営業事務とは。 5分でわかる!営業事務職の志望動機書き方・例文

営業事務とは?仕事内容・平均年収から一般事務との違いまで解説

営業事務とは

営業事務のお仕事に興味のあるみなさま、営業事務と一般事務の違いについてご存知でしょうか? この記事では営業事務とは何か解説します。 仕事内容はもちろん、一般事務との違いから平均給与、営業事務のお仕事をとおして身につくスキルについても徹底解説します。 この記事を読めば営業事務の仕事内容だけでなく一般事務との違いなども理解することができます。 営業事務とは? 営業事務とは、営業部門において営業担当者のサポートや部署全体の事務業務を行う職種のことです。 資料や書類の作成、データ入力、商品等の在庫・納期の管理、そして電話やメールの対応などを行います。 主に社外に出て活動することが多い営業担当者は、顧客からの問い合わせに即座に対応することが難しかったり、抱える業務量が膨大になってしまったりすることが多々あります。 そこで、営業事務が顧客対応や事務処理を行えば、営業担当者は円滑に営業活動ができるので、顧客からの信頼も得られるようになります。 営業事務は企業の業績を支え、売り上げを伸ばすために不可欠な存在といえます。 最近では営業事務のお仕事は、フルタイムのお仕事だけでなく、時短や日数限定のものも増えてきています。 業務が繁忙になる曜日や時間帯に合わせて出勤する働き方です。 育児や介護などプライベートとお仕事を両立させながら働けるので、自分に合ったお仕事を探してみると良いでしょう。 営業事務の1日 営業事務のお仕事は、朝出社したら、まずメールや連絡事項、営業担当者の予定、その日の業務内容などを確認することから始まります。 そして、見積書や請求書を作成したり、書類や商品・カタログの管理、商品の注文に対応したりと、円滑に営業担当者のお仕事が進むようサポートを行います。 また、営業担当者の指示によっては、資料作成や商品・サービス等についての説明・プレゼンテーション、問い合わせや来客の応対、クレーム処理といった顧客対応をすることもあります。 営業担当者の多くは夕方に外出から戻ってくるため、そこからその日の情報共有や打ち合わせをすると退勤間際が忙しくなったり、急ぎのお仕事を頼まれると残業になったりすることもあります。 求められる能力 営業事務のお仕事を行う上で求められる能力は、コミュニケーション能力と効率よくお仕事をこなす能力です。 営業事務のお仕事は営業担当者とのチームワークを大切にしながら、迅速な業務処理や顧客対応をしなければなりません。 そのためには求められたお仕事、作業を短時間で正確に行えるスキルが必要です。 さまざまな業務を行うにあたって、優先順位をつけて取り組むことができるスケジュール管理能力も求められます。 また、取り扱っている商品やサービスについて説明や問合せに答えることもあるので、社内外の人と円滑にコミュニケーションが取れたり、素早く正しく意思疎通できたりすることも重要です。 縁の下の力持ちとして人を支えることが好きな人、チームワークや仲間を大切にできる人、几帳面で物事を計画的に進めることができる人には、営業事務のお仕事は向いているといえます。 資格としては簿記、秘書検定、 MOS資格を持っているとスムーズに業務を進めることができるでしょう。 Word・Excelのスキルを証明する資格であるをご覧ください。 営業事務の平均時給は、データ入力、 OA事務、金融事務よりはやや高く、貿易・国際事務、英文事務よりはやや低いことがわかります。 営業事務と一般事務の違いは? 営業事務は主に企業の営業部門で業務を行うのに対し、一般事務はどの部門、部署でも発生する可能性がある業務になります。 営業事務は営業担当者のサポート、企業の営業活動に関わる商品・サービスの受発注や見積書・請求書発行、データ入力などが主な業務内容になります。 営業担当者に代わって顧客からの問い合わせに対応することもあるため、社内だけでなく社外の人と直接やりとりをする機会も多くあります。 一般事務の業務内容は企業によっても異なりますが、基本的には部門や部署にかかわらず発生する業務で、ファイリング、郵送物の仕分け、電話やメールの対応、資料作成、庶務や経費精算、伝票処理などのさまざまな事務作業を担当します。 営業事務のお仕事で身につくスキルは? 営業事務のお仕事で身につくスキルは以下の通りです。 資料作成能力 資料作成を行う機会の多い営業事務では、 Word、 Excel、 PowerPointなどの使い方や、 PCでの資料作成が上達します。 それに伴ってタイピングも早くなるでしょう。 売上数値の管理など毎週、毎月集計業務が発生したり、営業会議に必要な表の作成を求められたりすることで Excelのスキルが、顧客提出用の資料の作成や修正を頼まれることで PowerPointのスキルが上がることが期待できます。 営業担当者からの指示に従って資料を作る場合が多いため、他者の意見を汲んだうえでそれを具現化する能力も向上します。 スケジュール管理能力 時と場合に応じて業務の優先順位を決めて、迅速かつ的確に処理することが求められる営業事務では、スケジュール管理能力やその場に適した臨機応変な対応をする能力が向上します。 また、自分だけではなく営業担当者のスケジュールも把握した上で業務を進めることが必要となるので、計画力や現状把握能力も身につくでしょう。 コミュニケーション能力 営業部門では日々電話やメールで様々な連絡が来ます。 顧客からの問合せや連絡に、営業に代わって対応することはもちろんのこと、社内でも様々な部門や部署とのやりとりが発生します。 そのため電話でも対面でもコミュニケーション能力が上がっていき、自分自身のみならず営業担当者の業務が円滑に進むための必要不可欠のスキルとなるでしょう。 営業事務になるためには? 営業事務とひとことで言っても、企業によって業務内容は異なります。 例えば受発注がメインであれば事務未経験でも応募できる案件もあるので事務職に転向するきっかけにすると良いでしょう。 また営業事務でも売上データの集計や分析、会議資料の作成が多いお仕事であれば Excelのスキルを活かしたり、伸ばしたりできます。 資料作成、電話や来客応対、営業担当者の経費精算、部署全体のサポートであれば一般事務やアドミ業務経験者でも活躍できます。 自身のスキルや経験と業務内容の詳細を照らし合わせて自分に合ったお仕事を探してみましょう。 派遣社員として働くことで自分に合った条件を選べるだけでなく、経験を積んだのちにさらなるステップアップを目指す職場を探すこともできます。 JOBNETでは、様々な業務内容の営業事務の求人を数多く紹介しています。 興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

