北海道 新幹線 停車 駅。 北海道新幹線の停車駅・乗り換え可能な路線一覧|ペンちゃんとお勉強

最少は片道4本、「新幹線駅」停車本数ランキング

北海道 新幹線 停車 駅

概要 [ ] (28年)の開業に伴い 渡島大野駅(おしまおおのえき)から 新函館北斗駅に改称され、方面へのアクセス駅となり 、「」・「」を含めた全ての旅客列車が停車して新幹線と接続する。 現在日本最北端の新幹線駅(東京駅発着列車の最北駅)だが、度末に北海道新幹線の当駅 - 間が延伸開業すると(仮称)が日本最北端の新幹線の駅になる予定。 駅自体は北斗市に属しているが、周囲をに挟まれており、北斗市街地・函館市街地よりも七飯町の中心部の方が近い。 隣接する北海道新幹線の車両基地()は七飯町に所在する。 を経由する下りは当駅を経由しない。 新幹線と函館市街との所要時間を短縮するため、2016年(平成28年)3月26日に函館本線の - 当駅間が(20,000 ・50 )されており 、シャトル列車の「はこだてライナー」はで運転されている。 歴史 [ ] 1976年の渡島大野駅と周囲約1. 右が函館方面。 駅裏に数本の留置線があり、函館側の本線脇に沿って引上線が伸びる。 以前は当駅 - 間に蒸気機関車の補機が運用されていた。 を基に作成• (35年):の函館駅(初代・後の) - 当駅間の開通に伴い、同線の 本郷駅(ほんごうえき)として開業。。 (明治36年):北海道鉄道の当駅 - 間の開通に伴い、途中駅となる。 (明治40年):北海道鉄道がされ、の管轄となる。 (明治42年):に伴い、の駅となる。 (17年): 渡島大野駅に改称。 (昭和24年):日本国有鉄道法施行に伴い、(国鉄)に移管。 (昭和42年):跨線橋設置。 (昭和56年):貨物の取り扱いが廃止。 (昭和59年):の取り扱いが廃止。 (昭和61年):となり、無人化。 (昭和62年)4月1日:に伴い、(JR北海道)の駅となる。 (昭和63年)12月:駅舎改築。 ( 04年)4月1日:簡易委託が廃止され、完全無人化。 (平成10年):北海道新幹線 新函館駅(仮称)駅部調査開始。 (平成17年):北海道新幹線 - 新函館駅(仮称)間建設工事の起工式挙行。 (平成18年):に伴い、所在地がとなる。 (平成19年):を設定。 (平成24年)2月:新函館駅(仮称)建設のため駅舎解体。 (平成25年):新函館駅(仮称)駅舎建設工事の安全祈願および立柱式挙行。 (平成26年)• :北海道新幹線開業後の駅名を「新函館北斗駅」に決定。 : - 新函館北斗駅間で北海道新幹線の走行試験を開始。 当駅に新幹線車両()が初入線し、地元自治体による歓迎セレモニーを開催。 (平成27年)• :旧駅舎から新駅舎(後に「新函館北斗駅」の駅舎となる)に移転。 この段階では渡島大野駅が単に移転したという扱いになる。 新在来線ホームのうち、第1ホームと第2ホームが使用を開始する。 :「 新函館北斗開業準備駅」(7名配置)を設置。 ただし、別組織扱いのため、営業形態は従来通り無人駅のままである。 :新駅舎が完成。 (平成28年)• :駅舎内に併設される「北斗市観光交流センター」が駅に先駆け営業を開始。 『』のケンシロウの銅像が置かれている。 :の新青森駅 - 当駅間開業に伴い、 新函館北斗駅(しんはこだてほくとえき)に改称。 函館本線の - 当駅間が電化(交流20,000V・50Hz)。 特急「北斗」・「スーパー北斗」の停車駅となるほか、函館駅までのアクセス列車「はこだてライナー」も運行が開始される。 (2年):により、ICカード「」の利用が可能となる。 同(2014年9月) 駅名決定までの経緯 [ ] 計画時からの仮称であった「新函館」に、所在地である北斗市の名を加えたものである。 開業に向けた駅名選定の時期に、北斗市の海老沢順三市長(当時)が市議会で「(北斗市に出来るのだから)北斗駅にすべきだ」と発言して異議を唱えた。 対して側が即座に抗議したことで、駅名の正式決定までに様々な紆余曲折があった。 そのため、「函館北斗」 などの仮称も見られた。 2012年(平成24年)• :新駅の名称について、北斗市議会が「北斗函館駅」とするように求める議案を多数決で可決。 2013年(平成25年)• :函館市議会が、仮称通り「新函館駅」とするように求める議案を多数決で可決。 :函館商工会議所の松本栄一会頭が記者会見で妥協案として「新函館北斗」を提案することを表明 、北海道側も函館市・北斗市と調整に乗り出す考えを示した。 :函館市の市長が北斗市に協議の申し入れを行い、北斗市の市長が協議に応じる考えを示した。 :函館市および北斗市の市長および議会の正副議長の6人で、正式に協議することが決定した。 :北斗市、函館市の間で初めて会談が行われたが、平行線に終わり、従来の主張を再確認する程度にとどまった。 2014年(平成26年)• :北斗市、函館市の間で再び協議が行われたが、平行線のままとなり 、最終的に双方とも駅名案を出さずにJR北海道に一任する方針となった。 :JR北海道の島田修社長が、北海道の意見を聞いた上で駅名を決めると発言。 :北海道が6月中に「新函館北斗駅」を提案する方針を固めた。 :北海道知事が、新駅名に関する質問に対し即答を避けた。 :高橋が「仮称である『新函館』と所在地である『北斗』を駅名に入れてほしい」と回答。 :JR北海道が同日行われた定例記者会見において、駅名が「 新函館北斗駅」に決定したことを正式に発表。 駅構造 [ ] 自由通路の壁面 終日社員配置駅。 ・指定席券売機・在来線近距離券売機、自動改札機(在来線・新幹線とも)が設置されている。 駅舎は壁面が高さ15メートルのガラスで覆われており、2階からガラス越しに函館山を望むことができる。 支柱は北斗市三ツ石(渡島当別)にある前のポプラ並木をイメージした。 天井や壁面には地元産の道南スギ材を張り、内装には北斗市茂辺地が道内発祥の地とされるも使用されている。 南口と北口を結ぶ自由通路の壁面もガラス張りで、2階からは新幹線ホームを見下ろせる。 駅舎の南側は北斗市観光協会が運営する「北斗市観光交流センター」となっており、1階にと交流スペース、2階に観光案内所と飲食店を構える。 新幹線 [ ] 相対式ホーム2面2線を持つ橋上駅である。 12番線ホームは将来の札幌延伸のために島式で整備されており、反対側に1線増設できる構造となっている。 11番線ホームは在来線1・2番線ホームと同一平面上にあって接続しており、乗り換え改札を介して行き来が可能である。 11・12番線ホームともに階段・・が設置されており、橋上駅舎内の出口及び在来線乗り換え改札に通じている。 新幹線改札口には、指定席券売機、新幹線自動改札機(新幹線eチケットサービス対応)が設置されている。 新青森・東京方面から来た列車(臨時を除く)は12番線ホームに到着し、いったん新青森側のに入ってから始発列車として11番線に入る。 このため、在来線から新幹線への乗り継ぎ客は、ホーム間の改札を使って平面乗り換えができるが、新幹線で到着した乗客は一度、橋上駅舎へ上がる必要がある。 新幹線のりば 番線 路線 行先 11 北海道新幹線 ・・・方面 12 (定期列車は降車のみ)• 線路終端部。 列車止めがあり、その先は将来の札幌方面延伸に向け工事中となっている。 写真中央部、高架橋の奥に見えるのが建設中の。 在来線 [ ] 島式(一部単式)ホーム2面4線をもつ。 本来は単式ホームである2番線の函館側先端の反対側を一部切り欠いて、函館方面からの行き止まりである1番線が設置されており、函館駅とのシャトル列車「」専用としている。 1・2番線のみ電化されており、島式の3・4番線は非電化である。 1・2番線ホームと新幹線11番線ホームは同一平面で連結しており、双方の間に乗り換え改札が設置されている。 多くの乗客が当駅に長く留まらず、新幹線と在来線を乗り継ぐと想定しており、在来線ホームの幅は4 - 6 m 程度とあまり広くはない。 待合室なども必要最低限の構造に抑えられている。 在来線改札口および新幹線との乗り継ぎ改札口には、在来線近距離券売機、自動改札機(非対応)が設置されている。 また、新幹線との乗り継ぎ改札には端末が1台設置されており、途中の無人駅からの乗客に対する乗車券・新幹線特急券の発券 と乗り越し精算が対応可能になっている。 在来線ホーム 2~4番線 ホーム計画の推移 [ ] 当駅は函館市街地にある函館駅から遠く、函館駅へのリレー列車(後のはこだてライナー)の運行が必要であることから、JR北海道は所要時間を短縮するため - 当駅間の交流電化を決定、 2013年(平成25年)3月に同区間の電化工事を開始 した。 