君たち は どう 生きる か まとめ。 「君たちはどう生きるか」から見るリーダーシップ

漫画版『君たちはどう生きるか』書評

君たち は どう 生きる か まとめ

この記事では、歴史的な名著「君たちはどう生きるか」について、 そこから学べる人生で大切な4つの視点を解説しています。 この記事を読むことで、時代を超えて大切にされてきた考え方とは一体なになのかについて知ることができます。 みなさんこんにちは! 今日の記事では、 1937年に出版されて以来、 時代を超えて読み続けられる名著 「君たちはどう生きるか」 について、 そこから現代を生きる私たちが一体なにを学べるのか、 という観点から私なりに学んだ事を解説していきます。 この本は、 2018年に漫画化もされ、今でも本屋にいけば必ずと言って良いほど積まれている本ですので、 知っているであったり読んだ、という方も多いのではないかと思います。 この記事では、 ストーリ自体にはほぼ触れず、 そこから学べるメッセージを抽出して解説していきます。 是非最後までお楽しみください。 この記事の内容• 「君たちはどう生きるか」とは何を意味しているのか この本のタイトルは、「君たちはどう生きるか」です。 そのタイトルだけを見ると、 何か具体的に生き方の指針であったり、 こうあるべきだといったようなメッセージが書かれているように思えますが、 そうではありません。 この本では、一貫して、まさに 「君たちはどう生きるか」 という疑問を投げかけていると言えます。 そこには、「どのように生きるか」という問いに関して、 明確な回答を求めようとする姿勢ではなく、 その問いに向き合う事自体への大切さが説かれています。 そのため、 この「君たちはどう生きるか」という本は、 読み手によってどのようにも解釈が可能であり、 そこから学ぶことも読み手によって大きく異なってくるでしょう。 その上で、 私は、この本を通じて、 「自分はどう生きるか」という問いと向き合うに当たって、4つの大切な視点を学びました。 この記事では、そんな人生と向き合うに当たっての大切な4つの視点を解説していきます。 人生と向き合うための4つの視点とは その4つの視点とは• 部分から全体を観れる視点を持つこと• 真実とは何かを探求する視点を持つ事• 社会の中で生きるとはどういう事かを感じる視点を持つ事• 人生で直面する「過ち」「悩み」とは何かを理解する視点を持つ事 の4つです。 それでは1つずつ解説をしていきます。 そこからコペル君は思考を発展させ、 人間も物質である以上、 どんどん拡大していくと、分子に行き着くわけであり、 どんな人間も分子の集合体に過ぎない。 そして、個人という1つの単位も、 物質を構成する最小単位の分子のように、 実は社会という大きな集合体を構成する1つの最小単位に過ぎないという視点を獲得しました。 このことは、 自分を世界の中心に据えたものの見方から、 社会全体の中の部分としての自分というものの見方への、 大きな転回であり、 まるで地球の周りを太陽が回っているとする天動説から、太陽の周りを地球が回っているとする地動説へと 世界の捉え方をシフトさせた「コペルニクス的転回」のようでした。 こういったエピソードがあり、主人公はコペル君と呼ばれるに至るわけですが、 私たち一人一人も、コペル君というあだ名が付けられても良いくらいに、 それまでのものの見方を大転回させて、もっと大きな視点を獲得できる思考の柔軟さを日々持ち続ける必要があります。 人間は大人になるにつれ、自分中心のものの見方から離れていくことが徐々にできるようになっていきますが、 それだけでは足りないわけです。 コペル君は、「分子は物質を構成する最小単位」という知識から、個人は社会を構成する最小単位であるという視点を獲得しました。 それと同じように、 どんな部分的な話であっても、その部分の本質を見極める視点を持てれば、 部分から全体に至る視点を獲得できます。 部分を部分として見るのではなく、 その部分的な話の核となり、また全体に共通する事実を見極められれば、 どんな些細なことであったとしても、 些細な事に過ぎないという事にとどまらず、 なにかしら世の中の核心部分を見出すことができます。 ましてや、真実はコレだ、なんていうことは誰にも言えないわけであり、 真実、絶対、正義、という概念は、それ自体危うく幻に近いものです。 しかし、 だからと言って真実とは何かという探究心を放棄しても良いというわけではなく、 自分にとっての真実は一体なになのか、という視点を持とうとし続ける事が大切です。 本の中で、コペル君のおじさんは 「冷たい水は、飲んでみないと分からない。 」 と言いました。 冷たい水は、それ自体では、その冷たさには真実はありません。 飲んでみた人がいて、その人が「冷たさ」というものを実感した時、はじめて冷たい水という真実が生まれます。 