国保 監督。 投げずに終わった剛腕=国保監督「故障の防止」-大船渡の佐々木・高校野球:時事ドットコム

落合博満氏、大船渡・国保監督に“助け船”「周りがとやかく言う問題ではない」 (1/2ページ)

国保 監督

スポンサーリンク 第101回全国高校野球選手権 岩手大会決勝で、 高校史上最速となる163キロをマークした 佐々木朗希(ささきろうき)選手を擁する大船渡が花巻東に12-2破れ甲子園出場はかないませんでしたね。 全国 選手権 大会は22日、 選手を擁する が、久慈を延長十一回、6-4で破りました。 佐々木選手は出場しませんでした。 準決勝は24日の予定。 写真は十一回表に勝ち越して喜ぶ大船渡の佐々木選手(左)と国保陽平監督です。 ・国保陽平監督出身高校や大学 ・国保陽平監督が佐々木朗希投と登板させなかった理由と賛否 についてみていきたいと思います。 卒業後は、社会人野球を経験し米独立リーグのティフアナ・シマロンズ(メキシコ)と契約し、外野手としてプレーした経験もあります。 国保陽平監督が佐々木朗希投と登板させなかった理由と賛否 佐々木朗希投手を登板させなければ、おそらく負けてしまうだろうという予想ができていたと思うので、大変、勇気が必要な決断であり、采配だったと思いますが、良かったと思います。 この采配については、のちのち県内外から大変な批判を受けることも想像していたと思いますが、佐々木朗希投手の将来を考えてのことであり、責められないと思います。 変わりに投げた柴田君がそれこそ良いピッチングをしていれば問題なかった話ですが、やはり決勝戦であり相手は花巻東とくれば難しい問題だったと思います。 甲子園を目指していた佐々木君にとっては悔しい決断だったと思いますが、監督としてはやはり最善の作戦だったと感じます。 野球はまだ続くので佐々木君のためにはよかった結果だったと思います。 国保監督はマスコミもスカウトも注目しているのは充分承知していて、佐々木投手の出番を期待しているのも分かっていたと思います。 ですが佐々木投手はこの先も、進路が確定するまで学校にいるときも自宅にまでも、多くのファンに押しかけられプライバシーが無くなっていくと考えたとき、国保監督は夏休みの僅かな期間だけでも、普通の高校生活を過ごさせてやりたいと思ったのではないでしょうか。 かねてから高校野球の投球数が問題視されており、歴代ドラフト候補の中でも最上級の佐々木選手が投球過多で故障しないように配慮があったのかもしれません。 しかし、今までの試合もすべて佐々木選手が投げていたわけではなく、甲子園では短い間隔で試合が行われます。 ここで佐々木選手にばかり頼るようでは甲子園での勝利は難しいと考え、他の選手だけでも戦えるとの見立てがあったのだと思います。 また高校野球、甲子園は視聴者やメディア、プロ野球のためにあるわけではありません学校教育の一つであり部活を頑張っている球児のためのものです。 選手たちの間で納得がいっていれば誰が出場し、だれが欠場しても問題はないと思います。 連投を考慮した気持ちは分からないでもないし、今後 プロ野球かメジャー を意識したのかも知れないが、こう言った連投を乗り越えてこそのスター選手が数多く出ているので、そこは無理をさせろとまでは言いませんが、よっぽどの怪我で無い限り登板させて欲しかったと言うのが一野球ファンの意見です。 ただ、時代は変化しており、こう言った形が今後も増えるとはおもいますので、監督の采配自体を批判する様な報道や世論の流れにならない事を祈ります。 私はこの采配で良かったと思います。 佐々木投手の将来を考えたら目先の試合だけを追いかけてはいけないと思うからです。 すごい逸材だからこそ監督にはしっかり考えて起用して欲しい。 ですから今回の采配を佐々木投手本人、チームメンバーが納得しているのであればそれで良いと思います。 甲子園に出ることは素晴らしいことですが、それだけではありません。 甲子園に出ても出なくても、佐々木投手の人生を考えた上で野球人生を歩ませて欲しいと思っていますので、今回の采配には賛成しています。 