ミュージカル サタデー ナイト フィーバー。 【S席チケットがお得】ミュージカル『サタデー・ナイト・フィーバー』

サタデー・ナイト・フィーバー

ミュージカル サタデー ナイト フィーバー

2019-08-03• 新演出版ミュージカル『サタデー・ナイト・フィーバー』12月に来日• 2019年12月に、ミュージカル『サタデー・ナイト・フィーバー』(イギリスプロダクション)の来日公演が決定した。 本作は、ジョン・トラボルタの出世作となった映画をもとにした作品で、1998年にロンドンで製作。 今回来日するのは、2018年にビル・ケンライト演出、ビル・ディーマー振付の新演出版。 物語は、ブルックリンの労働階級の人生における厳しい現実から逃げだそうとするトニー・マネーロが、唯一の生きがいであるダンスを武器に成功への道へ走り出す姿を描く。 新演出版では、映画のイメージをそのまま舞台に乗せたライブステージスタイルが取り入れられている。 トニー役を務めるのは、リチャード・ウィンザー。 イギリスの俳優・ダンサーで、19歳の時に振付・演出家マシュー・ボーンに見出されて以来、『白鳥の湖』『ドリアン・グレイ』『シザーハンズ』『ウィズアウト・ワーズ』などの主役を務めてきた。 また、2017年にBBCの連続TVドラマ『カジュアリティ』ケイレブ・ナイト役も記憶に新しい。 このほかのキャストは、後日発表とのこと。 ミュージカル『サタデー・ナイト・フィーバー』は12月13日(金)から12月29日(日)まで東京・東京国際フォーラム・ホールCにて上演される。 生演奏・英語上演・日本語字幕あり。 チケットは、10月5日(土)10:00より一般発売開始。 なお、公式サイトでは、最速先着先行(キョードー東京・チケットぴあ)を実施中。 受付URL キョードー東京 チケットぴあ 【公式サイト】 (写真/Pamela Raith) この記事の画像一覧•

次の

サタデー・ナイト・フィーバー (ミュージカル)