次の

営業事務の志望動機の書き方・伝え方と例文│#タウンワークマガジン

営業事務とは

営業事務の目標設定方法2ステップ ステップ1:自分の理想の営業事務をイメージ 目標を立てる際に、そもそも 何を目標にするかを悩むことも多くないですか。 あれこれ考えだすと、あっという間に時間が過ぎていきます。 ですが、せっかく目標を立てるならいい加減なものではなく、自分の評価に繋がったり、周りに貢献できるような実のある目標がいいと思うのも人情です。 こちらでご紹介する方法はステップに沿って考えていくだけなので簡単に適切な目標を決めることが出来ますよ。 まずは目標の 方向性を定めます。 自分の理想の営業事務を想像してみてください。 将来こんな営業事務になりたい、今の職場にこんな人がいたらいいな、など漠然としたイメージで結構です。 ・ミスの削減 ・作業スピード ・営業のサポート ・目標数字への貢献 ・ヒューマンスキル・調整力 ・スケジュール管理能力 など、6つの方向性が見えました。 他に洗い出しの方法としては、• たくさんある仕事内容を一つ一つ書き出して検討していく• 自分自身が現在何ができていないか考え抜く などがありますが、その場合はやはり考える時間が相応にいるでしょう。 例えば、「ミスがない人がいい」と思い浮かべたときには、その裏に「ミスの修正で時間を取っている」や「営業資料の作成ミスが多く顧客満足度を下げている」などの隠れた課題があります。 自分の職場に効果のある目標を立てて、貢献や評価につなげていきましょう。 ステップ2:具体的な数字や行動に落とし込む 洗い出した方向性から絞り込む 前述のように複数の方向性が出てきたとしても、一度にすべてを目標と定めるのは現実的ではありません。 自分の出した方向性を一つ一つ眺めてみてください。 そして自分に問いかけます。 はい!私は【決算期までに、申込書提出の前に見落としやすい項目の指差し確認をすることで、現状30%の書類不備発生率を10%まで減らします】! 目標設定時の注意事項 多すぎる目標を作らない 向上心の高い方は、方向性から絞り込みを行うときにあれもこれも捨てがたく感じるはずです。 多くても 3つ までと決めておいてください。 多くの目標を設定しすぎると、どれも中途半端に終わってしまうことが多いためです。 目標が3つ以上あるという場合は、その中から自分の成長やキャリアアップにつながる目標を優先してピックアップすることをおすすめします。 また、方向性や目標だけでなく、目標達成のためのアクションも、たくさん設定しすぎてしまうとすべてやりきれない可能性もあります。 時間は有限です。 やりたいことや目標がたくさんあるのはいいことですが、一度に達成できる目標は限られています。 あれもこれもと目標を作りすぎないようにしましょう。 努力をすれば達成可能な目標を選ぶ 達成が難しい目標ではなく、段階を踏んだ内容にするとモチベーションも上がりやすくなります。 ダイエットも、いきなり「1か月で10キロ!」という目標だと挫折してしまいがちですよね。 先ほどの例で、同じ「ミスの削減」の方向性で階段を作るのであれば、• 申込書不備の発生率を10%にする• 申込書不備の発生率を5%にする• 全体の申込書不備の発生を削減する仕組みを作りマニュアルを作成する のように 実現可能な目標から段階的にレベルアップを目指します。 高すぎず、低すぎない目標設定することが、自分を高めるコツになります。 会社から求められている役割を考慮する 皆さんの職場ではいかがでしょうか。 