対抗型。 【ライズ対抗の実力あり!?】スズキの小型SUV!! 新型ビターラブレッツァ発表で熱視線!!!

王様の囲い

対抗型

戦法・戦型の分類 [ ] 戦法と戦型 [ ] 将棋には様々な戦法があるが、ある場面で効果的な戦法が別の場面でも効果的であるとは限らない。 そこで、現在では、両陣を含む盤面全体における最序盤の局面の進行をいくつかの型( 戦型)に大別した上で、戦型ごとに効果的な戦法を分類するのが一般的である。 一方で、戦法のように様々な戦型で効果を発揮する汎用的な戦法もある。 ここでは、戦法の一覧を見る上で不可欠な戦法分類の理解を助けるために、まずは代表的戦型について説明する。 なお、どの戦型で対局が行われるのかは攻め・守りの基本方針に関わるから、自ら主導して戦型を選択した側の対局者にとっては、戦型自体が戦法の一つでもある。 対抗型では振り飛車側、相振り飛車では後から振り飛車を明示した側が該当する。 相居飛車では両者の盤上の駆け引き・合意によって戦型が決まるため、純粋にどちらか一方の意思とは言えないが、矢倉戦・角換わり(正調角換わり)・相掛かりは先手の主導、角換わり(後手一手損角換わり)・横歩取りは後手の主導で実現することが多いとされている。 居飛車は飛車を初期位置である右翼に居たまま使う戦法であり、振り飛車は飛車を左翼に振って(移動して)使う戦法である。 なお、飛車の初期位置は厳密には右翼のうち右から2番目の筋(先手ならば2筋、後手ならば8筋)であるが、右から3番目や4番目の筋も右翼であることにはかわりはないから、これらの筋で飛車を使う戦法も居飛車に含まれ、右から3番目の筋で飛車を使う戦法は、右から4番目の筋で飛車を使う戦法はと呼ばれる。 飛車を中央である5筋で使うものについては、通常玉将を右翼に囲う点など、他の振り飛車との共通点が多いため、一般的に振り飛車に分類されるが、他の居飛車との共通点が多い戦法、たとえば(中飛車)やなど、相居飛車(この場合は相矢倉)で生じる戦法であるために、居飛車に分類されることもある。 また、のうち飛車位置が途中で左翼になるものや、のように右に玉将を囲い途中から飛車の位置を変えるような、どちらかというと相居飛車に分類される指し方もある。 互いに居飛車と振り飛車のどちらを採るかという基準により、戦型は3つに大別できることになる。 すなわち、双方が居飛車の 相居飛車、一方が居飛車で他方が振り飛車の 対抗型、双方が振り飛車の 相振り飛車である。 力戦型ではのようにもともとの正統戦法に近い戦型の戦法を応用して使うこともあれば、まったく独自に工夫して攻め方・守り方を構想する場合もある。 戦型分類についてはやのように両方の場合があるもの、出だしは相居飛車で途中から変わるやのようなものや、やのように相手の戦型によって上記3つのものに当てはまる戦法などがある。 相手に正しく対応された場合には自分が不利になってしまうことが明らかになっている戦法を (またはハメ手、など)と言い、奇襲戦法の多くは、初見の相手を惑わせて罠に嵌める目的で使われるが、序盤から戦型が固まらずに激しくなるものも多く、このためや、など明らかに上記3つの対抗系戦型に当てはまるものと、やのような戦型分類の意味をなさないものまで、多様にある。 なお、現在奇襲戦法扱いされている戦法の中には、矢倉の急戦型など元々正統な戦法だったものの完全な対策が確立されて奇襲でしか成立しなくなったものもあり、奇襲戦法に分類されるか否かは程度の問題である。 では、平手では通用しない駒落ち専用の戦法が存在する。 この他に、戦法として成立していないがやってしまいがちな手を冗談として戦法扱いすることがあるが、プロの公式戦でも多くみられるようになったなどは、もともとそうした類の戦法であった。 