これと同じで、 「人間として世の中に生きる本当の意味」 などと呼べる客観的なものはそもそもなく、 自分が自分の人生を通じて、本当に人間らしく生きてみて、その過程の中で初めて、 「これが人生の本当の意味なんだなあ」 と、胸に感じ取るようにしないといけないわけです。 そのため、 誰かから見聞きしたことや、世間で一般的に言われている事をそのままに鵜呑みにしている限り、 なんらの「真実」も発見できないわけです。 ましてや、他人の目ばかりを気にして生きるのは、まさに自分にとっての真実の探求を放棄しているわけなのです。 真実とは何かを探求する視点というのは、 実際に、自分が見聞きして、触って、体験して、 心の底から感じた生の感覚を出発点に、 じゃあ「真実とは一体なになのか」という探求を始めねばならないという事なのです。 その粉ミルクは、オーストラリアの牛乳から作られているため、 目の前の「粉ミルク」の缶には、 国を超え、海外の牛から畜産に携わる人から、加工食品会社から、運搬会社から、小売店から、と 自分の手元に届くまでには、数えきれないほど多くの人が関わっているという事を想像しました。 物質を構成する分子のように、目では見えないけれども、確かにその「粉ミルク」の缶に関わってきた人は数え切れないほどいるわけであり、 そのことは、 日常生活の中で触れるありとあらゆるものに当てはまるという事を理解するに至りました。 コペル君は、この事を、 世界中の人々はまるで1人1人が、網目のように互いに細かく相互に関わり合っているという意味で、「人間分子の関係、網目の法則」と名付けましたが、 まさにその事は、私たちが社会の中で生きるとは一体どういうことなのか、 という事を端的に表現しています。 人間は、1人では決して生きていけない以上、社会の中で互いに支えあって生きていかないといけないわけですが、 社会が複雑になり過ぎたせいで、 数え切れないほど多くの人たちの営みの連鎖の中で今の自分の生活が成り立っているということを、 実感できなくなってしまっています。 しかし、 「自分はどう生きるか」という問いと向かい合うためには、 自分の人生は細かいところまで、実は数え切れない程に多くの人たちの営みの成果で成り立っているわけであり、 その事実を知る必要があります。 そして、また同時に、 自分もまたそうした社会の中で生きるという事は、 自分が社会の中で行うことが、巡り巡って何かしらの形で誰かの人生に影響を与えているという、 視点を持つ必要があるのです。 しかし、そもそも「過ち」とは一体なになのでしょうか。 そして、そもそも「悩み」とは一体なになのでしょうか。 コペル君は、友達が上級生に殴られるのを黙ってみているだけで、助けることができませんでした。 コペル君は、自分のしたことを「過ち」として悔やみ、苦しみました。 しかし、コペル君がその事を「過ち」であると認識し、苦しみ、悩んだことは、 裏を返せば、 コペル君という人間にとっての「真実」や「正しさ」というものが、一体どこにあるのか、 ということを結果的に指し示しています。 「過ち」を後悔する気持ち、悲しい事、つらいこと、苦しいことに出会うという事は、 裏を返せば、人間とはどういうものであるか、 という事を結果的に指し示してくれます。 「過ち」を後悔し苦しむ事、悩みを抱え苦しむ事、 そのような事は誰であっても人生を通じて避けることの出来ない事です。 しかし、それらは、人間だからこそ感じ取る事ができる感情です。 その事実は、裏を返せば、そうした感情にこそ、その人の人間らしさという「真実」が隠れているわけであり、 苦しみに埋没するのではなく、 その苦しみをもとに、自分にとっての「真実」とは何かを感じ取ろうとする視点を持つ事が大切なのです。 君たちはどう生きるかまとめ 以上いかがでしたか? この記事では、 「君たちはどう生きるか」から学べる4つの大切な視点 という切り口から、解説をしてきました。 この本は、1937年に書かれたものですが、 当時から80年以上経つ今も、まったく色あせる事なく、 多くの大切なメッセージを込めているということに驚かされます。 最初に述べたように、 この本は、生き方の指針を提供するものではなく、 タイトル通り「君たちはどう生きるか」という問題提起をし、 肝心な部分は読み手が自分で考えるという事を促してくれる本です。 私はこの本から、• 部分から全体を観れる視点を持つこと• 真実とは何かを探求する視点を持つ事• 社会の中で生きるとはどういう事かを感じる視点を持つ事• 人生で直面する「過ち」「悩み」とは何かを理解する視点を持つ事 という4つの視点を持つことの大切さを本のメッセージとして解釈しましたが、 みなさんはどうでしょうか。 何か1つでもご参考になる点がございましたら幸いです。

