カタツムリ 寄生。 触るな危険、カタツムリが運ぶ死の感染症が増加している…

【寄生虫】ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染 /アメリカ・ハワイ

カタツムリ 寄生

ナメクジを触って手を洗わないと寄生虫に感染!? 広東住血線虫とは。 梅雨の時期になると公園やコンクリートの塀にどこからともなく現れるナメクジやかたつむり。 ツンっと出た触角をさわるとピュッとひっこむのが楽しくて、子供のころにはつかまえて遊んだりした人もいるかと思います。 しかしこのカタツムリやナメクジ、実は素手で触ると思わぬ 寄生虫の危険があるかもしれないってご存知でしたか? 私も知ったのは大人になってからなのですが、運が悪いと死に至ることもあるそうで…(!) 子供ってナメクジなどを見ると無邪気に触ってしまうこともありますよね。 可能性は低いとはいえ、あまり知られていなくて危険だと思ったので、この寄生虫について詳しく調べてみました。 【目次】 ・カタツムリやナメクジに寄生する寄生虫について ・どんな症状が現れるのか・潜伏期間は? ・具体的な予防・対処法 Sponsored Link カタツムリ・ナメクジに付着する寄生虫とは?宿主は? カタツムリやナメクジに寄生しているかもしれない虫は 「広東住血線虫」といいます。 普通はその卵がまた中間宿主のえさになり・・・という延々ループを行うわけですが、この 中間宿主に寄生した幼虫をヒトが食べてしまうと、成虫になりきらない幼虫の状態で脳や脊髄のあたりに移動し、好酸球性髄膜脳炎という病気を引き起こす原因となってしまいます。 ちなみに、ネズミを食べることはそうそうないと思いますがネズミを食べたり触ったりした場合でも同様の危険がありますのでご注意を! 日本での 死亡例は過去一件、平成12年に沖縄で起こっています。 他にも 全国各地で感染報告はありますが、その数は多くはありません。 ちなみにこの広東住血線虫の感染・死亡報告が一番多いのはタイ・次いで中国だそうです。 日本ではあまり文化がありませんが、中国やタイでは中間宿主である巻貝を生で食べる習慣があるため、感染例が多いみたいですね。 日本では、死亡例も出た 沖縄が特に危険! 中間宿主となるカタツムリの種類・ アフリカマイマイが日本で唯一生息しています。 からの巻き方がとは違うのでわかりやすいですね。 他にも沖縄だけに生息する中間宿主は多いので旅行の際には要注意です。 ナメクジでよく中間宿主として報告される 「チャコウラナメクジ」も沖縄には多く分布しています。 この「チャコウラナメクジ」は本土でも 中部地方くらいまでは分布しているので気を付けましょう。 また、ナメクジやカタツムリ以外に タニシやカエルも中間宿主となります。 アジアヒキガエル ) リンゴガイ(ジャンボタニシ)() いずれも本土にはあまり見られない種で、沖縄でも対策として検疫を行っているのであまり危険はないように思いますが、本土での感染報告例もあります。 旅行・運送などどこから紛れ込むともわかりませんので注意しておきましょう! どんな症状が現れるのか?潜伏期間は? 前述のとおり、幼虫がヒトの体内に入ってしまうとその幼虫は成虫になることなく、幼虫のまま脳や脊髄のあたりに移動します。 ヒトは終宿主ではないためそのまま成虫にはならず、一生を終えるのですが、脳や脊髄で生活するわけですから死ぬまでの間に、 出血・肉芽腫形成・性好酸球性脳脊髄膜炎などの病気を引き起こすことがあるのです。 一般にこの線虫によって引き起こされる症状を 「広東住血線虫症」と呼びます。 もしこの幼虫を食べてしまった場合、症状がでるまでの 潜伏期間は2~35日 平均16日)。 発熱・嘔吐・脳神経麻痺・嘔吐・四肢の硬直・複視・筋力低下など様々な症状を引き起こし、最悪死に至ります。 寄生虫に対する 有効な治療法はないものの、対処療法(寄生虫ではなく病気にならないための対処)は可能なので疑わしい症状がでたら早めにお医者さんにかかり、「 寄生虫の可能性」があることを伝えましょう。 病気を抑えていれば、しばらくすれば幼虫は自然と死滅します。 予防・対処法は? まず絶対条件として、 ナメクジやカタツムリ・カエル・タニシなど宿主の危険があるものは生食しないこと! 日本でこれらを生で食べる人はそうそういないと思いますが、寄生虫の危険もあるので絶対にやめましょう。 それでもどうしても食べたい場合は、よく加熱すること。 寄生虫は熱に弱いため、煮るなり焼くなりの加熱調理をすれば幼虫は死滅します。 あとは、これらの生物に触った場合は すぐに手をよく洗いましょう。 これらは知っていれば簡単に注意することができますね。 気を付けたいのはこれらの宿主が接触したことで 寄生虫が付着してしまった野菜。 ナメクジが通ったキャベツやレタスなどを洗わずに生で食べると大変危険です。 店で売られているものはそうそう危険はないと思いますが、直売所や自家栽培のものは特に要注意! 生野菜はしっかり洗って食べましょう。 いかがでしたか? 本土での報告例が少ないとはいえ、全国各地で報告があり、感染の危険のある広東住血線虫。

次の

カタツムリの寄生虫!人間への感染経路は?猫や犬は大丈夫?