当駅でも設計段階から、乗り継ぎ時間を短く抑えるホームの配置が課題となっていた。 ので行われていたが理想とされたが、札幌方面への乗り継ぎも考慮する必要があり、単純ではなかった。 2012年(平成24年)2月にホーム配置の案が公表された。 在来線側が1面2線および1面1線、さらに島式ホームの反対側に函館駅方面へのリレー列車専用となる1線を設け、計2面4線となる。 新幹線と平面乗り換えができるように、連絡通路・改札で相互のホームを接続するため、在来線ホームも1面は単式である必要があったが、函館・札幌双方の列車と新幹線を接続させるため、函館リレー列車専用のホームを設けた。 新幹線側は相対式ホーム2面2線となり、一方が前述の連絡改札で在来線側と接続する。 在来線ホームと平面で接続されている新幹線ホームが1つであるため、新幹線下りのほとんどの便で平面乗り換えができない構造となった。 2013年(平成25年)3月に公開されたホーム配置の図 では、前年の案に加え、札幌駅延伸までに新幹線ホームの最も外側に1線を整備する予定とし、最終的に2面3線になるとした一方、乗り継ぎ方法や在来線ホームの計画は変更されなかった。 新設の「はこだてライナー」専用線は1番線とされ、従来の1番線は2番線に改番された。 乗換改札は新幹線11番線ホームと在来線1・2番線ホームの間と、駅舎上の2箇所とした。 また、「はこだてライナー」は通常3両編成だが、混雑時には6両編成に増結するため、有効長は6両分となった。 利用状況 [ ] (昭和56年)度の1日乗降客数は274人 、(平成4年)度の1日乗降客数は230人 だった。 近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。 年度 1日平均 乗車人員 出典 (平成23年) 49 (平成24年) 54 (平成25年) 62 (平成26年) 62 (平成27年) 1,830 (平成28年) 712 (平成29年) 633 駅弁 [ ] 主な駅弁は下記の通り。 鰊みがき弁当• 山海ほたてめし• みかどのかにめし• 豚わっぱ飯• 北海道新幹線E5系はやぶさ弁当• 北の駅弁屋さん• 蝦夷ちらし• 北斗七星• 北の朝市海鮮丼• 函館100万ドルの夜景弁当• 大玉ほたてと大漁ウニ弁当 駅周辺 [ ] 新函館北斗駅前ビル かつては駅周辺は田畑が広がっていたが、新駅建設時には北斗市により、駅南側の13. 5ヘクタールの区画整理を中心とした開発が行われている。 新函館北斗駅前ビル• ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗• 北斗市観光交流センター別館• 新函館北斗駅前郵便局(2016年3月25日に「大野駅前郵便局」より改称 ) バス路線 [ ] 北海道新幹線開業に伴いバスの新規乗り入れや乗り入れ拡大が行われた。 は駅前に乗り入れるバスを約30本から約100本に増強。 大沼交通は方面へのバス路線を新設 、(函館帝産バス)やは函館市内各所とを結ぶ路線を新設した。 方面とを結ぶ2路線も乗り入れを開始した。 北斗市の旧方面への直通バスは北海道新幹線開業時点では運行されていなかった(年に数回の臨時便に限り、北斗市南北市街地循環バスの一部が乗り入れていた)ものの、2018年11月16日に北斗市南北市街地循環バスを再編した函館バス28系統が運行を開始。 起終点を総合分庁舎前(旧・大野町役場)から新函館北斗駅まで延長し、上磯方面と直接バスでの往来が可能となった。 函館市内方面(北斗市大野経由、七飯・大中山経由、七飯・大川経由)、北斗市上磯方面(北斗市大野経由)、大沼鹿部線、函館江差線、快速瀬棚号が乗り入れる。 公園入口・・方面• 五稜郭本町・函館駅前・湯の川温泉方面• 高速バス 札幌行き• 高速バス 函館特急ニュースター号 札幌行き• 大沼交通• 旧渡島大野駅 [ ] 駅名は、所在地である旧大野町にの「渡島」を付したもので、1942年(昭和17年)に「本郷駅」から改称された。 当駅は旧本郷村の反対に遭い本郷村を通らず旧市渡村に作られており 、また駅開業に先立つ(明治33年)に本郷村や市渡村などは合併して大野村となっていたが、駅名は本郷が採用された。 構造 管理(夜間連絡先は)のであった。 ・複合型の2面3線を有するであり、互いのホームは両ホーム北西側を結んだで連絡していた。 駅舎側(構内西側)から1、3、4番線で、1番線が単式、3、4番線が島式ホームとなっていた。 そのほか4番線の外側に函館方からさらに分岐し、3線に分かれる側線も有していた。 1993年(平成5年)時点では4番線の外側、及び1、3番線の間の中線(2番線)、各1線をとして有していた。 このうち、少なくとも3番線の外側の側線は2013年3月時点で現存していた。 そのほか1番線旭川方から分岐し2線に別れる側線を1線、4番線の外側に側線を1線有した。 駅舎 駅舎は構内の南西側(旭川方面に向かって左側)に位置し、単式ホーム中央部に接していた。 時代の駅舎は改築され出入口上部の合掌や左右対称の出窓がある 風 の建物となっており、駅舎内にトイレを有していた。 有人駅時代には「水田発祥公園のある駅」と記載されたが設置されていたが 、2008年(平成20年)時点では無くなっていた模様である。 新幹線用の新駅舎設置のため、2012年(平成24年)に仮設の駅舎が設けられ、旧駅舎は解体された。 駅の銘板と駅施設である煉瓦造りの作業小屋については、保存されることとなっている。 なお、新駅舎は当初は2015年(平成27年)6月に完成する予定であったが 、工事の遅れで同年9月3日に延期された。 渡島大野駅時代の物だが、駅名改称後の補充券も同番号で発行されているため、事務管コードに変更は無い可能性が高い。 函館本線の - 五稜郭駅間は1988年(昭和63年)3月13日の()開業時に既に電化済みであり、これと併せて函館本線の函館駅 - 当駅間が電化されている。 当初は2015年(平成27年)に完成する予定だったが 、駅舎内の案内板の取り付け位置などについて、JR北海道と鉄道建設・運輸施設整備支援機構の協議が長引いたため、工期が遅れた。 新青森駅同様、新幹線特急券は改札内端末での発券と同時に端末(用)へ入場データが送られるように設計されている。 有効な乗車券を持っている場合はマルス端末に通す事で入場記録が印字される。 当駅の構内に掲示されている発車時刻表に発着番線が記載されており、長万部方面へ発着する列車は1番線、函館方面に発着する列車は3、4番線と記載されている。 出典 [ ]• 日本国有鉄道旅客局 1984 『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。 北海道新幹線2015年新函館開業ウェブサイト. 函館商工会議所 2012年2月10日. 2013年3月31日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年7月30日閲覧。 北海道新幹線. 2014年9月18日. 2014年10月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年2月12日閲覧。 2014年10月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年2月12日閲覧。 『JR時刻表』2017年3月号、、2017年、 681頁。 建設部新幹線対策課. 2014年11月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年4月24日閲覧。 北海道. 2019年1月21日閲覧。 函館バス. 2019年1月19日閲覧。 北海道新聞 2016年4月25日. 2016年5月16日閲覧。 函館タクシー 2016年3月16日. 2016年5月12日閲覧。 北海道新聞 2016年3月26日. 2016年5月12日閲覧。 北海道新聞 2015年12月29日. 2016年5月12日閲覧。 楽得バス13 2016年3月11日. 2016年5月12日閲覧。 2018年11月16日. 2019年1月19日閲覧。 広報ほくと 平成30年10月号. 2019年1月19日閲覧。 2019年1月19日閲覧。 , 2014年8月24日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2007年9月12日 , の2007年9月30日時点におけるアーカイブ。 , 2014年9月6日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2013年5月13日 , の2013年6月11日時点におけるアーカイブ。 , 2014年11月15日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2014年9月10日 , の2014年9月11日時点におけるアーカイブ。 , 2014年9月10日閲覧。 PDF プレスリリース , 鉄道建設・運輸施設整備支援機構, 2014年10月1日 , の2014年10月2日時点におけるアーカイブ。 , 2014年10月1日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2015年7月17日 , の2015年7月17日時点におけるアーカイブ。 , 2015年7月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道・東日本旅客鉄道, 2015年9月16日 , 2015年9月16日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2015年2月12日 , の2015年2月12日時点におけるアーカイブ。 , 2015年2月27日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道、北海道旅客鉄道、西日本旅客鉄道, 2020年2月4日 , の2020年5月27日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月27日閲覧。 , 2014年8月24日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道支社, 2016年1月25日 , の2016年1月29日時点におけるアーカイブ。 , 2016年1月29日閲覧。 新聞記事 [ ]• 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2015年4月9日. の2015年4月13日時点におけるアーカイブ。 2015年4月13日閲覧。 (どうしんウェブ). 2014年10月16日. の2015年3月19日時点におけるアーカイブ。 2015年3月19日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2014年12月1日. の2014年12月7日時点におけるアーカイブ。 2014年12月1日閲覧。 2014年12月1日. の2014年12月7日時点におけるアーカイブ。 2014年12月7日閲覧。 2015年3月31日. の2015年4月3日時点におけるアーカイブ。 2015年4月3日閲覧。 2015年5月18日. の2015年5月18日時点におけるアーカイブ。 2015年5月18日閲覧。 北海道新聞 北海道新聞社. 2015年9月4日. 2015年9月6日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2013年7月25日. の2013年7月28日時点におけるアーカイブ。 2013年7月26日閲覧。 函館新聞社. 2012年6月16日. の2014年1月6日時点におけるアーカイブ。 2014年11月3日閲覧。 2013年3月25日. の2013年3月27日時点におけるアーカイブ。 2014年11月3日閲覧。 2013年10月30日. の2013年10月30日時点におけるアーカイブ。 2014年11月3日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2013年11月10日. の2013年11月28日時点におけるアーカイブ。 2013年11月14日閲覧。 2013年11月25日. の2013年11月27日時点におけるアーカイブ。 2013年11月27日閲覧。 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 読売新聞社. 2013年11月26日. の2013年12月3日時点におけるアーカイブ。 2013年11月26日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2013年11月27日. の2013年12月2日時点におけるアーカイブ。 