佐々木投手の将来を考えて苦渋の選択だったのだと思います。 前までは松坂大輔投手の様に投げられる体力がある選手もいますが、同じレベルというより更に将来性ということで無理をさせなかったのではないかと思います。 怪我のリスクは人それぞれですし、評価は正直難しいですが、高校野球の勝利至上主義という観点が少しずつ変わりつつあるのかなと考えます。 将来有望な選手の事を思えば、素晴らしい判断だと思います。 ですが、野球は、チームスポーツで、一つの目標に向かってチーム全員で戦う。 多少無理してでも投げさせて、ダメなら降板させるのも教育の一貫では無いかと思います。 甲子園という場所へ行くために満身創痍で戦う。 それもまた、一選手、チームが成長出来、将来、プロの世界や社会に出たとき必ずその経験が生きると思います。 チームのことは、そのチームでしかわからないですし監督さんと佐々木君で話し合って決めたんたど思いますのでこの采配別に反対ではないです。 監督さんも佐々木くんの将来の子とを当然見越していますし、ここで無理して将来を棒に降ってしまえばどうもこうもないですので100人中99人は、登板させていたかもしれませんがこれは国保監督さんの考えですのでいいと思います。 監督が佐々木投手が投げなかった采配は僕は悪くないと思います。 高校野球は変わる時期だと思います。 今日習志野高校も補欠投手が完投してるし。 大船渡が負けたから。 言うだけですよね。 補欠投手で勝てば誰も言わないし。 白か黒しかないし。 大船渡の監督のやり方。 正しいと言われる。 日が将来来ると。 信じてます。 高校野球も変わる時期ですよ 今注目されている投手だったので、チームの力にかなり影響を与えるはずだったのに、登板しなかったのは、応援している人にとって残念でした。 監督には佐々木投手を登板させて欲しかったし、チームの勝利のために、登板させるべきだったと思います。 しかし、佐々木投手の影響なしで、大船渡の強さを見るには、他の選手たちの努力をみる機会になり、監督の判断が間違いではなかったと思います。 勝ち負けだけにこだわらず佐々木投手を試合に出さなかったことは大変評価されることだと思います。 無理して投げさせていれば勝ったかもしれませんが佐々木投手の将来を優先した監督の決断は今反対意見がたくさんあろうとも難燃化後には必ず良かったという人が出ると思いますので自分は勝敗にこだわらずに将来のことを考えた監督を高く評価します。 監督の采配は、全てを見てきた監督だからできることです。 周りの人にはわからない事情があったのではないでしょうか。 監督も人間です。 当たる時があれば、外れる時もあります。 采配に関しては、批判よりもここまでの戦いとチームを作り上げてきたことを讃えることのほうが大事なのではないでしょうか。 今できたチームではありません。 3年間作り監督によって作りあげた素晴らしいチームです。 高校生には判断できない、監督なりに佐々木投手のことを考えて登板させなかったのだと思います。 観客も佐々木投手を見たいことを監督も感じていたとは思いますが、それよりも高校生の未来を案じて登板させなかったのは、まさに英断だと感じます。 結果は大敗でしたが、佐々木投手を登板させなかったことを監督は全く後悔していないのではないかと思います。 佐々木投手は急速が160km以上でかつ多彩な球種をコントロールよく投げることができる将来有望な投手でもあるため、投げすぎで腕を壊すようなことがないよう考慮し、登板させなかった采配はよかったと思います。 また、昨年の甲子園で金足農業の吉田投手の続投をきっかけに、野球での続投や球数を改善する風潮が出てきているので、その点では今回の采配は適切だったのではないかと感じました。 ただ、佐々木投手を出さない代わりに2番手の大和田投手を起用するなどの作戦もあったと思います。 今回の決勝はその大和田投手も登板しなかったのでそこの点は腑に落ちませんでした。 佐々木投手個人の事を思えば陶板しなくて良かったと思います。 前日も9回を完投していますし、その前の登板では中2日で200球近く投げている訳ですから明らかに登板過多です。 