カタツムリ 寄生

じめじめする時期や、夕方日が落ちた後の時間帯になると、どこからともなく現れるカタツムリやナメクジ。 このうち、ナメクジは特に害虫として扱われているイメージがありますが、実はカタツムリとナメクジはその分類上は非常によく似ていて、カタツムリがその進化の過程で殻を失ったものが、ナメクジであるということがわかっています。 そのため、ナメクジももともとはカタツムリのような殻を持っていたと考えられており、実際にコウラナメクジという種類のものは、背中の一部に殻が退化した薄い甲羅のようなものがくっついています。 しかし、現時点では圧倒的にナメクジの方が害虫として、不潔なものとして扱われているイメージがありますが、 世界を見渡してみると、日本ではなんとなく可愛らしい生物として扱われているカタツムリも、作物を荒らしたり、病気の原因になったりするので、害虫として扱われている地域も多いのです。 そして、このカタツムリとナメクジに関して特に気を付けなければならないのが、 その「 寄生虫」の存在です。 実は、カタツムリやナメクジの体内には寄生虫がいる個体もあり、もしその寄生虫が生きたまま人間の体内に入ってしまうと、最終的に脳にまで達し、重い障害が残ったり、最悪の場合命を落としてしまうこともあるのです。 カタツムリとナメクジには要注意!人の脳までむしばむ恐ろしい寄生虫とは? 寄生虫や生物に興味がある方なら、 カタツムリに寄生する 「 ロイコクロリディウム」 という寄生虫をご存知の方も多いのではないでしょうか? この生物は、カタツムリの体内で生まれ、カタツムリの目の中に入り込み、カタツムリをゾンビ化させ、その動きを操る恐ろしい寄生虫として知られています。 そして、カタツムリの目の中で芋虫のように動き回ることで、それを好物の芋虫だと思いこんだ鳥に食べさせ、 その鳥の体内で産卵を行い、 鳥の糞と一緒になって外に排出された卵をカタツムリが食べ、 その体内で生まれる、というように、 ロイコクロリディウムはカタツムリと鳥の体内でそのサイクルを繰り返します。 そして、実はこのロイコクロリディウムはナメクジやカタツムリのような生物ならどの種のものにも寄生するという訳ではなく、「 オカモノアラガイ」というカタツムリの仲間にのみ基本的に寄生するのですが、 このオカモノアラガイはその北海道や、中部地方北部などに生息しているので、どういう経由で日本に入ってきたかはわかりませんが、ロイコクロリディウムはとうとう日本のオカモノアラガイにも寄生してしまったようですね。 しかし、実は今回皆さんにお話ししたい寄生虫の話は、このロイコクロリディウムのことでないのです。 そもそも、オカモノアラガイは食用には適さないカタツムリなので、しかもそれを生で食べない限りは、中々ロイコクロリディウムが人の体内に侵入するということはないでしょう。 しかし、カタツムリやナメクジには、それよりももっと小さく、たとえ生でそれらを食べずとも人間の体にも寄生してしまう可能性のある危険な寄生虫が隠れています。 それが 「 広東住血線虫(かんとんじゅうけつせんちゅう)」 という細長いひも状の寄生虫です。 広東住血線虫はどうやって感染するの? 広東住血線虫による感染は非常に珍しいという訳ではなく、過去には日本でも感染例がありますし、死亡例もあります。 この広東住血線虫はドブネズミやクマネズミなどに寄生することが知られていますが、それらの糞を食べてしまったナメクジやカタツムリにも寄生し、結果的にそれが人間の体内にも入ってしまう可能性があります。 そして、過去にはその広東住血線虫がくっついていた生野菜を食べてしまった女性が、広東住血線虫に寄生されてしまったという事件がありました。 つまり、カタツムリやナメクジを食べずとも、これが寄生してしまうことは十分にあり得るのです。 そのため、もし自分で野菜を育てている方は、十分に洗ってから食べるよう気を付けなければなりません。 スポンサードリンク 広東住血線虫に寄生されるとどうなる? この広東住血線虫は過去に死亡例もある恐ろしい寄生虫で、もしこれが感染してしまった場合、まず、胃や腸の壁から血液やリンパに入り込んでしまいます。 そして、体中のいたるところに移動し、最終的に脊髄や脳にまでたどり着くこともわかっており、 激しい痛みや発熱などを引き起こす原因になる他、昏睡状態に陥ったり、四肢麻痺などの症状が残ってしまうこともある非常に恐ろしい寄生虫です。 そして、 脳を食い荒らされた結果、中にはこの寄生虫が原因で命を落としてしまう方もいます。 この広東住血線虫がもし寄生してしまった場合、恐ろしいのは、それを物理的に取り除くことが難しいということです。 つまり、もしこれが脳内に入り込んでしまったとしても、これが自然に死滅するのを待つしかなく、手術で取り除くのが困難なのです。 この寄生虫は最終的には脳の内部などで死ぬことがわかっているのですが、それまでに人体に与える影響が甚大で、 過去には、お酒のノリでナメクジを食べてしまった19歳の青年がこの寄生虫に体を蝕まれ、400日以上昏睡状態に陥ったのちに、四肢麻痺となり、温度調節もできないという重い障害が残ってしまったという事件がありました。 そうならないためにも、カタツムリやナメクジには不用意に触れるべきではなく、もし触った場合には、しっかりと手を洗うなどの対策をすることが重要です。 まとめ 今回の記事では、カタツムリやナメクジに寄生し、ひとたび人間の体内に入れば脳まで蝕む可能性のある寄生虫「広東住血線虫」について解説しました。 カタツムリやナメクジも、好き好んで寄生虫を持っているわけではありませんし、カタツムリはなんとなく可愛らしいのでこれが好きな子供も多いと思うのですが、あまりべたべたと触らない方が良いことは間違いありません。 また、これらを触らずとも、生野菜にもくっついている可能性があるというのは怖いですよね。 ナメクジは野菜などを食べてしまう害虫としても知られていますが、まさかそんな怖い一面まであるとは… もし生野菜をよく口にする方は、是非気を付けるようにしましょう。