2013年11月27日閲覧。 (産経ニュース). 2013年12月16日. の2014年4月11日時点におけるアーカイブ。 2014年2月17日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2013年12月17日. の2013年12月23日時点におけるアーカイブ。 2013年12月17日閲覧。 函館新聞 函館新聞社. 2014年4月15日. の2014年4月16日時点におけるアーカイブ。 2014年11月3日閲覧。 NHKオンライン 日本放送協会. 2014年4月19日. の2014年4月21日時点におけるアーカイブ。 2014年4月19日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2014年4月20日. の2014年4月21日時点におけるアーカイブ。 2014年4月20日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2014年5月17日. の2014年5月19日時点におけるアーカイブ。 2014年5月19日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2014年6月4日. の2014年6月6日時点におけるアーカイブ。 2014年6月4日閲覧。 産経新聞(産経ニュース) 産業経済新聞社. 2014年6月8日. の2014年10月26日時点におけるアーカイブ。 2014年6月4日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2014年6月11日. 2014年6月11日閲覧。 [ ]• 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2014年6月11日. の2014年6月11日時点におけるアーカイブ。 2014年6月11日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ). 2014年10月30日. の2015年4月3日時点におけるアーカイブ。 2015年4月3日閲覧。 日本語. (国内). 2017年1月13日. の2017年1月13日時点におけるアーカイブ。 2017年1月13日閲覧。 北海道新聞(どうしんウェブ) 北海道新聞社. 2015年7月1日. の2015年7月1日時点におけるアーカイブ。 2015年7月1日閲覧。 北海道新聞. 2018年8月19日. の2018年8月19日時点におけるアーカイブ。 2018年9月7日閲覧。 朝日新聞(朝日新聞デジタル) 朝日新聞社. 2013年11月18日. の2013年11月18日時点におけるアーカイブ。 2013年11月18日閲覧。 参考文献 [ ] 書籍 [ ]• 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(編集)・(編集)、、1983年7月、24頁。。 『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』宮脇俊三(編集)・原田勝正(編集)、小学館、1993年6月、37頁。。 『 1号 北海道』(監修)、(新潮「旅」ムック)、2008年5月、26頁。。 本久公洋(著者)『北海道鉄道駅大図鑑』、2008年8月、15頁。。 雑誌記事 [ ]• 『』、2011年5月21日、33頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

北海道新幹線・木古内駅、途中下車の旅

北海道 新幹線 停車 駅

