ツイッター センシティブ 見る 英語。 センシティブの意味は?使い方やナイーブなど類語との違いも解説

英語表示のTwitterを日本語に設定する方法

ツイッター センシティブ 見る 英語

「センシティブ」の意味は? まずはじめに「センシティブ」の本来の意味から解説します。 語源は英語の「sensitive」 「センシティブ」の語源は英語の「sensitive」で、「名詞」と「形容詞」の2つの使い方があります。 ちなみに名詞で使う時は「傷つきやすい人」「感受性の高い人」「霊感のある人」というように「人」に対して使われるのが特徴です。 意味は「敏感な」「感覚がある」 センシティブ」の意味は一般的に外の刺激に対して「敏感な」「感覚がある」「傷つきやすい」「影響を受ける」となります。 また、芸術作品などが「繊細な」「微妙な」「感性溢れる」、他人に対して「親切な」「思いやりのある」、情報や技術が「機密である」、また問題が「公にできない」「慎重に取り扱うべき」、市場や金融分野において「不安定な」などのような意味もあるため、併せておさえておきましょう。 ちなみに、カタカナ語「センシティブ」の意味と使い方は、英語とほぼ同じになります。 センシティブな内容だから、時間をとってゆっくり話そう。 Nさんは人との付き合いでセンシティブな一面を持っている。 似た言葉「センシブル」の意味 「センシティブ」に似た言葉に「センシブル=sensible」があります。 「センシブル」は人が「思慮深い」「分別がある」、外のものごとに対し「感知できる」「理解している」という意味がある言葉です。 たとえば、「もっともセンシブルになるべきだ」という文章なら「もっと思慮深く、良識のある行動をとるべきだ」という意味となり、また「あの人はセンシブルだ」という文章なら「あの人はものごとをよく理解できている」という意味になります。 「デリケート」「ナイーブ」との違いは? 続いて「センシティブ」に意味が近い言葉「デリケート」「ナイーブ」との違いについて解説しましょう。 「デリケート」は「繊細な」「細かい」 「デリケート=delicate」は「繊細な」「壊れやすい」「細かい」という意味のあるカタカナ語です。 たとえば、洗濯機で「delicate」は傷みやすい素材のものや下着などを指し、衣服の形状が繊細であることを意味しています。 また、赤ちゃんの肌を表現する時にピッタリなのも「デリケート」です。 また、デリケートな顔立ちとは「優美で繊細な顔立ち」のことで、デリケートな仕事とは「細心の注意を払うべき、さじ加減が微妙な仕事」となります。 これらの使い方を見ると「センシティブ」の「感覚がある」「敏感である」とはややニュアンスが異なってくるのがわかるでしょう。 「ナイーブ」は「無知」「未熟」 カタカナ語の「ナイーブ=naive」は「感受性が高い」「繊細な」という意味合いで使われていますが、英語の「naive」の意味は「うぶ」「無知」「未熟」「世間知らず」「考えが甘い」などのように良い意味で使われることは少ないです。 もともと「naive」はフランス語であり、「素直な」「無邪気な」という良い意味と「鈍感」「ばか正直」という悪い意味とが混在した言葉です。 そして、カタカナ語の「ナイーブ」はフランス語の良い意味の部分が派生し「感受性の強い」という意味合いに発展したと考えられています。 そのため、国際環境において「ナイーブ」を使う時には十分注意が必要です。 同僚のことを「感受性の強い素直な人」と良い意味で説明しようと思っても「鈍感で無邪気な正直者」と悪い意味で受け止められてしまうことがほとんどだからです。 「センシティブ」の類語と反対語は? それでは「センシティブ」の類語についてみてみましょう。 類語は「感じやすい」「神経質」 「センシティブ」の類語はカタカナ語での意味「敏感」「感覚のある」の他に、「感じやすい」「「神経質」「過敏」「鋭敏」「多情多感」「短慮」などがあります。 言い換えをする時は文脈を見ながら状況に合わせて適切な類語を選んでみて下さい。 彼はものごとに対して神経質だ• 娘は多情多感な時期を迎えている。 反対語は「鈍感」「無感覚」 「センシティブ」の反対語にあたる言葉は「敏感」や「感覚のある」という意味と正反対にある「鈍感」「無感覚」「平然」「無神経」などになります。 まとめ 「センシティブ」は英語の「sensitive」のことで、意味は「敏感な」「感覚のある」となります。 「デリケート」と「ナイーブ」は似たような使われ方をするため混同しがちですが、ニュアンスが微妙に異なるため、使い分けをするようにして下さい。 ビジネスシーンでは「センシティブな取引」「センシティブな契約」「センシティブな交渉」など、さじ加減を調節しなければ上手く行かないような場面でで使われることが多いです。 そのような時は、全神経を集中させて上手にことを納めるように努めなければなりません。