佐々木投手の野球人生が高校までなら多少無理させても良かったかもしれませんがプロ野球志望ですし故障して取り返しのつかない事になっては何もなりませんので登板させなかった事は良かったと思います。 ただチーム全体の事を思えば甲子園出場が最大の目標で野球人生も高校までという部員も多くいると思いますし複雑な心境です。 未来ある若者ですし英断かなと思います。 普通の監督なら甲子園に出れば自分の評価も上がるだろうし投げさせるように持っていくだろうが回避は凄いなと思いました。 流石に大谷の再来と言われあれだけの投球なんで迷ったとは思いますが佐々木投手の今後を取ったのは指導者として誰もが取れる選択では無かったと思います。 監督にあっぱれですね。 マスコミの騒ぎすぎだと思います、今の野球は投手の投球数がと騒ぎますが、それに左右されたのだと思います、決勝で佐々木を投げさせても、投げ刺さなくても監督が全ての責任を取ったのですが、マスコミも、プロのスカウト人も騒ぎすぎたのですね。 これでプロになり、よい成績が残せなかった時には、今日の決勝に投げて甲子園に幾多勝ったと思うことでしょう。 佐々木投手の今後の野球人生を考慮して決断だったと思うので、良いと思う。 上でも挙げたが大船渡高校としての目標が何だったのか?甲子園に出ることを目標とするならば佐々木投手の登板感覚を空けて決勝に持ってくることは出来たと思うので、そこら辺の真相は気になる。 無論決勝に連投で行くことを考えていたけど、佐々木投手のコンディションが良くないと感じてかも知れないので、賛否両論だと思います。 佐々木選手の選手人生を考えると正しい采配だったのかもしれないが、本当はずっと一緒に戦ってきた大船渡高校のチームを勝たせて甲子園に行きたかったと思う。 苦渋の決断だったと思う。 どちらの選択をしても批判されてしまう立場なので過剰な批判は避けてほしい。 ただ決勝で登板した投手はとても傷ついていると思うので、指導者としてケアをしてあげてほしい。 監督は勝負師である前に教育者です。 選手の将来を思っての選択だったかと思います。 特に佐々木選手はスケールの大きい将来が楽しみな選手です。 目の前の勝利を重んじてるより、将来の本人のポテンシャルを重視した監督の選択は私は正しかったと思います。 この選択が正しかったかどうかは10年後に出ると思います。 少なくとも、今の勝利至上主義の高校野球に一石を投じたと思います。 自分も高校野球の選手でした。 正直、佐々木くんは監督が決めたから仕方がないというコメントでしたが本人は相当投げたかったと思います!国保監督は徹底して佐々木選手の体調管理をされていました。 確かに夏頑張り過ぎて壊れてしまう選手は今まで沢山居ます!確かに試合は負けましたが佐々木選手の将来が今後どうなるか解りませんが投げすぎで壊れたり将来が無くなるってことからは今現在では守られたのではないでしょうか。 101回という新たなる高校野球の歴史のスタートと令和元年という新たなる時代のこれからの高校野球の在り方のパイオニアになるのではないでしょうか?死に物狂いで勝ちにこだわり必死に頑張る時代から先を見据えた新たなる時代の幕開けだと思います。 プロに入るであろうことを踏まえ、これからの野球人生を考えての采配だったのだろうとは思います。 ただ、佐々木選手のこと、そのほかの選手のことを考えるとここでの勝利は非常に大きいもので、甲子園出場という夢を叶えられるかどうかの大切な一戦だったと思います。 選手たちの気持ち、人生を優先すれば先発ではなくても途中からでも、1回だけでも登板はできたしさせるべきだったと思います。 最近は球数制限や連投の問題が多く議論されている高校野球なので、監督自身も世論からの賛否は意識した上での采配だったと思う。 選手の身体を一番に考えた結果が登板させないという結論だったと思うので、批判されるような采配ではないと感じる。 ただ全体を通して振り返った時に、一試合での球数が190球を越えている試合や準決勝で完投させたことを考えると、他の投手との起用面での采配でうまくバランスを取れたのではないかとも感じている。