北海道新幹線は2016年3月、新青森~新函館北斗間が開業。 新函館北斗~札幌間が2030年度末の開業を目指して工事中です。 2012(平成24)年に新函館北斗~札幌間の工事が始まったときは、札幌駅の新幹線ホームは在来線の1・2番線ホームを転用することが考えられていました。 その後、JR北海道は在来線の運行に影響が出るとして、別の場所に新幹線ホームを設置することを考えるようになり、駅の西側や東側、地下に設ける案などが複数検討されるようになりました。 2016年からは、北海道と札幌市、鉄道・運輸機構、JR北海道の4者で協議が行われ、2018年2月からは国土交通省を交えた5者で協議が行われました。 その結果、「地元(北海道、札幌市、JR北海道)は、地元経済団体等の意見も踏まえ、利用者の利便性や将来の拡張性、地域活性化等の観点から総合的に判断」したとして、「東案(その2)」の採用を決定。 在来線ホームの東側に、ふたつのホームと4本の線路が設けられることになりました。 これに伴い、新幹線の建設を行っている鉄道・運輸機構は施設の基本設計を終了後、工事実施計画の変更に関する手続きをすみやかに行うことになりました。 事業費は、在来線ホームに隣接してひとつのホームと2本の線路を設ける「認可見直し案」が約570億円でしたが、「東案(その2)」は約645億円になります。 差額の約75億円はJR北海道が負担する意向とのことです。 JR北海道は、「在来線ホームを転用すれば在来線の列車を約100本間引く必要が出る」「空港アクセスの快速エアーポートを増発できない」「ホーム幅が狭い」と在来線ホーム転用案ではだめだと脅した。 しかし、全国の新幹線建設を担っている鉄道・運輸機構はそれらの嘘を暴いて見せた。 焦ったJR北海道は「新幹線開業で観光客がさらに増える中、ホームが2つ造れて、コンコースも広くとれる大東案がよい」と言って北海道・札幌市を言いくるめることに成功した。 鉄道運輸機構は「在来線ホーム転用案でもコンコースを 商業施設を潰せば 広くとれ、乗り換えも便利だ」と言っていたが、JR北海道に同調する北海道知事と札幌市長の姿を見て「地元の決定を尊重する」と言って在来線ホーム転用案をあきらめた。 JR北海道は、在来線ホーム転用案を潰すために、西側案・東側案・0番線案・地下案を次々出して大東案に誘導してきたのであろう。 JR北海道は、国鉄時代に用意してあった函館本線に並行する新幹線建設用地をマンション建設会社に売却、マンション申し込みを始めた段階で鉄道・運輸機構から指摘されたことがある。 結局、新幹線ルート真横にマンションや商業施設を建設している所があるため地下ルートに変更。 そして、JR北海道が札幌駅新幹線ホーム建設用地にJRタワーを建設したために、今回の騒動となったのである。 地下ルートへの変更、札幌駅ホームの変更、全ての責任はJR北海道にある。

次の

東京

北海道 新幹線 停車 駅

北海道新幹線は、東京~新函館北斗までの区間があり、新青森以南は東北新幹線と直通運転です。 北海道新幹線は、1日13往復の26本が走行します。 場所は青森の市街地からは西に約3km離れた石江地区にあります。 市の代表の駅として青森駅へは1駅の距離となっています。 東北6県の県庁所在地の中で唯一、新幹線と代表駅が別になっています。 本州の青森県にありながらも営業区分としてはJR北海道海峡線の駅として開設されています。 青函トンネルの本州の保守基地 信号場 として当初、計画されていましたが、地元の請願により、旅客駅として1988年3月13日に「津軽今別駅」として開業しました。 隣接地にはJR東日本津軽線の津軽 二股駅があり、乗換にもなっていました。 奥津軽いまべつ駅は、25mのガラス張り駅舎がシンボルとなっています。 このガラス張り駅舎の正面にあるアーチ状のデザインは、青函トンネルをイメージし て作られたものです。 ホームは寒さを防ぐために防雪防寒対策がされています。 また、見通しが良くなるようにホームに柱が設置されておらず、安全性の高い駅 です。 さらに、今べつへの地元愛がよく分かる駅舎のタイル絵や新幹線応援歌などが見られます。 駅から一歩外へ出ると、自然が生み出した自然と史跡の数々が目に移ります。 今別八幡宮や始学山本覚寺 しがくざんほんがくじ 浄土宗、高野山観音堂などは、歴史ある観光地として有名です。 改札内にはお手洗いがないのでご注意ください。 観光シーズンになると、駅内では地産品を販売するコーナーが設置されることもあります。 上を見上げると杉木を使用したモチーフがたくさんあり、海が目の前に広がることから波のようにも見えるようにモチーフデザインがされています。 木古内駅周辺には、車で約7分の場所に禅燈寺があります。 禅燈寺は敷地内にJRの線路が敷かれており、境内を電車が通過する珍しいお寺で、観光地としても有名です。 