次の

知らない間にやっているかも!?Twitter無断転載に注意

ツイッター センシティブ 見る 英語

センシティブ(sensitive)の意味とは? センシティブ(sensitive)とは感覚が敏感な様子 センシティブ(sensitive)とは、基本的に感覚が敏感な様子を表します。 例えば、センシティブ(sensitive)を人に当てはめた場合、ある1つの発言に対して他の人よりも気にしやすかったり、敏感に反応してしまったりする人がセンシティブな人だと言われいます。 会社や身近には必ずいるタイプですよね。 また逆に、センシティブ(sensitive)を話や話題に当てはめた場合、みんなが気にするような内容の話だったり、あまり言ってはいけない内容だったりする話のことを指します。 このようなセンシティブな内容に関しては後ほどまた詳しく紹介していくので、是非最後まで読んでみてくださいね。 慎重に相手をしないといけないという意味もある センシティブ(sensitive)とは、先ほどのように人に当てはめたり話に当てはめたりしますが、他にも慎重に相手をしないといけないという意味で使われる時もあります。 例えば、上司に「Aさんはセンシティブだから気をつけてね」と言われた場合には、Aさんは少しのことで傷つきやすいので慎重に接してほしいという意味でとることができます。 このように、センシティブ(sensitive)には内に秘められた内容の意味も含まれていることをしっかり頭に入れて使いこなしましょう。 次の記事は、メゾの意味について解説した記事になります。 「メゾ」という言葉を知っていますか?マクロやミクロとも間違われやすいメゾですが、それらの詳しい違いについて次の記事ではしっかり説明されています。 メゾは、ビジネスを語る上でも欠かせない用語でもあるので、是非知識として覚えておきましょう。 誰の身近にも一人はいる、様々なことに敏感な人。 長い人生を生きていればそのような人たちともコミュニケーションをとっていかなければならないことも多いですよね。 そしてそのような人たちのことを「センシティブな人」と呼ぶことができます。 センシティブは、そこまでネガティブなイメージがないので本人に「センシティブだね」と言っても大丈夫ですし、先ほど例に挙げたように第三者に対して「あの人はセンシティブだから言動には気をつけてね」と使うこともできます。 しかし、似たような意味でナイーブという表現はネガティブ要素を含むので控えましょう。 これは、相手がセンシティブな人であってもなくても言えることになります。 例えば、Aさんが最近愛犬を亡くしたばかりなのに、犬の話ばかりをするのはNGですよね。 この時には「犬の話」自体がセンシティブな話題というふうになります。 このように、普段はその話をしても大丈夫だけれどもある一定の期間、タイミングにその話をするのはNGという事柄に対して「センシティブな話題」と使うことができます。 「今Aさんにとって犬の話はセンシティブな話題だから控えよう」という例文も作れますね。 日常でも使うことがあるかと思うので参考にしてください。 日本だとわかりにくいかもしれませんが、特に海外では宗教や政治、その他一般常識でタブーとされていることを話すのはNGです。 これもセンシティブな話題の1つになってくるので覚えておいてくださいね。 トラブルに巻き込まれる可能性もあります。 次の記事は、マッチポンプについてです。 マッチポンプという言葉をご存知ですか?ビジネスで時々聞く言葉でもあるので、使えるようになっておくと周りからも一目置かれますよ。 次の記事では、そんなマッチポンプの正しい意味や由来、使い方などが解説されています。 ぜひ参考にして、仕事で使ってみてくださいね。 これは、センシティブの類語としてもよくあげられる言葉になっています。 デリケートの意味自体は、「繊細である様・微妙な様」というような、センシティブとも通じる意味を持ち合わせています。 そのため、「センシティブな人」のことを「デリケートな人」と呼ぶこともあります。 他にも、「デリケートな神経の持ち主」など、神経や性格自体にデリケートを使うこともあります。 よく使われる言葉でもあるので、是非覚えておいてください。 繊細は、センシティブを説明する時にもよく使われますよね。 先ほどもデリケートやセンシティブを説明する際に使用しました。 このように、センシティブには、繊細という主に含まれているので類語だと言えます。 繊細の方が、センシティブよりも意味が広く単純になっているのでよく使われます。 例えば、繊細は、人にも物にも話題にも使うことができます。 「繊細な作りをした商品・洋服」「繊細な人」「繊細な話題・言葉」などです。 読み方はえいかんです。 日頃はあまり使わない言葉なので、使い方がよくわからないという人も多いでしょう。 鋭感は、意味自体は物事に対して鋭い感覚を持っているという意味で、芸術の中で使われることが多いです。 