次の

大船渡高校・国保監督が佐々木を起用しなかったもう1つの理由

国保 監督

大船渡・佐々木朗希投手(3年)の高校最後の夏が終わった。 25日に行われた花巻東との岩手大会決勝で投手としても、4番としても、出場を回避。 今秋ドラフトの目玉が、決勝に出場することなく姿を消した。 岐阜で行われたヤクルト戦の前、巨人・原監督は「本人と監督さんを含め、関係者と苦渋の決断をしたのではないかと察する。 どういう決断をしても、彼と皆さんで決断したことが正しかったと思う」と理解を示した。 決勝で佐々木を起用しなかった国保監督の判断と、それに応えた佐々木の決断。 原監督は「苦渋の選択の中で熟考しながら結論を出したということだと思う。 それに対しては良かったと思う」と続けた。 幾多の「決断」で修羅場をくぐり、通算998勝を誇る指揮官の言葉は重かった。 194球完投から中2日で129球完封。 ネット上ではさまざまな意見が飛び交った。 読者の皆さんも、三者三様の考えがあると思う。 選手の「将来」を優先すべきだったのか、「夢」を優先すべきだったのか。 26日付のスポニチ本紙には、国保監督の「ケガするかどうか未来を先に知ることはできない。 これからも人生は続く」と言うコメントが載っている。 (記者コラム・神田 佑).

