アシガール ネタバレ 88。 アシガール【最新話】ネタバレ98話!尊の手紙が無事届き、唯は再び若君のもとへ│シロカミエンタ

アシガール【最新話】ネタバレ98話!尊の手紙が無事届き、唯は再び若君のもとへ│シロカミエンタ

アシガール ネタバレ 88

アシガール最新話98話ネタバレ 457年と4カ月前、また騙された!とタイムマシーンのある部屋で唯は泣き崩れます。 両親は、歴史が証明しているのだから大丈夫だと言います。 若君も、唯を思ってのことで辛かったと思うと母は言ってくれました。 くよくよ悩むのはお腹の子によくないと母に言われ、唯はそうだねと納得します。 次の満月にはきっと行けるはずと思う事にするのです。 けれど、次の満月も次も、タイムマシンは全く動きません。 それから2か月後、木村先生が慌てて唯の元を訪れました。 唯を見てすぐに、おめでたか!?と驚きます。 気づいてもらって喜ぶ唯は、木村を招き入れると、両親と共に木村も持ってきた手紙に木村以上に驚くのでした。 御月家の蔵の調査で見つけたと木村は言います。 速川唯に届けてください、と書かれてその字を見て、唯は尊が向こうで入れたものだとすぐにわかりました。 そこにはタイムマシンを起動する方法も書かれています。 紙は相当古いのに、文はそうではない、なにか心当たりはありませんかと興奮気味に聞く木村に、両親たちは、摩訶不思議だととぼけたふりをするのでした。 To yuiと英語で書かれた唯への愛のメッセージも入っていて、唯は涙を流して木村にお礼を言います。 木村は、なにがなんだかわかりません。 尊の手紙は、457年と65日後に無事、唯に届いたのです。 それから手紙を見ながら父が7日かけて機械を組み立て、燃料が溜まるのに1か月待つことになります。 満月の2日前、唯はお菓子や薬を詰め込み、尊と若君の元へ帰る準備をします。 すっかり髪の毛が伸びていた唯に、母がうっとうしいからどうにかしたら?と言います。 唯は伸ばしているのに・・・と言いながらしぶしぶ整えてもらうだけと美容室に向かいました。 カットしている間に眠ってしまった唯は、おばちゃんのごっめーんと言う叫び声で目を覚ましました。 鏡を見てびっくり。 10年以上も唯をカットしていたおばちゃんは、手が勝手に動いてしまったと唯の髪をおかっぱに切ってしまったのです。 どんよりとしたまま帰宅する唯に、母は何も声をかけられないのでした。 満月の日、無事にタイムマシンが起動し、両親と別れます。 5カ月後、ついに唯は小垣城に戻れました。 小垣城にその時たまたまいたのが宗熊で、唯はラッキーなことに御月へ帰るまでお世話になることになります。 走って帰ると言う唯に、身重なのにはそれはダメだと止められ籠に乗せられ優雅に御月に戻りました。 戻ると若君の縁談の話がすすめられており、そのタイミングで唯が帰ってきたというわけだったのです。 唯は皆から戻ってきたことを嬉しがられますが、もちろん怒っています。 今日自分が帰ってこなければ新しい正室を迎えてたたのだろうと忠永たちを責めると、周りは青ざめました。 長い事帰ってこなかったから・・・と言われた唯は赤ちゃんを守るため必死に耐えてたのにとお腹をさするのでした。 皆は口々に唯に謝ります。 そんな姿を見て、信長の脅威も御月家の存亡も大事なことなのに、それよりも若君の再婚話を即座に断らなかったことが一番の問題になっていることに尊は驚きます。 それだけ唯が御月家の人達に大切にされているのがわかり尊はほっとしました。 若君が笑いをこらえてる姿も楽しそうで嬉しくなるのです。 外はまだ冬で、初雪が降っていますが、城には春が来たようでした。