次の

カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】

カタツムリ 寄生

梅雨どきのうっとうしい気分を癒してくれる存在が、植物ではアジサイ、そして動物ではなんといってもカタツムリではないでしょうか。 木々の枝先やブロック塀の上など、どこにでも見られる愛らしい姿のカタツムリ。 「コンクリートを食べる」との説もありますが、その生態についてはよく知らないという人が多いのではないでしょうか。 地域によって種が異なる!? 「カタツムリは日本に800種ほど生息していますが、『ご当地カタツムリ』といわれるほど、地域によって生息する種が異なっているのです。 関東地方でよく見られるのはミスジマイマイ、東海ではイセノナミマイマイ、関西ではクチベニマイマイ、九州ではツクシマイマイです。 いずれも体長3〜4センチで見た目も似ていますので、区別しにくいと思います。 高知県にすむアワマイマイが日本では最も大きく、殻の直径が8センチほどになります」 西さん カタツムリは陸にすむ貝の仲間で、おなじみの円形の殻をもったもののほかに、細長かったりフタを持っている種もいるそうです。 似た姿で殻をもたないナメクジも、「陸上で進化した貝類としては同じグループで、殻が退化したもの」 西さん だそうです。 「梅雨どきに目立つカタツムリですが、もちろん一年中生息しています。 暑さと乾燥が苦手なので、夏場は長い『夏眠 かみん 』をとり、冬場も冬眠し、晴れた日は日陰になる木の葉の裏などで休んでいるため、雨の日以外に姿が見えないのです。 中には胃や肝臓などの消化器、心臓、生殖器などが収まっています。 さらに空気中で呼吸をするために、海にすむ貝類にはない肺もあります。 殻と体は筋肉で結ばれていますが、もし外れると中身が乾燥して死んでしまいます」 西さん 「コンクリートを食べる」って本当!? カタツムリは何を食べて生きているのでしょうか。 コンクリート壁などでもよく見かけますが、本当にコンクリートを食べるのでしょうか。 「カタツムリはおもに藻類 そうるい 、ほかにキノコや野菜類も食べます。 コンクリートやガードレールなどをはいずりながら、表面に生えている緑色の藻類を、歯舌 しぜつ という器官で削り取って食べます。 殻をつくるために必要なカルシウムを摂るため、それを含むコンクリートを食べるとよくいわれるし、可能性としてありえる話だとは思いますが、科学的な証明はなされていません。 ですから、本当かどうか尋ねられると、残念ながら『私にはわかりません』とお答えしています」 西さん 新型コロナウイルスの影響による学校や公園の閉鎖が、次第に解除されています。 外で遊ぶ機会が増えた子どもたちにとって、突っつくとひょいと引っ込むカタツムリの触角や雨の日にブロック塀などをゆっくりとはう姿は興味深いものです。 「触角は軽く触っても問題ありません。 カタツムリは頭を振りながら大触角で障害物を探って歩いていますので、『何かにぶつかったかな』と感じる程度だと思います。 ただし、寄生虫が付いている場合がありますので、触ったあとは必ず手をきれいに洗いましょう。 「でんでんむしむし」で始まる童謡「かたつむり」でも口ずさみながら、かわいらしくも謎多きカタツムリを、じっくり観察してみてはいかがでしょうか。

次の