ゲーム 脳トレ。 ゲーム脳

頭がよくなるゲームのやり方【脳トレより効果的】

ゲーム 脳トレ

この知識はこんな方におすすめ• ゲームで頭が良くなりたい• ゲームをより効率よく楽しみたい ゲームの驚くべき効果とは?! 今自粛中で自宅でゲームをしている人も多いと思います。 今回は、頭が良くなるゲームのやり方について紹介させてもらいます。 よくゲーム脳とか言われて、ゲームをする時間は1時間にするべきだというようなよくわからない条例を出されている自治体もあるそうですが、はっきり言ってそこには科学的根拠は皆無です。 ゲームを禁止するのであれば、むしろテレビを禁止した方がいいと思います。 なぜかと言うと、テレビとゲームの違いとしては、昔のゲームはともかく、最近のゲームはリアルタイムでの判断能力が必要であったり推測能力が必要だったりもしますし、バーチャルな世界だけれども実際の世界で必要な能力を使うゲームが結構増えています。 ゲームをすることで頭が悪くなるというのは、テレビのようにずっと受け身になってしまうものをずっと見ているのが良くないというだけです。 実際に自分の能力を使うという意味では、 最近の研究では、実は変な脳トレよりも効果があると言われています。 脳トレの効果については結構怪しいとも言われていますが、ゲームについてはわりと確実に効果があると言われています。 まずはゲームの効果を知っておくことが大事 今回は、どのようにゲームをすれば、ゲームを楽しみながら脳を鍛えることができるのかということを紹介させてもらいます。 これはその効果を知っているということがとても大事で、プラシーボ効果というのを聞いたことがあると思いますが、効果があると思うことで実際に効果が高くなるということが起こります。 それと同じように、このゲームをすることでこの能力が鍛えられると考えたり、この ゲームはただ単に楽しむだけではなく自分の脳にとってプラスになっているということを知っておくだけでも、より効果が出やすくなります。 ゲームで脳が鍛えられる! 今回はそんなゲームで頭を良くするための方法についてになります。 まず結論から紹介すると、いわゆる定番のようなゲームが結構脳に良いということが研究により示唆されています。 例えば、 アクションゲームは意思決定のスピードを上げてくれるという研究もありますし、今回も紹介しますが、 リアルタイムストラテジー系のゲームは、判断力をアップしてくれたり、 3D系のゲームは空間認識能力を高めてくれるというように、人間の脳のいろいろな能力を高めてくれるので、実際にゲームが脳トレになるのではないかということがいわれているわけです。 そんないろいろな研究がある中で、今回紹介するのはドイツのシャリテ大学の研究で、参加者にスーパーマリオ64を1日30分ずつプレイしてもらうという実験を行っています。 その上で、2ヶ月後に全員の MRI にかけて、実際に脳がどのように変化しているのかということを調べています。 その結果わかったこととして、スーパーマリオ64を1日30分のプレーをしたグループと何もしなかったグループを比べると、 記憶を司っている海馬や判断能力や自制心を司っている前頭葉前皮質、運動能力や空間把握能力を司っている小脳のサイズが大きくなっていたということです。 つまり、1日たった30分スーパーマリオ64を楽しむだけで、なんと2ヶ月後には、脳の海馬と前頭前皮質と小脳のサイズがアップしていたということです。 どれも記憶や理性を司る人間にとって非常に重要なエリアで 、意思決定や判断能力や運動能力などに関わってくるものです。 頭ごなしにただただゲームは禁止だという人にはなかなか理解できないことかもしれませんが、実際にそのような研究が出ているわけです。 研究者のコメントとしては、この研究で テレビゲームと脳の容量アップに直接的な関係があるということが示されたとされています。 実際に、ゲームが統合失調症やアルツハイマーの治療にも使えるのではないかということが言われていて、今そのような研究も進められているそうですので、ゲームというものは僕たちが思っている以上に可能性があるものです。 ですから、ゲームにより幼い頃から脳を鍛えることができた若い人たちの方が良い判断ができるという可能性もあります。 もちろん、ゲームにすべての時間をつぎ込んで、本を読まないし勉強も仕事もしないというようなことになってしまうと、それは問題ですが、適度な時間ゲームをすることによって脳を鍛えることができると思いますので、ぜひゲームは脳トレにもなるということを考えて楽しんで頂けたらと思います。 ただし、このような効果をより狙うのであればゲームは選んだ方がいいです。 例えば、ゲームで脳を鍛える条件としては、リアルタイムな判断が要求されるようなゲームです。 瞬時の判断が必要になるようなリアルタイムストラテジー系のゲームであったり、頭を使って答えを出していくような謎解きの要素があるゲーム、スーパーマリオ64のように3D空間を動き回ることで空間認識能力が必要になるゲームなどが、どうやら効果的だと言われています。 