感受性が豊かな人にぴったりの言葉ですよね。 例えば、Aさんが知人の画家であるBさんに対して「やはり画家は鋭感がある」というと、Bさんの物事とを鋭くキャッチする感覚を褒めていることになります。 普段使いにくい言葉ではありますが、覚えておくと素敵ですよね。 これは、感受性が豊かという言い方にも置き換えられますが、強いの方がより敏感さが込められたニュアンスになります。 センシティブな人は、小さなことに対して敏感に感情を揺れ動かされるため感受性が強いという言葉で表すことができるのです。 無神経とは、普通であれば遠慮したり控えたりするところを、気にせずに行動したり発言したりすることを言います。 そしてこの言葉は、使うとネガティブなイメージを与えるので、発言する際には注意してくださいね。 鋭感の反対と考えるととてもわかりやすい言葉かと思います。 鈍感とは、あるものごとに対して気付きにくかったり、周りは気づいているのにその人だけ気付かないというような状況のことを指しますよね。 日常でもよく使われる言葉でもあります。 是非覚えておいてください。 次の記事は、エトセトラの意味についての記事です。 エトセトラは、一見難しそうな言葉ですが意外と日常でも耳にする言葉ですよね。 正しい意味や書き方、日本語と英語の使い方の違いなども知っておくと、もっと幅広く楽しく使うことができますよ。 是非、次の記事を最後まで読んでしっかり学んでみてくださいね。 Twitter(ツイッター)におけるセンシティブとは?解除方法は? ツイッター(Twitter)のセンシティブとは閲覧注意の内容のもの ツイッター(Twitter)におけるセンシティブとは、主に閲覧注意の内容のもののことを指しています。 グロテスクな内容のものであったり暴力的な内容のものはロックがかけられてしまうのですね。 これはもともとロックがかかっていることが多いため、自分で解除しなければ内容を見ることはできないようになっています。 しかし、これらを解除して内容をみたいという好奇心旺盛な方は、これから教えるツイッター(Twitter)のセンシティブを解除する方法を試してみてくださいね。 センシティブの解除の方法自体はとても簡単で、危険なものではないので安心してくださいね。 センシティブの表記があるツイートをタップして設定に飛ぶ まずツイッター(Twitter)のセンシティブを解除するには、ツイートとして出てくる「このツイートはセンシティブな内容が含まれているため閲覧することができません」というツイートをタップします。 すると、ツイートの詳細が表示され、左下の方に設定に飛べる文字があるのでさらにそこをタップします。 英語から日本語に文字表記を変換する すると、ここで全て英語表記になっている設定画面が現れます。 これでは何を押して捜査していいのかわからないというかたも多いかと思うので、文字表記を英語から日本語にシフトさせます。 「Language」というような表記があるかと思うので、そこから頑張って日本語に変えてみてくださいね。 プライバシーからセンシティブの閲覧を許可する 最後に、プライバシーの項目からセンシティブな内容にツイートを表示するかしないかのチェック項目がついた部分があるので、そこのチェックを入れれば完了です。 これでセンシティブな内容のツイートも見ることができます。 逆に見たくないという時にも、ここからチェックを外せばセンシティブなツイートはロックされます。 これで、ツイッター(Twitter)のセンシティブを解除する方法がわかりましたね。 人によってはこの設定にすることでツイッター(Twitter)をもっと楽しめるようになるので、是非今回紹介したツイッター(Twitter)のセンシティブを解除する方法を実践してみてください。 次の記事は、アテンションの意味についてです。 アテンションは英語の単語として「注意」という意味だと覚えた記憶がある人も多いのではないでしょうか?次の記事では、そんなアテンションという言葉に関しての知識がたくさん紹介されています。 注意書きの例文もあるので、役に立つこともあるかもしれませんよ! センシティブに使い方を知って活用できるようにしよう! いかがでしたか?今回は、センシティブ(sensitive)の使い方や意味について解説していきました。 センシティブは、意味合いや使われる場面が多いので使い分けで混乱しそうですが、「感受性が豊かな人」「相手を敏感にさせる話題」の2つを押さえておけば大丈夫です。 是非、日常でも積極的に使ってみてくださいね。 次の記事は、オープンマインドについてです。 オープンマインドという言葉を聞いたことがありますか?字を読んでみるとわかりやすいのですが、性格や考え方がオープンな人のことを主に指します。 次の記事でも、そのことについて詳しく説明されているので早速読んでみましょう。 これまでよりも物知りになれますよ!.