次の

アシガール【第88話】最新話のネタバレと感想─ココハナ9月号掲載─

アシガール ネタバレ 88

若君を思う気持ちは誰にも負けない。 男の子のような唯だけど、若君は、そんな唯を気に入って奥方にしてくれました。 戦に行った若君を、城で待つ唯。 なかなか帰ってこない若君たちを心配な気持ちで待つ日々…。 前回は、敵方からの使者より、若君が攻め入ろうとしている城に城の受け取りに行った際に若君たちを人質に取ろうという作戦を知った唯たち。 一刻も早く若君に知らせて、城に受け取りに行く事を辞めさせなければ、と、一晩中かけて走って、若君のに行く唯…というところで終わったのでした。 それでは 「アシガール【88話】最新話」のあらすじネタバレをお楽しみください! 「アシガール【88話】」あらすじネタバレ 表紙の扉絵。 満月の元、馬にまたがる若君でした。 満月…現代と戦国を行き来できるチャンス。 なにかあったら、現代にもどる絶好のチャンス、なんだけど…。 何とか一晩で若君の元へ走っていけた唯 一晩中走り続けて、ようやく小垣城らしき城が見える場所にたどりついた唯と惣左衛門(もう一人連れがいたような気がしますが、姿が見えませんので脱落したんでしょう) 惣左衛門は、息も絶え絶え、足もつりまくりで、かなり辛そうでした。 先に行くことを唯が言うと、私もお供しまする、と言ってききませんでした。 (うわーめんどくさいタイプの家臣だ)、内心思いながらも、唯は、ここまで案内してくれた(明らかに出遅れてたけど)家臣の労をねぎらい、 「柿内惣左衛門、あっぱれなり。 若君も 我が愛妻のためによくやったとおほめくださろう」と声をかけて、後から追ってくるように言い、ここからの道は一人で先に行くことにしました。 (なんてえらそーに言ったけど…)体もだるく暑さと腹痛で自分も限界だ、と感じる唯なのでした。 やっと城にたどり着いた唯。 成之に若君がどこにいるのか尋ねます。 若君は今まさに城受け取りのために村上城に向かっているところ、と言います。 慌てて、敵の降伏宣言は大嘘で、城受け取りに来た若君たちを人質にとる作戦だと、知らせる唯。 驚く成之。 城に向かっている若君たちのもとに急いで使いを走らせ、一刻も早くその事を知らせるように手を打ちます。 ふと、唯の方を振り返ると、唯はその場にうずくまり倒れてしまっていました。 無事に小垣城に戻って来た若君たち 使いの者に、知らせを聞き、若君たちは、無事に戻ってくることが出来ました。 若君は、この知らせを告げてくれた唯に早く会いたいと、どこにいるのかを成之に尋ねます。 その頃、唯は横になり、薬で眠らされていました。 その顔色のあまりの悪さに、心配になる若君。 唯を見ていた家臣が、唯は薬で痛みを抑えて眠っている事を言います、そして、唯が身籠っている事も…。 「マジか」驚く若君!(思わず、現代語?)眠り続ける唯の顔を眺めて思わず優しく微笑む若君…「そうであったか」 しかし、家臣が言うには、唯自身も妊娠している事には気づいていなくて、今日のように全力疾走を一晩中したことで体に重い負担をかけてしまった事。 そのためお腹の子は諦めなくては母である唯の身体にも差し障るという事を若君に告げました。 喜んだのもつかの間、少し沈んだ表情になった若君でしたが、「唯の命が大事じゃ」とお腹の子よりも、唯の事を一番に考え、妊娠継続よりも唯の身体を第一に考える旨を伝える若君なのでした。 