学習院 大学 国際 社会 学部。 【最新版】東京国際大学の狙い目、穴場学部3選 受かりやすい学部情報

学習院大学の評判・口コミ【国際社会科学部編】学習院の先輩が語る!

学習院 大学 国際 社会 学部

国際社会科学部では、4週間以上の海外研修に参加することを卒業要件としています。 学習院大学が協定を結ぶ海外の大学や、学部が募集するプログラムのほか、学部の定める基準(学習期間など)を満たすものであれば、学生自らが探してきたプログラムに参加することも可能です。 本学部の海外研修の特徴は、多様性にあります。 本学部の卒業要件となる4週間以上の海外研修 本学部の卒業要件として認められる海外研修の条件は次のとおりです。 この条件を満たしていれば、出発時期や研修期間も学生自ら決めることができます。 もう少し語学力を伸ばしてから、就職活動(インターンシップ)が始まるまでに帰国したい、部活動で夏の大会に参加したい等々、各自の都合に合わせて海外研修を計画することが可能です。 海外研修の種類 本学部の海外研修は、短期、中期、長期の3つの期間に大別されます。 短期は夏季、春季休業期間を利用して参加するもので、語学研修やインターンシップ等を目的としています。 中・長期は1学期間または2学期間海外研修するもので、海外の大学での学部授業(専門科目)履修等を目的としています。 海外の大学で単位を修得した場合、一定の条件(授業時間や授業内容など)を満たせば、本学の単位として認定することも出来ます。 また、基本的な海外研修への予備知識として、海外の大学の授業内容や形態、手続き、生活様式への対応方法、危機管理、コミュニティー活動や課外活動等についても学びます。 目的を持って海外研修に臨むことで、研修自体が有意義なものになるのはもちろん、卒業後のキャリアにもポジティブな結果をもたらします。 また、その経験と学びをこれからの社会科学の学習及び将来のキャリアに結び付けていく道筋を、各々の学生が考え、調べ、報告することで研修成果の価値を高めます。 自身の海外での生活体験を客観的に捉えることで、今後の学びやキャリア、さらなる海外でのチャレンジに向けて何をすればよいかを考えるきっかけとします。 海外研修実績 ~4年生の状況~ 4年生220名が、1年次から4年次第1学期までに参加した海外研修の延べ人数は、短期134名(57. また、中長期海外研修98名のうち、協定留学が15名、協定外留学が83名と協定外留学の割合が高くなっています。 一般的に協定留学は研修先の学費が減免されるのに対し、協定外留学は学費の減免を受けられないことが多いのですが、本学には協定外留学であってもがありますので、協定留学にこだわらず、学生が学びたい内容、国、大学から研修先を選べることができます。 また、全体的な傾向としては、3年次の夏休みまでに帰国する学生が多いです。 これは、国内でインターンシップに参加するなど、就職活動を見据えて研修時期を計画しているからです。 研修期間別の出発時期や研修地域、主な研修先は次のとおりです。