どんなゲームがいいのか? 他にもこのようなゲームに関する研究はたくさん行われていて、例えば、ロンドン大学の実験を見てみると、参加者を2つのグループに分けて、どのようなゲームが脳にいいのかということを調べています。 この実験では、古いゲームですがスタークラフトというゲームとシムピープルというゲームで比べています。 実験期間は6週間から8週間で、プレイ時間としては大体40時間ぐらい全員に行ってもらいました。 その後に全員に認知テストを受けてもらったところ、スタークラフトのゲームを行ったグループの方が圧勝で、脳の認知能力が良くなっていたということです。 具体的には、 記憶力が高まったり思考の柔軟性がアップしたり、あらゆる面でシムピープルを行ったグループよりも脳の働きが良くなっていたということです。 過去に行われた研究では、アクションゲームなどでも瞬時の判断能力が上がるので、意思決定のスピードが高まるということが実証されていますが、この実験では、スタークラフトのようなリアルタイムストラテジー系のゲームが脳の判断力を上げてくれて、実際に、過去の間違いから学習して失敗を繰り返さないようにする能力を育ててくれているということが示されています。 リアルタイムストラテジー系のゲームと言われるとよくわからないかもしれませんが、例えば、ピクミンというのがありましたが、あれもある意味そうだと思います。 頭で考えながらリアルタイムで逃げたりする必要があります。 ですから、結構いろいろなゲームが、僕たちの脳に良い影響を与えてくれる可能性があるということです。 アクションゲームで意思決定スピードが上がる リアルタイムストラテジー系のゲームで判断力が上がり、過去の失敗から学ぶ能力が上がる 3D系のゲームで空間認識能力が上がる このような基本的なゲームの効果を頭に入れながら、今自分がしているゲームがどんな効果があるのかということも意識してゲームをプレイしていただけると、より皆さんの脳は鍛えられると思います。 ゲームが単純にすべて悪だということではありません。 ゲームのメリットにも目を向けていただいて欲しいとも思います。 ただ、当然ですが ゲームをいくらして脳を鍛えることができていたとしても、それを使わなければ何の意味もありませんので、ゲームで脳を鍛える時間と自分の力を発揮するための時間をちゃんと分けてもらい、仕事や勉強や読書もするけれどゲームも楽しむというようにしてもらえれば、人生はより良い方向に向かうと思います。 今回は、そんなゲームで頭を良くするための方法について紹介させてもらいました。 今回のおすすめの動画としては、さらに頭を良くしたいという方のためにを紹介しておきます。 人間の IQ というものは生まれてからほぼ変わらないと言われていますが、鍛えることができる可能性がある方法というものも分かっています。 今回紹介したようなゲームやそれ以外にもパズルなど、結構意外な方法で IQ を鍛えることができる可能性があります。 全てをすると、理論上は20ポイントぐらい上がるのではないかとされている方法を解説しています。 必ずしも理論値と同じだけの効果があるとは限りませんが、挑戦してみる価値は十分にあると思います。 ぜひチャレンジしてみてください。 今回脳トレよりもゲームの方が頭にいいというような話を紹介させてもらいましたが、世の中にはこのようなことがたくさんあります。 世の中では多くの人が間違ったことを信じているのに、全く逆のことが正しいということも少なくありません。 そんな常識破りなテクニックが、もしビジネスや自分の人生や仕事にもあったとしたら、どんなことがその先に待ち受けているのかということは容易に想像できると思います。 巷で言われている成功法則が大体間違っていて、実際には間違っているからほとんどの人は成功できないわけです。 本当に科学的に正しい成功法則を知りたいという方はをチェックしてみてください。 みんなが信じていることが実は間違っていて、みんながなぜかしないことが、実は成功につながっているということを科学的なデータをもとに解説させてもらっています。 今回のおすすめの本としては、ゲームのメリットについて解説している本を紹介しておきます。 これを読むとよりゲームを楽しむことができるようになると思います。 2冊紹介しますがどちらも同じ著者の方の本です。 ゲームクリエイターのという方で、お姉さんが心理学者のあのケリー・マクゴニガルです。 1冊目は、で、スーパーベターというゲームを実際にこの方が作り、このゲームをすることによりメンタルが強くなったり幸福度が高くなるというとんでもないゲームです。 2冊目は、で、これはゲームにより人間にどんなメリットがあるのか、ゲームを上手に使うことによって人類の未来が良くなるというようなことを解説してくれています。 ぜひチェックしてみてください。

