プリオール カラー コンディショナー。 プリオール カラーコンディショナーは乾いた髪にはNGってホント?

美容師パパの「資生堂プリオール」白髪染め口コミと体験レビュー

プリオール カラー コンディショナー

「資生堂プリオール カラーコンディショナー」は・・・ 資生堂プリオール カラーコンディショナーは、 大手化粧品メーカーの資生堂から販売されている、毎日使えるコンディショナータイプの白髪染めです。 珍しいタイプの白髪染めで、 いつも使っているリンス・コンディショナーに替えて手軽に白髪染めケアができます。 シャンプーの後に水気を切り、素手で気になる部分に塗って5分放置するだけ。 ヒゲ剃りをして体を洗っている短い間に髪が染まり、毎日ケアするのできれいな髪色がずっと持続します。 天然海藻エキスやミネラル&コラーゲン配合で、 髪のダメージを補修しながら、ハリやコシを与えて髪をボリュームアップする効果も期待できます。 白髪染めを面倒に感じている男性ならこのコンディショナータイプが使いやすいと思います。 容量が多いにもかかわらず価格は1,280円と安いので、試しやすいのもポイントです。 すぐ明日に効果を期待したい場合には適していませんのでご注意を。 資生堂プリオール カラーコンディショナーが届きました 試供品のためか内容はあっさりと、カラーコンディショナーとカラーケアーシャンプーのミニボトルのみ。 箱はなく、使用説明書や冊子などもありません。 今はシャンプー+専用ブラシが付属していますのでお得です。 容量は230gありますので、他の白髪染め商品に比べると少し多めです。 パッケージに使用方法が記載されています。 アレルギーテスト済みで、面倒なアレルギーのパッチテストは不要のようです。 プリオール カラーコンディショナーを使ってみます カラーコンディショナーの名前のとおり、いつものコンディショナーに替えて使います。 まず普通にシャンプーをして、一旦ドライタオルでしっかりと水気を取ります。 シャンプーはせっかくですので、おまけで付いていたカラーケアシャンプーを使います。 泡立ちも非常によく、このシャンプーで洗うだけでも髪がふわっとボリュームアップしている気がします。 髪を拭いたら、プリオール カラーコンディショナーを手に取ります。 量は「セミロングで大さじ2杯分」なので、私の髪の長さでは小サジ1杯分としました。 テクスチャーやクリームの硬さは? クリームには昆布も入っているのでしょうか。 ネバネバ成分で粘りがあります。 他のカラートリートメントと同じですが、垂れてくることはなく使いやすいです。 色も海藻のような色合いです。 匂いは? ややツンとした匂いがあります。 個人的には気になりませんが、少しでも匂いがあるといやだという方は注意が必要です。 髪の毛全体に塗り込みます 取ったカラーリンスを髪全体に塗っていきます。 もみこまずに、普段のコンディショナーやリンスのように髪全体に広げます。 無添加なので頭皮に刺激はありません。 塗り終わったら石けんで手を洗います。 資生堂プリオールは染まる?染まらない?染まり具合は? 髪の毛をそのままにして、放置している間に体を洗ってヒゲを剃ります。 もろもろしている内に5分ほど経過しているので、塗ったカラーコンディショナーをお湯できれいに洗い落とします。 1回目の染まり具合 乾かして染まり具合を確認しましたが、一度の使用ではほとんど染まっていません。 ただ髪は心持ちしっかりして、全体的にふんわりしたような気がします。 1週間目の染まり具合 こちらが使用1週間目の状態です。 使用開始後、基本的には欠かさず毎朝使用しています。 髪にコシが出て、髪のセットでワックスを塗ったときのふんわり感も良くなったように思いますが、肝心の白髪の方は残念ながらあまり染まっていません。 3週間目の染まり具合 使用開始から3週間経過した状態です。 真っ黒に染まることはありませんが白髪はあまり目立たなくなっています。 髪の毛をかき分けてじっくり見ればまだ白髪は分かりますが、鏡越しで見る限りは白髪感はかなり減っています。 プリオール カラーコンディショナーの色選びについて プリオール カラーコンディショナーのカラーラインナップは、ブラック、ダークブラウン、ブラウンの3色。 男性にも使いやすいカラーが揃っています。 美容院などで使われている人毛サンプルを使って、男性が迷いやすいブラックとダークブラウンの染まり具合を見てみました。 カラー選びの参考にしてみてください。 1回目の染まり具合 薄っすらと色はついていますが、まだかなり薄いです。 3回目の染まり具合 毎日染めて3回目です。 色が少し濃くなってきました。 7回目の染まり具合 1週間連続で染めてみた状態です。 ブラックはマットな黒色です。 若干青と紫の色味が強めに出ています。 ダークブラウンは少し明るめのブラウンに染まっています。 少し気になる成分として、タール系色素、シリコン、合成香料が配合されています。 いずれも国内で安全性が確認されている成分ですが、肌の弱い方は念のため気を付けておきましょう。 とは言っても、カラートリートメントは化粧品分類であることから、全ての成分は適当な分量の範囲内で配合されており、あまり神経質になる必要はありません。 口コミを見ても刺激を感じている人はほとんど見られず、当サイトのスタッフも複数名で使用してみましたが、刺激を感じることはありませんでした。 プリオール カラーコンディショナーはこんな白髪染め プリオール カラーコンディショナーのココがポイント• 毎日のリンスの代わりに使えて手軽• 無添加なので髪や頭皮にやさしい• お風呂でたった5分で白髪染め完了 プリオールカラーコンディショナーはこんな男性にオススメ• 一般的な白髪染めが面倒と感じる男性• 手間暇かけずに短時間で白髪を染めたい男性• 髪のハリやコシが減ってきたと感じる男性 プリオール カラーコンディショナーを試した感想(総評) 最初は全くと言っていいほど染まりませんでしたが、継続して使ってくると徐々に白髪が目立たなくなりました。 ただ、メーカーさんには悪いですが、コンディショナータイプの限界かと思いますが、将来的にも白髪が真っ黒になることは無さそうです。 効果としては 白髪ぼかしのようで、白髪にうっすらと色がつき髪全体になじむことで、鏡越しで自分で見てもかなり目立たなくなっています。 わざわざ休みの日に時間を取って白髪染めをしなくても白髪ぼかし状態がキープできますので、思っていた以上に使い勝手は良いです。 使用後の髪のフンワリ感もあって髪の状態にも満足感があります。 今まではこういった毎日使うタイプは敬遠してきましたが、このプリオールは使い勝手と染まり具合のバランスも悪くありません。 プリオールで色付きをキープしながら、月に1回トリートメントタイプでプラスケアする、といった使い方が手間もかからず、うまくカラーをキープできそうです。 毎日使うので継続するにはコストが高めにはなってしまいますが、白髪染めを面倒に感じている方ならこのコンディショナータイプも使いやすいと思います。 公式サイトの資生堂ワタシプラスでは、 送料無料で1,280円、試しやすい価格ですので、まずは試してみて続けるかどうか判断してみてもよいかなと思います。