自分である程度自由に目標設定ができますか。 それとも、明確な評価基準が定められていますか。 評価基準が開示されている場合に目標の「方向性」を自由に決めてしまうと、 会社から求められている役割とずれてしまうかもしれません。 例えば営業事務の評価基準が「営業へのサポート」重視の会社で、自分はせっせと独自にミス削減に取り組んでいたとします。 その場合はいくら自分の目標が達成できたとしても「協調性のない営業事務」だとみなされてしまう恐れもあります。 会社も、営業事務がその方面の目標に取り組んでくれたら何らかの効果が出ると期待して評価の基準を決めているはずです。 会社から求められている役割がわかっている場合は、その「方向性」を含めた複数の目標を用意できるといいですね。 SMARTの法則とは 実はいままでご説明してきた目標設定の方法や具体例などは、 SMARTの法則を使っています。 方向性が間違っておらず、上司がこのSMARTの法則を知っているなら、提出した目標がとても考えられたものであることを察してれるのではないでしょうか。 ではSMARTの法則を5因子「Specific」「Measureble」「Achievable」「Relevant」「Time-bound」に分解してみていきましょう。 [S]pecific:具体性 SMARTの法則を使った目標は、 具体性をもったものになります。 先ほどの例でいうと「ミスの削減」といった方向性から、「申込書の提出不備のミス」という具体的な目標を導きます。 目標が「ミスの削減」のように抽象的なままでは、達成する具体的な行動も抽象的になりかねません。 [M]easurable:計量性 この英単語には 測定可能という意味があります。 目標の達成基準は、 体感としての達成感ではなく、客観的にみて達成したかどうかです。 「ミスが減りました!」ではなく「ミスが30%から10%になりました!」と報告できるように 、自分の立てた目標を測定するのに適した指標を用意する必要があります。 [A]chievable:達成可能性 続いてのAは 達成可能であれという意味です。 軽くまたいで超えられる目標でも不適切ですが、背伸びしてジャンプしても届かないような目標でも同様です。 現在、ミスが30%ある状態で、いきなりみんなに共有できるミス削減のマニュアルが作れるか?ということですね。 [R]elevant:関連性 4つ目の基準は、目標の達成が 自分の利益につながるかどうかです。 一方でステップ1で行ったような方向性のイメージや自分への問いかけを先に行っておけば、「ミスを減ら」せば「自分の成長につながる」という、自分にとっての利益を見出せます。 [T]ime-related:期限性 目標を達成するまでの 期限を意味します。 最終目標「ミス削減につながる仕組みのマニュアルを作る」が先に浮かんでいるのなら、3段階で目標を立ててしまうのもいいかもしれませんね。 「3年後までに最終目標を達成する」そのために「今年度決算までに自分のミスを10%まで減らす」というような目標が設定できます。 目標管理シートの記入例5選 今までご説明してきた目標設定の方法で、ご自身の目標を立てることを強くお勧めします。 テンプレを丸々使うよりも自分自身のモチベーションアップにもつながりますし、その事業所に適した目標が立てられるからです。 念のため目標管理シートの記入例もご参考までに見て頂けるようご用意しています。 目標の具体化や行動の内容などの切り口が面白いです。