次の

学部概要、理念とポリシー

学習院 大学 国際 社会 学部

GMARCHの国際系学部の中では狙い目? 学習院大学国際社会科学16年4月に新設の新しい学部だ。 既に、早慶、MARCH、関関同立といった有力私立大学の中でも、国際系の学部は非常に人気が高く、偏差値が高いのが特徴である。 しかし、学習院大学国際社会科学部の場合は、2020年4月時点におけるパスナビ調査によると、偏差値は60. 0と学習院大学の法学部や経済学部と比べても特に偏差値は高くない。 また、2020年4月時点において、MARCHの国際系学部と比べても、法政大学国際文化学部が60. 0~62. 5、立教大学異文化コミュニケーション学部が67. 5と、偏差値的に狙い目な位置にある。 学習院大学国際社会科学部の概要 学習院大学国際社会科学部の定員は200名と少人数制である。 他の国際系学部と異なる点は、英語や国際文化だけでなく、専門科目(社会科学)も同時に英語で学習することが特徴ということである。 また、いきなり全員大学1年生の段階から英語で授業をするのではなく、英会話能力に応じてクラス分けし、段階的に英語での授業を受けることが出来るようになっている。 このため、帰国子女程度の英語力が最初から求められるわけではなく、一般の学生も入りやすい仕組みになっている。 そして、国際系学部の特徴としての海外留学であるが、学習院大学国際社会科学部の場合、全員が卒業までに4週間以上の海外研修を経験できるようになっている。 学習院大学国際社会科学部の就職について 学習院大学国際社会科学部は2016年4月に新設された学部であるので、2020年3月に最初の卒業生が誕生した。 2020年4月時点においては、大学から就職状況についての情報はアップデイトされていない。 近々公開されるであろうから、注目される。 この点については大学の公式HPにおいてQAで取り上げられているが、他学部と同じキャリアセンターを通じたサポート体制が受けられ、「メンタイ(面接対策セミナー)」や「就職いろは塾」という集団指導・個別相談などのインフラを活用できるので問題ない旨回答されている。 企業側からしても、新設の学部を不利に取り扱う意味は無く、GMARCHということであれば、学歴フィルターは通過できるであろうから、後は本人の努力次第ということであろう。 まずは、どういった就職対象企業を選定することが重要 どういった業界・企業を目指すべきかについては、入学した段階で決める必要は無い。 とは言え、経団連の就活ルールの廃止が公表されたため、就活の開始時期は予想されていた通り早くなってきている。 従来は、3年生の夏というと、外資コンサルや外銀が最も早く事実上の選考を開始していたのだが、国内系企業でもインターンという名目での実質的な採用活動を大学3年生を対象に行っているところが目立つようになってきた。 従って、悠長なことは言っておれず、早めにターゲットを選定し対策を立てないと人気・難関企業への就職は難しい。 金融、総合商社、マスコミ、メーカー、IT、ベンチャー、その他サービス業のどういったところを狙うかについて、徐々にでも絞り込んで行く必要がある。 また、それでも全落ちするリスクがあるので、第二志望以下も決めて就活することが必要となる。 メガバンクなどはグローバル人材を欲しているので、将来はグローバル人員になれる可能性もあるのだろうが、その蓋然性について調査する必要がある。 また、大手金融機関の子会社であることが多いので、年収等は1ランク落ちるが、運用会社とかVCを狙うと、将来の転職力はメガバンクや保険会社よりも高いので、そういった狙いもある。 もっとも、メガバンク等の銀行は、ここ数年で新卒採用者数を急速に抑制してきている。 これは、グローバルの超低金利下における収益性の悪化や、実店舗と人員の余剰化が問題となって来たからである。 このため、従来よりも大手銀行を中心とした大手金融機関への門戸は狭まっていくリスクを踏まえた上で、対応していくことに留意が必要である。 通信といっても、ソフトバンクはグローバルで活躍できる可能性はドコモやKDDIよりは高いかも知れない。 グローバルセンスがあって、ネットビジネスにも強いとなると、武器が2つできることになるので、総合商社とかその他の人気業種でもグッと有利になるだろう。 また、総合系コンサルファームとかサイバーエージェントあたりの人気企業も狙えるようになってくる。 まとめ 学習院大学国際社会科学部は、国際系学部でありながら新設なので、まだ偏差値がそれほど高くなっていない。 カリキュラムを見ると、英語力は確実に身に付くであろうし、既存の学習院の就職インフラは使えるので、就職においては特に問題は無さそうだ。 もっとも、人気の企業を狙うとなると英語力だけでは不十分なので、それ以外のスキルを磨く必要があるが、ネットビジネス・起業経験はトップ就活生も意外に弱かったりするので、このあたりを強化するのはおすすめである。 いずれにせよ、少子高齢化による国内市場の縮小は避けられず、企業はグローバルで稼いでいくしかない。 そういった人材はまだまだ不足しているので、国際系学部に進学するのは悪くない選択ではなかろうか。 なお、2020年2月頃より、コロナウィルスがグローバルで最大の問題となり、経済は非常に混乱を来している。 辛い時期ではあるが、この間に、語学、会計、プレゼン、企業分析等、出来る限りスキル磨きに努めて、自分自身の競争力を高めることが求められる。

次の

学習院大学の評判と偏差値【世間からの評価はMARCHと同じくらい】

学習院 大学 国際 社会 学部

さまざまなジャンルの外国語を日本語で表現して広めるプロ 翻訳家の仕事を一言で言うと、英語をはじめ、さまざまな国の文章を日本語に訳すことです。 翻訳者とも呼ばれます。 翻訳には大きく分けて3つのジャンルがあります。 小説や雑誌、歌詞などの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、ビジネス用の学術書やマニュアル、契約書など、企業や研究者が利用する文書を翻訳する「実務翻訳」、そして、映画やドラマ、ドキュメンタリー番組などを翻訳して字幕をつける「映像翻訳」です。 これらの仕事に携わるには特別な資格は必要ありませんが、語学力が求められるため、4年制大学の外国語学部や語学に強い短大、または翻訳の専門学校で学ぶ人が多くを占めます。 また、英検1級やTOEIC900点以上の高い英語能力は身につけておいたほうが有利になります。 仕事をするには翻訳会社に就職するか、翻訳会社に登録してフリーランスとして働くことが多いようです。 最近では、ITや金融、環境などに関する専門知識を必要とする翻訳の需要が増加していることと、2020年に「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されることもあり、活躍の場は広がると同時に、競争も激しくなることが予想されます。 国際社会科学部について 国際社会科学部は、国際社会でビジネスパーソンとして活躍できる人材に求められる「人の国際化」に対応すべく、2016年4月に設置された、本学で最も新しい学部です。 社会科学を広く学び、論理性や統計の手法を用いた分析力を養います。 社会が抱える問題を的確に捉え解決する力、英語で思考し発信できるコミュニケーション力を備えた人材を育成します。 国際社会科学科について 国際社会科学科では、「実践的な英語」と「社会科学による国際社会の理解」の2つを柱として学んでいきます。 また、在学中に4週間以上の海外研修で、国際社会に対する感覚を肌で感じながら身につけます。 世界に挑戦するためには、英語力を身につけ、国際社会の仕組みを理解することが前提です。 4年間を通じて、国際社会に対する広い視野を養い、世界でも日本でも活躍できるグローバル人材を目指します。 英語と社会科学を同時に学習 4年間を通してCLIL(Content and Language Integrated Learning)という手法を活用し、英語科目と専門科目を統合した高水準の教育を展開。 専門科目(社会科学)の理解に必要な英語の4技能(読む・書く・話す・聞く)を高めます。 英語科目で国際社会に関連する題材を扱い、英語を使って社会科学を学びます。 社会科学系の演習や講義でも、英語による授業を行っています。

次の