次の

国保陽平(こくぼ)監督の経歴・学歴・指導方針は?筑波大出身の実力派だった!|Media Sunshine

国保 監督

大船渡高校が延長戦を制して4強入り。 県内1の盛岡第一高校から筑波大学へ進学していることから、とても優秀なことがわかります。 まさに文武両道ですね! 筑波大学には 体育専門学群があり、体育教員の免許も取得できます。 筑波大学の体育専門学群ではプレイの技術や指導者としての勉強・トレーニング・チームマネジメントなどはもちろんのこと、スポーツ科学についても勉強されています。 まさに 国保陽平監督はプロフェッショナルな内容を理論的に学んできたということですね。 幅広い分野から総合的に考えることによって,コンディションを整え怪我を防いだり、結果につなげることができます。 そんな国保陽平監督だからこそ、佐々木朗希投手のような才能の塊を最大限にのばすことができたのも頷けます。 日本には未だに自分の経験だけを元に指導者になり 「指導者としての経験や知識が不足している」監督やコーチもたくさんいますが、国保陽平監督は 実力・知識・理論共に揃った貴重な人材 監督 ですね。 なお国保陽平監督は大学卒業後には社会人リーグでプレイし、 アメリカの独立リーグでの経験もあります。 指導方針 国保陽平監督の指導スタイルについて調べてみました。 国保陽平監督は、選手たちに特に高校生のうちから何かを決めつけたり頭ごなしに指導をするような監督ではないようです。 選手たちへ 必要な知識を提供し、対話をしながら選手たち自身が納得できる決断を心がけているとのこと。 さらに野球にだけにとどまらずに、 「その後の人生にもつながるように」と指導している監督でした。 ベンチでの国保陽平監督と選手たちの仲は良さそうに見えましたし、ハイタッチなどコミュニケーションも欠かせません。 知識・経験ともに持ち合わせながら選手の話を聞く耳ももっている国保陽平監督への選手たちの信頼も厚いことがわかります。 野球がすべてではないですけれど、その後の人生につながるようにやっていけたら良い」と導くつもりだ。 自身は盛岡一から筑波大に進学。 卒業後は米独立リーグのティフアナ・シマロンズ(メキシコ)と契約し、外野手としてプレーした経験もある。 7年前に教師となり、前任の花巻農時代から 投手、野手問わず数多くの選手をマウンドに上げるスタイルを貫く。 成長痛などを抱えていた佐々木にも、昨年は過度な負荷をかけず、連投なども回避。 「私が大学や専門家の方々に教えていただいたことを選手に伝え、選手たちが取捨選択して納得の上で決断するようにやっているつもり」と自主性も重視する。 (日刊スポーツ) 佐々木朗希投手の温存判断に賛否両論? 2019年7月24日に甲子園出場をかけた大船渡高校ー花巻東高校の決勝戦が行われました。 ですがその大事な試合で国保陽平監督が 佐々木朗希投手を一度も登板させなかったことに対して 議論が過熱しています。 国保陽平監督は登板させなかった 理由を「故障をさせないため」と話していました。 なお佐々木朗希投手は「監督の判断だから仕方ない。 大船渡に入ってよかったです」とコメント。 元々、国保陽平監督は「(佐々木の)ワンマンチームになりそうなんですが、誰が出ても、勝つことができるようにしたいんです」と語っていました。 実際に甲子園出場をかける岩手県大会の第3戦は佐々木朗希投手は一度も登板せず、勝利しています。 「甲子園を目指して3年間やってきた最後の最後で出さないなんてどうかしてる!」 という声も聞こえますが、 佐々木朗希投手がいてもいなくても勝てるチームにしたいと思っていたのは監督だけではなく、チームメイトたちの思いも一緒でした。 筋肉の張りとかそういう程度かと思うが、特に痛いとかそういうのはなかった。 甲子園という素晴らしい大会、舞台が決勝戦を勝ったら待っているのはわかっていたが、この3年間のなかで一番壊れる可能性が高いのかなと思った。 私には(起用を)決断できませんでした。 練習試合でも連投の練習はしていたが、大会の疲労というのは、練習試合で想像していたよりも大きいものだった。 本人は、私が投げなさいと言えば投げたと思うが、私はその決断はできなかった。 (朝日新聞) 知識も経験もある国保陽平監督だからこそ迷いもあったようですが、 チームの方針と佐々木朗希投手や他の選手のコンディションの兼ね合い、そして選手たちの納得があって出した決断ということのようです。 誰も悔いはないのではないでしょうか? 国保陽平監督へのネット上の反応 国保監督、キモがすわってるなぁ。 佐々木選手を投手どころか、野手としても使っていない。 本当に、選手ファーストで素晴らしい指導者だ。 国保監督は、全国制覇するだろうな。 それが今年でなくても、いつかは。 こういう指導者が日本中に増産されてほしい。 — MATCHA ZTSo9Gruzk4P9Bv 監督って、筑波でスポーツ科学学んだ人なんだな。 普段から骨密度調べたり理学療法士と相談したりして決断したことだから、批判ナシでそうなのだろうと思うわ — Miwa aretehime 国保陽平監督の経歴。 投手のけがの多さを見てきた。。 本当だよ。 「投げたい」言うて投げさせとったらアカンのや。 子供の将来を守るのが大人の役目じゃ!大人たちよ!目を覚ませ!自分らの「いっときの感動」のために有望な子供を犠牲にすな! — うーたん1号 UTAN1GOU 大船渡の国保陽平監督さんは素晴らしいと思いますよ 佐々木くんを酷使せずとも決勝まで勝ち上がれた手腕は素晴らしいじゃないですか — こねここねこね 21phbltd すごい監督が出たっ!!! 佐々木君、準決勝時点で肘に違和感があったらしいですね。 これが正しい高校生の部活動だと思います。 壊れるまでやらせる方がおかしいはず。 — Take Koba TakeRb3 大船渡高校野球部の国保陽平監督、盛岡一高-筑波大からアメリカ独立リーグでプレーした後、高校教諭という凄い経歴の方だった。 こういう道を歩んで来た人だからこそ、出来た決断だったんだな。 — ITO Ryutaro higeito まとめ 以上、大船渡高校の国保陽平監督の経歴・出身校や指導方針についてまとめました。 経歴・知識・経験を持ち合わせている有能な若き指導者であることがわかりましたね。 なお、甲子園予選決勝の起用・采配については賛否両論がありました。 どうしても甲子園という誰もが目指す舞台に行きたいがために、故障を引き起こして将来に響かせてしまう監督がいる中で、国保陽平監督の判断はとても勇気・愛のある判断だったのではないでしょうか? 今年の甲子園への夢は終わってしまいましたが、国保陽平監督は佐々木朗希投手への窓口という役割も果たしているため、秋のドラフトまで気が気ではない日々が続くことでしょう。 佐々木朗希投手はもちろんですが、今後の大船渡高校と国保陽平監督の動向にも注目したいと思います。

次の