次の

営業事務で10年後も仕事を続ける!キャリアプランの築き方

営業事務とは

営業事務は、社外にいることが多い営業担当者が顧客との交渉などに注力できるように、社内での事務業務をサポートするお仕事です。 そのため、会社によっては「営業サポート」や「営業アシスタント」と呼ぶこともあります。 具体的な仕事内容は、請求書などの書類作成、受発注データの入力、社内会議用資料の準備などが挙げられます。 事務とは言え、依頼された仕事を黙々とこなしていくだけではありません。 営業担当者やクライアント企業とうまくコミュニケーションをとって仕事を進めていくことも必要です。 ですので、ExcelやWordのパソコンスキルだけでなく、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルも求められます。 サポートしたときに営業担当者から「ありがとう」と感謝されたときや、顧客と信頼関係を築けたときにやりがいを感じる人が多く、「コミュニケーションをとりながら人をサポートすることが好き」という人におすすめのお仕事です。 営業事務は社内外のさまざまな人と関わりながら営業担当をサポートする仕事ですので、社内外のコミュニケーション能力・タスク管理スキル・臨機応変な対応力・事務処理能力などが身につきます。 社内外のコミュニケーション能力とは、営業さんとすれ違いのないよう意思疎通すること、社内外の人と交渉・調整すること、お客様の話をしっかり理解して受け答えをすることなど、いろいろな方面に向けて気持ちよくやりとりをするスキルのことです。 また、営業事務では複数の業務を同時進行ですすめていきますので、「この案件の納期はいつか」「優先順位が高いのはどちらか」「この業務の関係者は誰か」などを把握するための、タスク管理能力も高まります。 ルーティン業務だけでなく営業からの頼まれ仕事が発生することもありますので、それに対応できる臨機応変さも身につきます。 そして、資料作成や売上データの集計をする際に、Word・Excel・PowerPoint・Accessを使用するので、パソコンスキルと事務処理能力を習得できます。 このほかにも、商品の知識、経理の知識、数字を扱うスキル、ビジネスマナー、クレーム対応のノウハウなど…幅広いスキルを学ぶことが可能です。 営業事務の経験を活かして、「経理事務」「英文事務」「秘書」などにステップアップする道もあります。 「経理事務」には、請求書・見積書などの書類作成や、売り上げ管理の経験が活かせます。 営業事務の経験に、語学力をプラスすることで「英文事務」へ。 また、人をサポートすることにやりがいを感じやすいのであれば、秘書技能検定を受けて「秘書」を目指すのもよいでしょう。 資料作成を通じて身に付くパソコンスキル、営業担当者・顧客とのやりとりのなかで身につくコミュニケーションスキルはどこでも通用するスキルです。 営業事務の経験を通して、上記のお仕事以外の選択肢も増えていくでしょう。 もちろん、営業事務としてさらに責任ある仕事をするなどのキャリアアップも可能です。 人とコミュニケーションを取りながらお仕事することが好きな方におすすめです。 営業さんやお客様と直接関わり、納期調整など自ら主体的に動くことも時には求められます。 そういった場合も含め、人と関わりながらお仕事がしたい方に向いています。 株式会社リクルートスタッフィング• 社内や社外、取引先など、多くの方と関わることが多いため、明るい対応ができ、コミュニケーションを取りながら業務を進められる方が向いています。 色々な調整ごとなどをスムーズに対応できるスキルも求められます。 旭化成アミダス株式会社• 営業事務は営業部門のサポートとして資料作成や電話対応、来客対応などの庶務業務から、受注・発注業務まで幅広い仕事を対応するお仕事です。 受発注は納期が決まっており、時間に対する意識も必要です。 