また、サラキ岬は幕末に活躍した咸臨丸が眠る場所として知られています。 東京~新函館北斗まで4時間2分• 仙台~新函館北斗まで2時間30分• 新青森~新函館北斗まで1時間1分 新函館北斗駅に到着するまで長時間の移動が必要になります。 そのため、移動中快適に過ごしてもらえるよう、H5系は機能や設備が最新です。 機能や設備のほかに内装にも様々な魅力があります。 グランクラス 用途によって使い分けることができる2段階折りたたみ式テーブルを設置。 どのような姿勢でも使用できる読書灯やアテンダントの呼び出し、リクライニングの操作が可能なコントロールパネルもございます。 グリーン車 可動式のヘッドライトがついたリクライニングに読者灯が内蔵。 大型背面テーブルとコンパクトな小型テーブルもご用意しています。 リクライニング横に電源コンセントも設置されていますので、移動中のパソコン作業も可能です。 普通車 1,040mmのゆとりあるシートピッチには、背面テーブルを設置。 シートには可動式のヘッドレストがあり、お客様に合わせて調整することができます。 電源コンセントも全席に設置していますので、移動中のパソコン作業、携帯電話の充電も可能です。 H5系車両には、グランクラス、グリーン車、普通車をご用意しています。 大きな柄のカーペットには青色で海の水面を表現していて、津軽海峡や函館湾が描かれています。 ゆったりとしたシートで格別な旅をお楽しみください! 「新幹線」と「フェリー」を組み合わせて旅行を楽しむ 「新幹線」か「フェリー」、どちらがいいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。 新幹線での移動となると海底トンネルの為、景色を見るということは出来ません。 フェリーでしたら、津軽海峡の景色を楽しみながら移動することが可能です。 また、往復でしたら例えば行きは新幹線で行き、帰りはフェリーでといったプランはいかがでしょうか。 新幹線は片道だけ利用するのが、賢い旅行の仕方です。 はこなびでは、津軽海峡フェリー片道パックとして、人気ホテルがパックになったプランもご用意しています。 往復パックより1,800円お安くなります。 フェリーの場合、公共の移動手段の他にも車やバイクも乗り入れる事もできるので、函館旅行をするついでに青森旅行を楽しむといったことも可能です。 また、旅行をする際には、大間経由で函館へ行くコースをおすすめします。 東北自動車を利用し、平泉、十和田、大間へ。 そして大間崎にある「大間んぞく」はマグロ漁師が釣り上げた本場の旨い、大間マグロが食べられます。 また漁師のお店なので、ウニ・アワビ・イカ・魚など新鮮な海の幸を存分にお楽しみ頂けます。 実際にこのツアーに参加されたお客様からの声をご紹介します。 「大間の美味しい鮪と海の幸をいただいて、大変満足です。 港まで迎えに来ていただいて大変満足です。 あの金額でフェリー及び料理はリーズナブルだと思います。 「とても親切にしてもらい送迎もして頂き助かりました。 非常に美味くとても満足しました。 この企画でなかったら行ってないと思います。 価格も安く、良いプランだと思います。 又機会があれば行きたいと思います。 」 ほんの一部ではございますが、参加されたお客様より、嬉しいお声を多数頂いています。 本番のマグロを味わった後は1時間40分の船旅で函館へ到着します。 見どころの多い函館を観光して、次に大沼の大自然も魅力的です。 函館に1泊、翌日函館からフェリーで青森へ。 三内丸山遺跡やねぶたの里そして奥入瀬渓流に十和田湖など、素晴らしい旅を続けながら帰路へとなっています。 函館~青森間は2つの航路があり、青森航路は3時間40分、大間航路は90分です。 マイカーならカーフェリーで函館から大間と青森・別々の航路を使い分けるコースで、津軽海峡の船旅と北海道・青森両方の自然旅が楽しめます。 フェリーで行く函館・下北半周遊プラン 本州から北海道が最短90分の船旅をお楽しみいただけます。 景色抜群の航路ですのでこの機会にぜひ、ご利用下さい。 フェリーの旅には他の交通機関では味わうことのできない様々な楽しさがあります。 北海道の風情を感じながら、海の上でゆったりと、そしてのんびりと贅沢に過ごす旅はいかがでしょうか。

次の