相居飛車の戦法 [ ]• 相矢倉:、、、、、、、、• 変化型:、、、無理矢理矢倉• :相腰掛け銀、後手• その他:、棒銀、• (角換わりとは独立した戦型として扱われることもある)• 相居飛車型:、、、、中原飛車(5六飛)、・• 変化型:(縦歩取り)• その他:、、、 対抗型居飛車の戦法 [ ] 急戦用• 対中飛車急戦• 対ノーマル中飛車:・斜め棒銀、3八飛型、加藤流、、・、、右四間、、・引き角• 対ゴキゲン中飛車:、、• 対四間飛車急戦• その他:棒銀・斜め棒銀、・斜め棒銀・3八飛型、、鳥刺し、ポンポン桂右銀型、雁木・引き角• 対三間飛車急戦• 対ノーマル三間飛車他:4六銀急戦・7五歩早仕掛け・棒銀・斜め棒銀、・二枚銀、、鳥刺し・嬉野流、英春流右四間、地下鉄飛車、雁木・引き角• 対石田流三間飛車:、、二枚銀3八飛(7二飛)型、、鳥刺し・嬉野流• 対向かい飛車急戦• 棒銀・斜め棒銀・4六銀(左銀・右銀)戦法、5七金戦法、鳥刺し・嬉野流 持久戦用・その他• 戦法(引き角型、居角型、角交換型)• 戦法(引き角型、居角型、角交換型)、端美濃・、対中飛車角道不突き左美濃(都成流)• (引き角型、居角型、角交換型)、、6筋(4筋)位取り、戦法• トーチカ戦法(引き角型、位角型、角交換型)、ホラ囲い• 引き角戦法• 地下鉄飛車• 対抗型振り飛車の戦法 [ ]• 角道クローズド:• ノーマル中飛車:、、、5筋歩交換型、、、、中飛車• 角交換型中飛車:、• 角道オープン:• ノーマル中飛車:、、、、• 角交換型中飛車:、• 角道クローズド:• 角交換型四間飛車:(宗歩四間飛車)、• 角道オープン:• ノーマル四間飛車:• 角道クローズド:• 角道オープン:• ノーマル三間飛車:三間飛車藤井システム• 角道クローズド:• 角道オープン:• 角交換型向かい飛車: 、 、、、筋違い角阪田流、、、、向かい飛車 相振り飛車の戦法 [ ]• 相振り飛車• 中飛車:、、• 四間飛車• 三間飛車:• 向かい飛車 その他の戦法 [ ]• 奇襲戦法 を参照。 、、、(大阪囲い)、など、多数。 駒落ちの戦法• 下手棒銀 八枚落ち 、四枚落ち 、香落ち• 灘定跡 八枚落ち• 下手9筋攻め 八枚落ち 、六枚落ち 、四枚落ち• 下手1筋突破 六枚落ち• 二歩突っ切り定跡(右三間+カニ囲い) 四枚落ち 、二枚落ち• 銀多伝、金多伝() 二枚落ち• 上手五筋位取り 二枚落ち(5五歩止め) 、飛車落ち、角落ち• 上手8四歩型・7四歩型・7五歩交換型 飛香落ち• 2五桂ハネ定跡 飛香落ち• 下手腰掛け銀 飛香落ち• 上手三金止早仕掛 飛車落ち• 下手右四間飛車(金無双、銀冠型) 飛車落ち 、飛香落ち• 上手雁木 二枚落ち、飛車落ち• 上手お神酒指し 飛車落ち• 金開き3四銀型 飛車落ち• 居飛車引き角 飛車落ち• 下手矢倉 六枚落ち 、角落ち• 下手三間飛車 飛車落ち、角落ち• 下手角交換型中飛車 飛車落ち• 下手中飛車 角落ち• 上手6四金戦法 二枚落ち、角落ち• 上手5四銀-6二飛型 角落ち• 角落ち• 下手三間飛車(相振り飛車) 香落ち• 上手角交換型中飛車 香落ち• 下手1八飛戦法 香落ち 脚注 [ ]• 例えば、は囲いであるが、戦法とされることもある。 一度四間飛車に振り、角交換をした後に向かい飛車に振り直す。 角交換四間飛車に対して、ダイレクトに向かい飛車に降るため、こう呼ばれる。 監修、著『序盤戦! 囲いと攻めの形』、、1997年• 監修 、荒木一郎 プロデュース 、ら(編)、2004、『日本将棋用語事典』、• 、2018、『将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編(増補改訂版)』、• 上野裕和、2018、『将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編(増補改訂版)』、マイナビ出版• 上野裕和、2017、『将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編』、マイナビ出版• 、2012、『駒落ちのはなし』日本将棋連盟刊 マイナビ• 、2010、『【決定版】駒落ち定跡』日本将棋連盟刊 マイナビ• 、2001、『復刻版・よくわかる駒落ち』東京書店刊 関連項目 [ ] ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。