ミュージカル サタデー ナイト フィーバー

概要 [ ] 音楽と映画を融合した本作は60年代ディスコブームの再燃を到来させ、劇中に挿入された(BEE GEES)のディスコ・サウンドによるフィーバー現象は、現在のダンス・ミュージックへつながる。 映画を製作したRSOはその年の総売上は3兆5000億円と公表した。 RSOのロバート・スティッグウッドは土曜日の夜にディスコに集まる若者たちを取材した雑誌の風俗記事 を題材に、主演は新人のトラボルタ、監督はテレビ劇映画出身のバダムを選んだ。 ラジオ局で繰り返し曲を流してブームの火をつける当時の鉄則を踏んだのも、レコード会社を経営していたスティッグウッドである。 RSOやなど異色のレーベルが元気な70年代のヒット作でもある。 ビージーズを含めた『』が24週1位となって以来、『フラッシュダンス』『フットルース』『ダーティダンシング』など80年代ダンス映画のサウンドトラックがヒットする現象が生まれた。 映画は『サタデーナイト』という題で企画が転がり始めた。 が76年に をヒットさせていたため、ビージーズは映画用の曲の一つに『ナイトフィーバー』と名付けた。 スティッグウッドは映画を『サタデーナイトフィーバー』に変更させた。 1970年代のアメリカ社会を背景に、「行き場のない青春のエネルギー」をで踊ることで晴らす惰性の生活を送っていた演ずる青年トニーが、ディスコで出会った女性ステファニーの生き方に心を開かれ、新しい生活へ目覚めて大人へ脱皮していくさまを描く。 週末ごとに行くが主な舞台の映画。 決めポーズ 裕福な住人も多い華やかな都会的なと、を渡ったらすぐの位置にある、労働者の街であるとが対比して描かれており、単なる娯楽映画ではなく当時のアメリカのを風刺した映画でもある。 この映画の「トラボルタ」の風貌や決めポーズ、映画に使われたディスコ・ミュージックが世界的に人気になり、ディスコ文化を取り巻くファッションやといった世界の若者文化に大きな影響を与えた。 赤い牛のロゴ、RSOレコードを率いたロバート・スティッグウッドの戦略が嵌まり、映画の『』は驚異的な売上を記録し、なかでも作中で 1位6曲を含む7曲を提供したはその人気を不動のものにした。 ではこの映画の影響でディスコ・ダンスで踊り、熱狂することを指す「フィーバーする」という言葉()が生まれた。 転じてでののシステムでも「」という言葉が使われるようになった。 ちなみにトニーが踊ったフロアは、そのクラブの閉店に伴いオークションにかけられている。 ストーリー [ ] のペンキ屋で働くトニーは、変わりばえのない毎日の生活にうんざりしていた。 そんな彼の生き甲斐は土曜日の夜(サタデーナイト)にで踊り明かすことだけ。 ある日、ディスコで年上の女性ステファニーに出会う。 同じブルックリンで生まれながらもで自立し、将来設計を持つのステファニーに影響されたトニーは、自分の生き方を考え直すようになる。 やがてステファニーとの生活を夢見て、ディスコで行なわれる賞金付きダンスコンテストへの出場を決意する。 豆知識 [ ]• トニーの部屋に映画『』のポスターが貼ってあるシーンがあるが、6年後、そのロッキーで主演したの監督、脚本でサタデー・ナイト・フィーバーの続編である『ステイン・アライブ』が撮られている。 また、女の子からアル・パチーノに似ていると言われ、トニーが「アル・パチーノ!アル・パチーノ! 」と連呼して喜ぶシーンがあるが、2013年公開の映画『Gotti: Three Generations』で共演している。 DVD特典映像の「削除されたシーン」では、以下のカットされた3シーンを見ることが出来る。 トニーがステファニーを車で家まで送るシーン。 車の中でのkissシーンがありトニーはステファニーと関係を持とうとするが拒絶される。 これがのちに、コンテスト後車の中でステファニーに迫ろうとして「いつまで待てばいいんだ」の台詞に結びつく。 トニーがステファニーの部屋を訪れるが入室を拒まれるシーン。 トニーの父親が会社から再雇用の電報を受け取るシーン。 喜ぶ父母に対し、トニーは「食事代は家に入れないからな」と言う。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 トニー ステファニー ボビー ジョーイ ダブルJ アネット その他 演出 翻訳 おぐちゆり 篠原慎 調整 山下欽也 効果 遠藤堯雄 桜井俊哉 解説 制作 ムービーテレビジョン 初回放送 1981年4月5日 『』 ミュージカル [ ] には版も制作されている。 ににおいて日本人キャストによるミュージカル版が公演された。 2010年2月19日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)370頁• 出典はキネマ旬報『世界の映画作家39』P 97。 1980年4月発行。 1976年にニューヨーク・マガジンに掲載されたルポ"Tribal Rites of the New Saturday Night" 邦題「新しい土曜の夜の部族儀式」。 著者のニック・コーンは90年代半ばに、記事の内容は彼の創作であったことを認めた。 イギリス人の彼はニューヨークのディスコ文化を知らず、主人公のトニー・モレノに当たる人物は彼の知り合いのイギリスのモッズをモデルに作られた。 関連項目 [ ]• など世間一般レベルでの影響がうかがい知れる。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