また価格交渉や納期調整など社内外での交渉や折衝も業務に含まれますので、決まった業務をこなす仕事より、様々な方とコミュニケーションをとりながら業務を進めていくことにやりがいを感じる方に向いているお仕事です。 ヒューマンリソシア株式会社• 営業事務は営業担当の仕事がスムーズに進むように事務業務を専門にサポートをしていただくお仕事です。 営業や営業先などの社内外とのやり取りなどがあるため、正確かつ気持ちの良いコミュニケーションを出来る方におススメです。 また、人をサポートすることに喜びを感じられる方。 スピード感を持って正しく確実に職務をこなしていける方や、状況に応じて臨機応変に対応出来る方は活躍できること間違いなし!ビジネスマナーやコミュニケーションスキルを求められるので、スキルアップしたい方にもぴったりです。 営業担当者からはもちろんのこと、社内外から頼りにされる存在です。 株式会社エボルバビジネスサポート• 処理スピード・注意力・コミュニケーション能力が求められます。 また、Excel操作能力は関数使用が必須となっているケースが多いです。 複数の営業社員から業務を依頼されることも多く、また電話応対業務も多いので、積極的な方が向いています。 株式会社アクセスヒューマネクスト• 会社によって求められるスキルは異なりますが、一般事務よりもより主体的に動ける方が向いていると感じます。 株式会社フューチャー・コミュニケーションズ• 様々なタイプ(年齢・経験・性格・指示の仕方等)の営業の指示命令者と十分なコミュニケーションが図れて対応できる人で、内容の理解力があり、事務処理が早く正確にでき、連絡・報告・相談のできる人。 株式会社 パワレイド• 営業さんからのちょっとしたことも笑顔でご対応いただける方、複数のお仕事を同時進行で進めていけるマルチタスクな方、社内やクライアントとのコミュニケーションが円滑に取れ、仕事を先回りして行える方が向いていると思います。 キャプラン株式会社 営業事務になるために必須の資格などはありません。 ただ、請求書などの作成を行うため、Word・Excelなどの基本的なパソコンスキルは必要です。 社内での会議資料や顧客向けのプレゼンテーション資料などの作成を行う場合もありますので、PowerPointが使えたら活かせます。 また、社外の営業担当者や顧客とやり取りしながらお仕事を進めていきますので、電話・メールでのコミュニケーション能力とビジネスマナーも身につけていると、スムーズに仕事を進めることができます。 何か資格取得をしたいと考えている場合には、Word、Excel、PowerPoint、AccessといったOffice製品の実技スキルを示すことができるMOSや、一定以上のビジネスマナーの理解があることが示せる秘書検定などがおススメです。 営業事務になることで、経理や総務的な業務にも携われたのが良かった。 経理や総務の専門的な深い知識が身についた訳ではないものの、もし今後経理や総務に転職しても頭に入ってきやすいと思う。 20歳/女性• 膨大な数の業務を、優先順位をつけて時間内に終わらせるという基本的な業務スタイルを身につけることができた。 社内コミュニケーションがほとんどではあるものの、社内の人との関係を築くことによって業務をスムーズに進めることができることを学び、コミュニケーションスキルも磨くことができた。 25歳/女性• 未経験でも少しずつ任される仕事が増えていって気づけばできる仕事が多くなっています。 日常ではなかなか使わないエクセルや商品知識なども教えてもらったり勉強したりしてスキルがついたと身をもって実感できています。 26歳/女性• 一からのスタートでしたが、その分皆が仕事を進めやすいようにと試行錯誤しながらやり方を考えていけたことが、良い経験になったと思います。 38歳/女性• お客様のご要望にしっかりとお応えすることが出来たとき、また、プラスアルファのご紹介がお客様に響いたとき、お喜びの声を頂けることが励みとなり、より良い応対をしようと常に向上出来ることにやりがいを感じていました。 