィメンズアスリートモデル• ウィメンズフィットネスモデル• フィギュア• ウィメンズフィジーク• メンズフィットネスモデル• メンズアスリートモデル ショートマン -172. 5cm• 5cm• メンズフィジーク ノービス -165cm, -168cm, -170cm, -172. クラシックフィジーク• ボディビルディング オープン カラーリング• カラーリング・オイルは原則禁止です (セルフタンニングローション含む)。 ただし、カラーリングはオフィシャルスポンサー「」「」「」のみ使用可能• 日焼けによる審査への影響はありません。 出場登録や観戦チケットご購入後のキャンセル・返金・変更(カテゴリー及びクラス)は一切出来ません。 登録間違いも同様となります。 ご登録の際は慎重にお願い致します。 館内での飲食はご遠慮ください。 ゴミは各自お持ち帰り下さい。 無許可での館内での商業行為は固く禁止します。 コンテスト運営を妨げる行為や、スポーツマンシップを逸脱した行為など、発見次第退場処分とさせていただく場合がございます。 貴重品等の取扱いには十分お気を付け下さい。 盗難や紛失、破損等があった際の一切の責任は負いかねます。 (進行状況により若干変動する場合がござます。 今回会場施設には ゴミ箱はございません。 ゴミはお持ち帰りください。 また 喫煙所はございません全面禁煙となります。 【カテゴリークラス分けのお知らせ】 出場選手数が多い為、下記カテゴリーはクラス分けを行い公正な審査をしていきます。 観戦チケットが売り切れておりますので、事前購入していない場合はバックステージパスはご購入出来ません。 詳しい情報はからご確認ください。 コンテスト会場(専用有料駐車場は非常に少ない台数となります、なるべく公共交通機関をご利用ください。 観戦チケットは全席完売しており、 当日券の販売・立見席はございません。 全大会ダンベルの持ち込みは禁止。 Bringing in of a dumbbell is prohibited. 各カテゴリー(メンズフィットネスモデル・クラシックフィジークは規定ウェアがあります)• Date Sat. September 7th, 2019 Open 10:30 a. Start 11:00 a. Close 21:20 p. (予定) Athlete Meeting 9:00 a. Place Ichikawa City Cultural Hall Large hall 1-5 Owada 1 - chome Ichikawa City, Chiba ( ) Ticket• Sold Out Contest classification Regional - Not Pro Card Category• Kids Physique• Family Physique• Women's Athlete model Over 40age• Women's Athlete model• Bikini elite Over 40age• Figure• Men's Fitness model• Men's Athlete model Over 40age• Men's Athlete model Short man -172. 5cm• 5cm• Men's Physique novice -165cm, -168cm, -170cm, -172. Men's Physique Masters Over 40age• Classic Physique• Bodybuilding Masters Over 40age• Bodybuilding Open Tanning lotion• Athletes can compete without a tan, but if you want to get sprayed tanned, tanning is only allowed with these official sponsors '' , '' , ''. No outside spray tanning companies. Skin tone in judging criteria will be excluded and no impact to the placement. 登録後のキャンセル・返金・変更は一切出来ません。 予めご了承ください。 Do not get the venue dirty. Do not throw away garbage on the day at the venue. Please handle with careful handling of valuables etc. In case of theft, loss, damage, etc. , we can not assume any responsibility. This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience. Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies on your website.

次の