次の

【ARK】⭐第2回 ラグナロク生主対抗リスナー参加型陣取り合戦⭐:まこのブロマガ

対抗型

スポンサードリンク 将棋の格言にも「攻めは飛角銀桂」とされているように、残りの金銀3枚は守り駒として玉を囲う駒に使います。 ただ、玉の囲い方の種類は数多く、全ての囲い方をマスターするのは大変なので、初心者が覚えておきたい10種類の基本的な囲い方だけを紹介します。 居飛車党向けの囲い方 金矢倉 相居飛車で相矢倉の将棋で用いられます。 組むまでに手数はかかりますが、組みあがってしまえば上からの攻めに強く、攻めに専念できます。 ただし、横からの攻めや端攻めには弱い形なので注意が必要です。 舟囲い 舟囲いは対振り飛車戦の将棋で用いられます。 舟囲いは手数も少なく急戦調の将棋に向いていますが、柔軟な囲いなので持久戦になるようなら舟囲いから左美濃や居飛車穴熊などに発展させ玉を固めることも可能。 ただ、舟囲い自体は薄い囲いなので注意が必要です。 居飛車穴熊 穴熊は相居飛車、対抗型を問わず用いられます。 組みあがると絶対に王手がかからない通称ゼットの形で非常に堅固な囲いです。 ただ、組むまでの手数が長く組む前に仕掛けられる、自陣の隙が多くなる、上部や端攻めに意外と弱いという短所もあります。 中住まい 中住まいは相居飛車、横歩取りの先手番で用いられることが多いです。 横歩取りは激しい将棋になりやすいため、玉の堅さより自陣の隙を無くすバランス重視の囲いです。 中原囲い 中原誠十六世名人が最初に使った囲い方として中原囲いと呼ばれていて、横歩取りの後手番で用いられることが多いです。 中住まいに比べると左右の逃げ道が広く、飛車の打ち込みにも強いとされています。 振り飛車党向けの囲い方 美濃囲い 本美濃囲いとも呼ばれる美濃囲いは振り飛車の代表的な囲いです。 横からの攻めに非常に強く、組むまでの手数も比較的少ないです。 また、高美濃囲いや銀冠に発展させることも可能で柔軟な囲いと言えます。 ただし、上部からの攻めや端攻め、コビン攻めに弱いので注意が必要です。 高美濃囲い 美濃囲いから3手進めると高美濃囲いになります。 美濃囲いと比べると、横からの攻めには弱くなりますが、上部からの攻めに強くなります。 また、3七桂と桂馬を跳ねて攻めに転換することも可能ですが、更に端攻めに弱くなってしまうので注意が必要です。 銀冠 高美濃囲いから3手進めると銀冠になります。 高美濃囲いよりも横からの攻めに弱くなり、上部からの攻めに強くなります。 3七桂と桂馬を跳ねることで攻撃的な形になりますが、下段が薄くなり、桂馬を跳ねるタイミングが難しいという短所もあります。 振り飛車穴熊 基本的には居飛車穴熊と同じですが、角がいない分居飛車穴熊よりも薄いという見方もできれば、角がいない分角が負担にならないという見方もできます。 どちらにしても、絶対に王手がかからない通称ゼットの形で非常に堅固な囲いであることに違いはありません。 金無双 金無双は、主に相振り飛車の将棋で用いられます。 上部からの攻めや端攻めにも強いという特徴がありますが、2八の銀が「壁銀」になっているため、横からの攻めに玉の逃げ道がないという短所もあります。 将棋には最強の囲いなんて存在しない 以上、初心者が覚えておきたい10種類の基本的な囲い方ですが、どの囲いも一長一短で、どんな攻めにも万全で最強の囲いというものは存在しません。 相手が上部から攻めてくる戦型なら上部の攻めに強い囲いで対抗するなど、相手の戦型に応じて自玉の囲いを選択することが大切です。