36歳/女性• 営業が仕事を安心して進められるよう、何が必要か、どうしたら仕事がスムーズに進むかを常に考えて行動しています。 仕事をお願いされた時すでにやり終えていたり、先回りして仕事を進められていて感謝されたりすると、やりがいを感じます。 41歳/女性• やりがいは信頼を得られることです。 顧客の担当営業ではありませんが、顧客と営業の間の大切な架け橋です。 顧客と営業だけでは足りない作業を逐えることで信頼を得ていく仕事です。 社内外問わず営業の状況を誰よりも知るのもとして信頼を得ています。 33歳/女性• ExcelやAccessでの集計作業や新規データベース作成など、 営業さんから業務がやりやすくなったと感謝の言葉をいただけた時。 直接数字の上がり下がりを常に把握しているため、自分の仕事が営業さんの成績にも結びついているんだなぁと思えたとき。 39歳/女性• 社内だけでなく、営業マンを通してお客様と触れ合うことができ、お客様の要望をカタチにしていくことにやりがいを感じました。 自分が営業で外に出ることはないが、外と触れ合える部分が、営業事務の良いところだと思います。 38歳/女性• 営業の方の仕事を近くで見ることができ、後方支援の充実感があります。 日々のルーティン業務の効率化など、営業の方の負担軽減が実現した時はとても達成感がありました。 お手伝いしたプレゼン資料で契約が決まった時も嬉しいです。 41歳/女性• 会社の売上を牽引している営業部のサポートに携わることで、会社に貢献できていると感じられる。 また、営業部のみなさんの役に立てることがやりがいで、営業部のみなさんがとても感謝してくださることが嬉しいです。 42歳/女性• それぞれの仕事の内容によるが、ミスが命取りになることもあるため、間違いがないか1つ1つ丁寧にこなす必要があるものの、同時にスピード感ある対応も求められるという怖さがある。 41歳/女性• 営業との連携が難しいです。 営業との話がちゃんとできていなくて、間違った製品を発注してしまう事がありました。 営業とはコミュニケーションを取り、少しでも不安な事があればすぐ聞くこと、また何度も確認をすることが大切だと学びました 28歳/女性• 自分がミスしたことを、自分で決着つけられればまだいいのですが、営業担当の方に、謝罪やクライアント対応をしていただかないといけなくなるので、クライアントに関わることは、特に最新の注意をします。 41歳/女性• 資料の作成や、数字の集計を依頼された時、どのような用途で必要なのかをしっかりヒアリングしないと、求められている形が出来上がらない。 人によって伝え方も求めているものも違うので、そこをしっかりコミュニケーションを取って埋めることが難しい。 31歳/女性• 物事の先を読みながら仕事を進める能力がつきます。 人が何をして欲しいのかを自然と考えるようになるので、人間的にも成長できているのではないかと思います。 世話を焼くのが好きな人にはオススメな仕事だと思います。 41歳/女性• パソコンに関してはタイピング速度の向上やアクセス・ワードなどのソフトの知識も自然とつきました。 また営業さんや他の事務の方とのコミュニケーションが大切なので、コミュニケーション能力、伝える力もついたとおもいます。 26歳/女性• 多岐に渡る仕事をこなすため、まず優先順位をつけて、効率よく正確に業務を行えるようになりました。 また顔の見えない客先と電話やFAXでやりとりしていくうちに洞察力が身に付き、先方の癖や特徴を踏まえて行き違いのないよう計らうことができるようになりました。 25歳/女性• 元々はとても苦手だった電話対応ですが、たくさん経験することでそれなりに適切な対応ができるようになったと思います。 PC操作では、特にExcelがかなり上達し、データ処理はもちろん、VBAでのマクロ操作もかなりできるようになりました。 42歳/女性.

次の