次の

頭がよくなるゲームのやり方【脳トレより効果的】

ゲーム 脳トレ

2017年の12月末頃から、欧米を中心に「ゲーム依存」にまつわる議論が沸騰しているが、今回はICD-11におけるゲーム障害の定義と診断ガイドラインの草稿作成に携わった専門医の視点からこの問題を整理してみたい。 なお、ICD-11での正式名称は「ゲーム障害」だが、用語の浸透度を考慮して、本稿では「ゲーム依存」という呼び名で統一していく。 その後当センターはWHOと共同プロジェクトを組み、ネット依存に関する研究を重ねてきた。 このたびの「ゲーム依存」の疾病化は、これらの活動の1つの成果と言える。 ではなぜ、「ネット依存」ではなく「ゲーム依存」が病気として認定されるのか。 当センターのネット依存外来では、年間延べ1,500名程度の患者を継続的に診察しているが、そのほぼすべての方が、インターネットゲームをきっかけにネット依存を患っている。 その一方、 依存対象がオフラインゲームの患者はほぼ皆無である。 また、ネット依存は、ゲームのほか、SNS、動画といった様々な要因が複雑に絡み合っている。 そのため、ある患者の依存がどの要因に根差したものかを見極めることが、非常に難しい。 しかし、「ゲーム依存」というフレームを用いて検証を行うと、アルコールやギャンブルなど他の依存の典型的な症状や、脳内に生じる反応のパターンと経過が酷似していることが明らかになってきた。 そうしたエビデンス(科学的証拠)の蓄積が、WHOの厳しい審査を通過した決定的な要因になったと言える。 病としての「依存」を正しく理解するためには、「脳のシーソーゲーム」を知ることが近道だ。 通常、私たちの行動は、「本能」を司る大脳辺縁系(以下「辺縁系」)と「理性」を司る前頭前野によってコントロールされている(図1)。 図1:前頭前野と大脳辺縁系 「ゲーム依存なんて大げさだ」と思われる方もいるだろう。 しかし、アルコール依存など他の依存患者と同様の脳の反応をとらえた、ゲーム(ネット)依存患者のMRI画像を見ていただければ、納得してもらえるのではないだろうか。 依存対象を思わせるきっかけ(キュー)を目にしたとき、依存患者の脳は、依存に関連する前頭前野の特定の部位が強く反応する。 その結果、「飲みたい!」「使いたい!」「遊びたい!」という衝動的な欲求が生じるわけである。 図3は、ゲームの画像を見たゲーム依存患者の前頭前野の黄色で示された箇所に強烈な反応が起こっていることを示している。 健常者に同じ画像を見せても、このような反応は見られない。 図3:ゲーム画像を見たときのネット(ゲーム)依存患者の脳の反応 これに加えて、ネット依存の脳の中ではさらに、「前頭前野の機能低下」、「報酬の欠乏」という、2つの特徴的な変化が確認できる。 これらもやはり、アルコール依存やギャンブル依存患者の脳の反応と酷似したものだ。 ゲーム依存が1つの「病気」として成立するのは、このようなエビデンスが数多く集積されているためだ。 逆に、エビデンスによる検証がなされない物事は、「依存」としては成立し得ない。 依存と脳の関係については、拙著(内外出版社、2017年)で詳述している。 