「すまぬ。 また無理をさせてしもうたの」 眠る唯に声をかける若君…。 唯がひどく嘆かなければよい、と、唯の気持ちを思いやるのでした。 尊の決心 場面は変わって、現代です。 満月の夜。 尊はプレハブにこもり、あらたに作り出したタイムマシン装置を見つめていました。 試行錯誤を重ねた結果、「一晩で戦国時代と現代を行き来できる」タイムマシンを完成させていたのでした!(まだテストしていないんですが…) そして迎えた、満月の夜。 しかし、尊は勇気が出ない…懐刀を手に、「シャ!行くぞ」と気合を入れるが… やっぱ無理! と、戦国へ行く決心がつかないのでした…。 おわり SponsoredLinks 「アシガール【88話】」を無料で読む方法!【U-NEXT版】 以上「アシガール【88話】」のあらすじネタバレを紹介しましたが いかがだったでしょうか? 「原作を読みたくなった!」 「文字だけだからよく分からない」 「もう一度、絵付きで 読みたい!」 と思った方に耳寄りな情報です! なんとU-NEXTでは、初回登録特典として 31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。 そして、そのポイントを使うことで「アシガール【88話】」を無料で読むことが出来ます。 興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。 「アシガール【88話】」最新話の感想まとめ 無事に一晩で若君のいる小垣城にたどり着いた唯。 さすがでした。 連れの家臣もボロボロに疲れ果てるほどですから、その道は、たやすいものではなかったのでしょう。 それでも、若君みが敵地に出向く前に、と必死に走った唯、あっぱれです。 無事に知らせを伝えることが出来、若君が人質に取られずに済みました。 とはいえ、あんまり若君に心配かけることはしちゃだめですよ。 若君にとって、最愛の奥方なんだから…と。 言わんこっちゃない、突然の腹痛と体の重だるさから、倒れ込んでしまいます。 なんと、若君の子を身籠っていたのでした。 子を授かった事に喜ぶ若君でしたが妊娠継続が唯の命に関わる事になると聞き、子をあきらめる旨を家臣に伝えます。 なんてお優しい…そして案ずるのは唯の事…唯がお腹の子を失ったことを知り、嘆き悲しまなければよいと、案ずるのでした。 この時代の医療の力では、妊娠初期の切迫早産など対処しきれないでしょうからね。 そんな絶妙のタイミングに、尊はタイムマシン2号機を完成させていました。 なんと、今回は一晩で往復できるという、改良版。 そして、2台になったことで、二人が現代と過去を行き来できる…うまくすれば、身重の姉を連れて現代に戻ることも可能かもしれない、そうすればお腹の子も助かるのかも。 というナイスタイミング! ですが…戦国時代にタイムスリップする勇気が出ない、尊なのでした…。 今後の展開予想です。 尊はやく、勇気出してタイムスリップしてくれー!そして姉を連れて現代へ、なんとか現代の医療技術でお腹の子を助けてあげてほしい…。 尊、おじとしての初仕事。 になると思うんですけどね。 それにしても唯と若君の間に子供かー現代人と戦国人の間でそいうことしていいんだろうか、ま、漫画ですからね、なんでもありです。 面白いからいいです。 続きが楽しみですね。