次の

資生堂プリオールで白髪染め口コミ!カラーコンディショナーは毎日の使用が前提

プリオール カラー コンディショナー

6 230g 資生堂プリオール・カラーコンディショナーN 使用した口コミ 染まりやすさ 2. 0 一回での染まりは薄く、根気が必要 有名商品ですね。 染まりが薄いのも有名です。 (とりあえずダークブラウンには染まりません) 同じ資生堂のティアラよりはブラウンっぽさは増してますが それでもダークブラウンとは程遠い色味です。 濃く入りません。 染まりの濃さは見たまんま、非常に薄いので 白髪のカバー力で言えばポンコツです。 肌に残りにくく、使いやすさに優れているので、回数こなしてようやく…ですね。 しっかり白髪を染めたいという場合、相当根気が必要。 ほぼ白髪の人が使うと使いやすさも相まって、持続して色味を生かせると思いますし、 とても面白い、個性のある商品だと思うんですが 「白髪を染める」という点で見れば弱いので注意が必要。 とにかく継続して使って、ぼかすように染めていくタイプです。 プリオール・カラーコンディショナー シャンプー7回後の色落ち 色持ち・・・悪い 色持ちは約2日。 とにかく持ちません。 肌への残りにくさ、使いやすさの利点を生かしての継続使用が前提。 114 指通りの良さは 中、。 ふんわりタイプです。 ツルツルした滑りはないですが、なめらかな仕上がり。 なんというか、 すっごい自然な質感になります。 (質の良いシャンプーだけで仕上げた時に近い) 素の髪の状態が出やすいタイプなので、ダメージヘアだとパサつきそう。 使う人の髪のダメージレベルで左右されると思います。 プリオール・カラーコンディショナーの香り 匂いの表現に困るシリーズ。 フローラルでもハーブでもない表現しにくい香りです。 口コミで「絵の具のような香り」と言っている人を見ましたが、 これが一番近い表現かもしれません。 変わった香りですが、髪に残りにくく強すぎる訳では無いので、大丈夫だと思います。 私個人の好みで言えば、普通です。 嫌いでも、好きでもない。 しっかり染まるまでは10回程度必要ですぐ色落ちするので、価格は安いですがコスパは平均的。 色持ちの問題でパッと見の値段より費用は掛かります。 ダークブラウンの髪との色味比較 ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。 何度染めても左の女性のようなダークブラウンには全く届きませんので、 しっかり・濃く染めたい方は不向きです。 プリオール・カラーコンディショナー総合評価 プリオールまとめ• 染まりは非常に薄い• とにかく色落ちが早いので、毎日の使用が必要• 染まりは悪いし、色落ちも早いのでパッと見ではゴミなんですが、 肌・タオルに色が残りにくいので、継続使用がしやすいタイプです。 「普段使いのトリートメントの代わりに毎日つかってね」 という商品です。 だからとにかく使いやすくしたよ!というカラーコンディショナー。 中身も普通のと違ってHC染料・塩基性ではなく酸性染料で染めるタイプです。 pHが3. 6と、やたらと酸性に寄ってるのもそのため。 髪を酸性に寄せることで、酸性染料を吸着させやすくする…まぁ覚えなくていいですけどw 仕組みは同じイオン結合ですが、くっつけるイオンが逆です。 とにかく根気というか、継続使用が必要なカラートリートメントなので この仕上がりが気に入るかどうか、ここがポイントですね。 しっかり染めたい、仕上がりが気に入らない場合、ゴミ箱行きです。 一気に染めたくない、ぼかすように染めていきたい人には〇。 人を選びます。