次の

漫画『君たちはどう生きるか』の感想。大人が読んでも面白い、生き方に関して考えさせられる本。

君たち は どう 生きる か まとめ

「君たちはどう生きるか?」はどんな話 「君たちはどう生きるか?」は主人公(コペル君)中学生と、おじさん(コペル君の親戚)との話、手紙から、コペルくんが考えて成長していく物語です~ そのうえでコペル君は、生きていくうえで、いろんな悩みや葛藤を抱えますが・・・ おじさんがコペルくんに、生きるうえのでのアドバイスをして成長していきます~ ふつうの自己啓発の本は正解が書いてありますが、「君たちはどう生きるか?」では答えがありません。 答えは読者である、僕たちが自分で考えて決めること。 コペル君とおじさんの話から、「あなたはどういう生き方をしていくか?を考えましょう」~ということを言いたいのですね~ では「君たちはどう生きるか?」から、特に参考になった3つのあらすじと僕なりに答えを考えていきましょう。 でもビルの屋上から、人を見下ろすと、人間なんて「めちゃくちゃ小さい」 世界も日本も、宇宙からみると完全に生かされている分子。 僕やあなたは分子に過ぎないので、自分の悩みなんて、広い世界からみると、ひとたまりもない。 そう~悩みなんて自分で大きくしているだけなんですよね?? ベストセラー「嫌われる勇気」でも、書かれていましたが、地図を自分中心で見ると、いつも真ん中に自分がいる。 だけど、反対側の世界の人からみると、あなたの悩みなんて、誰も知らない点と同じ。 もっと簡略していえば、すぐ10kmほど歩けば、あなたの悩みなんて誰も知らない。 興味すらない。 あなたは分子だから、他の人からみると自然と流れる景色にすぎない〜 だから、悩みなんて空想じゃないの? どれも自分で大きく作り上げているだけでは?と「君たちはどう生きるか?」は伝えているような気がしますね。 ひとつの物だけでも、どれだけの人が関わって、ここまで辿り着いたことだろうか? 世の中の身の回りの物は、どれも自分からはわからない多くの人が関わってできたということ。 網目状に繋がっている。 これを生産関係というのですね~ もう昔も今も、生産関係なんて誰でも、知っていることですよね? 人は、いろんなことを経験して、そこから得た知識をまとめて、みんなで分かち合うことで成長してきたのです。 今の生活は、過去の先人たちの傑作ということかもしれません。 狩りや漁の時代から、ここまで作り上げたのは知識があったからだと思います~ だから、僕たちは、先人の知識を学なばなければいけません。 ですが、もっと広く世界をみると、あなたより貧しい生活をしている人は山ほどいるということです。 ここで言えることは「今の幸せをあじわうこと」ですね。 貧しい暮らしをしている人がいても、その人が誰かのために価値を提供しているなら、何もしていない消費マインドの人よりも、数倍幸せなのでは?と伝えているような気がしますね~ まとめ 「君たちはどう生きるか」から伝えたい答えを考えてみた~ということで・・・ 「この本は答えがないので、自分で読みながら考えることになります。 そこで、タイトルとおり「僕たちは、どう考えて今のライフスタイルを生きるか?」という答えです。 もっとより本を知りたいかたは続きをご覧ください。