次の

【アシガール】ネタバレ&感想 13巻88話【ご懐妊】

アシガール ネタバレ 88

アシガール(ドラマ)4話のネタバレ 若君様のこの座り方も可愛いし、4話のこの場面ホント好きだなぁ — ぬーどる noodleeeeeee 忠清に近づきたい一心で、無茶をする唯だが、上手くいくのでしょうか・・・? 何故戦わなければならないのか?忠清の想いとは一体なんでしょうか? 足軽となった唯 黒島結菜さん は、戦場で気絶をしてしまっていた。 忠清 伊藤健太郎さん が抱きかかえ、助けてくれたのだ。 驚いた唯は「若君は?戦はどうなった?」と尋ねる唯 兵士は「戦は勝った。 若君は無事じゃ、今夜は寺で休まれるそうじゃ」と握り飯を貰い食べた。 ただ怖かった。 その様子を見た芝居一座のアヤメ 森優作さん が「初めての戦か?慰めてやろうか?」と声をかけてきた。 遊女に襲われる!と勘違いした唯はでんでん丸で対抗するが、逆にのされてしまう。 ** でんでん丸を使い、見張りを気絶させ屋敷に忍び込めた唯とアヤメ。 おしとやかな姫君をみて躊躇する唯だが、「見初められると、美しい着物や髪飾りが貰えるのですか?」と姫君のずうずうしい発言を聞いた唯は吹っ切れ気絶させた。 「そこにおられるは鐘ヶ江殿のご息女でござるか?」 天野小平太 金田哲さん から声が掛かる。 緊張する唯。 入れ替わりがバレたら、唯もアヤメもとんでもない事になるのが分かっているからだ。 案内されると、縁側に座っている忠清の姿があった。 「やっと。 やっと・・・」嬉しさのあまり、取り乱す唯。 「見ての通り、若君様は人払いをして、お1人で居られる。 しばらくそこで待っていろ、若君から声がかかった場合だけ中に入れ」と言い去っていく小平太。 1人、縁側で座っている忠清の背中を見て、「かなしそう・・・」と呟いた。 「悲しそう?戦は勝たねばならぬ、そうでなければ城の物も、良民も心休ませて暮らしたい者たちではなかったか・・・女に話すようなことではなかったな、もう下がってよいぞ」 「私、戦で死んだ人、大勢見ました。 だから若君の言うことちょっとだけ分かります。 戦は怖くて死んだ人は皆可哀そうです。 敵とか味方とか関係ないです。 人はあんな風に殺しあっちゃいかんのです!」 驚いた若君は「名はなんと申す?」 「え・・、ふく・・とか?」 「己の名を忘れたのか?」ハハハと若君は笑った。 「近くに参れ」優しい声で言った。 「ふくは戦が嫌いか?」 「まともな人なら、みんな嫌いですよ。 みんな産まれて育った場所で、泣いたり笑ったり、楽しく暮らして生きたいものです」 静寂が2人を包む。 敷かれている布団を見て、うろたえる唯 「たわけ。 そのように怯えている女に何もせんわ、せっかく来たんだ、歌でも歌ってくれ」 ~おぉ、まきばはみどり~ と大きな声で歌う唯。 笑いあう2人。 「笑ったら眠くなってしまった。 ふくも一緒に寝るか?」 「まぁ良い、腹が決まったら参れ」 腹が決まったら・・・なんて無理だ。 今度、この人に会えるの戦の時だ 「若君様、私必ず、必ず守りますから」深くお辞儀をし、屋敷を出る唯。 若君は起きており、「面白い・・・」とほほ笑んでいた。 ** 一方、城では羽木家の当主、羽木忠高 石黒賢さん と天野家の隠居、天野信茂 イッセー尾形さん が戦に勝利した事を喜んでいた。 「この手でお育てした若君が逞しゅうなられて・・」信茂は感動の涙を流した。 小垣城が手薄になると忠清に教えたのは、兄の羽木成之 松下優也さん だと話す2人。 母の身分が低く、跡取りにはなれない成之を、城に招いたのは忠清だった。 「お城で招き入れた弟ぎみに礼を尽くそうとしたのでは・・?」 忠高は成之と行動を共にしている僧 本田大輔さん が気になっていた・・・ 「成之も強く操ろうとすつる者がおれば、流され容易くなるかもしれん」 「いずれの火種も、目を届けておけばいいんです」と問題はないだろうと伝える信茂だった。 ** いつもの日常が戻った。 逞しくなった唯を見て、母親 ともさかりえさん は安心した。 忠清の下に、鐘ヶ江の姫君ふきが訪ねてきた。 嬉しそうな忠清を見て、困ったような言葉を濁す小平太。 「鐘ケ江久昌の娘、ふきと申します」 「ふき・・?ふくではないのか?」 若君様の寝屋に行く際、気を失ってしまったと話す、ふき。 若君は大きな声で歌を歌うふくを思い出し、驚いた。 