次の

資生堂プリオール カラーコンディショナー

プリオール カラー コンディショナー

資生堂プリオールの白髪染めカラーコンディショナー全色を購入して染めてみました。 どの白髪染めトリートメントよりも体に優しい染料で作られていて、 「白髪染めするほどじゃないけど白髪が目立たなくなれば嬉しい」という方にピッタリの白髪染めになっています。 毎日使用して3日も経てば 「白髪だったとは思えないほど染まる」ので、コンディショナーといえども十分白髪染めとして使う価値がありますよ。 それに大手化粧品会社の資生堂なので、より安全な染料・成分で作られていて、 「白髪染めトリートメントでも刺激を感じた・頭皮がかゆくなった・肌が弱いので心配」という方でも安心して使えるのがGoodですね。 髪に美容成分を与えて、化粧品のような感覚で髪を補修ケアしつつ白髪を目立たなくさせるのがプリオールの理想的な使い方です。 もくじ• プリオールの白髪染め全色で染めてみた プリオールの白髪染めトリートメント2色で染めてみました。 左が 「ダークブラウン」右が 「ブラウン」で、1回の放置時間は5分です。 (公式通りの使い方・濡れた髪に塗る)• 右側のブラウンは 黄みと赤みが入ったブラウンで、染めるたびに赤みが足されて茶色に近づいています。 左側のダークブラウンは ブラウンにアッシュ(青み)を足した色で、くすんだ色に仕上がります。 画像でみると黄みが強く出ているように感じますが、実際に手にとってみて見ていると茶色感が回数を重ねるごとに出てきていました。 また、乾いた髪に塗って放置時間を10分20分と長くすれば「もっと1回で濃く仕上がる」ので、通常の白髪染めとしても十分使えます。 プリオールはダークブラウンとブラウンのどちらがオススメ? 実際に購入して染めてみるまでは 「ダークブラウンのほうが濃く染まりそうだ」と公式サイトの色見本を見て思っていました。 しかし、実際に染めてみて感じたのは 「ブラウンのほうが綺麗な色になるから好き」ということです。 ダークブラウンはブラウンのほうに「青み」が足されているので、染め続けていればブラウンよりも暗い色に仕上がります。 けれど、青が強くてアッシュのような 「くすんだ色」に染まるので、正直あまり好きにはなれませんでした。 もっと普通の茶色でいいんですよね、黄みが強く出ている最初のほうは緑っぽくなりやすいですし、 ブラウンのほうが使い勝手がいいと感じています。 他メーカーの白髪染めトリートメントは、ほとんどが 「ダークブラウン=濃い焦げ茶色に染まる」のですが、プリオールに関しては 「ダークブラウン=ブラウンをくすませた色に染まる」のです。 他社商品を参考にしてダークブラウンのイメージを持っていると、実際に染めたときに 「あれ?こんな色になるはずじゃなかったのに…」と後悔してしまうので気を付けてください。 銀色感のようなくすんだ色が好きならダークブラウン、そうではないならブラウンと色を選びましょう。 プリオールの値段・一番安く買える販売店 店舗 値段 送料 合計 特典 公式サイト 1,382円 — 1,382円 カラーケアシャンプー 特製ブラシ(塗布用に使える) 楽天 1,108円 540円 1,648円 — Amazon 1,382円 — 1,382円 — プリオールの購入先でオススメなのは 「公式サイト」です。 値段だけで見ると公式・Amazonの2箇所が1,382円になりますが、公式サイトで購入すると染めるときに使える便利なブラシが貰えます。 貰える特製ブラシは左の赤いほうで、カラー液を載せられるように幅がある+目が粗めなので、染めるときに使うのにピッタリなんですよね。 右の黒いほうは美容師が使うようなハケですが、こちらは自分以外の人の頭に塗るようなので、一度使ってみましたがやはり使いづらかったです。 素手で染めることもできますが、塗った後に塗りムラをなくすためにとかしたりするので、ブラシ1本は必須です。 定価で買える+送料無料+プレゼントがもらえるので、プリオールの購入は公式サイトからがオススメです。 プリオールは色落ちする?