次の

漫画『君たちはどう生きるか』の感想。大人が読んでも面白い、生き方に関して考えさせられる本。

君たち は どう 生きる か まとめ

全般的に(ネタバレなし) 本の内容は、漫画部分と文章部分に分かれていて、章が終わるごとに文章が挟まれています。 文章の原作を漫画化した本によくある手法ですね。 ストーリーは一応楽しめたので、最後まで読むのに退屈はしませんでした。 肝心の内容は、「自分がどう生きるかダイレクトにヒントになるようなこと」までは書かれていなかったように感じます。 というのも、レベル感が22才になる私が読んでいると「まぁ、そうだよね」というような内容だったためです。 読者の本来のターゲットは小学生~中学1,2年生ぐらいかなと思います。 ただ、実際に親御さんが小学生や中学生になるお子さんにこの本を買ってあげるとなると、それはそれで心に突き刺さらないかもしれないです。 小中学生の倫理的な関心って具体的なところにあると思うのですが、本で描写されている問題ケース(いじめ,貧困など)の例が結構古いんですよね。 同じ状況に遭遇している子には響くと思いますが、そうでない子が漠然とした「生き方」みたいなのを学ぶには、説教臭さを感じてしまうかもしれないです。 私が中学生だった頃は「人は何のために生きているんだろう」とか「人を殺しちゃいけない根拠って何だろう」みたいな中二病チックな疑問のほうに関心が強かったです。 内容要約(ネタバレ部分) 1章. 変な経験 - ものの見方について 銀座のデパートから人混みを見た主人公が、自分は世の中を構成する一要素でしかないことに気づくという内容です。 人間は自分中心で物事を考えてしまいがちなので、自分を客観的な視点で捉えることは天動説から地動説に移行するくらい難しいといったことが語られます。 2-3章. 勇ましき友 - 真実の経験について いじめられている同級生をなんとかしてあげたいというような内容です。 結果的に主人公は同級生を助けてあげられず、別の同級生が助ける流れになります。 人間は同調圧力で行動してしまいがちなので、その中でただ一人行動を起こすのが難しいといったことが語られます。 また、一方的にやれられる側の気持ちが理解できるのは偉い的なことが語られます。 ニュートンのリンゴと粉ミルク - 人間の結びつきについて ニュートンが万有引力を発見したのは、日常的な対象であるリンゴの木を宇宙空間まで拡張して考えたからだというエピソードが語られます。 同様の考え方を主人公が家にあった粉ミルクに当てはめ、粉ミルクが無数の人間の貢献によって自分のもとに届いていることに気づくという内容です。 貧しき友 - 人間であるからには 貧乏なため、自分で働いている同級生を見て主人公が感心する内容です。 貧乏な人を哀れだと思ってはならないとか、生産者は消費者に対して見下されがちだけど本質的な貢献度を考えたら生産者のほうが偉くない?みたいなことが語られます。 個人的に、貧乏な人への考えの主張の理論的な裏付けが弱く、感情論のように感じられたので、そこを補強してほしかったですね。 それと、描かれている貧困感がすこし前時代的です。 「中学校に行けない」とかそういうレベルです。 少し現代に沿って「塾に通える子供・通えない子供」ぐらいに置き換えて読まないと現代の学生は臨場感を持ちづらいと思いました。 ナポレオンと4人の少年 - 偉大な人間とはどんな人か 同級生が先輩に目をつけられてるので、ナポレオンみたいに強くなりたいと言い出す話です。 ナポレオンが20年という短い歳月でヨーロッパを制覇した華々しい経歴が語られ、気力がすごいみたいなことが書かれています。 でも、そんな偉人と言われるナポレオンも、他者に貢献するという意味では完全に素晴らしい人ではなく、裏では苦しんだ人が多くいたことが語られます。 ナポレオンも時代の大きな流れの一点でしかなく、人に貢献できる人こそが素晴らしいんだぞ、みたいなことが語られます。 ここの章は主張が2転くらいするので、話の筋がちょっと理解しにくかったですね。 主観も多かったのでやはり理詰めで説得してほしい感がありました。 7-11章. 雪の日の出来事 友達が先輩からいじめられているときに、主人公は何もできず見捨ててしまった的なエピソードです。 「人間は自らの愚かさを認知できるからこそ成長できる」みたいなことが語られ、失敗の体験は自分に深く残り次に役立てられることが語られます。 この章は、この本の中で個人的に一番納得できる部分でした。 私自身、仕事等で人と関わることに失敗して落ち込むことが多いんですが、何となくそれを肯定してくれたような気持ちになりましたね。 まとめ 以上です。 簡潔に並べると、この本は• 主観と客観• 自分が正しいと思うことをする• 世界と自分の生産関係• 偉大さとは何なのか• 失敗から成功を学べるということ といったトピックに対する初歩的な考えを与えてくれます。 箇条書きにしてみると、意外とと大層なことを書いていたように見えますね。 ネットの口コミ等の見ていると大層なインプレッションを受けている人も多いので、是非自分の目で読んで内容を判断してみてほしいです。

次の