彼女は一体誰なのか戸惑う忠清だった。 ** 「今日は心なしか、顔色がいいですね」成之は寝込んでいた母親 田中美里さん に優しく語り掛ける。 「夢を見ました。 お前が父を欺き、弟を殺し、高い城の上に立つ夢を」 「それは正夢になりましょう、母上」にやりと笑う成之。 ** 唯が家で休んでいると「戦じゃー、高山軍が小垣城を奪い返そうと、動き出したのじゃ」 と再び、戦の知らせが来た。 あわてて城に行く唯とあくまる。 「ようきた、急なことじゃが、人が入り用になったのじゃ」と信茂に呼ばれ、小平太の部隊に入れてもらえる事になった 「これより、小垣城を守る為、若君様が出陣なさる。 命を懸け、若君の御前を守る覚悟はあるか?」 唯は覚悟を決め「あります。 そのためにはるばるやってきたんです。 」 休憩中、忠清の部隊は1000人、敵はなんと3000だと耳にする唯。 「若君は、小垣城を守るもの達と、その良民をけっして見捨ててはいけないと言っていた」と兵士は感心していた。 満月を見て「21世紀の科学の力でなんとかします」とタイムマシンの起動スイッチである短剣を抜く唯。 現世に戻ってきた唯。 「尊 下田翔大 、出陣じゃ」 アシガール(ドラマ)4話のあらすじ 身をもって合戦を体験し、大きなショックを受けた唯(黒島結菜)。 戦勝の宴の宵に、芝居一座の女形・あやめ(森優作)と知り合う。 その夜、若君・忠清(健太郎)のもとで地元の豪士の娘・鐘ヶ江のふき(中村静香)が一晩仕えると聞いて仰天する。 あやめの手を借りて女の姿になった唯は、ふきに代わって忠清の閨(ねや)に忍び込むことに成功する。 緊張のうちに忠清に向き合った唯。 その寂しげな表情に胸をつかれる。 言葉を交わすうち、忠清は「ふく」と名乗る唯の精一杯のふるまいに思わず笑顔に。 ひととき吉乃(ともさかりえ)のもとに戻った唯だが、またも戦が始まると聞き、黒羽城へ駆けつける。 若君にとって大変な戦いになろうとしていた。 (引用:) アシガール(ドラマ)4話の感想 鐘ヶ江の姫が、若君と一夜を共にすると聞いて、すぐに乗り込もうとする野性味溢れる唯。 とても男らしい ? 足軽ですが、アヤメの助言で姫の格好をすると、美しかったです。 男らしく乗り込んだのは良いものの、中身は女子高生。 戦に勝って、喜んでいた唯だが、また戦が始まってしまいます。 安らかに暮らしたい民の為に、戦わなければない と言う忠清。 どうか無事でいてほしいです ね。 『アシガール』4話を見た世間の感想は、 アシガール第一話は「メッチャ面白かったよ!」って言ってくれたので、第4話は絶品だから絶対観るように言いました👍。 『U-NEXT(ユーネクスト)』 で、フル動画の視聴が視聴可能です! 『U-NEXT』は国内最大手のVOD配信サービス。 見放題の動画配信数「140,000本」はダントツで国内ナンバー1!! 過去のNHK名作ドラマはもちろん、国内ドラマやアニメ(ディズニー含む)、映画(最新作から過去の名作まで)が充実しています。 70誌以上の雑誌が見放題で、、 電子書籍 マンガ)にも使える毎月1200ポイント付与で、新作動画のレンタルも可能。 30,000本以上の成人向けコンテンツも見放題。 高画質(フルHD・1080p にも対応しているので、映像のキレイさも圧倒的。 加入して31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません! ドラマ『アシガール』を『U-NEXT(ユーネクスト)』で無料視聴する方法については、下記の記事をご覧になってください。 戦に対する熱い想いを聞き、歌を歌って和ませる唯を「面白い奴だ」と忠清は興味を示します。 「一緒にねるか?腹は決まったか?」と誘う忠清に、唯は狼狽してしまいます。 しかし、後日訪ねてきた鐘ヶ江の姫は、忠清と楽しく談笑していた少女とは明らかに別人だったのです。 忠清には争い事が苦手で、母親の身分が低い事から、跡目候補にはなっていない成之という兄がいます。 成之の助言で戦に勝てた。 と当主は喜んでいました。 しかし、何か企んではいるが、誰も気付いていない。 戦も終わり、のんびり過ごしている唯の下に「高山が攻めてきたー」と知らせが来る。 こちらの軍は1000人、しかし敵軍は3000人と圧倒的不利の中、忠清を直接守れる隊に入れた唯だった。 現世に戻り、尊に助けを求める唯の姿があった。

次の