刺激や匂いは? プリオールの色落ち 染めるのをやめると徐々に色が抜けていきますが、毎日使っていれば色落ちを感じることはありません。 プリオールは「酸性染料」というヘアマニキュアと同じ染料で染まる仕組みなので、髪の内部に色が定着することはなく、毎日続けて使う必要があります。 毎日染めるたびに白髪に色がついて、使うのをやめるとシャンプーするごとに色が退色していく、という感じですね。 海やプールに入ったり、パーマを当てたりしなければ急激に色が抜けることはないので、色が染まるのも抜けるのも少しずつという印象です。 プリオールの刺激 私には全くありませんでした。 プリオールは他の白髪染めトリートメントに入っている 「塩基性染料・HC染料」は使われておらず、刺激のある染料は一切入っていません。 なので、体に優しいとされている白髪染め用品よりも更に安全な成分で作られているので、まず頭皮や髪への刺激は心配しなくていいでしょう。 刺激のなさは大手化粧品会社の資生堂ならではだなと思います。 日本一安全に染められる白髪染めトリートメントです。 プリオールの匂い とてもいい匂いです。 成分表を見てもどんな香りかは書いてありませんが、 フローラルな花の匂いに感じます。 白髪染めトリートメントはヘアカラー特有の匂いが若干残っていて、物によっては「なんか人工的な嫌な匂いだな」と感じるものも多くあります。 しかし、プリオールに嫌な香りはせず、染めていて気分が良くなるいい匂いがします。 プリオールの使い方・綺麗に染めるコツ プリオールの使い方(公式編)• シャンプー後の濡れた髪に塗る• 5分置いてから流す• プリオールがトリートメント代わりなのでリンス・コンディショナーなどは使わない プリオールの公式サイトには 「1回5分の放置時間で毎日使用しましょう」と書いてあります。 しかし、実際に自分の頭で染めてみると 「染めはじめは5分よりもっと長く時間を置くべき」だと感じました。 理想をいえば、• また、 しっかり色が入るまでは「乾いた髪」に塗るほうがいいでしょう、水で薄まった状態よりも色が乗りやすくなります。 髪の補修ケアを考えると、キューティクルが開いていて美容成分が浸透しやすい「濡れた髪」に塗るほうがいいのですが、白髪の染まり具合は「乾いた髪」に塗ったほうがよく染まります。 そのため、 染めはじめ3回目ぐらいまでは乾いた髪に塗ることをお勧めします。 まずは白髪をある程度染めてから、補修ケアをかねて濡れた髪に塗るようにしていきましょう。 プリオールは体への優しさと美容成分が売りで、少ない回数で濃く染めるような染料は入っていません。 だからこそ刺激がなくて安心して使えるわけですが、欲をいえばできるだけ1回でしっかり染まって欲しいですよね。 公式サイト通りの5分間では染まりが悪いので、ほかの白髪染めトリートメントのように置き時間を長めにして染める力を存分に引き出しましょう。 プリオールの染料・成分• ステアリルアルコール• べへニルアルコール• ベンジルアルコール• DPG• ステアロイルメチルタウリンNa• ステアルトリモニウムクロリド• ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖• タウリン• 水溶性コラーゲン• ホップエキス• 褐藻エキス• 紅藻エキス• サンショウエキス• 緑藻エキス• ステアリン酸グリセリル SE• ジメチコン• グリセリン• クエン酸,• ソプロパノール• エタノール• シスチン• フェノキシエタノール• 香料 【酸性染料】• 赤227• 橙205• 紫401• 黒401• 黄4 プリオールには、従来の白髪染めトリートメントのような刺激性のある成分は入っていません。 髪のパサつきを抑えるための保湿剤と、髪によく染料が乗るようにコンディショニング剤が入っていて、後は体に優しい刺激なしの染料が5色入っているだけです。 利尻ヘアカラーやルプルプのように植物性の美容エキスが入っていたり、刺激があるけど染まりやすい塩基性染料は使われておらず、ごくシンプルな配合成分になっています。 大手化粧品メーカー資生堂の白髪染め用品なので、とことん• 安全に染められて• 効果のある美容成分のみを• 安価な金額で買えるように と3点を重視して作られているカラーコンディショナーです。 