動画 アスペクト 比 変更。 iPhone 11でカメラのアスペクト比を16:9に変更する方法

動画のアスペクト比を瞬時に変更するGoogleの神ツール「AutoFlip」

動画 アスペクト 比 変更

ご存知の方も多いと思いますが、現在一般に普及している 画面アスペクト比(横と縦の長さの比)には4:3と16:9があります。 テレビのアナログ放送やかつてのPCモニターは4:3でしたが、地デジ放送は16:9になり、現在はPCモニターも幅広の16:9が一般的です。 それでもまだ4:3のモニターや、4:3で記録された動画も数多くあります。 このようにアスペクト比が合わない場合には、引き延ばしたり、余白を黒くしたりして調整します。 モニターやプレイヤーを設定して一時的に調整しながら見ることもできますが、一々設定するのが面倒な場合には、動画編集ソフトを使って元の動画を直してしまう方法もあります。 今回はWondershare を使って 動画の画面アスペクト比を変更する方法をご紹介します。 動画の画面アスペクト比を変更する方法 ステップ1.を起動 まずソフトウェアを起動すると、画面比率の選択画面が表示されます。 ここで選ぶ比率はお持ちの動画に合わせたもので構いません。 「新しいプロジェクト」をクリックして編集画面に進んでください。 ステップ2.ビデオを簡単に編集 PCなどに保存されている動画を、画面左上の「インポート」からファイルを選んで取り込みます。 サムネイルの一覧が「ユーザーアルバム」に並んだら、ドラッグで画面下段のタイムラインに配置します。 いくつかの動画を並べたり、タイトルやクレジットなどのテキスト、エフェクトなど様々な編集を加えたりした後、右上のプレビュー画面で仕上がりを確認します。 これでよいと思ったら、画面右上の「出力」をクリックしてください。 ステップ3.新しく作成したファイルを保存や共有 保存画面では、編集した動画をメディアプレイヤーで再生するためにPCに保存できるほか、YouTubeなどに直接アップロードしたり、DVDを作成したりできます。 「ローカル」タブでは、保存形式を選択して保存します。 右側の画面の「詳細設定」をクリックすることによって、解像度を変更することができます。 解像度によって自動的にアスペクト比が決まります。 (保存形式によって選択できる解像度が違うので、各々計算してください。 )設定ができたら「OK」をクリックします。 「デバイス」タブではスマートフォンやゲーム機など、再生したい機器を選択できます。 デバイスを選択するとそのデバイスに合わせて自動的に解像度が設定されますが、詳細設定から変更することもできます。 「YouTube」「Vimeo」を選択すると、これらのサイトに直接動画をアップロードできます。 この場合はアスペクト比や解像度を手動で変更する必要はありません。 「DVD」のタブにはアスペクト比の選択欄があるので、4:3または16:9を選びます。 このほかにタイトルやコメントなどを記入して、右下の「出力」をクリックして完成です。 実際にPCやその他のデバイスで再生すると、アスペクト比の調整のための黒い帯が挿入されているのが確認できます。 いかがでしょうか。 を使えば、難しい操作をすることなく 動画のアスペクト比を変更することができます。 他にも多種多様な編集機能が備わっていますので、ぜひお試しください。

次の

動画のアスペクト比情報のみを変更する

動画 アスペクト 比 変更

動画を再生する時、プラットフォーム、動画形式、デバイス(パソコン、スマホ、タブレット、テレビ)、プレーヤーなどによって異なる動画アスペクト比を使用する。 デジタルカメラやスマホ撮影なども画像サイズは3:2、4:3、16:9、1:1などの中から選択できるね。 動画は推奨されるアスペクト比じゃないと、プレーヤーには自動的に画面の上下または左右に黒い帯が追加される。 で、プレーヤーにぴったり収めるには、推奨されるアスペクト比に変換してください。 Yahoo! 知恵袋で動画のアスペクト比を変更する方法に関する質問も多くあるね。 例えば、• Q動画のアスペクト比を4:3から上下をカットして16:9に変更したいのですが、いいソフトありませんか? QMP4の動画のアスペクト比を指定した比率に無劣化で変更出来るソフトを教えてください。 有名な動画変換・動画アスペクト比変更ソフトををいろいろ使い比べてみた。 どれが一番「使いやすいか」「機能性が高いか」を比較して、「 」というソフトを一番オススメ。 シンプルに使いたい方にはぴったりのアプリだ。 したがって、VideoProcが多くの方に愛用されてくる。 さて、次は動画アスペクト比変更ソフトVideoProcを使って動画のアスペクト比を変更する方法を解説する。 まずはVideoProcをダウンロードしてください。 アスペクト比(画面比率とは)• 画面比率(アスペクト比)というのは映像 映画、テレビ、動画 などにおける縦横比のことを言う。 画面比率 アスペクト比 の種類• 細かく言えばたくさんの比率があるが、ここでは代表的な4種類を紹介する。 【16:9】 テレビ(地デジ)、映画*少数派、ミュージック・ビデオ、アニメDVD・ブルーレイ、ドラマDVD・ブルーレイ、YouTube、パワーポイントスライド*設定による• 35:1】映画• 【16:10】パワーポイントスライド*設定による、PC画面• 【4:3】パワーポイントスライド*設定による、アナログテレビ、VHS、教育動画、ニコニコ動画.

次の

Premiere Pro での縦横比の操作

動画 アスペクト 比 変更

スポンサードリンク Windowsムービーメーカーでの縦横比変更について 縦横比は4:3か16:9しか設定出来ない Windowsムービーメーカーでは、「4:3」か「16:9」以外の縦横比は設定出来ません。 それ以外の縦横比には設定出来ません。 例えば「2:1」とか「16:10」とかには出来ません。 素材単位で縦横比の変更は出来ない Windowsムービーメーカーでは、読み込んだ素材単位で縦横比を変更するような事は出来ません。 例えば、AとBという動画を読み込んだとして、「Aを4:3にして、Bを16:9にする」みたいな事は出来ません。 「AとB、どちらも4:3にする」か「AとB、どちらも16:9にする」という2択です。 「ワイドスクリーン(16:9)」とすると、変化はしません(そのままです)• 「標準(4:3)」とすると、上下に黒帯が追加されます となります。 つまり、読み込んだ素材が設定した縦横比(アスペクト比)に合致していない場合、縦横比に合うように自動的に上下左右に黒帯が追加されるという事です。 動画出力時の縦横比 Windowsムービーメーカーでは、「ワイドスクリーン(16:9)」か「標準(4:3)」の設定次第で、動画出力の各設定の解像度が変わります。 このページは以上です。

次の