角萬 浅草。 美味しい手打ち蕎麦の店「角萬蕎麦」タクシーの運転手さん御用達は本物✨竜泉店※詳細情報あり

■浅草 角萬 で 『冷や肉』

角萬 浅草

カドマニストという言葉を知っていますか? 二郎好きは、。 角萬(かどまん)好きは、カドマニストです。 角萬って何?って方が多いと思うので、角萬のご紹介。 角萬(かどまん)竜泉店 最寄駅は三ノ輪ですが、浅草からも行けます。 何のお店かというと、 おさんです。 老舗っぽい店構え。 角萬で検索すると、他にもお店が出てきます。 こちらの竜泉店が、本店的な感じみたいです。 店内はかなり古い感じで、グループだと2階に案内されることもある感じです。 メニューはあるけど、必要なし このような立派なメニューがあるのですが、このお店では必要ありません。 なぜならば、 頼むメニューが皆さん同じだからです。 ヒヤニク ヒヤダイ 何だそれ?って、なりますよね。 ヒヤニクは、 冷やし肉南蛮(1000円)。 ヒヤダイは、 冷やし肉南蛮大盛り(1050円)。 ここでメニューを見てみると、冷やし肉南蛮なんてメニューないんです。 私は、連れて来て貰って注文をして貰ったので、攻略できました(笑) 今回は、 ヒヤダイで。 そば界の二郎 ヒヤダイ(冷やし肉南蛮大盛り)。 豚肉とネギが乗っています。 極太のそば。 見た目はうどんと変わらないです。 めちゃくちゃコシというか、弾力があります。 そばと言うと上品な感じですが、めっちゃくワイルドです。 冷やし肉南蛮ということで、冷たいイメージですが、 ぬるいです。 この絶妙な温度が、ハマる理由の一つなのかもしれません。 そば湯は、ヤカンです。 これまた、ワイルド。 ぶっちゃけ、出汁は普通です。 角萬の売りは、極太のそばです。 浅草周辺の上品なお店も良いですが、こういったお店も良いですよ。 カドマニストになりましょう! カテゴリー•

次の

浅草角萬(そば/浅草)
予想外の場所で冷や肉に出会う

角萬 浅草

カレー南ばんそば カレー南ばんそば 午前5時30分起床。 浅草は雨。 腹が減ったので「」で蕎麦を手繰ろうと思った。 だけど何時もの様に「」大盛を頼むのは止めよう、もう少し食べてみたいものがあるはずだ、と思う。 と考えている内に「浅草角萬」に着いた。 引き戸を開け、ほぼ満員の店内に席を見つけて座る。 品書きをみると「カレー南ばんそば」がある。 あって当たり前だよな、と思う。 ここは、あの浅草最高の「カレー蕎麦」、「カレー南蛮玉落とし」を出す「翁そば」の修行先の末裔なのだ(たぶん)。 うどんのようなそば さっそくその「カレー南ばんそば」を頼む。 大盛はやめた。 普通盛りで充分だ(と思った)。 やや時間が掛かったが、漸く「カレー南ばんそば」が食卓に届く。 「あーやっぱりうまそうだ」、とその蕎麦を一本手繰って食べた。 太くてもちもちしている。 これは蕎麦なのだが、小麦粉の味がする。 ただそれは嫌いなものではなく、大好きなの味に蕎麦粉が混じったものだ。 時々この味が妙に恋しくなる。 幸せの黄色いカレー そしてカレーだ。 「翁そば」よりも随分とあっさりとしている黄色の色のカレーだ。 「」の「幸せの黄色いカレー」よりもまだ黄色い。 蕎麦屋のカレーここにありだけど、食べると舌にビリッとくる。 それを蕎麦と一緒に食べるとうまい! いやー、いままで、なんで「角萬」で「カレー蕎麦」を食べなかったのが不思議に思える。 そして、ここのカレーは鶏肉ではなく豚肉である。 その豚肉がしっかりしている。 毎日のように食べている「」に一度食べて見ろ、と云いたくなるような豚肉だ。 そして勿論玉ねぎもある。 この玉ねぎも「翁そば」にはないものだが、うん、これはいいなと、あたしのお気に入りに加えたのだ。 [] [] 東京都台東区浅草4-45-4.

次の

■浅草 角萬 で 『冷や肉』

角萬 浅草

いつもより、お肉の質が良くないと思ったけれど、基本的な味は同じ、アクをきれいに取った豚肉の脂が薄っすら入っている点、少し火が入った長ネギ沢山が、美味しい。 そして、何といっても、このうどんと間違えそうな「手打ちのおそば」がこのお店の特徴。 普通、おそばって、細くてのど越しで食べさせて、あっという間に食べ終えるものだけれど、ここのおそばは、2,3度歯で噛まないと飲み込めない、食べるのに時間がかかるので、全然量が減らない、変わり種。 (笑) ここまでの太いおそばって、私は角萬以外知らない。 私が行かなくても、角萬は、人気店でいつでも混んでいて、まさか、閉店などということがありえるとは想像していなかった。 この太いおそばも、今回限りかと、感慨に更けながら、食べてしまった。 (涙) 席から、調理場が見えるのだが、調理のおじさんが4人もいて、人気店であるのが良く分かる。 (サービスは女性が2人) 全員、中高年だけれど、お店閉めてしまったら、身体を持て余してしまう感じの人たちが多いのにね、なぜ、閉店?と思っていた。 確かにね~、その日は音がしなかったが、このお店に食べに入ると、奥から、蕎麦を切る包丁の音がずっとしていた。 一日中、おそばを切る仕事を若い人で継ぐ人がいなかったのかな~?と勝手に想像していた。 この豚肉だって、噂によると、国際通りを挟んだ反対側の路地裏に「たけうち」という肉店が卸していると聞いたが、たけうちさんだって、角萬がやめてしまったら、辛いだろうし、商売続けられるのかな?と、帰りに見に行ったら、個人向けの冷蔵ケースなぞはもう置いていないお店だけれど、元気で営業しているみたいだった。 (Take-zoさんの向かい側で、Take-zoさんの実家?) しかし、家に帰って、FBの台東区いいね!というグループの情報を見たら、「竜泉の角萬は、17日で閉店するけれど、12月に入ったら、言問い通りの5656会館近くにお店を開く」と出ていて、「エ~~!!」であった。 (苦笑) 若い人が継ぐ気になってくれたのか? でも、今のままのスタイルで続けられるのか、相当合理化して新しいお店を開くのか、興味津々。 昔ながらの料理でありますように。 (と言いながら、12月新店開店がガセネタである可能性もあり、最後に行っておいて良かったという気ではいる) (と書いたが、その情報はその後すぐ消されていたので、ガセネタである可能性も強い気がする。 ) <おまけ> 先日、書き忘れた情報を。 浅草ROXの正面右側の新仲見世に通ずる路地沿いに、「パンの田島+DOTOUR」というお店の建築中を発見。 パンの田島で検索したら、であった、美味しいと良いけれど。 (あ、でも、私はコッペパンに興味ないから、一生行かないかも) どうも11月22日木曜日オープンらしい。

次の