東海道 新幹線 予約。 特大荷物スペースつき座席 事前予約|JR東海

新幹線ネット予約が可能な全6種|東海道新幹線の予約ガイド

東海道 新幹線 予約

年末年始やGW等の期間を含め、年間を通じておトク!• 乗車日当日、列車発車時刻の4分前まで予約可能!• 乗車券と特急券が一体となった東海道・山陽新幹線専用の商品です。 新幹線乗車駅まで(降車駅から)在来線を利用の場合は、別に在来線の運賃等が必要になります• 在来線と新幹線を乗り継ぐ場合、「e特急券+乗車券」と比べて「EX予約サービスと在来線の運賃等の合計額」の方が乗車区間によっては高額になる場合があります。 利用人数 1~6名• こども用の設定もあります。 利用期間 通年 発売期間 乗車日の1ヵ月前(10:00)から時刻表に表示の列車発車時刻の4分前まで。 途中下車はできません。 途中駅で下車された場合は、乗車しなかった区間は無効となり、再度乗車することができません。 他の割引との併用はできません。 乗継割引は適用されません。 グリーンプログラム(プラスEX会員、一部の法人モデルには適用されません)のポイントを利用して、グリーン車の予約ができます(乗車した際のポイントも貯まります)。 EX予約専用ICカードでの改札入場前またはきっぷ受取前で、予約している列車の発車時刻前まで (注)変更対象列車は、列車発車時刻の4分前までの列車です(初回購入日から3ヶ月以内の乗車日の間に限ります)。 予約の変更の詳細は• きっぷ受取後は、会員様操作による予約の変更はできませんので、ご注意ください。 新幹線を乗り継いで乗車する場合は、3列車まで乗り継ぎができますが、3列車とも同一設備に限ります。 ただし、普通車指定席又はグリーン席をご利用の場合で、乗り継ぐ列車の一部が満席の場合や、普通車指定席やグリーン車を連結していない列車の場合は、当該区間について異なる設備で発売することがあります。

次の

特大荷物スペースつき座席 事前予約|JR東海

東海道 新幹線 予約

年末年始やGW等の期間を含め、年間を通じておトク!• 乗車日当日、列車発車時刻の4分前まで予約可能!• 乗車券と特急券が一体となった東海道・山陽新幹線専用の商品です。 新幹線乗車駅まで(降車駅から)在来線を利用の場合は、別に在来線の運賃等が必要になります• 在来線と新幹線を乗り継ぐ場合、「e特急券+乗車券」と比べて「EX予約サービスと在来線の運賃等の合計額」の方が乗車区間によっては高額になる場合があります。 利用人数 1~6名• こども用の設定もあります。 利用期間 通年 発売期間 乗車日の1ヵ月前(10:00)から時刻表に表示の列車発車時刻の4分前まで。 途中下車はできません。 途中駅で下車された場合は、乗車しなかった区間は無効となり、再度乗車することができません。 他の割引との併用はできません。 乗継割引は適用されません。 グリーンプログラム(プラスEX会員、一部の法人モデルには適用されません)のポイントを利用して、グリーン車の予約ができます(乗車した際のポイントも貯まります)。 EX予約専用ICカードでの改札入場前またはきっぷ受取前で、予約している列車の発車時刻前まで (注)変更対象列車は、列車発車時刻の4分前までの列車です(初回購入日から3ヶ月以内の乗車日の間に限ります)。 予約の変更の詳細は• きっぷ受取後は、会員様操作による予約の変更はできませんので、ご注意ください。 新幹線を乗り継いで乗車する場合は、3列車まで乗り継ぎができますが、3列車とも同一設備に限ります。 ただし、普通車指定席又はグリーン席をご利用の場合で、乗り継ぐ列車の一部が満席の場合や、普通車指定席やグリーン車を連結していない列車の場合は、当該区間について異なる設備で発売することがあります。

次の

新幹線の切符を受け取る方法|東海道新幹線の予約ガイド

東海道 新幹線 予約

目次 CLOSE• エクスプレス予約の3種類の切符 EX-ICカードで乗車 チケットレスでエクスプレス予約会員向けに発行されるEXICカードを使う方法です。 切符の受取は一切不要で、特急券+乗車券がセットになっており、最も割引が高くなります。 会員本人限定の利用となるため、複数名で乗車する場合には利用できません。 複数名で利用する場合は予約方法は同じですが、事前に発券が必要になります。 e特急券で乗車 e特急券は、乗車券は新幹線以外の区間も通しで買いたい場合に利用する切符です。 写真の手前側がe特急券。 奥が別に購入した乗車券です。 e特急券は、乗車前に駅の券売機で、受け取っておく必要があります。 乗車券はエクスプレス予約では買えないため、駅や券売機で乗車券を別に買う必要があります。 e特急券は窓口で購入した場合の特急券と見た目は変わりはありません。 何名でも利用できます。 発券するには、EXICカードまたは、エクスプレス予約のクレジットカードを用いて発券機で操作して、きっぷを受け取ります。 複数名に制限されているわけではありません。 1人分を予約しても、チケットレスのEXICカードを利用したくない場合は発券することも可能です。。 乗車券とセットのため、別に乗車券を購入する必要はなく、料金はEX-ICと同じです。 2017年9月1日までは発券したきっぷを「EXきっぷ」と呼んでいましたが、現在は名前がなくなりました。 SuicaやTOICA、ICOCAなどどれでも利用できます。 切符の受取は一切不要で、特急券+乗車券がセットになっています。 会員本人限定の利用となるため、複数名で乗車する場合には利用できません。 複数名で利用する場合は予約方法は同じですが、事前に発券が必要になります。 切符で乗車(複数名利用時など) スマートEXは、エクスプレス予約同様に、複数名分を予約した場合は、切符の発券が必要になります。 注意が必要なのが、登録したクレジットカードが受け取り時に必要な点です。 登録した交通系ICカードは利用できません。 エクスプレス予約では、専用のICカードでも発券が可能ですが、スマートEXではクレジットカードが必須です。 ないとどうやっても受け取りができません。 発券するには、EXICカードまたは、エクスプレス予約のクレジットカードを用いて発券機で操作して、きっぷを受け取ります。 複数名に制限されているわけではありません。 1人分を予約しても、チケットレスのEXICカードを利用したくない場合は発券することも可能です。。 乗車券とセットのため、別に乗車券を購入する必要はなく、料金はEX-ICと同じです。 2017年9月1日までは発券したきっぷを「EXきっぷ」と呼んでいましたが、現在は名前がなくなりました。 ネット利用に特化したカードです。 好きなカード登録ができるスマートEXですが、バーチャルカードでは、これらカードで登録した場合は受け取りができません。 ICカード乗車限定であれば新幹線は利用はできますが、複数名での予約ができなくなります。 対象カードは、エポスバーチャルカード、オリコバーチャルカード、三井住友バーチャルカード、楽天バーチャルプリペイドカード、Vプリカなどです。 予約の変更は切符受け取り前に 切符を受け取ってしまうと変更は窓口でしかできなくなります。 1回なら無料ですが、2回目の変更からは手数料が必要になります。 窓口はどの駅も混んでいるので、可能な限り受け取り前に変更しましょう。 受け取ってしまったら窓口に並んで対応してもらいます。 クレジットカードを変更した場合 スマートEXの場合、会員画面で登録したクレジットカードが変更できます。 受け取りは予約時のクレジットカードが必要になります。 ややこしくなるので、カードの変更は予約がない状態で行いましょう。

次の