どんな とき も wifi 付属 品。 どんなときもWiFi|株式会社グッド・ラック

どんなときもWiFi|株式会社グッド・ラック

どんな とき も wifi 付属 品

契約解除時は 解約翌月10日以内必着で、当社指定の宛先まで 端末本体と個装箱の2点を発送ください。 返却期限までに返却がなかった場合、返却時に故障が観られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円(税抜)を請求させて頂くことがございます。 返却の際に(バッテリーの膨張や端末表面の傷)は大丈夫でございますが、使えないような状態(破損により故障・全損)になっている場合は器機損害金18,000円が発生致します。 ということで、簡単にまとめると 使える状態の端末本体と個装箱を解約月翌月の10日以内必着で返却すれば、器機損害金は発生しないということです。 普通に使っている限り、壊れる可能性は低いので特に心配は要らないようです。 ただ、 「付属品の返却は必要ないの?」 「端末に傷がついていても大丈夫?」 といくつか疑問に思ったこともあったので、突っ込んで確認してみました。 ストラップやUSBケーブルなどの付属品は返却しなくていいの? 結論から言うと、 端末本体と個装箱以外は返却する必要はありません。 個装箱とは最初に端末が入っている黒い箱です。 下の写真の白い箱は返却の必要はありません。 個装箱は失くさないように保管が必要です。 僕はデスクの引き出しの中に、汚れがつかないようにジップロックに入れてしまっています。 この他、 どんなときもWiFiには最初から、ストラップとUSBケーブルが付いてきますが、 解約時はストラップもUSBケーブルも返却する必要はありません。 取扱説明書も返却する必要はないそうです。 ただし、もし手元にあるなら、できるだけ返却してほしいとのことでした。 端末本体に傷や汚れがある場合は大丈夫?バッテリーの膨張は問題なし? 端末本体に傷や汚れがある場合でも、使用できる状態であれば器機損害金はかからないということでした。 また、 バッテリーの膨張があっても、使用できる状態なら問題ないそうです。 その他、解約時の注意点。 うっかりしていると追加費用の発生も… うっかりしていると解約時に追加費用が発生する可能性があります。 ここでは解約時に気をつける点を2つ紹介しておきましょう。 翌月10日までに返送物が到着していないといけません。 遅くとも解約した翌月の8日までには発送しないといけません。 交通事情によっては配送が遅れる場合もあるので、6日か7日までには発送していたほうが安心ですね。 また、念の為、特定記録か配達記録をつけておくと安心です。 いつ返送物が到着したか確認できますからね。 解約申請の締日は25日まで 解約申請の締日は25日です。 26日以降に解約申請をすると来月の解約ということになります。 どんなときもWiFiは契約から25ヶ月目の更新解約月以外に解約すると、 解約違約金がかかります。 もし、契約から25ヶ月目の26日以降に解約申請すると26ヶ月目の解約ということになり、違約金9,500円がかかります。 解約する際は、契約後25ヶ月目の25日までに解約申請をしましょう。 どんなときもWiFiは解約申請した月の月末まで使用することができるので、 解約可能月が来たら、すぐに解約手続きをしておくことをおすすめします。 解約可能月を忘れないように、スマホのスケジュールに契約更新月を保存しておいたり、 どんなときもWiFiのSSIDを解約可能月がわかるものに変更しておくのもおすすめです。 どんなときもWiFi、解約時の機器損害金についてまとめ どんなときもWiFiの解約時には端末の返却が必要です。 次のような場合は器機損害金18,000円が必要になります。 普通に使える状態の端末と黒い個装箱を、 解約月の翌月10日以内必着で返送すれば機器損害金は発生しません。 それでも心配な方は「あんしん補償」に加入することをおすすめします。 「あんしん補償」は月額400円かかりますが、故障や水濡れの際にも新品との交換が可能です。 このオプションに加入していれば安心です。 月400円と聞くと高額に思えるかもしれませんが、 現在、どんなときもWiFiでは「2年割」というキャンペーンを行っています。 毎月980円割引が適用されるので、400円支払っても月々580円もお得に使用できます。 もし、どんなときもWiFiの加入を検討中なら、2年割キャンペーンが終了する前に一度、公式サイトをチェックしておいてください。

次の

どんなときもWiFi デスクトップパソコンでも使える方法

どんな とき も wifi 付属 品

2020年2月現在、 どんなときもWiFiの解約時に返却するものは「ルーター端末本体と個装箱」の2点のみとなっています。 の「Q. 解約する場合、端末の返却は必要ですか?」の項目に明記されている内容です。 箱以外の付属品(充電用の短いマイクロUSBケーブル・ストラップ・取扱説明書)は、返却不要とのこと。 「ルーター端末本体と個装箱」が返却できない場合、18,000円(税抜)請求の場合があります。 返却する付属品の規定が改訂されてます 実はこの付属品返却の規定は、改訂されてます。 私がどんなときもWiFiを契約したのは2019年7月。 私は改訂以前のこの内容で契約していますので、全ての付属品をクローゼットにしまっておいて、どんなときもWiFiを解約するときは、その時に返却品を確認しようかなと考えています。 小さなものなのでわざわざ捨てる必要もないですし。 ただ 現在は「ルーター端末本体と箱のみ返却すればいい」と改訂されたので、これから契約する方は負担というかプレッシャーが減りましたね。 返却期限日も改訂されてます 同様に、返却期限日も改訂されています。 私がどんなときもWiFiを契約した2019年7月の「どんなときもWiFi 通信サービス重要事項説明」という小冊子には、「6. ご契約の変更・解約について」の項目で「解約月の翌月5日までに返却すること」と明記があります。 それが 現在は「解約月の翌月10日以内に必着」となっていて、以前よりも期限が5日分長く伸びています。 解約月の翌月10日以内必着でルーターと箱を返却しよう 返却が必要な付属品は箱のみに改訂されていますので、どんなときもWiFiを 解約する場合は、解約月の翌月10日以内必着でルーター端末と個装箱を忘れず返却しましょう。 念のため改訂以前に契約した方は、以前の決まりに従うか、解約時に都度どんなときもWiFiに問い合わせて確認すると良いですね。