次の

Twitterのセンシティブを解除する方法・なぜか英語でわからない

ツイッター センシティブ 見る 英語

写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 ユーザーによって投稿された画像や動画が、上記のいずれかにあたるとTwitterが判断した場合、画像や動画を表示する代わりに警告メッセージが表示される場合があります。 とはいえ、警告が表示されている画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、というケースもよくあります。 Twitterでセンシティブな内容を含む投稿を見る方法 「センシティブな内容」の警告メッセージが表示されている画像や動画を見たい場合は、それらを表示するための設定をおこなう必要があります。 iPhoneでセンシティブな内容を含む投稿を表示させる方法 iPhoneでは、Twitteアプリのタイムライン上で「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。 」と警告メッセージが表示されているツイートを開きます。 ツイートの詳細画面でも同様の警告メッセージが表示されているので、警告メッセージ下部の[設定を変更]をタップしてください。 すると、SafariやChromeなどのWebブラウザに切り替わり、ブラウザ上でTwitterの画面が表示されます。 WebブラウザでTwitterが開く ブラウザでTwitterにログインしていない場合は、設定を変更したいアカウントでログインしてください。 以上で設定は完了です。 Androidスマホでセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 Androidスマホでは、Twitterアプリ内の設定を変更する方法と、ツイートに表示された警告メッセージから設定を変更する方法の2パターンがあります。 Twitterアプリ内の設定を変更する Twitterアプリのメニュー画面から、[設定とプライバシー]を開きます。 設定項目の中から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これでセンシティブな内容を含む投稿であっても、警告メッセージが表示されることはありません。 ツイートの警告メッセージから設定を変更する Android版Twitterアプリでは、ツイートに表示されている警告メッセージからセンシティブなツイートの表示設定が変更可能です。 [表示する]をタップすると、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 PC(パソコン)でセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 PCのブラウザ上でセンシティブな投稿を表示させるには、センシティブな内容を含むツイートの下部にある警告メッセージから、設定を変更するか一度だけ表示させるかのどちらかから選択します。 [設定を変更]をクリックすると設定画面が開かれる [設定を変更]をクリックすると、設定変更画面に遷移します。 [表示]をクリックすれば、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 センシティブな内容を含む投稿を非表示にする方法 不愉快な画像や動画を見たくない人は、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを非表示にする設定をしましょう。 