サタデー・ナイト・フィーバー

ミュージカル サタデー ナイト フィーバー

概要 [ ] 音楽と映画を融合した本作は60年代ディスコブームの再燃を到来させ、劇中に挿入された(BEE GEES)のディスコ・サウンドによるフィーバー現象は、現在のダンス・ミュージックへつながる。 映画を製作したRSOはその年の総売上は3兆5000億円と公表した。 RSOのロバート・スティッグウッドは土曜日の夜にディスコに集まる若者たちを取材した雑誌の風俗記事 を題材に、主演は新人のトラボルタ、監督はテレビ劇映画出身のバダムを選んだ。 ラジオ局で繰り返し曲を流してブームの火をつける当時の鉄則を踏んだのも、レコード会社を経営していたスティッグウッドである。 RSOやなど異色のレーベルが元気な70年代のヒット作でもある。 ビージーズを含めた『』が24週1位となって以来、『フラッシュダンス』『フットルース』『ダーティダンシング』など80年代ダンス映画のサウンドトラックがヒットする現象が生まれた。 映画は『サタデーナイト』という題で企画が転がり始めた。 が76年に をヒットさせていたため、ビージーズは映画用の曲の一つに『ナイトフィーバー』と名付けた。 スティッグウッドは映画を『サタデーナイトフィーバー』に変更させた。 1970年代のアメリカ社会を背景に、「行き場のない青春のエネルギー」をで踊ることで晴らす惰性の生活を送っていた演ずる青年トニーが、ディスコで出会った女性ステファニーの生き方に心を開かれ、新しい生活へ目覚めて大人へ脱皮していくさまを描く。 週末ごとに行くが主な舞台の映画。 決めポーズ 裕福な住人も多い華やかな都会的なと、を渡ったらすぐの位置にある、労働者の街であるとが対比して描かれており、単なる娯楽映画ではなく当時のアメリカのを風刺した映画でもある。 この映画の「トラボルタ」の風貌や決めポーズ、映画に使われたディスコ・ミュージックが世界的に人気になり、ディスコ文化を取り巻くファッションやといった世界の若者文化に大きな影響を与えた。 赤い牛のロゴ、RSOレコードを率いたロバート・スティッグウッドの戦略が嵌まり、映画の『』は驚異的な売上を記録し、なかでも作中で 1位6曲を含む7曲を提供したはその人気を不動のものにした。 ではこの映画の影響でディスコ・ダンスで踊り、熱狂することを指す「フィーバーする」という言葉()が生まれた。 転じてでののシステムでも「」という言葉が使われるようになった。 ちなみにトニーが踊ったフロアは、そのクラブの閉店に伴いオークションにかけられている。 ストーリー [ ] のペンキ屋で働くトニーは、変わりばえのない毎日の生活にうんざりしていた。 そんな彼の生き甲斐は土曜日の夜(サタデーナイト)にで踊り明かすことだけ。 ある日、ディスコで年上の女性ステファニーに出会う。 同じブルックリンで生まれながらもで自立し、将来設計を持つのステファニーに影響されたトニーは、自分の生き方を考え直すようになる。 やがてステファニーとの生活を夢見て、ディスコで行なわれる賞金付きダンスコンテストへの出場を決意する。 豆知識 [ ]• トニーの部屋に映画『』のポスターが貼ってあるシーンがあるが、6年後、そのロッキーで主演したの監督、脚本でサタデー・ナイト・フィーバーの続編である『ステイン・アライブ』が撮られている。 また、女の子からアル・パチーノに似ていると言われ、トニーが「アル・パチーノ!アル・パチーノ! 」と連呼して喜ぶシーンがあるが、2013年公開の映画『Gotti: Three Generations』で共演している。 DVD特典映像の「削除されたシーン」では、以下のカットされた3シーンを見ることが出来る。 トニーがステファニーを車で家まで送るシーン。 車の中でのkissシーンがありトニーはステファニーと関係を持とうとするが拒絶される。 これがのちに、コンテスト後車の中でステファニーに迫ろうとして「いつまで待てばいいんだ」の台詞に結びつく。 トニーがステファニーの部屋を訪れるが入室を拒まれるシーン。 トニーの父親が会社から再雇用の電報を受け取るシーン。 喜ぶ父母に対し、トニーは「食事代は家に入れないからな」と言う。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 トニー ステファニー ボビー ジョーイ ダブルJ アネット その他 演出 翻訳 おぐちゆり 篠原慎 調整 山下欽也 効果 遠藤堯雄 桜井俊哉 解説 制作 ムービーテレビジョン 初回放送 1981年4月5日 『』 ミュージカル [ ] には版も制作されている。 ににおいて日本人キャストによるミュージカル版が公演された。 2010年2月19日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)370頁• 出典はキネマ旬報『世界の映画作家39』P 97。 1980年4月発行。 1976年にニューヨーク・マガジンに掲載されたルポ"Tribal Rites of the New Saturday Night" 邦題「新しい土曜の夜の部族儀式」。 著者のニック・コーンは90年代半ばに、記事の内容は彼の創作であったことを認めた。 イギリス人の彼はニューヨークのディスコ文化を知らず、主人公のトニー・モレノに当たる人物は彼の知り合いのイギリスのモッズをモデルに作られた。 関連項目 [ ]• など世間一般レベルでの影響がうかがい知れる。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の