次の

初心者が覚えておきたい10種類の基本的な囲い方

対抗型

目下SUV販売No. 1のトヨタ ライズ並みにコンパクト!? スズキが小型SUV「ビターラブレッツァ」の改良モデルを発表!! 日本では知られざるその特長とは? 2019年12月にフルモデルチェンジされた軽クロスオーバーの「ハスラー」が好調ななか、スズキは2月6日にインドで開催された『デリーモーターショー』でマイナーチェンジされた「ビターラブレッツァ」を発表した。 海外専売モデルの同車ながら、そのサイズは日本でSUV販売No. 1モデルとなっている「トヨタ ライズ」に近く、海外でライズ並みに売れている小型SUVとして注目の存在だ。 日本では馴染みが薄い同車、そしてインドネシアで発表された新型「XL7」とともに、日本では情報の少ない「世界のSUZUKI」を紹介したい。 文:永田恵一 写真:SUZUKI まさに小さな巨人!! ビターラブレッツァがマイナーチェンジ 従来型のビターラブレッツァ(2018モデル) スズキがインドでラインナップするコンパクトSUVの「ビターラブレッツァ」は、2016年の登場から満4年を待たずに50万台以上(月平均1万台以上!)を販売したというヒット車である。 日本車で例えると大人気になっているダイハツ ロッキー/トヨタ ライズの全幅を100mm広げた、あるいはホンダ ヴェゼルの全長を335mm短縮したといったポジションだ。 全長はビターラブレッツァとピタリ同値だ ビターラブレッツァは、クオリティはともかくとして、スズキ社内でこちらもコンパクトSUVのジャンルに入るエスクードを思わせるインテリアとエクステリアを持つ。 また、ボディカラーもオレンジをイメージカラーにレッドとイエローという原色系もあり、原色系にはツートンカラーも設定されるなど、全体的に明るい雰囲気を感じさせる。 従来のエンジンは、インドのBS4排ガス規制(ユーロ3相当)をクリアした1. 3Lディーゼルのみで、組み合わされるトランスミッションは5速MTと5速AGS(クラッチを自動化した2ペダルMT)、駆動方式はFFのみとなっていた。 燃費の公表値は5速MT、5速AGSともに24. (編注:インドでは2017年に中間所得層=世帯所得約53万~約387万円の割合が約50%に到達するなど経済発展が顕著。 とはいえ日本の世帯平均所得は551. 6万円なので、現地の人々にとってそれほど安いクルマとはいえないだろう) 改良モデルは外観変更&ガソリンエンジンを追加!! こちらはマルチスズキが公開した広報写真の新型ビターラブレッツァ。 ややCGっぽいのはインド流!? それでもフロントグリル、バンパーまわりが新意匠となっている様子がよくわかる マイナーチェンジされたビターラブレッツァは、エクステリアではグリルとバンパーの変更が目に付く。 そして、今回のマイナーチェンジ最大の変更点は1. 5Lガソリンエンジンの搭載だ。 このエンジンは、日本で販売されるスズキ車ではジムニーシエラに近いもので、スペックも最高出力103馬力/最大トルク14. 1kgmとジムニーシエラとほぼ同等だ。 近年の日本車では、1. 5Lガソリンエンジンの最高出力が115馬力程度あることを思うと非力にも見えるが、これはインドという新興国で販売されることもあり、ガソリンの品質なども考慮に入れ耐久性に代表される安全マージンを取っているためだろう。 新型ビターラブレッツァは新たに1. 5Lガソリン車を追加。 こちらはユーロ6相当のエンジンだけに、他市場への展開にも希望が膨らむ また、排ガス規制はインドで2020年4月以降に販売されるクルマがクリアしなければならないBS6(ユーロ6相当)に対応したものとなる。 駆動方式はマイナーチェンジ前同様にFFのみ、トランスミッションも5速MTと5速AGSとなるが、5速AGSは日本で販売されるスズキ車で普及している超小型モーターを使い、加速時のアシストや減速時のエネルギー回生、静かでスムースなアイドリングストップも行うマイルドハイブリッドとなる。 公表される燃費は5速MTが17. ビターラブレッツァを機にディーゼル廃止でガソリンシフト!? ユーロ3相当の旧式ディーゼルに替わってスズキの他車種へ展開が濃厚の1. 5Lガソリンエンジン。 ビターラブレッツァ用は、最高出力103ps/最大トルク14. 1kgmとなる これは筆者の個人的な見解だが、インドで販売される低価格帯のディーゼル車は廃止となり、ビターラブレッツァを含めガソリン車のみに移行するのが濃厚に思う。 理由はBS4からBS6に一気に厳しくなったインドの排ガス規制を考えると、スズキの1. 2LディーゼルエンジンがBS6をクリアするのは、技術的には可能だとしても、コストを考慮すると、販売価格の値上がりにより商品として成り立ちにくくなるか、商品性が低下するからだ。 これは厳しくなる一方の排ガス規制を頭に置くと世界各国同様で、高額車やディーゼル化による値上がりを燃費の良さで確実にペイできるSUVや大型ミニバン、ベンツなど高い価格を付けられるプレミアムブランドでないと、コスト面でもディーゼル乗用車の生き残りは難しいだろう。 しかし、逆に考えればマイナーチェンジされたビターラブレッツァの価格は発表されていないが、ガソリン車となることで値下げとなる可能性も高く、これはこれで朗報と捉えるインドのユーザーもいるに違いない。 海外で売れ筋!! 3列SUVのXL7が「復活」 インドネシアで発表された新型XL7。 かつてはラージSUVの車名として使われていたが、今回海外専売のMPVとして約11年振りに車名が復活 インドや東南アジア圏で販売されるスズキ車には「XL6」という、ホンダ BR-Vや三菱 エキスパンダーのライバルとなる6人乗り3列シートのSUVがある。 こちらは1. このXL6を7人乗り3列シートとしたのが、インドネシアで発表された「XL7」である。 XL7のインドネシアでの価格は2億3000万~2億6700万ルピア(日本円換算で約184万円~213万6000円)で、インドネシアで生産されるXL7は、周辺のアジア諸国や中南米にも輸出される計画だ。 それだけにスズキには、この2台の海外専売車の日本導入を前向きに考えてほしいところだ。

次の