もし、非表示に設定しても不愉快な画像や動画が表示されてしまう場合は、ツイートの通報やミュートといった機能を使うとよいでしょう。 センシティブな画像や動画を非表示にする設定 センシティブな画像や動画の非表示設定は、Twitterの設定画面から有効にします。 なお、 iPhoneの場合はTwitterアプリからの設定はできないため、下記リンクよりSafariやChromeなどのWebブラウザからTwitterにログインし、設定をおこなってください。 以下では、Android版Twitterアプリでの操作方法を紹介していますが、Webブラウザ版のTwitterでもほとんど操作内容は変わりません。 Twitterのメニューから[設定とプライバシー]をタップし、[プライバシーとセキュリティ]を開いてください。 これで、センシティブな内容と判定された画像や動画は、警告メッセージが表示されるようになります。 それでも表示される場合は「通報」も可能 をおこなった状態でも、不愉快な画像や動画が表示されてしまう可能性もあります。 そのようなときは、該当のツイートをTwitterに通報するという手段もあります。 ツイート右上の[v]マークから[ツイートを報告する]を選択 まず、不愉快な画像や動画を載せているツイートを開き、右上にある[V]マークをタップ。 すると、画面下部からメニュー画面が出現するので、[ツイートを報告する]を選択します。 ツイートの報告理由を選択する画面に遷移したら、通報する理由として最も適切なものを選びましょう。 不愉快な画像や動画を通報する際は、[センシティブな画像または動画を表示している]をタップします。 続いて、通報する画像や動画がどのような内容を含むのかを、さらに4つのカテゴリーから選択して報告してください。 ボタンを押すとブロックかミュートができる これで、ツイートの通報は完了です。 完了画面では、通報した画像や動画をツイートしたユーザーを「ブロック」か「ミュート」できるボタンが用意されています。 ブロックとミュートは、不愉快な投稿を見ないためにも有効な手段です。 一方で、もし相手が相互フォロー関係にあるような状態である場合、ブロックすると相手にバレてしまう恐れもあります。 相手との関係性などに応じて上手く使い分けましょう。 通報したツイートは、タイムライン上で「このツイートを報告しました。 」というメッセージに覆われて表示されます。 通報後にツイートの内容を見たいときは、メッセージの右側にある[表示]をタップすると、一時的にツイートの内容を確認できます。 特定のキーワードやアカウントを見たくなければ「ミュート」が便利 特定のキーワードを含むツイートを見たくない場合や、特定のアカウントをタイムラインで非表示にしたいときは「ミュート」機能が便利です。 ブロックとは異なり、ミュートは相手に知られることなくツイートを非表示にできます。 ミュートの設定の詳細は、下記記事を参照してください。 appllio. com 自分のツイートがセンシティブな内容と判定されないための方法 普通の写真を投稿したつもりなのに、センシティブな内容を含む可能性があると判定されてしまった、という経験はないでしょうか。 その場合、自分の投稿に警告メッセージがつかないように設定する必要があります。 Twitterのメニュー画面から[設定とプライバシー]を開き、設定項目から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これが有効になっていると、自分の投稿した画像や動画に警告メッセージが出てしまう場合があります。 センシティブな内容を投稿するつもりのない人は、チェックを外しておきましょう。

次の