次の

どんなときもWiFi デスクトップパソコンでも使える方法

どんな とき も wifi 付属 品

こんにちは。 「」編集部のダイゴです。 2019年の3月17日のサービス開始から一気に人気急上昇中の「」。 新しく契約しようと考えている人も多いのではないでしょうか?WiFi端末を契約する場合事前に解約方法について調べる人もいると思います。 ですが、1〜10まで公式HPをじっくりよんで解約方法について理解するのは少し大変ですよね…汗 今回の記事では、 どんなときもWiFiを実際に使っている私が「どんなときもWiFiの解約方法」「どんなときもWiFiの解約時の注意点」などについて詳しくまとめていきます。 この記事が、どんなときもWiFiの解約方法を調べている人の参考になれば幸いです。 このパートからは、さっそくどんなときもWiFiの解約方法について3ステップで誰にでもわかるように簡単に解説していきます。 どんなときもWiFiの更新月は、契約した月から数えて25ヶ月後です。 なるべく更新月に解約をすることをおすすめします。 マイページには右上に表示される「ログイン」ボタンからログインできます。 ログインボタンを押すとIDとパスワードを求められるので、契約時に送られてきた「ご契約内容」の書類に記載のIDとパスワードを入力しましょう。 IDとパスワードが書かれている書類は、こちらの書類になります。 書類の裏面、画像で言うと中央付近に書いてあるIDとパスワードがマイページのログインに必要なIDとパスワードになります。 マイページにログインすることができたら、画面右端の「ご登録内容の変更」の「詳細をみる」ボタンをクリックしましょう。 どんなときもWiFiは「レンタルWiFi」なので、解約に伴い端末を返却する必要があるんです。 返却を忘れると18,000円の機器損害金が発生するので注意が必要ですよ! 返送先や返送期限については、公式HPから引用した上記の表を参考にしてください。 どんなときもWiFiの解約金一覧や解約金を0にする方法を解説! 利用開始からの月数 解約料金 0ヶ月目 〜 12ヶ月目 19,000円 13ヶ月目 〜 24ヶ月目 14,000円 25ヶ月目 0円 どんなときもどんなときもWiFiは、更新月以外の解約では解約金がかかる2年縛りのあるWiFiです。 どんなときもWiFiを解約金0円で解約したいのであれば、必ず更新月を確認して更新月に解約するようにしましょうね…! 更新月の数え方は、契約した月から2年後の翌月です。 例えば、2019年4月に契約したのなら2021年5月が更新月となります。 【クーリングオフ可能?】どんなときもWiFiの初期契約解除制度について! 項目 内容 申請期日 端末受領日から8日以内 申請方法 公式HPからフォーマットをダウンロードの上送付 必要経費 初期費用3,000円 注意点 端末と付属品が返却されない場合18,000円の機器損害金が発生 どんなときもWiFiは商品受領から8日以内であれば、 電気事業法の「初期契約解除制度」で違約金不要で解約することが可能です。 「契約したけど電波が繋がらない」「使って見たら宣伝されていた内容と違った」など商品に不満がある場合、なるべく早めに初期契約解除制度を活用して解約しましょう。 初期契約解除制度を使った場合にかかる金額は、初期費用の3,000円のみです。 月額料金が引き落とし済みでも返金されるので安心してください。 初期契約解除制度を利用する場合、からダウンロードできるに必要事項を記入の上どんあときもWiFi宛てに発送することになります。 先ほども説明しましたが、初期契約解除制度は商品受領から8日以内に「初期契約解除申請書」と「端末一式」をどんなときもWiFi宛に発送する必要があります。 もし初期契約解除制度を利用するなら今すぐ手続を開始しましょう。 どんなときもWiFi解約時の3つの注意点を解説! どんなときもWiFi解約時の3つの注意点• まず、何度も説明していることですが更新月以外に解約すると解約金がかかります。 どんなときもWiFiは契約月から25ヶ月後の更新月で解約しましょう。 次に、当月解約を希望する場合は毎月25日までに解約申請を行う必要があることです。 25日を過ぎての解約申請は翌月解約扱いになるので気をつけてください。 最後に、どんなときもWiFiはレンタルWiFiなので端末の返却が必要です。 解約したらすぐに所定の住所に端末を返送するようにしましょう。 解約月の翌月5日までに端末の返却が確認できないと、18,000円の機器損害金が発生するので注意してくださいね…! まとめ 今回の記事のまとめ• どんなときもWiFiを解約するならまずは更新月を確認すること!• 更新月が確認できたらマイページから解約申請をすること!• 解約申請後端末の返却を忘れずに!• どんなときもWiFiは更新月以外に解約すると1万円を超える解約金がかかる!• 商品受領から8日以内なら解約金を支払わずに解約可能! 今回の記事では、どんなときもWiFiの解約方法や解約金について解説してきました! どんなときもWiFiは「更新月の確認」「解約申請」「端末の返却」の3ステップえ簡単に解約することができます。 電波が届かなかったり、宣伝の内容と違うと感じた場合なるべく早く「初期契約解除制度」で解約手続を行うことをおすすめします。

次の