名前はコンディショナーですが、商品名に書いてあるだけでトリートメント効果は高いですね。 染めた後の髪の毛がサラサラになるので、 これだけ安い値段で白髪染めとトリートメントが同時にできるのは嬉しいです。 プリオールの白髪染めによくある質問 インターネット検索でよく見るプリオールについての質問をまとめて、美容師として回答してみました。 プリオールを購入するときの判断材料になれば幸いです。 プリオールは乾いた髪・濡れた髪のどちらに塗ればいい? プリオールの公式サイトには「濡れた髪」に塗りましょうと書いてありますが、個人的には「好きなほうでいい」と思っています。 プリオールを乾いた髪に実際に塗ってみると、濡れた髪に塗るよりも濃く染まりました。 ただ、乾いた髪に5分間塗るよりも、濡れた髪に10分間置いて流したほうが染まり具合はよかったので、置き時間のほうが重要だと思っています。 また、プリオールは髪のケア成分が多いので、濡れた髪に塗ったほうが美容成分が浸透しやすくなってGoodです。 そのため、そもそもより濃く染めようと思っている方はプリオール以外の白髪染めを使ったほうがいいので、プリオールの補修ケア効果という利点を生かすなら• 乾いた髪に塗るよりも「濡れた髪に塗って置き時間を長めにする」 がベストですね。 プリオールで染めるときに手についた色はちゃんと落ちる? プリオールのダークブラウンを手につけて10分間置いて染めた&洗った画像です。 普段使っている泡のボディーソープで洗うと、画像のように綺麗に色が取れます。 同じように浴槽や洗面所についたカラー液も、時間が経ってしまっても洗剤で軽くこすれば簡単に色が取れます。 ただし爪は染まると色が多少落ちにくいので、ゴシゴシ擦って取るのが嫌な方は手袋を使ったほうがいいかもしれません。 プリオールはタオル・マクラ・服が色落ちで汚れたりしない? 染めた後に色がついた水が出なくなるまですすげば、タオルが汚れることはありません。 そしてお風呂から上がってすぐにドライヤーで乾かせば、マクラや服が汚れることもありません。 すすぎが不十分だと染料が残って着色の原因になりますし、髪が水に濡れていると色落ちの原因になってしまいます。 ちゃんとすすいでよく乾かすことは「退色防止」にも重要なので、ちょっと面倒臭いですがきっちり行いましょう。 プリオールは毎日使うべき?染めるときだけ使うのもアリ? プリオールは「美容成分がたっぷり入っている&染料は薄めに作られている」ので、毎日トリートメント代わりに使うべきですね。 ほかの白髪染めトリートメントのように1回でがっつり染めるタイプではないので、毎日連続で使って徐々に色がつくように作られています。 ただ、白髪を染めたいときだけプリオールを使いたいなら、乾いた髪に塗るようにして、なおかつ塗ってから放置するときの置き時間を「30分程度」と長めにしましょう。 毎日使うのが理想ですが、染めるときだけ使用するなら「乾いた髪+置き時間30分」で他の白髪染めトリートメントのような使い勝手が得られますよ。 インターネット通販以外でプリオールが売ってるのはどこ?• イオンモール全般• イトーヨーカドー• マツモトキヨシ• コクミンドラッグ• スギ薬局• その他ドラッグストア 資生堂の化粧品が置かれている店舗でプリオールを購入できます。 全国のドラッグストアで販売されていますが、• 資生堂公式サイト:プリオールの取扱店• URL: から都道府県・市区町村で検索するとお住まいの地区で販売店が見つかりますよ。 プリオールの白髪染めを楽天で買うのは安い?高い? プリオールのカラーコンディショナーを楽天で購入すると、300円ほど損しますし特製ブラシが貰えなくなってしまいます。 楽天の店舗は、商品自体の金額は1,108円と安いのですが5,000円以上買わないと送料無料にはならないので、結局送料540円を足すと割高になってしまいます。 プリオールは資生堂公式サイト「ワタシプラス」で買うと染めるときに便利なカラー用ブラシが貰える+一番安いので、楽天よりも公式から買いましょう。

次の