ご興味のある方は参照していただきたい。 だが、2018年6月にはWHOから最終版に近い草稿が発表される見込みである。 その後、ICD-11が正式に採択されれば、 WHO加盟国である日本でもゲーム依存 対策のための施策がなされ るであろう。 「ゲーム障害」を病気とするWHOの方針に対しては、2018年1月、国際的なゲーム業界団体であるESA(エンターテインメント・ソフトウェア協会)が反対声明を発表している。 その主張のポイントは2つあった。 「ビデオゲームに中毒作用はないと客観的に証明されている」 「世界中で20億人以上がゲームを楽しんでいる」。 そうしたユーザーを病気とみなせば、「うつ病などの本来の精神疾患がささいなものと位置づけられてしまう」 (より引用) 私は、長年依存のメカニズムを研究してきたが、少なくとも医学的信ぴょう性に足る研究の中に、そのような「客観的な証明」を目にしたことがない。 当センターには、何カ月も前から診察の順番をお待ちいただかざるを得ない、大勢のゲーム依存患者がいる。 彼らの多くはきわめて深刻な症状を抱えている。 もし「中毒作用」がないのなら、私たちはこの状況をどのように理解すればいいのだろうか。 「ゲーム依存など存在しない」と主張される方はぜひ一度、久里浜にお越しいただきたい。 そして、ご自分の目で現実を見ていただきたいと思う。 私はただ、趣味としてゲームを楽しむ「ゲーム愛好家」と、生活に重大な問題を抱えている「ゲーム依存患者」とを区別して考えるべきだ、と主張しているだけである。 ゲームはやれば楽しいものであり、 それまで「NO」と言うつもりはない。 しかし、 ゲームには依存性があることにくれぐれも留意いただきたい。 だが正直なところ、長く患者と向き合ってきた専門医としては、昨今の議論がやや「概念論」に偏っている点に違和感を覚えてもいる。 そのような概念的な議論の中に、私は患者たちの姿や苦しみを見ることができないのだ。 議論が患者不在のものであってはならないだろう。 今後の議論がより良い形で進むよう、当センターは現実の患者に寄り添いながら、蓄積した症例や研究成果を国内外に周知していきたいと考えている。 (内外出版社).

次の

【高齢者レクリエーション】室内おすすめゲーム50選!!絶対盛り上がる脳トレレク!

ゲーム 脳トレ

脳年齢テスト説明 瞬間記憶と瞬間視力を鍛えるための簡単にできる脳トレです。 10問終了後に脳年齢をチェックします。 数字の位置を瞬間的に記憶しましょう。 この画面は0. 7秒ほどで消えます。 先ほど記憶した 数字の位置を思い出して、 数字の小さい順に 〇をクリックしていきます。 10問終了後にあなたの腦年齢が鑑定されます。 脳年齢20歳を目指しましょう。 繁体字版の説明は 脳トレの効果 前頭前野を活性化させることで、物忘れ防止と記憶力の向上、集中力のアップが期待されます。 この脳トレに挑戦して脳と瞬間視力を鍛えてみましょう。 その他の脳トレ• 瞬間記憶以外にも、脳を活性化させ若返らせるトレーニングがあります。 こちらにも挑戦してみましょう。 計算で脳を活性化させる 瞬間的に文字の色を判断する 他と異なる図形をみつけるの.

次の