ぎっちょ 由来。 どんど焼きの由来!いつ行われる?地域による呼び方の違いは?

茶道 表千家 (茶事~稽古)(所作~点前): ギッチョ炭 名称由来

ぎっちょ 由来

ぎっちょ Giccho ぎっちょとは、左利きのこと。 ぎっちょとは、子供が汚い物や人に触れたときに囃して遊ぶときの言葉。 【年代】 明治時代~ 【種類】 略語・子供の遊び言葉 『ぎっちょ』の解説 [1] ぎっちょとは左利きのことで、左利きを意味する俗語『左ぎっちょ』が略されたものである。 多くはこちらの意味で使用。 [2] 子供が汚い物や人(主に汚い物を触った人)に触れたとき、周りにいる友達に触れることで汚れを移すという遊びをするが、 ぎっちょはその際に使われる囃し言葉であり、おまじないや呪文的言葉である。 例えば、道路にあった犬の糞を踏んでしまった子供が隣りにいる友人に触ることで汚れ(鬼)は触れられた者に移る。 しかし、「 ぎっちょ」といいながら両人差し指でバッテンを描くことで汚れ(鬼)は移せなくなる。 周りが全員この「 ぎっちょ」という呪文を唱えた場合、汚れ(鬼)はその子が持って帰ることになる(この方法は一例で、地域や時代によって異なります)。 また、 ぎっちょはこういった遊び(イタズラ)自体や触られた汚れ役(鬼役)の子供のことも意味する。 このような囃し言葉は地域や時代によって様々な言葉が存在する(下記関連語参照)。 スポンサードリンク 『ぎっちょ』の関連語.

次の

ぎっちょの由来

ぎっちょ 由来

今年1年の豊作を願い行われる行事。 田沢の石内地区で毎年行われている。 竹と藁で組み上げた、直径3m高さ約8mはあろう竹とわらのピラミッドが、前日までに完成していた。 定刻、部落の人達の手により点火された炎は、高さ20mに達する。 見学に訪れた人達からは歓声があがり、一瞬の炎の舞の終わりに、残り火を使って餅を炙りほおばる家族もいた。 (写真提供:桜台の伊藤さん) 賽の神焼きの由来 ・全国的な囃子言葉としては「どんど焼き」と言われ、東日本では「賽の神焼き」、西日本では「左義長(さぎっちょ)」などと呼ばれています。 ・開催場所が田んぼの中が多く、農耕儀礼からは稲の害虫や病気の菌を焼いて、来年の豊作を祈願したのではないかと言う説があるそうです。 ・護摩の薪は煩悩であり、火は知恵の火で煩悩の薪を焼き尽くすといっております。 この火には ・若返る。 ・病気をしない。 ・焼いた餅を食べると風邪をひかない。 ・灰を小屋に入れると牛が丈夫になる。 ・書き初めを焼き、その灰が高く上がると書が上手になる。 ・焚くと火事にならない。 などの言い伝えがあります。 ・その他にも、1年中の身体健康・無病息災・家内安全・五穀豊穣などを祈願しているそうです。 写真をクリックするとおっきくなります。

次の

【由来・語源】どんど焼き、とんど焼き、左義長とは?

ぎっちょ 由来

短い炭を「ぎっちょ炭(ぎっちょう炭)」と言う。 丸ギッチョ、割りギッチョの2種類ある。 ギッチョとは、妙な名前だなと思っていた。 馬に乗った競技者が、玉(毬)を棒で打って(又は掬って)、相手陣に入れる競技が、奈良・平安時代に唐から伝わった。 唐では、「打毬戯」と呼ばれた。 中央アジアに始まったものが、ヨーロッパに伝わって「ポロ」となり、 唐に伝わって「打毬戯」になった。 日本では、「打毬 だきゅう」と呼ばれ、初めは馬に乗って行われたが、徒歩で行われるようになり、又民間でも行われる様になり、更に江戸時代には子供の正月の遊びとなっていた。 なお、馬に乗って争う「打毬」も、今でも宮内庁その他に残っていて、行われている。 毬を打つ道具を「打毬杖 だきゅうじょう」と言う。 それが、「ぎっちょう・ぎっちょ」と言われるようになり、 漢字では「毬杖」「毬打」「毬枝」等と書く。 古くは、今のホッケーのスティックの形をしていたが、 後には、「ぎっちょう・ぎっちょ」は、柄の長い木槌(きづち)の形をしていた。 「ぶりぶりぎっちょう」、「玉ぶりぶり」とも言う。

次の